犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • ドローの価値は次節以降(6位)[第18節:A/神戸戦]【J特】

こんばんは

G大阪が5連勝で首位堅持。岐阜、横浜FCはホーム初勝利(J公式)
【J2:第18節 神戸 vs 千葉】レポート:前半シュート0本から千葉は価値ある勝点1。神戸は狂った歯車を修正できず苦いドロー。(13.06.09)(J's GOAL)
試合結果

前半のシュート数0ばかりがクローズアップされてしまいますが、それまでの2戦は攻撃以前に守備にこそ課題が大きいと考えていましたから、うまくはないと感じながら、そこまで否定的にはに捉えていませんでした。

その意味では、前半40分、小川選手のシュートがバーを叩いた事が一つのポイントだったのかも知れません。あのシュート以降、かなりJEFはバタついたように感じましたから、最小失点差でハーフタイムを迎えられたことは幸運だったと思います。

結局イーブン以上に持ち込めませんでしたが、狙いを持って得点を奪い、勝ち点を得られた点は評価して良いのではないでしょうか?


逆に、先制シーンはまたしてもセットプレイ。2失点目も左サイドで完全にポポ選手をフリーにしてのクロスから。(好意的に見るなら、先制点献上後に痛んでいたように、智選手は失点シーンで競り合えてはいましたし、2失点目も、リバウンドを拾われてのゴールではありましたが・・・)

更に、同点に追いついてからのビッグチャンス、佑昌選手やナム選手はシュートを決め切れませんでした。

その意味では、悪い意味でも見慣れた形でのシーンが続いているのは事実ですし、今回にしても、「アウェイ」「2位相手」というエクスキューズは残ってしまいます。


それでも、個人的には戦前からこの試合の持つ意味はかなり大きいと考えていましたので、内容や結果に関してはもしかすると他の方々よりも甘く感じている部分があるのかも知れません。

ただ、何れにしても、後半に押し返すような戦いが出来る訳ですから、チーム全体の課題もそうですが、最後のディテールも向上させていく必要はありますし、まだ伸び代は十分にあるとも言えるのかも知れません。

連敗を止めたとは雖も、3戦未勝利。

久しぶりの円陣ダッシュを想い起こしながら、改めて神戸戦を巻き返しの契機にして欲しいと願う管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する