FC2ブログ

犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 「情熱」は消えず[J1昇格プレーオフ 準決勝@パロ瑞穂]

こんばんは

シモビッチが圧巻のハットトリック!ネガティブ要素を跳ね除けた名古屋がJ1昇格に前進(J公式)
敵地で力尽き、プレーオフ敗退。


「不運」で片付けられなかったところが全て。今でも、そう思っています。


それ故の、サバサバとした監督コメントなのでしょう。


来シーズン、順位に関して「過度な」期待はしませんし、そもそも、どれだけ顔ぶれが変わるのかも解りません。

ただ、「ボールを蹴ることを生業とする人」から「サッカー選手」に育ててくれる指導者であるのではないでしょうか?


逆に言えば、それこそがJEFに足りなかった要素であった事は否めませんし、その先、があるのかどうか含め、見守りたと思います。


そして、試合の総括ではありませんが、一人のJEFサポとすると、「風間八宏」という「個人」に対する悪い記憶が、「また増した」とは言えるのかな、と感じます。

また、決勝に進出する両チームからそれぞれ、シーズン途中に加入した期限付き移籍選手の事に思いを巡らせ、どちらが勝ち上がってくれた方がJEFにとって良いのだろうか、と考えざるを得ませんが、そこは鬼が笑う世界のような気もします。


いずれにせよ、今シーズンの上位チームが来シーズンには間違いなく一つ消えるのですから、そこを前向きに捉える、位が妥当なのでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 終戦[J1昇格プレーオフ 準決勝@パロ瑞穂]

こんばんは

私は先ほど、無事に帰宅しました。皆さんも恙なく帰宅されたでしょうか?


前半終了間際に先制弾を奪い、後半へ突入したJEF。

結局は後半頭の時間帯で、追加点を奪えなかった事が、分水嶺となってしまったように感じます。

それが、ジャッジのミスにせよ、セルフジャッジにせよ、判定が覆らない事は、明らかでした。


逆に言えば、それでも抗議を続けたという背景には、それだけ余裕のない、ギリギリの状況ではあった訳で、残り時間を考えても、まだまだ挽回は可能であるはずでした。

これが、1-1の敗退であったのであれば、また話は変わってきますが、2失点目で完全に自滅。

最終節で見せた姿勢を保てませんでした。


JEFの2017シーズンの最終戦は2-4というスコアで幕を閉じました。


ジャッジについては、初のJ1昇格プレーオフとなったニッパツでの横浜FC戦で、当の村上主審に藤田選手のハンドが認められずに先制点に至ったり、今シーズンも、ペナルティエリア外のファウルでPKを与えられたり(その勝ち点がなければ、そもそも今日の舞台がありえなかった)と、受け入れ難い判定は毎週、必ずどこかで生まれているのだと思います。

それが、話題の俎上に乗るか否かは、得点に絡むか、舞台の注目度によるのではないでしょうか?


その意味では、JEFも成長はしたけれど、まだまだ相手よりも「勁さ」が足りなかった部分があったことは認めなければならないと思います。

終了後、「悲しい」、「悔しい」というより、「ああ、このメンバーの戦いが終わってしまったか」という、寂しさを感じた管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 昨日、今日、明日[J1昇格プレーオフ 準決勝@パロ瑞穂]

こんばんは

攻撃スタイルが激突! 1年でのJ1復帰を目指す名古屋か。7連勝と勢いに乗る千葉か。(J公式)
プレビュー

皆さん、如何お過ごしでしょうか?


来シーズンのステージを掛ける様になっても、管理人の想いは変わりません。

もっと、このチームを観ていたい。もっと、彼等を応援したい。

それ故に、管理人は現地へ赴きます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 抱る物、願う事

こんばんは

敢えて、雑談として書き連ねます。

「J1リーグ」

クラブ発足当初からの方にすれば、戻る場所、あるべき場所

その中には初めてのナビスコ決勝での惨敗を現地で見られた方もいらっしゃるでしょうし、99年を知る方も、その後の初タイトル~御大強奪が生々しいという方も当然、居られる筈です。


一方で、JEFのJ1時代を知らない、という方にしてみれば、昇格のチャンス。

そういう方々からすれば、幾度かのプレーオフは経験すれど、「奇跡の残留」を体感せずに2017シーズンの最終節を迎えている訳で、J1というものに対しての温度差が生まれるのは必定でしょう。


更に、もしかすると、先日の最終節のフクアリが初めて、という新規の方々が瑞穂にいらっしゃるかも知れません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 鼓舞激励[J2第42節:横浜FC戦@フクアリ]

こんばんは

J1昇格プレーオフ進出の4チームが決定!劇的勝利の千葉は名古屋と。徳島との直接対決に勝利した東京Vは福岡と対戦【サマリー:明治安田J2 第42節】(J公式)
鳴り響いた『WIN BY ALL』。最終節で起こした“フクアリ劇場”(J公式)

奇跡の7連勝でプレーオフへ!

