犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 未達[第96回天皇杯1回戦:北教大岩見沢校戦@フクアリ]

こんばんは

リーグ戦とほぼ変わらなかった構成に関して、勝たねばならない、とか、負けるわけにはいかない、というより、ただただ、時間が惜しい。

そういう代行の意図が感じられたメンバー表。


それだけに、テンポ良く試合を進めながら得点が奪えなかった時間帯よりも、先制して以降の戦いぶりの方が気になった前半でした。


相手あっての事とは雖も、攻守に於いて一発を狙うプレイが多く思われたのは、私だけでしょうか?

それ故に招いた危ういシーンは多かった様に思われますし、失点を覚悟した場面も片手の指ほどはあった様に見受けられました。


後半に入り、HTでの修正に加え、最終的には局面での技術やフィジカルの差があっての大勝でしたし、実質的には2-0とした段階で勝負は決まったような試合ではありました。

しかし、ある時間帯に於いては、チームとしての徹底度合いを見せ付けられた様にも感じます。


天皇杯初戦 ジェフ千葉に敗れる  0:5 (8/27)(北教大公式)

この時期、彼のような爽やかな姿勢を示したチームと戦えた、その事を素直に感謝したいと思う管理人です。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 理解度[第96回天皇杯1回戦:北教大岩見沢校戦@フクアリ]

こんにちは

千葉、大幅な入れ替えは行わず。序盤からエンジン全開で挑む(J公式)

プレビュー

コメントからすると、代行は戦術理解度をチームに「広める」よりも「深める」事に重きを置いている模様。

カテゴリの異なる試合とはいえ、試合間隔が違う訳ではありませんから、無理にターンオーバーは行わず、これからに繋がる戦いを目指すと言ったところでしょうか。

ただ、思いが紹介されている選手はリーグ戦では控えに回っているメンバーが多い事から、主力に無理はさせない、という方針と捉える事もできます。

むしろ、この辺りの選出方針は現有の深度を深める事に加え、今後有り得るであろう出場停止や負傷に伴うバックアップの準備もあるでしょうから、あまり神経質になる必要はないのかも知れません。


毎度のことながら、トーナメントの序盤では対戦相手がどの様な戦いを行うチームなのかを知りませんから、様子見からテンポを失うような戦い方で無ければそれでいいと捉えてはいますが、90min以上があり得るレギュレーションでもあるため、交代カードのタイミングなど、いつもと異なる部分が見えてしまうのかどうかという点に関しては、気になるところではあります。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 再構築[J2第30節:岡山戦@フクアリ]

おはようございます

エウトン選手が落したボールを船山選手が流し、也真人選手が蹴り込んだ先制点。攻撃とは枚数掛ける事では無いというような中央の崩し。

他方、守備面では熊本戦の大敗があるとはいえ、スタメンを眺めれば、愛媛戦、北九州戦からして、そこまで大崩れはしないだろうと思われましたが、ここまでの完勝を収めるとも想像していませんでした。


奇を衒った訳でなく、誰かに大きな負担を強いる事もなく、攻守ともに距離感とサポートを意識した位置取り、兎に角、詰まったら直近の前を向いた選手に預ける、という姿勢が伺われました。

むしろ、「それだけで、こんなにもチームは落ち着くのか」という驚きの方が大きかったです。


本来であれば、前半で勝負がついていたような内容ではありましたし、勝利監督インタビューで代行が述べられていた様に、そこが課題ではありますが、このチームが進む方向は間違っていない、という以上に「どこまで行けるのか」に期待を抱きます。


何せ、チームを引き継いだ段階で、少なくとも即戦力となる新戦力の加入は無かったのですから、同じ素材から、ここまで違いを示せるのか、という喜びばかりです。


とはいえ、内外に重圧が無かったこれまでとは異なり、リーグ戦が一時中断し、天皇杯明けに再開されるリーグ戦では、対処、対応、対策やらが練られてくる事は明白。

この勝利をステップとしたうえで、ここまでの結果がフロックでは無い事を示し続けなければならない代行のタスクは決して軽いものでは無いでしょう。

それでもなお、このチームを暫く眺めていたいと感じています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 挑戦[J2第30節:岡山戦@フクアリ]

こんにちは

「フクアリ」では千葉の4勝2分。相性生かすか、覆すか(J公式)
【千葉 vs 岡山】 ウォーミングアップコラム:フクアリでの対岡山戦の相性の良さを持続する勝利が欲しい一戦(J's GOAL)

プレビュー

相性に縋らなければならない程、厳しい状況のホームゲームという事でしょうか?


