犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 無い袖[J2第38節:長崎戦@フクアリ]

こんにちは

苦しむ千葉。改善点をクリアし、7試合ぶりの勝利を(J公式)
【千葉 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:エンドチェンジをしてくる長崎からJ2リーグでのホーム初勝利を獲得しよう(J's GOAL)

プレビュー


失点が止まらず、連敗続くJEF。状況が状況だけに、エウトン選手・也真人選手両名の出場停止は弱り目に祟り目といった所でしょう。

若手二人が最終ラインでフルタイム務めた前節を鑑みると、もはや、誰が出るのか、というレベルではなく、何ができるのか、という心配の方が大きくなります。

いずれにしても、その中での発見を求める事になるのですが、前向きな気持ちになる事も困難ではあります。

余り肩肘張らず、眺めてみる事も重要かと感じる管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 力量[J2第37節:徳島戦@鳴門大塚]

こんばんは

見どころはプレビュー通り、二名の若手だった訳ですが、一人はまだまだ、もう一人はポテンシャルを示した、と言えるような敗戦であったような印象です。


そこは兎も角、交代の際の様子からすれば、突然のアクシデントというよりは、不安を抱えていたような印象が強いですが、前半の内にピッチを退いた也真人選手の状態が気になります。


はっきりと言えば、監督交代以降、整えるための時間以上に、布陣が伴わなかったと表現すればよいのでしょうか?


まぁ、失点を喫した時点で、得点力という点からすれば、敗戦も致し方ない、というか、必然なのですが、改善の兆しが見られた守備面での脆さというか、淡泊さが気になります。


まぁ、ここから先は、選手スタッフ含め、来期以降へのバトルロワイヤル、という側面が強くなってくるでしょうから、その中で、代行がどの様な手綱さばきを見せるのか、個々の選手が強みをどういう形で示すのか、が気になるところです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 顔ぶれ[J2第37節:徳島戦@鳴門大塚]

こんばんは

この一戦で上回りたい気持ち。徳島はリベンジなるか(J公式)
【徳島 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:「まだまだ上を目指していくという気持ちをサポーターに届けたい」(佐藤晃大)(J's GOAL)

プレビュー

出場停止もあり、メンバーをガラリと変えて臨む一戦。

注目はやはり、乾・岡野両選手が名を連ねた最終ラインでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 終わりと始まり[J2第36節:松本戦@フクアリ]

こんばんは

丸々一週間を経てしまいましたが、簡単に振り返りを。

もう少し苦しい立ち上がりになるのか、と想像していたのですが、試合の入りはJEFとすれば上々。

前節の弛んだ戦い方が嘘のように、締まった内容で時間を進めます。


しかし、先制は松本さん。

セットプレイの度に最終ラインから上がってきていた飯田選手の姿には常に嫌らしさを感じていましたが、ファーからの折り返しに、合わせたのは工藤選手。

チームとして完全に振られた形での失点は、厳しい現実を示したものですが、それ以上の厳しさを前半終了間際に迎えます。

二回目の警告での若狭選手の退場。

ジャッジそのものがどうであったかはここでは措きますが、一枚目の警告を受けた時点で受けた嫌なイメージがそのまま具現化してしまったようなシーン。


これで0-2となったJEFは、遥也選手を下げ、初陣となる岡野選手をピッチへ送り込みます。


後半早々、3失点目を喫すると、その後はチームとしてというよりも岡野選手の戦いぶりくらいしか、着目すべき点は無く、兎に角、大きなミスや怪我などなく、無事に試合を終えて欲しい、という気持ちだったでしょうか?


