犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 伸び代と余力【J特】

こんばんは

G大阪さん、神戸さんと昇格を競うライバルが強力ですから、どうしても、上との差を意識しがちなので、例年の傾向を改めて確認してみました。


H/Aの二回戦となって以降の6試合消化時点での勝ち点は以下の通り(何れも、データはJ公式より。2011シーズンは東日本大震災の影響で日程変更)

2010Jリーグ ディビジョン2【第6節】
2011Jリーグ ディビジョン2 【2011年05月15日 現在 (第12節)】
2012Jリーグ ディビジョン2【第6節】
2013Jリーグ ディビジョン2【第6節】


まだシーズン1/7と見るか、もう1/7が終わってしまったと捉えるかでも変わってくるとは思いますけれど、勝ち点とすると過去最低の数字。しかし、順位的に昨シーズンと同じ。

2011シーズンなどは首位でしたが、このシーズンに昇格したチームは6試合終了時点でベスト5にもいません。


確かにどの節終了時点であっても、首位に位置してくれていれば一定の安堵感は得られるでしょうが、そうでないからこそ、リーグ戦を開催する意味がある訳で・・・。


クラブが昇格を目標に設定しながら3シーズンそれを逃している以上、今シーズンは試合そのものに関して特に厳しい目で捉えるようにしていますが、それでもやはり順位表での上ばかりを見ている事は危険だと思います。


鶏と卵というか、今シーズンのここまでの戦い方からすると、変な表現になりますが、まだ、追われる立場にいないほうが良い様にも考えられますし。


例え見かけ上だけの事にしても、結果が出ていると「変えにくい、変えられない」「手をつけない」といった弊害に繋がりやすいですし、ここまで挙げた大差での2勝も「勝つべくして勝った」とは言えないでしょう。


変な表現になりますが、結果は別として、ここまでで1試合を通じて勝敗を分けそうなシーンが何度かはある事自体はそんなに否定的に考えていません。逆に捉えれば、改善の余地である訳です。

ただ、それがアタッキングサードであっても中央や数的不利を招きかねないようなボールロスト、ペナルティエリア内外という条件が重なってくると、話が変わってくると思います。

それ故に、智キャプテンやジャイール選手に関しては基本評価が低くなってしまいがちですが、チーム内での責務の重さゆえにアンタッチャブルになってしまう事を最も恐れています。


誰がやろうがダメな物はダメなのです。出来うる事が出来ないならまだしも、出来ない物は出来ないのですから、その辺りは毅然とした姿勢で主張して欲しいと願う管理人です。


無論、出来ない事を出来るようにするのは、実戦のピッチよりも適した場があるだろうと考えているからですが・・・。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する