犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 青写真との差異(4位)[第14節:H/富山戦]【J特】

こんばんは


東京Vが劇的勝利。G大阪、千葉が反撃をかわして競り勝つ(J公式)
【J2:第14節 千葉 vs 富山】レポート:課題のセットプレーで2失点も3得点の貯金が効いて逃げ切った千葉。富山は攻守ともにゴール前の最後の部分のミスが響いて敗戦。(13.05.13)(J's GOAL)
試合結果

かなりやられていた印象はありましたので、ああいう表現をしたのですが、実際にスタッツを確認すると、思っていた以上に数字は劣っていました。印象の方が少なかったのは、クロスやシュートの精度が欠ける様に映っていたからでしょう。

幸先良い先制、押し込まれ始めての追加点、相手の隙を突いた駄目押し。本来ならば、ここで試合を〆なければならなかったはずが、セットプレイから2点を献上しての3-2。

5/12富山戦「10,000人プロジェクト2013」の結果について
入場者数発表で大きなため息が生まれたスタンド。スタンドとピッチが近いというフクアリの環境の悪い面がハッキリと顕れてしまいました。

3-0とした後、押し込まれながら自陣ペナルティーアーク付近でリフティングをするような持ち上りからのボールロストでCKを献上している辺りから、怖さは感じていました。

相手の1枚目の交代から、「キム選手はいつ?」と考えていたのですが、あれよあれよとセットプレイからの2失点。

不安は杞憂に終わらずに現実の物となってしまいました。

2失点後のキックオフで、深井選手をサイドに、ナム選手を中央へと回していましたから、やっと手を打ったと考えましたけれど、やはり1枚目の人選、2枚目のポジションと交代策には苦言を呈したいと思います。


3-0という状況になった段階で疲労の見える兵働選手や警告を受けていた谷澤選手に代えて守備にも戻れるナム選手で良かったと思います。


どのような展開であってもキム選手は投入する(というかせざるを得ない)と考えていましたから、それなら最初のカードで米倉選手を一列上げての交代もあり得たでしょう。(この場合には、守る意識がメッセージとして強すぎてしまう可能性はあったでしょうが、結果として2失点していますから、あながち間違いではなかったようにも考えています)


スコアがイーブン、或いは劣勢であれば深井選手の活きる可能性は大きくなりますが、守りを基本に考えると、もう少し違った打ち駒が欲しくなりますね。(結果的に出番が無かったジャイール選手にしても言えることでしょう)


シーズンも1/3を終了。

シュート数で劣っていても決まるゴールが多ければOKと考えているのでしょうから、支配するエリア、譲れないゾーンに関してもっと限定して良いのではないかと思います。


竹内 彬選手 第一子誕生のお知らせ

さて、当初、ゆりかごは勇人選手のお子さんのためかと思っていましたが、彬選手のお子さんのためだったんですね。

結果として決勝点となったケンペス選手の2得点目にもパフォーマンスがありましたし、兵働選手はバースデーゴール。

3連勝もそうですが、本当に勝ててよかった一戦だと振り返る管理人です。

最後に、富山さん達について。


個人的にはあそこまで明確なオフサイドトラップを仕掛ける光景が印象的でした。

最終ラインの枚数が多かっただけに、勇気を持って押し上げる統率された動きは敵ながらあっぱれと感じましたが、それ故に、そこまでのレベルに至らなかったシュートやクロスの精度が課題となるのでしょうか?(オフサイドトラップには何度か、審判団も騙されていたようには感じましたけれど・・・)


最終ラインが5枚並ぶ布陣は多かったですが、積極的な守備という意味で、富山さんはここまで一番綺麗だったと感じた管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する