連戦でのターンオーバーを試みた前節の大敗を受け、メンバーもやはり変化させてきました。

個人的には、ダメだった部分がどれだけ改善されているのか、という部分に興味がありますし、それが岡山さんにどれだけ通じるのかが、一つの楽しみでもあります。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 完敗[J2第29節:熊本戦@うまスタ]

こんにちは

単純に「やりたい事をやられた」と表現できるような敗戦でしょうか。

結果だけを見れば、何も変わっていない、とも言えますが、ダメなところがそれなりに見えるという事が成長なのだと感じています。

配置と意識だけでは埋められない部分がこれから問われる事になるのでしょう。

また、熊本さんとしてもフクアリでのリーグ復帰緒戦を落としている訳で、あれだけのコンディションの中、ホームでの勝利への渇望がパフォーマンスにもしっかりと顕れていました。


それでも、先制点を奪えれば、という気持ちも捨てきれませんが、終盤、あれだけの攻撃が実を結ばないという事は、そういう日であった、と割り切るしかないのでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 猛暑[J2第29節:熊本戦@うまスタ]

こんばんは

復帰戦の相手との再戦。熊本のポイントは積極的な姿勢とリスク管理(J公式)
【熊本 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:地震から4ヶ月、復帰から3ヶ月の、節目の試合。(J's GOAL)

プレビュー

連戦の最後となるアウェイ熊本戦。

アウェイ続きという事もあり、個々のパフォーマンスにはあまり期待できないのではないかという考えと、相手はそれ以上に厳しい日程を強いられている想いが混在しています。

どう戦って欲しい、というよりは、誰が出て、どの様に戦うのか、に興味を抱く管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 攻守[J2第28節:北九州戦@本城]

こんにちは

素晴らしいシュートの先制点はラッキーな面が無かった訳ではありませんでしたが、それを放ったのが也真人選手。

シーズン当初から得点への意欲を示していましたが、この辺りの意識の変化も、代行の影響なのか否かは気になります。


しかし、その幸運を相殺するようなアランダ選手の退場。

本人からすれば事故の側面が強いのかも知れませんが、足裏とはいえ、アフターで相手を蹴り上げてしまっては、一発退場も止むを得ないでしょう。

もっといえば、それを選択せざるを得なくなった前のプレイの判断により大きな課題がある様に感じました。


これは厳しい、と感じた管理人が目を見張ったのは、そこからの戦いぶり。

兎に角、前半を耐えて欲しい、と願いながら再会された試合。


吉田選手を右に落とし、アランダ選手のポジションに入ったのは初スタメンの菅嶋選手。

そして、これがバッチリと嵌ります。


北九州さんのシュートを0に抑えた前半を終え、迎えた後半。

圧力を増す相手に押し込まれこそすれ、守備は破綻しませんでした。

特に、左右のSBが同サイドでの対応に絞らずしっかりと相手の対応が出来ていた事はじめ、選手一人一人がタスクとカバーの意識を持って守れていた事が印象的でした。


また、交代策にも驚かされました。

吉田選手と山本選手の交代は納得のそれでしたが、也真人選手に代えてエウトン選手を送り出すという判断には、正直、危惧しか抱きませんでした。

更に、山本選手の投入により、再びサイドにポジションを移した影のヒーロー菅嶋選手に代えて、北爪選手を投入し、試合を締めにかかるJEF。


ここからが括目。

満を持して投入された北爪選手が独り別世界にいる様なボールキープを見せると、そのサポートをするように高めのポジションを取ったエウトン選手が終了間際に追加点。

勝負あり、と言える待望の追加点は相手の気持ちを砕くのに十二分でした。

それでも、主将が時間稼ぎで警告を受けたのは、それでもなお、勝利を信じられないここまでの不安からでしょうか。

しかし、スコアは動かずにタイムアップ。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 変化[J2第28節:北九州戦@本城]

こんにちは

千葉戦6連勝中の北九州、得た収穫を結果に(J公式)
【北九州 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:苦境脱出のキーマン。チーム再結束へ、八角剛史が担う重責。(J's GOAL)

プレビュー

夏場の連戦2戦目は、おそらく最後となるであろう本城での北九州さんとの対戦。

相手は目下最下位とはいえ、指揮官交代を経たJEFとどちらの状態が上かは、蓋を開けてみないと解らない状況。


逆に言えば、過去5戦全てに敗戦を喫している訳ですから、開き直ってぶつかっていくしかない状況ではあるのかもしれません。

前節で見せた守備のスタンスを崩すことなく、いかにチャンスに結び付けることができるか。

その辺りの変化を示してほしいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 我慢[J2第27節:愛媛戦@フクアリ]

