犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 様々なコントラスト[J1第12節:FC東京vs清水@味スタ]【J特】

こんばんは

松本戦前夜、中断前最後の味スタへ。

終盤に劇的な同点劇となった磐田さんとの対戦後、アウェイでは湘南さんに敗北を喫したと聞いていましたから、リーグ戦では2試合見勝利のFC東京さん。(そういえば、味スタでは静岡勢との対戦が続くカレンダーだったんですね)

少々調子が下降気味なのかと思いながらメンバー紹介を見ていると、李選手がスタメンの発表。「あれ?」と思いながら今一度メンバーを確認すると、長谷川選手が不在。対する清水さんもヨンアピン選手と高木選手が不在。

お互いに故障者でメンバーを代えての対戦ですから「堅い試合になるかもしれない」と思いながらのキックオフ。


清水さんの戦い方がそうさせたのか、FC東京さんのメンバー構成からなのか解りませんが、試合は基本的には閉じた展開。

欠伸を我慢するような、些か退屈に感じられる試合内容でしたが、前半の残り時間が気になり始めた頃からピッチ上が活性化。

特に、伊藤翔選手のシュートが先制に繋がっていれば、結果も内容も違った物になったのかも知れません。

一方、前半終了間際にはFC東京さんもファウルとセルフジャッジしかけた清水さんの隙を突いて渡邊選手がシュート。多くの方がゴールと思い喜びかけましたが、残念ながらサイドネット。


少ないながらお互いに好機を逃してスコアレスで折り返した試合は、結果的にGKの出来が試合結果を左右する結果となりました。


後半に入り、正面のグラウンダーのシュートがしっかりとキャッチできる筈だった林選手の股間を抜けてホームのFC東京さんが先制。

さらに、その10分後には、クロスに対して林選手がパンチングしたボールが正面のルーカス選手に当ってそのままゴールイン。

無論、撃たせてしまった、上げさせてしまった事自体にも問題ではあるのでしょうが、共に入ると思っていなかっただけに、清水さんからすると厳しい形での失点が続いてしまいました。

一方の権田選手が安定したプレイでピンチを積んでいただけに、その差が大きく感じられるのかも知れません。

その後は、前掛りになる清水さんとその裏を狙うFC東京さんという構図にシフトしますが、お互いに得点無くタイムアップ。

清水さんはすぐ近くのフリーの選手にボールを渡して素早く攻めたい狙いを試合を通じて感じられましたが、結果的にはサイドに追い込まれてのボールロストというシーンが多かったのではないでしょうか?

特に、足元に渡す際のボールには質よりも速さを求めていた様で、それを繋ぐ技術は素晴らしく感じられましたけれど、敵陣深くでその技術を出せない以上、攻撃面で脅威とはなりませんでした。


逆に、攻撃時には右サイドに張り出すルーカス選手が、守備時にはしっかりと戻り、相手を挟み込んだりパスを網にかけていたシーンが多く、与えられたタスクを期待以上にこなしていたような印象です。

その点でも動き回りながら前でボールの配給を待つしかなく、孤立しがちだったバレー選手とは対照的に映りました。
【J1:第12節 F東京 vs 清水】アフシンゴトビ監督(清水)記者会見コメント(13.05.18)(J's GOAL)

さて、確かに失点は林選手のミスからではありますけれど、それを公の場で非難してしまう監督の記者会見には少々違和感が残りました。


清水さんに関してはいつも思うことですが、今回のゴール裏はどんな展開でもリズミカルで楽しそうに映っていただけに、監督コメントを余計残念に感じた管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する