犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 失敗、完敗、連敗(6位)[第17節:H/山形戦]【J特】

こんばんは

G大阪が首位キープ。2位の神戸、3位の長崎も勝利で追撃(J公式)
【J2:第17節 千葉 vs 山形】レポート:走力や運動量、球際の勝負で千葉を圧倒した山形が快勝。ミス続出で今季ワーストの内容の千葉は完敗で今季初の連敗。(13.06.02)(J's GOAL)
試合結果

代表戦があった事に加え、あまりおさらいをしたくは無い試合でしたので、遅くなってしまいました。

結果も内容も当然変わらないわけですが、雰囲気を感じないからか、ようやく幾分落ち着いて録画を確認。

全体的に低調であった事は事実ですが、失点シーンは特に淡白というか、あっさりとゴールを許してしまった印象です。

実際に中盤の底を務めた兵働選手ですが、効果的なパスが見られた一方で、勇人選手共々、守備面での不安がそのまま顕れてしまったような気がします。

この試合だけではありませんが、兵働選手のシュートブロックは弾道に対して身体を投げ出さず、背を向けるように飛び込むシーンが多いため、壁としての効果が期待できません。

一方の勇人選手に関しては、本来、防がなければいけないゾーンに「戻ってくるような」シーンが散見。

左SHに起用されたジャイール選手の守備力不足と相俟って、全く効果的な守備が出来ていなかったように感じます。

その点で、ナム選手の起用や、ベンチ入りしたキム選手をアンカーに配してみるなど、ジャイール選手のスタメン起用よりは直接見てみたかったとは思います。

また、0-1のビハインドにも関わらず、前半終了前や、押し返し始めた後半の時間帯、ゴール付近まで攻め上がった勇人選手や兵働選手がシュートの選択をしなかった事が非常に残念でした。

その後のPK判定は確かに不運だったと思いますが、スタッツ的に追い上げていたあの時間で完全に流れを変えられなかった事が敗因とも言える訳ですから。


総体的に、何というか、ボールを持ったらそこそこできるけれど、何処でボールを奪うのか、どうやってボールを渡すのか、如何にゴールまで運ぶのかというイメージの共有が殆ど見られない結果となってしまいました。

選手の起用法含め、考え方によっては「現行の最終試験」とも考えられうる試合でしたが、そう割り切ろうとしても、不満や不安が残っている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する