犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 要の一手がまだ打てない[第19節:H/横浜FC戦]【J特】

こんばんは

首位のG大阪が6連勝。北九州が大勝し、岐阜は逆転勝ち(J公式)
【J2:第19節 千葉 vs 横浜FC】レポート:チャレンジのパスや動きが少なかった千葉は追いつくも4試合勝利なし。横浜FCは勝ち越しのチャンスのPKをモノにできず。(13.06.16)(J's GOAL)
試合結果

スタッツからすると勝っている訳ですし、勝ちたかった流れではありましたが、勝てた試合かという視点で見直してみると、些か勇気を欠いた試合だったようにも思います。

ボールを持たされていた、とまでは言えませんが、特に前半は持った後の選択がセーフティーというか、得点までのイメージが共有されているようには感じませんでした。

後半に入って、若干改善の兆しは見られた気もしましたけれど、先に喫したセットプレイからの失点。

リプレイでは解説でも触れられていましたが、智選手・竹内選手・ケンペス選手の3選手が競り負けてのヘディングですから、相当に根深い問題になってしまっているように思われます。

その後、相手側に落ち着きかけた試合でしたが、米倉選手のあまり高く無い位置からのクロスにケンペス選手の裏から飛び込んだ谷澤選手がダイビングヘッドで合わせて同点に追いつき、フクアリの雰囲気は蘇ります。


しかし、更に攻勢を強めようとする勢いに水を差すかのような、あわやオウンゴールというバックパスでCKを与えたり、裏一本のパスに反応した黒津選手をペナルティエリアで倒してPKを献上するなど、2つのプレイそのものは結果的に失点を免れ得たとはいえど、折角引き寄せかけた試合の流れをしっかりと掴みきる事ができませんでした。

また、走り負けることをクローズアップされがちなここ数試合の中、局面局面では相手の疲労が先に見受けられる光景も多かっただけに、勇気を持って走り出す姿勢に欠けた選手が多く見受けられたのは残念でした。


逆に言えば、相手のブロック構築のバランスが良かったとも考える事はできるのでしょうが、その一方、昨シーズンの結果から、昇格の有力候補に挙げられていた横浜FCさんの順位がなかなか上向いてこない理由も何となく見て取れました。


ジャッジに関しても、些かアウェイチーム寄りではないかと思わないでもありませんが、岡本選手の手がボールか否かは現地では勿論、リプレイでも明確には判断できませんでしたし、現地では間違いなくPKだと映った谷澤選手のシーンについても、接触時に脚がボールに触れているように見えなくもありませんでした。

実際、前半から勇人選手が退き、智選手や兵働選手が痛んでいた事を考えれば、全般的に下のコンディションも鑑みて、お互いのプレイに対してもう少し笛を早く吹いてもよかったのではないかとは思います。

動き方はだいぶ変わってきましたし、攻め手に関してもう一皮、と思いながらも、その一枚をなかなか綺麗に剥く事が出来ない歯痒さはどうしても残ってしまいます。

ただ、ここで昨シーズンのように安直なアタッカー補強には走って欲しくないと考えてもいる管理人です。

関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する