犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 危惧と悩み(4位)[第32節:A/福岡戦]【J特】

こんばんは

長崎が見事な戦いぶりで堂々の勝利。神戸は首位を射程内に(J公式)
【J2:第32節 福岡 vs 千葉】レポート:激闘3-4。あの日と同じ雨中の決戦は千葉が制す。(13.09.02)(J's GOAL)
試合結果

改めて見直してみましたが、やはり、思い通りの戦いは出来なかったというか、福岡さんの狙いがより強く表された内容だったように思いますし、試合を通じて、守勢に回るとJEFは不安定だったような印象です。

2点差として後、両SBを交代しての守備固めも、やはりというか、中央の弱さは改善されませんでした。

ポストに助けられたシーンがあった一方で、JEFはしっかりとゴールネットを揺らせたとも言えますが、スタッツからしても、福岡さんの方が攻勢の意図は強かった事は事実でしょう。

引かれた相手のカウンターに沈む、というよりもJEFの勝利がカウンターで齎された展開であったからこそ、相手への対応の弱さが、守備での数的有利を得られない試合展開だけでなく、個々の選手の個性として、平面では決して勝れるものでは無い事が明白になってしまいました。

ここの部分の最も確実で単純な対応は、ある程度のリスクを覚悟してのキム選手の起用だと考えます。


マイボールの展開の遅さという観点からすると、この試合に関しては、健太郎選手をに代えて森本選手を投入、大塚選手を下げたことが功奏した訳ですが、これは谷澤選手の不在が為しえた采配だったのかも知れません。


そもそも、前半の劣勢は出しどころが限定されるであろうJEFに対し、ポイントとコースを潰しにきた福岡さんの狙い通りの展開でした。(この時間帯で追加点が無かった事は本当に僥倖だったように思います)

本来なら、チーム全体で中央の3人のパスコースを確保する必要があるのですが、現在のチームでそこを最も意識できる選手がこの試合は出場停止でした。

この状況で谷澤選手がいたならば、シーズン序盤のように下がってボールを捌く事により、もう少しボールを動かし、裏のスペースを狙う事が出来たようにも考えられます。

その一方で、低い位置でボールは回せても、裏への狙いが弱まって、福岡さんのハードワークに掛かってしまった可能性もあるとは思います。

残り10試合。

天皇杯を鋏む事で、明白になった弱点への対応と搦手としての手段の増加。


短期決戦と割り切っての対処を行なうのか、ここまで以上の上積みを狙うのか。


何れにしても一長一短な訳ではありますが、このところの対戦相手の狙いからすると、基本を変えない後者の方がより高いリスクのみを感じます。

次節、キーマンの出場停止の穴埋めに頭を悩ますのではなく、より効果的な目的を持って前者に舵を切って欲しいと願う管理人です。


関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する