こんばんは

前節からどの様に変えて臨むかが着目点だっただけに、スタメンには驚きというか喜びがありました。

一つには、近藤選手が復帰した事であり、もう一つは、その相棒が若狭選手であった事です。


ここまでフル出場を続けていたジュヨン選手の良さはある程度把握しているつもりですが、CBとしての跳ね返す力は兎も角、それ以外の部分での「粗」が、このところの試合では顕著でした。

結果論かも知れませんが、あれだけ自陣でのボール回しを行う展開となれば、やはり縦パスや足元に不安のあるジュヨン選手を外したことが、無失点という結果に於いては吉と出たのではないでしょうか。


更に、長澤選手が累積警告で出場停止であった事が、SHの選択がよりしやすかったのではないかと感じました。

チーム全体の問題でもありますが、前節の横浜FC戦では彼の役割であろうスペースやカバーが後手になる事で、サイドを自由に使われ過ぎていました。


その右サイドには遥也選手、逆サイドには也真人選手を配し、2TOPには船山選手とアランダ選手。

一見するとオーソドックスな4-4-2の布陣ではありましたが、実際には相手を追う2列目の選手の穴に、2TOPの何れか、主に船山選手がカバーすることで守備の布陣を形成していた様に映りました。

お互いに守備ありきというような試合ではありましたが、JEFは也真人選手、愛媛さんは河原選手が広範囲に動く事で、何とか相手の守備網を掻い潜ろうとする様相。

ゴール前では繋いで繋いで、という姿勢が強い反面、ミドルレンジ含め、兎に角シュートで終わろうという辺りは木山監督のチームでした。

序盤、悪くなかった様に感じたJEFでしたが、也真人選手と遥也選手、左右のSHを入替えた辺りからは完全に愛媛さんのペース。

結果としてJEFは押し込まれ、HT前には失点の雰囲気すら漂いましたが、何とか事なきを得て後半へ。


後半は再び左に也真人選手、右に遥也選手を配して、仕切り直し。

時間の経過と共に攻勢を強めたJEFではありましたが、結果としてはスコアレスドローでのタイムアップとなりました。

チャンスの度にスタジアムを埋め尽くした拍手と声援を活かせずに、得点を奪えなかった事は残念の一言です。

特に、終盤にはボールを拾う事すらままならなかった山本選手の姿などは、今迄の彼に対するイメージをガラリと変えてくれました。

だからこそ、本当に勝たせてあげたかった。

ただ、お互いの選手がタイムアップ後にピッチに崩れ落ちた様に、最後まで頑張ったのは愛媛さんも同様。

スタッツだけで試合が測れるものではありませんが、現状のJEFではドロー以上のものを示せなかったという事なのかも知れません。


それでも、無失点という結果が示すように、あの守り方は今できうる対処の中では効果的なように思えますし、変に手を加えずにチャレンジを継続して欲しいと思います。


他方、復帰したアランダ選手はまだまだ本調子では無い様があからさまに見て取れましたし、好守に精彩を欠く遥也選手の姿は気掛かりです。


それだけに、特効薬などは無いのでしょうし、足元を見つつ、一戦一戦の光明を示して欲しいと感じた管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 攻守[J2第27節:愛媛戦@フクアリ]

こんにちは

求められる奮起。千葉の守備陣、愛媛の攻撃陣(J公式)
【千葉 vs 愛媛】 ウォーミングアップコラム:元キャプテンの新指揮官・長谷部茂利が流れを変える初勝利獲得を狙う(J's GOAL)

プレビュー

得点数、失点数というカウントは出来ますが、対比ではなく一体で捉えなければいけない守備と攻撃。

その意味では、前節とはまた異なった展開が予想される対戦となります。

その中で前節見られた「穴」の部分がどれだけ埋められるか、そこが気になる管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 波高し[J2第26節:横浜FC戦@ニッパツ]

おはようございます

長谷部代行の緒戦は幸先良くCKから船山選手が先制するも、前半の内にひっくり返されるという苦しい展開。

後半に入り、相手が構えてきたこともあってか、攻勢こそ強めますが、互いのスコアは動かずにタイムアップ。

監督交代の効果は見えず、敗戦となりました。


結果的には「ほとんど変わらなかった」という内容ではありましたが、歯切れの悪い表現ながら、やりたい事の意図は感じられたというか、やりたい事がある事はなんとなく見えた、とすれば良いでしょうか。

但、少なくともこの試合のメンバーでそれを為す事は非常に難しいであろうことも見て取れた訳で、数日間しかなかったトレーニングから、一週間を経て、何か手段が変わるのか、継続して成果を求めるのか、という点が気にはなるところです。

特に、中盤の守備という点に関しては布陣なり人選を変えない限り、相当に厳しいのではないかと思われます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!