犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 屋根のありがたさ[J1第5節:FC東京vs大宮@味スタ]【J特】

こんばんは

荒天の予想された週末、群馬遠征は早々に諦めたので、その代わりという訳ではありませんが、今期初めて味スタにお邪魔してきました。フクアリもそうですが、やはり、荒天時には屋根のあるスタンドはありがたいですね。


寝坊に加えて何だかんだと仕度に手間取り、スタジアム到着はキックオフ1時間前。

陣取る場所を決めてスタンドを見渡した感想は「あれ、空いてる?」でした。・・・無論、金曜辺りから不要不急の外出を控えるような報道は多かったですし、予報もタイムアップ頃から一気に酷くなるような気配でしたから、已むを得ないのかも知れません。特に高齢者やお子さん連れの場合、スタンドでの観戦は兎も角、帰りの足の問題の方が大きな問題となった可能性があった訳ですし・・・。


実に昨年末の天皇杯以来ですが、田んぼのようなピッチでの試合を目の当たりにした実からすると、あの試合が嘘の様に整った芝の綺麗さに驚きました。


昨年にも観戦したカードではありますが、あの時ほどに両者の攻守のコントラストははっきりとしない内容でした。

一年足らずではありますが、当時ぼんやりと感じていた縦に急ぎ過ぎないという監督の戦い方はしっかりと大宮さんに浸透している様に感じました。(そういえば大宮さんの前監督はJEFの現監督ですね)

大宮さんの良さもあったのでしょうが、ホームチームも私がイメージしていた姿とは異なりました。

上手く表現できませんが、何となく一騎打ちで勝負を決しようというか、梶山選手や羽生選手というボールの供給役やスペースを作る選手が抜けた影響なのか、昨年あれだけ存在感があったルーカス選手もピッチ上の一人の選手のように映りました。

今期新加入の李選手と渡邊選手の2TOPよりも、米本選手投入後のほうがペースは握れていたように思いますし、チームに疲労が見える後半に李選手を投入した方が効果的のようにも感じましたが、チーム内のコンディションなども状況は不明ですから、ベストチョイスなのか当面の策なのかは解りません。


ただ、中盤での連携をある程度無視しながらも、この試合では終盤に投入されたヴチチェヴィッチとルーカス選手へのロングボールからチャンスを作れていた昨シーズンの強みをあまり感じなかった事は事実です。


さて、試合そのものは、0-1でアウェイ大宮さんの勝利。

サイドで与えたFKに対し、果敢に飛び出した権田選手はこれに触れる事が出来ず、ズラタン選手がヘディングで難なく得点。

展開次第ではどちらが勝利してもおかしくない試合ではあった様にも思いますが、決定的なシュートシーンという点では若干大宮さんの方に分があった印象でしょうか。

攻めるホームチーム、凌ぐアウェイチームという展開を想定していた身とすると、些か趣が変わったゲームではありましたが、十分に楽しめた試合でした。

全くの余談ですが、J1J2が土日分散開催となった上、比較的通いやすいFC東京さんの試合に関して、管理人は5ゲームスチケットを活用しています。

また、今回初めて、クラブサポートメンバーなる制度の特典を確認しました。


無論、FC東京さんの営業活動を喧伝したい訳では無いのですが、スタジアムの大きさやカテゴリの違いを差し引いた上でも、我がクラブももう少し空席を有効利用出来ないものだろうかと考えてしまった管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する