犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 日没前の花火大会[J1第12節:柏vs浦和@国立]【J特】

こんばんは

相当な日が空いてしまいましたが、長崎戦後、今期二度目となる国立にお邪魔してきました。

浦和さんを迎えての国立とはいえ、やはりハコがハコですから、ホーム自由席なら入場がキックオフ直前でもそれなりに席はあるだろう、そうタカを括っていたのですが、いやはや、空席を探すのも一苦労なほど入っていました。(アウェイ側はアッパースタンドも開放されていましたね)

柏さんは続出する怪我人に連戦の影響もあってか、私が抱いていたイメージとはだいぶ異なった布陣。


上がるとぽっかりと空いていた柏さんの左サイド裏のスペースが気になっていたのですが、失点はスペースではなく、その左サイドから低い弾道で出されたサイドチェンジのパスカットから、中央でボール奪取に成功した浦和さんがカウンターでの先制点。

その後、増島選手に替えて山中選手を投入し、追撃を図る柏さんでしたが、前半終了間際に梅崎選手からのクロスを柏木選手が合わせて、浦和さんが追加点を奪います。

0-2で前半を折り返しますが、この2失点目はやはり柏さんにとって相当重かったのではないでしょうか?


後半も攻める柏さん、裏を狙う浦和さんという構図は変わらず、柏さんも2点を返しますが、浦和さんは更に4点を挙げ、2-6という大味なゲームとなってしまいました。
台所事情もあるのでしょうが、どうも柏さんは最終ラインにCBタイプの選手を揃えながら、相手ボールの際には待ち受けずに前から当たるような戦い方を志向したのか、全体的なバランスがチグハグなイメージが強かったです。

ただ、一方の浦和さんもそこまで積極的にゲームを支配しようとしていたのかと問われると、ボールを奪ってからの前へのスピードと個人技の巧さにこそ目を奪われましたが、高速カウンターで得点機会を作り続けた、という印象です。


大観衆の中での国立での対戦でしたから、得点の度にスタンドは大いに盛り上がりましたが、余所者が眺めるにしては、些か物足りないというか、期待していた展開とは大きく異なった試合だったように思います。

年間で考えれば、数試合はこういったゲームもあるよね、という感じの一戦でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する