犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 狙いと連携[J2第35節:東京Vvs群馬@国立]

こんにちは

カンスタのタイムアップを確認した直後、颯爽と向かった国立。

結果的に2週連続で観戦する事になった東京Vさんの試合。


スタメンにはホームの巻選手、アウェイではコータ選手が名を連ねる楽しみな一戦となりました。

先週同様、献身的な連動した運動量とパスワークで得点を伺う東京Vさんに対し、アタッカーを中心としたカウンターからゴールを狙う群馬さんという構図。


試合はというと、前半に巻選手がニアに飛び込んでの先制ゴール。

得点そのものは巻選手らしいそれでしたが、このシーン、クロスするように別々のエリアに入っていく2TOPの動きの連携も本当に見事でした。

2TOPだけでなく、西選手・飯尾選手などヴェテラン選手が比較的多いメンバー構成ながら、貰いに入るための動きとパスワークは見事だと感じました。


一方の群馬さんにも惜しいシーンがありながら、前半は1-0で終了。

どうやって巻き返すのかが気になっていた後半早々、群馬さんが同点に追いつきます。


ゴール前に入ったボールから、スムーズとは言えませんでしたが、勇気を持って攻め込んだ形での得点だったような印象です。


群馬さんの攻撃はカウンターがベースながら、サイドで持ち上がるチャンスでは、逆サイドの大外を駆け上がってくるフリーの選手目掛けてボールを配給するというスタイルで得点を狙っていました。

当然、駆け上がる選手にはスプリントが求められますが、シンプルながら、効果的な戦い方のように感じました。


試合は時間の経過と共にヴェテラン選手に代えてドリブラーを投入した東京Vさんが勝ち越し、そのままタイムアップを迎えた訳ですが、両チームの戦い方の意図が体現された試合だったと思います。


土曜日のJ1観戦が無かったため、日曜の岡山戦後に見に行こうかどうかと迷っていた国立。

ひょんなことから、脚を運ぶ後押しを頂きまして、お邪魔してきました。


試合そのものもそうですが、目の前で見られた巻選手の得点、コータ選手の抱擁。

諸々の収穫があった観戦に満足した管理人です。

関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する