犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 強みを活かす[J1第13節:川崎vs新潟@等々力]【J特】

こんばんは

長崎戦前日、J1中断前最後の等々力に脚を運びました。

余裕のある時間帯であった事もあってか、アウェイゴール裏は新潟サポさんの大応援団で埋め尽くされておりましたし、陽気もあってか、ホーム側のスタンドも満席状態。熱気のあるスタンドで迎える一戦となりました。

試合前にはケンゴ選手代表選出のお知らせ。開幕から暫くコンディションが上がらなかっただけに些か心配をしていましたが、何とかあわせてきたというところでしょうか?


試合はというと、あまりピリッとしないというか少々物足りない前半でしたが、後半に入り、川崎さんが攻めて新潟さんが凌ぐという様相がハッキリとします。

スタメン起用のレナト選手、ケンゴ選手は存在感を示していましたね。また山本選手もだいぶチームに馴染んできた印象です。

一方、管理人としてのこの試合の注目選手は川又選手だったのですが、ジェシ選手の壁は厚く、剥がせたシーンも殆ど無かったように感じました。


先制はやはり川崎さん。左サイドを突破したレナト選手のシュートがネットを揺らすかと思えたのですが、そのボールを奪うようにオフサイドかと見紛う様な位置で大久保選手が押し込んでのゴール。自身が決めたと思った喜びの勢いを少々削がれてしまったように見えたレナト選手の姿がなんとも言えませんでした。


一方の新潟さんは前線に鈴木武蔵選手を投入した直後、相手のミスを突いて同点に追いつきます。

中盤でのボールロストを拾った川又選手のゴリゴリとしたドリブルから送られたクロスに詰めた鈴木選手のゴールは迫力がありましたし、アウェイゴール裏も盛り上がります。


さて、同点に追いつかれた川崎さんですが、ケンゴ選手のスルーパスに抜け出した大久保選手が2得点目を挙げて、再び勝ち越し。

パスも見事でしたが、キックフェイント一発で相手GKを外してしまった大久保選手、やはり上手いですね。


結局、試合はこのままタイムアップを迎えて2-1。中盤の構成力に加え、FWが仕事をした川崎さんの順当勝ちといったところでしょうか。


中断期間前に巻き返しを図りたかった新潟さんとしては残念な敗戦ではありましたが、ボールを奪っても効果的なカウンターは多くなく、どのようなプランであったのかがいまいち判然としませんでした。その点では、酒井選手や鈴木選手の投入がもう少し早ければ、攻め方も変わったのではないかとも感じた管理人です。
さて、試合翌日には等々力でファン感があったそうですね。(川崎さん公式)

伺ってもいない他所様のイベントに関して触れるのも少々気が引けますが、実際に見てみたかったという写真がありましたので敢えて採り上げさせて頂きました。(中央の小林悠選手:川崎さん公式より)

小林悠選手のいでたちに関してですが、「良い」。そう思った管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する