犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • ラインダンス[J1第18節:川崎vs湘南@等々力]【J特】

こんばんは

2度目の中断明けとなった第18節、久しぶりの等々力へお邪魔してきました。

日が伸びている事もあり、久々に眺めるメイン側に見える重機のアーム。仮設スタンドの裏側にあるメインスタンドエリアは完全に撤去されているようでした。


試合は、中断期間前から調子を上げている川崎さんと、残留争いの渦中にいる湘南さんのSKYシリーズ。

特に狙っている訳ではありませんが、このところ、私が赴く試合ではアウェイクラブが下位に沈んでいる対戦が多いですね。


さて、試合はというと、攻めるホームの川崎さん、凌ぐアウェイの湘南さんという大方の予想通りの構図でした。

特に、開始早々から見られた川崎さんの素晴らしい個人技と流れるような連携は、大いにゴールを脅かしていたと思います。

個々人の技術もそうなのですが、ボールを貰ってて半歩引くようなボール保持から、繋がるパス、演出されるチャンスには何度も「上手いなぁ」「うわぁ~」と感嘆の声を挙げていました。


しかし、時間が経過するにつれ、湘南さんが失点を免れながら、相手に保たれることを前提に布陣をより守備的に変化させた事で、ボールの保持率に比したら、チャンスの割合は少なくなっていったように感じます。

アタッカーのキリノ選手がサイドの守備に走り回るような布陣である事に加え、川崎さんの攻撃に高さがなかった事も影響していたように思います。

それでも、先制はホームの川崎さん。

湘南さんがペナルティエリア内のハイボールの処理をしきれず、こぼれたボールをフリーの大久保選手が押し込んでゴールネットを揺らしました。

前述したように、相手のペースに合わせた守備が出来ていただけに、湘南さんとすると勿体無い失点ではありました。

失点後、湘南ベンチの面々はオフサイドに関して執拗な抗議を続けていましたが、これが所謂、先日発表されたオフサイドの解釈に当るのでしょう。大久保選手はオフサイドポジションにいたようにも思われますが、その前のプレー、ボールの競り合いには全く関与していませんでした。

2013/2014年 競技規則の改正について(第11条-オフサイド競技規則の解釈の変更)(JFA公式)


正直、前半終了間際という時間帯、また、数少ない攻撃時にもシュートが殆ど枠に飛ばなかった湘南さんにとってこの1点は重い様に感じました。


しかし、その後、2度ゴールネットを揺らしたのはアウェイチーム。

後半に入り、カウンターから大きな決定機を防がれたプレイからのCKをフリーで頭に合わせ、同点。

更に、カウンターから左サイドへと抜けたキリノ選手のクロスを押し込んだ高山選手のゴールで逆転。

高山選手はこのシーン以前から、マイボールの際には左サイドを何度も駆け上がっていたのですが、殆どボールが回ってくることはありませんでした。

この逆転は、キリノ選手が左に侵攻した結果、中央に高山選手が入った事で生まれたゴールでしたから、試合中の流れの妙もあったのかもしれません。


しかし、この試合の最大のハイライトは、新加入のGK、アレックス サンターナ選手によって齎されます。

ビハインドを負った川崎さんは攻撃の圧力を高めますが、開始早々のそれとは異なり、レナト選手の突破からの打開を目指し、たまらず脚を掛けてしまった湘南さんはPKのピンチ。

キッカーは先制点を挙げた大久保選手。ペナルティスポットに置かれたボールを前に、ゴールライン上でダンスを踊るように左右にステップを続けるアレックス サンターナ選手。

読みは全く逆だったのですが、大久保選手のシュートはポストを叩き、大ピンチを凌ぎました。

ハイライトとしてこの映像ばかりが取り上げられますが、このシーン以外にも、正面のシュートはセーブしていましたし、ハイボールへの対応も高さが強みとなっていました。また、ゴールキックやパントもしっかりとした弾道を描いていました

むしろ、新加入、即先発という事もあってか、最終ラインの裏へのボールに対するDFとの連携が最も不安だった様に映りました。それだけに、守備陣との連携が深まれば、湘南さんにとって大きな補強となるでしょう。


一方で敗戦を喫した川崎さん。

パトリック選手の放出に加え、ジェシ選手不在の状況で高さ勝負を捨てざるを得なかったのか、そもそも元来志向していないのかは解りませんが、引かれた際の打開策という新たな課題が生まれたのではないでしょうか。

試合中、ホームに負けない声援を送り続けたゴール裏のサポーターと共に全員で踊るラインダンス。

試合中に戦い方を変化させ、逆転勝利を掴んだ湘南さんの姿には、二枚腰とでもいう様な粘りも感じました。


個人的には、ピッチ上でスタメンフル出場の鎌田選手、交代出場ながら惜しいミドルを放った下村選手の姿も確認でき、満足な気分で家路についた管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する