犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 擡げてくる不安(3位)[第25節:A/愛媛戦]【J特】

こんばんは

関西勢の首位攻防戦はG大阪に軍配。千葉が6連勝で3位に(J公式)
【J2:第25節 愛媛 vs 千葉】レポート:愛媛はアグレッシブな姿勢を取り戻すも、結果に結びつかず3連敗。対照的に、苦しみながらも勝ち切った千葉は連勝を6に伸ばす。(13.07.21)(J's GOAL)
試合結果


6分辺りの左サイドからのアーリークロス。岡本選手が、リフレクトを含み、右腕一本で事無きを得たシーン以降は、全く準備の無い守備というのは無かったように感じます。

このシーンに象徴されるように、マーカーの意味が無いような強さ、高さを有するような明確なゴールゲッター不在の愛媛さんですから、守備での問題はゴール前以前の段階での守り方が肝要になると思っていました。

換言すれば、それだけにキム選手の不在はそれほど大きな影響を及ぼさないのではないかとも考えていた訳です。


なればこそ、この試合、個人的な最大の注目はCBの人選でした。

竹内選手のモチベーションさえ保つ事が出来るならば、大岩選手や栗山選手を見てみたかったという想いが正直なところです。それは、キム選手の代役ではなく、シーズン中に一度は必要とされるであろう、智選手のバックアッパーとして、なのですが。


一方で、守備そのものは高さよりもエリアに対するケアが必要でしたから、流血しながらも頑張った竹内選手の良さが出ていた試合でもあると思います。

それだけに、それ以外の選手達がどれだけ出来るのか、を見てみたかったとも考えるのですが・・・。


逆に、アタッカー陣に関しては特に人選を気にしていませんでしたが、運動量の少なさ、連携に関しては心配が残ります。

布陣としてミスマッチが生じる旨のコメントはありましたから、ある程度は織り込み済みだったのでしょうが、それでもケンペス選手の運動量には不満が残ります。チームから不在となったジャイール選手までとは言いませんが、全く満足できる物ではありませんでした。また、それぞれが孤立しがちの前線では、谷澤選手も存在感を示せていなかったようにも感じます。

それでも大塚選手は3度ほど決定的なシュートを放っていますが、GKの堅守もあり、何れも不発。


無論、内容に比して結果が悪くない戦績を否定的に捉えている訳ではありませんが、両SBの攻撃参加含め、搦手に足りないのが、動きなのか頭数なのか、それとも戦い方に起因するものなのかが気になりますね。


こちらはアウェイ続き。相手はホームでの連戦。

イーブンでは無理をしないという約束事が前提にある故の試合序盤、と考えたいですが、夏場ということを差し引いても、現在は週1の対戦スケジュールですから、そこまで大きなコンディションの差が生まれるとはなかなか想像し辛いカレンダー。


6連勝で3位浮上とは雖も、対戦相手に比してここまで動きの差を見せられると、些か不安の虫が蠢き始めてくる管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する