犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • J1中断明け[J1第14節:横浜FMvs大分@ニッパツ]【J特】

こんばんは

七夕の前日、プレイオフ準決勝以来となるニッパツへお邪魔してきました。

さらに、他所様同士の対戦での観戦となると実に2年ぶり。「前回も横浜FMさんだったなぁ」と考えていましたが、管理人はニッサンには脚を運ばないので、J1土曜日固定の現行のスケジュールでは必然的に横浜FMさんの試合という事になるのですね。

さて、開幕直後から暫く首位を守っていた好調の3位横浜FMさんが迎えるのは、中断前にリーグ戦初勝利を挙げ、巻き返し策を中断期間にどのように整えたのかが気になる大分さん。

対戦前の順位が示す通り、攻めるホームに守るアウェイという構図は予想していましたが、いや、やはり横浜FMさんの選手達の力を再認識させられました。

豪華な顔ぶれ、華麗な技術、恐ろしい弾道が大分ゴールに襲い掛かりますが、先制はアウェイの大分さん。

攻め込まれながらもサイド攻撃を時折見せていた大分さんですが、右サイドに展開されたボールを為田選手が送り込んだ早めのアーリークロスに、特別指定選手の松田選手がドンピシャで合わせ、J1初ゴールとなるヘディングを叩き込みます。

ビハインドとなり、圧力を高めるホームチームの攻勢。

ゴールだけは逃れましたが、DF中央の選手が外に釣り出されるなど、ペナルティエリア付近の守備陣はかなり危うさを見せており、正直、このまま後半を凌ぎきるのは、かなり至難の技だろうと思われました。


そして、迎えた後半、得点を伺う横浜FMさんの攻撃は更に厳しさを増し、CKのリバウンドを兵藤選手が左足のダイレクトボレーで遂に、同点。この段階で試合時間はまだ40分程度残されており、追加点が生まれる可能性はさほど低いものでは無い様に感じました。


その後も左右から放たれる俊輔選手のプレイスキックはまるで練習の様に繰り返されましたし、俊輔選手の動きに齋藤選手や兵藤選手、マルキーニョス選手が絡む度に大チャンス。

戦況からするともはや逆転は時間の問題かとも思われましたが、追加点だけは許さずに進んだ時計が80分を過ぎた辺りから、酷暑の影響か攻め疲れか、ベテラン選手の多い横浜FMさんの動きが格段に悪くなり始めます。

この時間帯から運動量で勝った大分さんは相手のミスなどを突き、勝ち越しゴールを目指しますが、数回あったビッグチャンスを活かす事は出来ずにタイムアップを迎えました。
もう圧倒的にホームチームが攻撃ばかりしていた印象の試合ですが、シュート数を確認すると、それでも大分さんは相手の2/3を放っており、いかに最後のところに活路を見出す戦いを志向しているかと考える事も出来るでしょうか。

ゴールキックがそのままタッチラインを割ってしまう事は一度や二度の事では無かったですし、外に逃げるクリアもかなり多かったことで、一層横浜FMさんボールの時間帯が長くなったと思えるのかもしれません。


観戦からだいぶ日が経ってしまった事もあり、振り返ると、この試合から始まった4連戦で大分さんが挙げた勝ち点はこの1点のみ。

この状況でJ1は日程の折り返し、そして、再び中断期間を迎えます。


戦い方の変更を決断するのか、それでも基本布陣を変えずに後半戦に挑むのか、田坂監督の判断が気になった管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する