あれだけ劇的な試合のレポートの冒頭に社長の名前を出すところがJEFらしいというか…(苦笑)

しかしながら、あのレジェンドマッチの際、コンコース階段下に掲出されていた過日のポスターに対して懐かしさを覚えたのは私(弊ブログのURLをご参照下さい)だけでは無かった筈で、この7連勝がその岡山戦からである事を鑑みると、当時のあのキャッチフレーズに関しては社長も当時は何かしらの関わリがあったという事なのでしょうか?


余談は兎も角、開始早々の失点が、結果的にはJEFに幸いした面はあるのかな、と、そう感じます。


あの失点で、ピッチでは「2点取る必要=兎に角攻める」という割り切りを生みましたし、更に切り替えて試合に臨むにはほぼフルタイムと、充分な時間が残されていました。

また、表現が正しいかどうか解りませんが、「遠慮は無用」、そういう試合になるという覚悟も生まれたと思います。


独り、ボムヨン選手だけが、ジャッジに対する不満を残していましたが、その後5minのヨンアピン選手との小競り合いの後、ベテラン選手はしっかりと、彼との眼を逸らさせずに、諭していましたね。


さて、試合は前半のうちにJEFが得点を奪い1-1という展開。


確かに30minの也真人選手のゴールは見事でしたが、試合全体からするといつも通りの船山選手に加え、好機を逸するラリベイ選手、仕掛けの出来ない為田選手など、やはり、堅さは否めなかった前半。

得点を決めた也真人選手にしても、その後のマイボールの際には自身のキレを過信した様な選択が多かったように感じました。

前半のスタッツで目を引いたのは相手のシュートが0ながら1-1であったというだけですが、それだけに、守備を念頭に置いた相手から奪った得点に皆が可能性を信じられた事が大きかったでしょうか?


後半に入り、相手の攻勢も強まり、実際に怖いシーンは前半よりも格段に増えました。

ただ、そこでJEFは受けることなく、攻める姿勢を保ち続けられた事、消耗戦なら負けないという自信、勝たなければ意味がない、そういういくつかの要素が、ATの決勝点に繋がったのではないでしょうか?


個人的には、チームとして掛けるモノの無い最終節だけに、場合によっては相手の選手はもっと個人をアピールするプレイを示してくるのではないかとも考えましたし、そうされた方が怖いとも感じていました。

仮に、イバ選手やレアンドロ選手が、決め事関係なく、とんでもないところからのロングシュートや独力での突破を狙ってこられたら、JEFとしては対応に苦慮する部分があったかもしれませんし、それ以外でも両サイドでスピード勝負や上背の競り合いを挑まれた方が却って上がりにくくなったのかもしれません。

余所者の観点でしかありませんが、シーズン終盤での監督人事が無かったなら、最終節開始前の立ち位置すら入れ替わるだけでは済まなかったのではないか、少なくともそういう怖さを相手の選手達から受けました。


確かに振るわなかったとはいえ、あの辺りの10試合の戦績は1試合分の勝ち点3を上回りながら、中田さんは職を解かれ、同時期にはようやく脱出からの連勝開始ながら、エスナイデル監督は翌年の椅子を保つ。

監督業というのは、本当に、明日をも知れぬ身なのだと改めて思い知らされます。


歓喜の結末は、皆さんご存知の通りですから、改めて触れることもありません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 不撓不屈[J2第42節:横浜FC戦@フクアリ]

こんばんは

今宵くらいは、選手はもちろん、、ベンチや、我々さえも讃えて良いのではないでしょうか。


逆境を受け止め、追いつき、最後には跳ね返す。


スコアがどうであれ、フクアリには勝利しか望まない、JEFのユニを纏った勇者達が大勢集っていました。


その皆さんの想いが、キャプテンのゴールを呼び込んだのだと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 明鏡止水[J2第42節:横浜FC戦@フクアリ]

