犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 拙速か蛇足か…

こんばんは

前回あえて触れなかったサポカンの議事録関連について

サポカンそのものについてですが、シーズン終了後、あのタイミングでの開催。日時に問題はあったけど、開催まで漕ぎ着けた事は評価していたんです。第一、クラブとして明言できる内容など殆ど無い状況ですから、ある種のガス抜きというか、顔見せだけでも効果はあるだろうと考えていました


でも、質問を公募しながら、それに対する資料どころか回答する姿勢すらなく、「ウソのない回答」という社長の声が、一晩で覆ってしまった事を考えたら、実際に参加した身とすれば、あの時期の開催は「拙速」でなく「蛇足」だったのかな?なんて考えも否定できません


でも、それはフロントだけでなく、我々サポ側に対してもそうだったのかもしれないと思うんです。ユース強化のFBを延々と要望するなんて、限られた時間で発言しなくても良い事ですし、自分がJEFに魅力を感じた理由とか次期監督候補の要望とか、質疑応答の場としては無意味どころか弊害といってもいいでしょう。その辺り我々も、確認すべき事と教えて欲しい事、言いたい事の区分が全くなされていなかったと思います


各質問に対しての回答も、個々に深堀りしたいサポ側の要求は悉く総論として返されていますし、質問の内容に一貫性や妥当性、発展性が無かった事もマイナスポイントでした

進行にも不満が残りました。質問者に対して、最終的な回答としてのOKをとっていなかったと思います。一度ガマさんに行って頂いたり、進行だけでも連絡会代表に行って頂いたりすればちょっと違った面もあるのかもしれませんね

だから、フロントも現場も力不足だったんだけど、サポやファンも芯がやはり足りないんだな。という再確認をせざるを得なかったのが収穫といえば収穫でしょうか?


サポ側としてこういうときに団体さんばかりを頼ってしまうのはいけない事だと理屈では解っているのですが、音頭としてやはり質問や確認事項の重み付けは必要だ、と痛感しました。(無論、各団体さんに対しての批判や非難があることは承知の上です)

個々の質問に対しての回答は事象を収束させるものでなく、状況や背景、想いと言った部分に拡散してしまうのは、この手の集会では仕方ないのかもしれません。むしろ「あるべき姿」なんてあの場でなくとも公式なり資料なりでいくらでも公表出来るのですから、それを用意しない(出来ない)クラブに対しての不満や不安が、私にとっては一連の公式発表に対しての批判や不満に繋がってしまっている部分があります

だから、年明けに開催を約束してくれたサポコミでは、要望や要求ではなく質問や確認が主体となる事を願いますし、それらに対して実績やデータでの回答を切望しています
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する