犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 状況と、雰囲気(5位)[第36節:H/神戸戦]【J特】

こんばんは


J1昇格プレーオフ出場圏を巡る熱戦。長崎 vs 岡山はドロー(J公式)
【J2:第36節 千葉 vs 神戸】レポート:攻守に『前へ』の姿勢を見せ、粘り強さを発揮した千葉が逆転勝利。神戸は運動量と連動性の低下で後半はカウンター攻撃が実らず。(13.10.07)(J's GOAL)
試合結果

序盤から行き来の激しい展開となった試合ですが、 佑昌選手の1対1の大チャンスを逸すると、その直後には右サイドに進入してきた相馬選手の見事なクロスから失点。

相手ながら綺麗な流れの攻撃ではありましたが、やはり、クロスの出所に米倉選手が居なかった事が悔やまれます。


しかし、その後スタンドは意気消沈してしまう訳でなく、チームもチャレンジを継続。

されど、流石は首位の神戸さんというべきか、ゴールは遠く、0-1で前半終了。

HTに入る際、「悪くは無いんだがなぁ・・・」という言葉を思わずもらした訳ですが、後半開始早々からJEFは手を打って来ました。

大岩選手から推進力が期待できる峻希選手へ左SBの交代。神戸さんの前の選手が大柄でなかった事と、相手のSBの上りを峻希選手の攻撃参加を以って抑える考えもあったのでしょうか。

さらに、スタンドでは延々と続くアッコちゃん開始。

52分。米倉選手のクロスに合わせたケンペス選手のヘッダーが佑昌選手の足下に。

あまりにスッポリと嵌った様に映りましたので、「撃てるか?」と危ぶみましたが、何とかゴール右隅に決まって同点。


得点までかと思われたアッコちゃんでしたが、その後もタオマフは廻り続けます。


更にJEFは攻撃の姿勢を強め、同点後に警告を受けた兵働選手に換えて森本選手を投入。

ケンペス選手の逆転弾はその森本選手が納めたボールを上手く展開した也真人選手のパスから生まれたものでした。

このシーンだけでなく、也真人選手との相性も良いのでしょうが、ケンペス選手のコンディションはプレイのキレと視野が本当に連動していますね。もう少し、7割方の好調が維持できればコンスタントに得点を狙えるのでしょうが、乗っている時の彼は、本当に頼もしいですね。(まさか、本当に髪型の変化が影響しているのでしょうか?)


逆転後も続くスタンドのアッコちゃん。


流れを引き戻したJEFですが、好事魔多し、とでも言いましょうか、ケンペス選手が立て続けに警告を受けて退場。2枚目のジャッジは不運に感じる部分もありますが、1枚目の警告は完全に無駄なそれであったことは残念でした。

ベンチではすかさず彬選手を準備、ピッチを躍動した也真人選手を下げて、彬選手を投入。


ここからは、スタンドの応援も煽るスタイルから支えるスタイルへと変更。


一人少なくなった直後は自陣ゴール前にべったりと張り付くような布陣を強いられましたが、時間の経過と共に、何とか2ラインを保ちつつ、相手陣内でのプレイも見られるようになりました。

小柄な選手が多かった神戸さん相手に、フィジカルを十二分に活かした森本選手・米倉選手の時間稼ぎなども功を奏し、何とか2-1でタイムアップ。


スタッツでもさほど見劣りがしない、今後のリーグ戦に向けて胸を張って前を向ける試合だったと思います。
サポは「応援するのみ」と開き直っては見たものの、失点シーンに象徴されるように、やはり神戸さんの個々の選手のポテンシャルは高かったですし、ボールの繋ぎなどにもレベルの高さが垣間見られました。


余談ですが、いつもは録画確認する際、あまり音声面を意識する事は無いのですが、今回解説を担当された川勝さんのコメントは、プレイそのものだけでなく、精神面だったり、選手の意識の面に触れる事も多く、さすがは現場経験豊富な方だと、興味深く拝聴していた管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する