犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 修正力(10位)[第4節:H/鳥取戦]【J特】

こんばんは


関西のライバル対決は京都に軍配。長崎が嬉しい初勝利(J公式)
【J2:第4節 千葉 vs 鳥取】レポート:『前への推進力』を欠いた攻撃で追加点が取れなかった千葉。ひたすら前へと勝負の仕掛けを続けた鳥取が追いついて4戦無敗。(13.03.21)(J's GOAL)
試合結果

試合が控えていますが、漸く録画を確認。そして、現地で感じた雰囲気とリプレイでこれだけのギャップがあるのかと些か驚きました。

時間もおいてしまったので、文章の流れは意識せずに簡単に気になった点を列挙します。


キム選手に関しては批判も多いようですけれど、個人的には落第点は出せません。

課題は守備そのものよりもマイボールの際の位置取りと攻守の切替。

何度か攻めるボールも蹴れていましたが、使われるイメージが足りないシーンも散見されました。それでも、数回は良いセンタリングを蹴れていたようにも思います。

失点に繋がるクリアミスは智選手とのイメージ共有がなかったからでしょうし、それより以前のプレイでも、後方に出したパスの受け手がいない事でピンチを招いていました。

逆に、ナム選手とのコンビネーションなどは良好でしたし、攻撃時には意図して高い位置まで上がっていましたから、これまでの経験で「自分がやられていやな事」を自身が体現できるようになれば、面白いのではないかとも思います。


某紙で酷評されていたらしいケンペス選手。基本、ワンタッチでの落としをタスクとして課されているのでしょうか?

切替が入る次点でのボールロストは印象が悪いので、どうしても渡すパスの精度に欠ける様に見えてしまいますが、狙うのがスペースなのか人なのかもイマイチ判全としません。

受けた際に気になった点は上記の通りですが、常に受けるのか、場合によっては裏を狙うのかも曖昧な印象です。

ワントップと言う意味でどうしても昨シーズンと比較してしまいますが、「身体を張って、納めて渡してヨーイドン」ではなく、預けるボールの質も違いますから、一概に否定できないと思います。


加えて、前線の各選手のポジションは流動的ですし、先制点にしても突破を見せたジャイール選手は右サイドからの突破でした。

ジャイール選手、相手の体の外を回すボール捌きや、イメージよりもワンテンポ速く蹴るセンタリングは面白いですね。余談ですが、CKでのジャイール選手は智選手を狙う事が多かったように思います。それがチームとしての約束事なのか、単に智選手が相手から消える事が多いのかも気になるところではあります。


シュートレンジでのスルーやヒールなどは連携を深めなければならないとは思いますが、選択肢としてのシュートの判断、選手ごとの役割の方が気になります。


連携という面で考えれば、栃木戦とメンバー変更なく臨んだ姿勢も理解は出来ますが、コンディションを考えればやはり疑問は残りましたし、特にジャイール選手・谷澤選手・米倉選手と並ぶ3名の選手が個人での打開を図る選手であるバランスの悪さも気掛かりです。


逆に周りを活かせるタイプのナム選手や大塚選手、更には大介選手が投入された時間では、スタメンに活かされるだけの体力が残っていないようにも感じました。

そして、最終的に米倉選手を右のSBに配し、峻希選手を右から左へ。スクランブルなのか、一度実戦で試したかったのかは解りませんが、峻希選手の左SBは兎も角として、米倉選手のSBはもう無いのではないかと考えています。

引いて上がらずの4枚ならそれもありだとは思いますが、それは少なくとも監督がSBに求めている姿勢では無いでしょうし、それならばいっそ最終ラインを3枚にした方が安定するように思います。本来CBであるキム選手に加え、大岩選手や全体練習に合流している栗山選手というCBタイプの頭数は足りている筈ですから。


守備面では試合終了前に「三度同じ形で失点か!?」と思われるボールに対して、GKが飛び出しを躊躇したシーンがありました。智選手の対応で事無きを得ましたが、岡本選手の体に変な癖が残っていない事を願います。

さて、前回も触れたように、HTの監督コメントとは裏腹にフワフワとしたピッチ上の乖離の原因も気にはなりますが、最も気掛かりなのは「キャプテン智」に物申せる選手がいるのかどうかです。


ここは本当に内情の世界になってしまうので、最も見え辛い部分ではあるでしょうが、周りが遠慮してしまうと逆に智選手本人にとってもチームにとっても厳しい事なのではないかと考えています。


いわゆる「良いイメージ」が幻影なり幻想であった可能性もある訳です。開幕後の内容は満足には至りませんが、それでも良化している部分も見えますから、杞憂であるとは想いたいのですが、トレーニング時間は兎も角として、ミーティングや日頃のコミュニケーションに関して気になっている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する