犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 青と赤と監督[J1第17節:FC東京vs甲府@味スタ]【J特】

こんばんは

一晩遅れになりますが、雨中の味スタで行なわれた城福ダービーにお邪魔して来ました。

興味深い戦い方を模索しながらも、いまいち結果が安定しないFC東京さんに対し、この連戦の3試合全てで1点差の敗戦を強いられた甲府さんがどのように挑むのか、残留争いに巻き込まれていることもあり、些か甲府さん寄りの視点で試合に臨みました。


ところが試合は意外な事に、甲府さんがキックオフ直後、1分を経過しないうちに先制に成功。

試合に入らないうちにビハインドを負ってしまった形で残り時間を戦わざるを得なくなったFC東京さんですが、ビハインドはそう長い時間でもありませんでした。

降りしきる雨の影響からか、序盤こそスムーズな攻撃が見られなかったホームチーム。

先制したアウェイチームとすれば幸先良い展開とリードを上手く使いたかったところですが、ボールを奪った後のボール運びが、たどたどしいと言うか、狙いがチグハグで淡白なプレーでのボールロストが多かったように思います。

そうこうしているうちに、相手に競り勝ったルーカス選手のヘディングがゴールネットを揺らし、試合は再びイーブンな展開。

その後、ゴールこそ生まれませんでしたが、試合はやはりホームチームの狙いが強く感じられる展開が続きました。

後半、ギリギリのところで耐えていたゴールが渡邊選手のヘディングで抉じ開けられてからは、甲府さんは攻めることそのものが相手のチャンスの始まりになってしまうような一方的な展開。

結局、この後も追加点はFC東京さんにばかり続き、4-1の大差でのタイムアップとなりました。
さて、甲府さんには元JEFの選手達が在籍。

期限付き移籍の条件のため、残念ながら羽生選手はメンバー入りせず。その一方で水野選手はフル出場しましたが、ロングスローやセットプレイを含め、時折サイドから送り込まれるボールは悉くDFに撥ね返されるか、或いはGK権田選手の手の中に収まるばかり。左サイドを任されていた事もあってか、私が見慣れた、右サイドを自在に駆け上がり、中央にボールを配給して往年の姿は殆ど見られませんでした。


昨シーズン見られた甲府さんの姿はそこにはありませんでしたし、ダヴィ選手・フェルナンジーニョ選手という助っ人FWの穴はやはり大きいのでしょう。

カウンターにも迫力を欠き、時折、浮き球のパスなどでボールを運ぶシーンには城福監督の目指しているスタイルが垣間見られた様な気もしましたが、相手ゴールの遥か先でそのような判断を選択せざるを得ない事自体が、状況の厳しさを示しているのかも知れません。

また、体格の違いからボールをモノに出来ないシーンも多かった甲府さん達でしたから、濡れたピッチというコンディションも、不利に働いた可能性はあるでしょう。

その意味では、川崎さんから加入するパトリック選手の役割や起用法でチーム状況にどのような変化を見出すのかは気になるところです。


想定外の一方的な展開。JEF降格後、初めて「J1は恐い」と感じた管理人でした。


関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する