犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • アタッカー、ケンゴ[J1第25節:川崎vs広島@等々力]【J特】

こんばんは


1週間前になりますが、等々力での川崎-広島戦にお邪魔してきました。


撃ち合いになるかと思ったカードでしたから、2-0という結果は意外でしたけれど、決定的な見せ場はそれなりにあったように感じた一戦でした。

広島さんの入りが何となくフワッとしているか?そう感じた10分。右サイドを突破したボールを受けたケンゴ選手が、ニアを狙って振り抜き、川崎さんの先制。

重心と共に外に意識を傾けた西川選手の虚を突いた素晴らしい判断からの得点だと感じます。


次の得点が広島さんに生まれたら、それはそれで展開が面白くなったのでしょうが、個人的なこの試合の圧巻は、前半アディショナルタイムでした。


カウンターに入った川崎さんは右サイドから中央のケンゴ選手へボールを配給。当然、広島さんがマークに入るその裏をかいて、ケンゴ選手はそのボールをスルー。(この際の接触を流したレフェリーの判断も良かったと思います)


左サイドを独走するレナト選手と大久保選手のパス交換で西川選手を翻弄し、レナト選手が追加点。


結果的にボールには絡みませんでしたけれど、センターに位置したケンゴ選手の視野と判断は本当に脱帽ものでした。


このシーン以前にも、高萩選手のブレ球ボレーをスーパーセーブした西部選手の攻守、FKが僅かに枠を外れて何回も芝を叩いて悔しがるレナト選手の姿など、一つ一つのプレイのクオリティには歓声やため息をあげていましたが、この日の白眉は、やはり、中央でのスルーだったように感じます。


後半もそれなりの攻防があったはずですが、一番の記憶が、西川選手のPKストップですから、前半の印象が相当に強かったのでしょう。


JEFサポ目線で言えば、中島選手は出場機会がなく、山岸選手はメンバー入りもしていませんでしたから、些か残念ではありましたけれど、それ以上に楽しめた一戦でした。

さて、等々力にお邪魔する際には、大概、誰かをお誘いしているんですが、今回初めて同道して下さった方は、個々の選手に関する知識が非常に豊富で、そのお話に関しては誘った側が楽しませて頂く様な事も多く、新鮮な気分での等々力観戦となりました。

タイトなスケジュールの合間にお付き合い下さった事に感謝しきりです。翌日が京都戦ということもあり、珍しく、試合後には真っ直ぐと武蔵小杉駅へ向かった訳ですが、愉しみ方も人により様々なものなのだ、そう改めて感じた管理人でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する