フクアリで0-3が続く連敗。

さすがに可能性云々と言えるような状況で無い事は明白となりましたので、これからの試合の位置付けも変わって来るのではないでしょうか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 明日のために[J2第36節:松本戦@フクアリ]

おはようございます

千葉の覚悟。同じ過ちを繰り返さない(J公式)
【千葉 vs 松本】 ウォーミングアップコラム:「今はゲームに出るのがすごく楽しみ」と語る北爪健吾のサポーターへの恩返し(J's GOAL)

プレビュー

戦い方にしても、監督コメントにしても、嫌らしさの印象ばかりが強い松本さんを迎えての一戦。


散々であった前節を受け、前節七転八倒となるのか、七転び八起きとするのか。

フクアリで我々が試されるのはそこではないでしょうか?


無論、相手は現在堂々の2位につけているチームですから、間違いなく、フクアリに於いては代行就任以来最大の難敵。


そんな相手に対し、何が通じ、どこが弱いのか。個々の選手が何処を活かし、弱みを如何にカバーするか。


そういった観点で試合に臨みたいと思います。


目先の勝利というよりは、自分たちの足元を見つめ、試合に臨めるのか否か。

可能性云々はそれ以降の話であって、今考える事では無いでしょう。

それでも、しっかりと戦い切れるなら、そう考えている管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 覆水[J2第35節:京都戦@フクアリ]

こんばんは

開始早々に敵陣まで切れ込んでの長澤選手のシュートに喜んだのも束の間。開始2分での先制点献上。

その後は攻お互いが守にわたって歪さを露呈しながら試合は進みますが、つまらないミスから失点を重ねたJEF。

恐らく、サポーター誰もが僅かな可能性への望みを託した一戦は0-3の大敗で終わりました。


群馬戦での対応の拙さから、メンバーを変更したことが、却ってピッチ上に混乱を招き、その状況を打破できないままに、決して好調とは言えなかった京都さんに対して、自滅と言っていい様な敗戦だったと思います。

特に、ジュヨン選手、アランダ選手の出来は酷かったですね。


また、前節不在だったエウトン選手が復帰するも、今節は也真人選手が欠場。

その代役をサイドに配した長澤選手に期待せざるを得なかった訳ですが、これまで同様に、サイドでの輝きを示すことは出来ませんでした。

後半から、長澤選手を中央に戻すも、アランダ選手の出来が出来だっただけに、ハーフタイムの交代カードの選択も、良くなかった様に感じます。

今となってみると、あの内容では五十歩百歩だったのかも知れませんが、最終ラインのチョイスとして富澤選手を残した方が、まだ可能性はというか、可用性は高かったのではないでしょうか?


また、也真人選手の不在が、何よりも痛い試合でした。

圧倒的な運動量の中、攻撃のタクトだけでなく、スペースのケアに相手へのチェックを一人でこなしつつ、得点まで狙えるまでに成長したエースを欠いたチームには、正直、何も残っていなかったのではないでしょうか。


そんなピッチを眺めながら、時間の経過と共に、諸々の終わりをただ待つしかないというのは、中々にできない経験であった様に思います。


むしろ、何もなかった試合だけに、試合後の騒ぎの方が印象には残ります。

2016 J2リーグ 第35節 京都サンガF.C.戦における観戦ルール違反者への処分について

試合中の投げ込みについては全く気づきませんでしたので、なぜ中断していたのかを、後で知りました。


そして、試合後の騒動については、皆さんとあまり変わりありません。

あの岡本選手が激昂した事には驚きがありましたし、それを助けようとした近藤選手については、千葉と柏で培われた、お互いのの絆を感じた位でしょうか。

あとは、岡本選手を取っ摑まえて、強引に下がらせた串野コーチの迫力が健在であった事。


バックスタンド側から自然発生的に起った団体への「帰れ!」コール、選手達への、千葉コール。

諸々の負の感情を興奮状態でぶつけ合ったところで、建設的な話し合いにはならないでしょうし、却ってそれぞれの立場で遺恨を残しただけになってしまった事が何よりも残念です。


また、軽重は措くとしても、違反者への罰則が公表されたことについては、前向きに捉えたいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 背水[J2第35節:京都戦@フクアリ]