おはようございます

運命の大一番。PO進出のため、千葉は勝利が絶対条件(J公式)
プレビュー

豊田での試合後のインタビューでも、今回も監督が述べているように、まずは今節、しっかりと結果を残すこと。


何せ、前回大戦では0-4の大敗を喫しているわけで、眼前の相手に勝つ事は容易ではありません。

その横浜FCさんは、前節の後半ATで痛恨の同点弾を浴び、プレーオフ進出の可能性が消滅。

それだけに、重圧なくプレー出来る側面もあるでしょうから、安易にモチベーションの低下という画餅を期待する事は避けねばなりません。

何せ、目下のリーグ得点王、更にはかつてのJリーグMVPという強力なアタッカー陣を擁しているのですから。


それだけに、JEFとするとやるべきことは明白で、アウェイの借りをフクアリで返すだけです。


明日からの事は試合後に措いておいて問題ありません。

畢竟、人事を尽くして天命を待つのみ。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 西へ[J2第41節:名古屋戦@豊田ス]

こんばんは

後半に圧巻のゴールラッシュ。6連勝の千葉がPO進出の望みをつなぐ(J公式)
運命は最終節へ!

試合そのものについては前回触れた通り。


それだけに、試合後の挨拶で独り対戦相手のユニを纏っていた勇人選手に注目したくなりました。

熊谷選手が再三述べている通り、普段通りの勇人選手の姿は頼もしかったのでしょう。


でも、その勇人選手にしてみれば、「結果次第では、これが最後の対戦」という想いは強かったはずで、逆に、寿人選手とすると、「ここを今シーズン最後の対戦の場にしたい」という気持ちが無かったとは言えないでしょう。


勇人にエール。寿人にブーイング。


それは、サポーターとすれば至極当たり前の事ではあるけれど、互いの思いが奈辺にあったのかは、第三者には解りかねます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 来た、観た、勝った[J2第41節:名古屋戦@豊田ス]

こんばんは

掲題の通り、管理人も現地参戦した訳ですが、ことのほか疲労は大きかったらしく、今晩に至ってしまいました。


さて、現地に赴いての雰囲気ですが、大一番と言う割に、いつも通りというか、むしろ、先日の松本戦などよりも張りつめている感も無く。

この辺り、名古屋サポさんたちも豊田スタジアムに慣れていないからなのか、連れだっての参戦された方が多かったからか、解りかねました。

更に、我々にしてみれば、相手がどこであれ、「勝たねばならない」という状況が却って雑念を捨てられた側面があるのかもしれません。


一方、試合はというと、硬いというか、緊張感張りつめる奪い合いで始まります。

コンタクトそのものに対するジャッジ基準の影響もあってか、動くボールの主導権はともかく、時間の経過とともに、試合はJEFがペースを握りました。

ピンチを一転してチャンスにした優也選手のフィードから生まれた也真人選手のループシュートや、度々の船山選手のシュートなど、好機は演出すれど、前半は0-0。


それ故、管理人は後半の名古屋さんの逆襲が怖かったですし、後半頭から投入されたシモビッチ選手の勁さに抗えるのか、という点は非常に気になりました。


しかし、後半は更にJEFのペース。

船山選手が出せ!というエリアにボールを送った熊谷選手。(前半、この形で実らなかった熊谷選手のパス出しがありましたね。試合中の修正力は見事でした)

船山選手の折り返しを受けるラリベイ選手は、「当てれば入る」という選択をしていたように見受けられました。


そして、この先制点が、「単なるカウンター」でなかったからこそ、その後の追加点を生んだのかもしれません。

お株を奪われたような失点を喫した名古屋さんは、前に対する意識が強まり、也真人選手の鬼チェイスから技ありの為田選手の追加点を生み、更には裏へのボールを受けた為田選手も外連味なく中央に送ったボールをワントラップで難なくラリベイ選手がネットを揺らしました。


しかし、この試合の驚きは、3得点ではなく、無失点であったこと。


圧巻は、自陣深くの名古屋さんの対応を続けることで、GKまでボールを下げさせたシーン。


管理人はこの時、「勝つだけではダメだ。何としてでも無失点で終えなければ」と手綱を引き締める想いでした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • さぁ、行こうか[J2第41節:名古屋戦@豊田ス]

こんばんは

互いに“標的”とは勝点差2。名古屋は助っ人レフティーが戦線復帰か(J公式)
プレビュー

特別なことは、何もない。(公式特別無料)

どう煽られようが、誰がピッチにいようが、今まで通り、個人的な考えは変わりません。

勝てなければ、シーズンが終わる。

それだけでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 重症[J2第40節:町田戦@フクアリ]

こんばんは

前後半で打って変わった様相。前半2ゴールの千葉が逃げ切る(J公式)
5連勝で「2差」に!

