犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 数字と内容(4位)[第24節:A/山形戦]【J特】

おはようございます

首位のG大阪と2位の神戸が同勝点に。千葉は4位へ浮上(J公式)
【J2:第24節 山形 vs 千葉】レポート:千葉が前回のリベンジとともに連勝を5に伸ばす。隙を突かれた山形は3連敗。(13.07.15)(J's GOAL)
試合結果

セットプレイでの2得点、唯一のCKでもしっかりと追加点を奪えたと表現するより、フリーでどれだけシュートが撃てたのかに尽きるのではないでしょうか。

その点で考えるのであれば、ケンペス選手は久々に得点を挙げたとはいえ、CKでは完全に競り勝っていましたし、サイドネットに飛んだシュートやポストに当ててしまったループなど、もっと得点を挙げていて良かったようにも感じられます。

また、このところチーム全体が連動して動けている事や、相方を務める大塚選手がしっかりと納めて蹴れるため、無得点が続いていた事は兎も角として、ケンペス選手の動きが悪く見えてしまう部分が多分に目立ってしまっているようにも感じられました。相手ボールを奪ってのゴールですから、チームとして奪えた得点ではありませんが、復調のきっかけになってくれたらと思います。


山形さんとのスタッツを比較すると、確かにシュートは倍以上浴びましたけれど、ボールを持たれていた割には、肝を冷やしたシーンはさほど多くなかったのかな、とも感じました。

スカパー!ではJEFは唯一のCKを得点に結び付けた、という採り上げられ方をしていましたが、相手に与えたCKも2本という事で、換言するならばゴールラインに逃げるような切り方をするような厳しいシーンまでには至っていなかったとも捉えられるのかもしれません。

その辺り、試合早々に警告を受けたとはいえ、試合を通じてキム選手の強さが活きていましたし、高さを意識した相手の交代カードに対しては、即座に大岩選手を峻希選手に代えてピッチに送り込みました。(峻希選手が受けていた警告の影響もあったのでしょうか?)

また、終盤の慶選手や彬選手の投入も守りきるという観点では、しっかりと試合の〆方を意識した采配であったと思います。
前節同様、チームのコメントからは内容についての満足していない点が多いですが、前提として、試合は自分達だけでない事を織り込んでいる事は感じられます。

それ故、ロングボールに対する安定、クロスボールへの対応に関しての信頼を齎す要因となっているキム選手が累積警告で出場停止となる次節、その不在をカバーするメンバーの起用含め、かなり気になっている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する