こんにちは

逆転昇格を目指す千葉。勝利でしか道は開かれない(J公式)
【千葉 vs 京都】 ウォーミングアップコラム:J1昇格プレーオフ進出をかけた大一番で近藤直也の笑顔は見られるか(J's GOAL)

プレビュー

現在の順位から、直接的な目標となる京都さんをフクアリに迎えての一戦。

余り大袈裟な表現をせずとも、今シーズンの行方を掛けた試合という事になるのでしょう。


それでも、この一戦に限って言うならば明らかに状態が悪い同士、復調の兆しを探す対戦。


フクアリで光明を得てくれることを願います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 窮地[J2第34節:群馬戦@正田スタ]

こんにちは

ここまで明確に攻守で対策を取られたのは、代行就任以降、初めてであったのではないか?という試合でした。

前半のラッシュを凌ぎ、リズムを取り戻した時間帯のチャンスをモノに出来なかった事が全て、という事になるでしょうか?


後半、カウンターからとはいえ、意識が攻撃に傾いた事が原因、というには余りにもお粗末な対応からの先制点を献上。

一度はセットプレイから近藤選手が意地を示しますが、それも束の間、2失点目を喫した段階で勝利は困難な状況に。


あの判定が、という想いが無い訳ではありませんが、内容とすると、結果同様、群馬さんに軍配が挙がる試合ではありました。

このところ、先制点を奪われる事が続いていることが気掛かりな管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 大勝負[J2第34節:群馬戦@正田スタ]

こんばんは

自らを見つめ直して臨む一戦。群馬、下位脱出へ向けた再出発(J公式)
【群馬 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:Jの絆。群馬・高瀬優孝が、松本・田中隼磨から学んだこと(J's GOAL)

プレビュー

互いの目標にとって落とせない一戦ではありますが、ポイントは「入れ込み過ぎない事」に感じます。

序盤のセカンドボールへの攻防がポイントであれ、そこでファウルや警告を受けまくっては意味がありません。


このチームが目指している事の一つは、「粘り」。

それは、ただただ劣勢を跳ね返す事でなく、マイボールを受けて前向きの味方に渡して、といった所から始まり、それが難しいなら、最終ライン含めたボール回しから空いたスペースを狙うところまで。


その意味で言うと、群馬さんは確かに嫌らしい相手ではありますが、根気で負けさえしなければ、光明が見えて来るのではないかという期待もあります。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 逆境[J2第33節:東京V戦@味スタ]

こんばんは

そこまで意図していたかどうかは解りませんが、明らかに劣勢で迎えた前半。

言い方が正しいかどうかは措くとして、最後まではやらせませんでした。

それも、CKでの失点まで、でしたが。


良くも悪くも、アラン・ピニェイロ選手が異質であったことは事実ですし、一概に相対した比嘉選手を責める訳にもいきませんが、まぁ、この失点に関しては、チームとしての課題を見せ付けられたような気がします。


逆に言えば、チーム状況からしても、相手の疲労を待って最後の最後で勝利を掴むというプランだったのかも知れません。


事実、終盤は一方的に攻め立て、特に、追いついて以降は勝ち越ししか考えていませんでしたから、それがあながち誤りであったとは言えないのでしょう。


私自身、アウェイの地で、先制を許しながら、勝利だけを信じて応援するなんて経験が久しぶりでした。


確かに、この試合も勝利で終えられなかった事は痛手ではあります。


しかし、内容を振り返れば、ベストメンバーの編成にも苦労する状況ながら、劣勢を覆すという所までには至れている訳で、もうここからは、対戦相手に対し、意識と実践と結果の鬩ぎ合いという、内なる意識を問われる戦いに突入せざるを得ません。


最後に押し切れなかった事、前半にセットプレイから失点した事

どちらの課題に重きを置くのかは解りませんが、代行の「棄てる」意識に期待は抱いた管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!