犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 違和感[ナビスコA組:川崎vs大宮@等々力]【J特】

こんばんは

前回から1週間も経っていませんが、等々力でのナビスコカップグループ予選にお邪魔してきました。

連戦となる水曜のカップ戦でもありますし、メンバーはそれなりに変わるだろうとは考えていましたけれど、大宮さんのスタメンに外国籍選手の姿は無く、一方のホーム川崎さんには3名の外国籍選手が名を連ねました。


開始早々、ボール処理の判断を早まった大宮さんの隙を突いてパトリック選手がGKと1対1のチャンスを得ますが、これは枠を捉えられず。

ただ、このシーンからして「イメージしていたような展開にはならないだろうな」と思っていた矢先、CKからパトリック選手がヘディングでゴール。

絶好のチャンスを逃しながらの先制弾で川崎さんがペースを掴んだ、というよりは大宮さんが試合に入れていない印象が強かったです。

その後も個々の選手のフィジカルや個人技を活かした攻撃を見せる川崎さん。

安選手のスピード、パトリック選手の高さ、レナト選手の個人技、稲本選手の強さなど、トライアングルは何処吹く風といったような、シンプルに相手ゴールに向かうプレイが多かったように思います。

一方の大宮さんですが、マイボールをいつもの様に落ち着いてつなげる事がなかなかできず、また、外国籍選手を欠いた事もあってか、前線での細いパスルートにボールが出せなかったり奪われたりというシーンがしばしば。

殆ど得点の香りが無いまま前半を終えてしまいました。


それでも、追加点を奪われる事だけは免れ、前半は1-0での折り返し。

そしてなんと、リードしている川崎さんが後半頭から安選手->矢島選手へと交代のカードを切りました。(アクシデントでもあったのでしょうか?)


安選手のフォアチェックと裏へのスピードは、川崎さんにそれなりのアドバンテージを齎していたように感じていましたから、この交代には正直驚きました。

案の定というか、後半からは攻勢の姿勢を強めた大宮さんですから、裏への脅威が1枚減った事をどう活用するかと思った矢先、集中力を欠いた(様に思われたボールの見送り方の)プレイからレナト選手に追加点を奪われてしまいます。


結局、この後交代はあれど、スコアは動かずの2-0で川崎さんが勝利。


さて、スターティングメンバーからして、大宮さんが何処まで出来るのかというテストを兼ねていたような布陣。それが開始早々に失点してしまっては、大駒を欠くメンバー構成で試合を覆す事はかなり厳しいだろうと感じていました。

それでも、丁寧にボールを繋ごうとする姿勢は見えましたので、やはり最大の課題は最後の部分に入るまで、更に入ってから、という事になるのでしょうか?


逆に、この日の川崎さんの戦い方の方は、我々が対戦していた頃のイメージには近く、先述した安選手のスピードに驚き、また、最近は試合で精彩を欠く様に見えていた稲本選手の存在感を感じた試合でもあったように思います。

試合後のコメントからすると、ベルデニック監督はこういった試合になる可能性を含めて起用を行い、結果にも納得している面があるように感じられるのですが、風間監督のコメントからはそこまでの狙いや成果を感じられませんでした。(リンクは共にJ's GOAL)


スタッツ以上の差を両チームからは感じるゲームとなったように映りましたし、大宮さんのナビスコ敗退が決まり、川崎さんのトーナメント進出の可能性は大きくなった一戦。

実際、得点の香りは川崎さんにより多くあったと思うのですが、それがチームとして「個」を活かす狙いなのかどうかが判断できないと表現すべきでしょうか?

試合の趨勢を決定付けた2点目の角度など、ほぼ前回のC大阪戦と同じ事を考えると、リーグ戦でレナト選手を起用しない理由がますます解らなくなった管理人です。

関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する