犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 修辞と現実(6位:暫定)[第17節:H/山形戦]【J特】

こんばんは

メンバーを知った時にこう願っていました。「底を二人でケアして点は前の二人で狙いに行く」

そのため、当たり前のように左サイドに配されたジャイール選手の姿を見た段階で、相当厳しいという覚悟を持ちました。

展開は案の定でしたね。

左サイドのケアに勇人選手、もしくは兵働選手がスライドすれば、合わせて、左寄りに位置するCMF。結果、右サイドの佑昌選手が中に入り、当然、逆サイドはがら空き。


競り合い後のセカンドボールはバランスを崩したJEFをあざ笑うかのように相手の波状攻撃。

あの時間帯での失点は確かに残念でしたし、内容に目を見張る物は無かったけれど、挽回は当然可能な筈でした。

個人的には、前半を0-1で終えられた事自体が幸運だと感じていましたから。


それ故に、そのままの布陣で迎えた後半が信じられませんでした。

攻勢をもって弱点をカバーするのであれば、バイタルに入ってくる選手はCBのどちらかしか止める術は無いのですし、そこの対処を後回しにするものだから、最終ラインは下がるばかりで、撥ね返す事すらままならない状態。

私はこれまで「誰が出ても同じように」というのは、監督が個々の選手の個性を把握した上での修辞だと考えていました。

なればこそ、この試合ではアンカーとして守備専門の選手を配するか、ジャイール選手を攻撃に専念させるかといった選択を期待していたのですが、ピッチ上で繰り広げられた光景は杞憂がそのまま現実となっただけ。

勇人選手や兵働選手の位置取りから健太郎選手の役割をこなそうという意図は感じられませんでしたし、手詰まり感に満ち満ちていたビルドアップでも、谷澤選手が積極的に落ちてくるような光景はさほどありませんでした。

結果、両SBの攻撃参加も思い切りがなく、位置取りだけが高くなり、裏のスペースを狙われる始末。


更に、智選手のセルフィッシュな判断にも幻滅しました。

皆が皆、キャプテンと同じイメージのプレイを実践できるのであれば、チームとしても選手としても、J2に留まっていないはずです。

不満なら不満なりに、その場でしっかりと雷を落としてくれない限り、独り善がりの勝手なプレーとしか映りません。
こんな試合をしていて、3点目が決まった段階でスタンドから去られた方々は次も脚を運んでくれるのでしょうか?

正直、結果ではなく、素人の予想通りの負け方に唖然としてしまった管理人です。


・・・フクアリに脚を運ばれた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する