激しい接触の後、立ち上がった後のプレイでピッチを退いた乾選手。

直後のチームメイトの様子、素直に喜べないといった選手のコメントからも伺える通り、重症であることは明白。


改めてその崩れ方を見直すと、復帰が何時になるかというよりも、焦らずにしっかりと治療やリハビリに取り組んで欲しい、という様な考えに切り替わらざるを得ません。


確かに、乾選手の離脱は、誰にとっても痛いものです。

しかし、誰よりも痛みや悔しさを感じているのも、また乾選手。


我々に出来る事は、還ってくる場を保つ事。それだけではないでしょうか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ミスの捉え方[J2第40節:町田戦@フクアリ]

こんばんは

為田選手の見事な先制弾に、連係ミスを突いた船山選手の追加点。

逞しく変貌した戸島選手に恩返しを受け、それ以降も、町田さんの猛攻にさらされつつ、何とかリードを守り切っての5連勝。


前後半で全く別の内容となった対戦ではありましたが、それでも、最終列車は逃しませんでした。

奇しくも、小田急にはそう簡単に負けられないJR東日本の意地を示した結果。


サポーターとすると、開始前からあれだけ煽られた中、「黄色の情熱」で相手を黙らせる事が出来たのも、また、格別でした。


最終的なスコアからすると、町田さんのミスが勝敗を分けた、と言う事は簡単ですし、このところの対戦では対戦相手のミスに助けられていることもまた、事実。

しかしながら、ここにきて、ここまでミスが勝負を分けるようになってくると、「運」だけでは終わらないのではないかという気もします。

今シーズンのJEFはここまで、数多のミスを経ての、今の立ち位置。


逆転の発想とまでは言わないにせよ、「今でも」今シーズンの代名詞とされるハイライン・ハイプレスの目的の一つはその自覚にあったのでは無いか、と考えざるを得ないような印象があって、それ故に落とした勝ち点もまた、この連勝以上にあったような感覚も捨て難く。

ただ、そういったミスを経てなお、スポイルされることなく、再びピッチに立つ選手がいることを鑑みると、その辺りが、今回の監督起用に繋がっているのかもしれない、とは思えるようになりました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 残り唯一の、非上位対戦[J2第40節:町田戦@フクアリ]

こんにちは

4連勝中の千葉。PO進出に向けて、目の前の試合が“決勝戦”(J公式)
プレビュー

アウェイでの連勝を含む4連勝を果たしたからこそ、それをあと3試合続けられるか否か。その可能性をつなぐための町田戦。

開幕戦もギリギリの勝利でしたし、「組し難い相手」ではないのでなく、「難敵」という捉え方で挑まねばなりません。


外連味のないスタイル、所々に配された長身選手、負けない粘り。


その全てがJEFにとって乗り越えるべき壁であり、躓けば、列車を見送ることになってしまうでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 開催責任[J2第39節:大分戦@大銀ド]

こんばんは

為田のクロスが導いた2得点。千葉、逆転PO進出へ価値ある勝利(J公式)
望みをつなぐ4連勝


試合そのものに関しては、大体前回で終えてしまいましたから、今回はちょっと対戦成績を気にされていた大分さんに対して。

状況も内容もアツい対戦でしたから、私もかなりのめり込んで観戦していました。

一進一退でしたから、それは現地も熱が籠るでしょう。


ただ、違和感を感じたのは、優也選手が痛んだ際のブーイングでしょうか。


選手がスライディングして、コンタクトなく膝がピッチにのめり込むって、誰の責任なんですか?

大分さんは、慣れてない選手が怪我する事当たり前でホームアドバンテージ作ってるんですか?

試合中の怪我人を生み出すことが、ホームの特権とお考えですか????


…接触が全くない中で、中断が生まれた責任は、どちらにあったのか。私はそう問いたいんですよ。

本来であれば、「手前どものピッチ管理が甘うございました」なんじゃないんですか???

それ、なんで大銀で無ければ起こり得なかった被害者優也選手のブーイングになるんですか???


それだけで、腸煮えくり返るような想いを抱きました。


思い返せば、主客を別にすると、貴方方は自分らのベンチに座ったサブGKの治療にに大ブーイングをフクアリで浴びせてくれた訳で。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!