犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 実践と画餅[J1第8節:FC東京vs川崎@味スタ]【J特】

こんばんは

京都戦の前夜、日中の用事を済ませた後に、味スタでの多摩川クラシコにお邪魔してきました。

事前の両チームの情報を全く意識せずに脚を運びましたので、電光掲示板でメンバー確認。

FC東京さんはほぼ前節同様のメンバー構成。

特に、FW登録が千真選手のみでしたから、ピッチ上の選手達の動きに期待を抱きました。

一方の川崎さんに関しては、前節で漸くリーグ戦初勝利を挙げた事は確認していましたけれど、レナト選手や登里選手の負傷欠場やジェシ選手の復帰すら知らず、何とかメンバー表にケンゴ選手がいない事には気付くような有様。

等々力の仙台戦、映像でも確認した訳ではありませんが、ここまで何度か拝見した内容からすると4得点よりは2失点が問題なのではないかと考えていましたので、勝利で何が変わったのかには興味がありました。


実際に試合が始まってみると、「意外に守れている?」という印象が川崎さんにあったのですが、それも失点まででした。

攻撃シーンも皆無ではありませんでしたが、ケンゴ選手やレナト選手の不在もあってか、得点には至らず。そもそも、そのチャンスは崩したと言うより川崎さんが暫く前まで得意にしていたカウンターが多かったように感じました。


2得点目がホームチームに生まれた後、何度か川崎さんにもビッグチャンスはありましたが、結局は2-0でタイムアップ。スタッツや点差以上にFC東京さんの完勝という印象。


昨シーズン、高橋選手を最終ラインで起用していた事に疑念を抱いていた管理人ですが、やはり、彼は中盤の選手であると感じました。

ただ、高橋選手以上に存在感を示したのは米本選手。ピッチを駆けるという表現が誇張で無いくらいにあちこちに顔を出して、十二分にチームの勝利に貢献。

右サイドのルーカス選手、徳永選手に比べると、左サイドの長谷川選手、太田選手には確実性というか安定感が欠ける印象もありますが、そこのカバー含めた連動性が、今の東京さんを眺めていて楽しいと感じる部分なのかも知れません。

昨年の後半、ヴチチェヴィッチ選手やルーカス選手目掛けて蹴っていたスタイル、梶山選手の移籍に加え、今シーズンは羽生選手の放出、李選手の獲得など、東京さんは更にゴリゴリとしたスタイルを目指すのかと考えていたのですが、他所様の事ながら、嬉しい誤算ではないでしょうか?


他方、川崎さんに関しては、ここでは触れる事はありません。FC東京さんが最初の交代カードを切った時間が試合の内容を物語っているでしょう。

この試合だけが駄目だったのかどうかが気にはなりますが、5月にも等々力にお邪魔する予定ですから、布陣や起用メンバー、戦い方に関してはそこで確認したいと考えています。

いつもお邪魔している両チームの対戦。どちら寄りのエリア・心情で観戦に臨むかについては試合前に結構考えました。


結局、いつもと変わらない場所に陣取ったのですが、ホームエリア拡張の影響で、締め切りの扉が開放され、結局は強風に耐えながらの観戦。

名古屋戦とは異なり、試合中のストレスは殆どありませんでしたし、試合後も足取り軽く家路に着きました。


たかだか数試合で、ここまでピッチ上で表現されるものが変わるのか、そうFC東京さんの姿に驚いた管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する