犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • ペースは掴めど[J2第5節:群馬戦@フクアリ]

こんばんは


今シーズン、一番リズムが良い試合だったように感じますが、結果はスコアレスドロー。

枠を外した船山選手のあのシュートが、と言いたくなりますが、個人的には、そのクロスを上げたエウトン選手に興味が湧きました。


松本戦で機を逸したプレイに心配が大きかったですが、GKの正面とはいえ、この試合ではドンピシャで放たれたヘッダー含め、競り合いに対する絶対的な強さにも期待を抱きます。

反面、セットプレイでの守備でニアを切るため、主将に細かい指示を受けていた姿からして、馴染むにはもう少し時間が必要かもしれないという思いもあります。


ただ、そのプレイスタイルは「俺が俺が」という選手では無い訳ですし、頼れない助っ人と断じるには至りません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 互いに新生[J2第5節:群馬戦@フクアリ]

おはようございます

堅守に自信を見せる千葉が群馬をホームに迎える(J公式)
【千葉 vs 群馬】 ウォーミングアップコラム:過去のことは関係なく新たに試合ができる(J's GOAL)

プレビュー


開幕から一ヵ月が経過。久方ぶりの3連勝を狙うJEFは、昨シーズン、ダブルを喫した群馬さんをフクアリに迎えます。

その群馬さん、開幕戦での大勝の勢いをそのままに連勝スタート。3節・4節と連敗を喫し、ここまで2勝2敗の戦績ながら、敗れた相手は目下首位のC大阪さん、2位に位置する讃岐さんですから、今シーズン、メンバーをガラリと入替えた新チームには勢いを感じます。

その点からすると、この対戦は今シーズンのチームの一つの物差しとなるのでしょうか。

また、気が早いかもしれませんが、今節が終了すれば全日程の一割が消化。群馬さんとすれば、ここで五分の戦績を保ちたいところでしょうから、強い危機感を抱いて乗り込んでくる事は想像に難くありません。


対するJEFですが、前節までを終えて首位とは勝ち点差3の4位。

オフの動向からすれば意外とも言えますし、シーズン序盤という事を鑑みると、顔ぶれからして、当然の様にも思えます。

スタートの戦績で大きく躓かなかっただけに、やはり問題は、ここからGWまでどの様な戦い方を示せるのか、という事になるのではないでしょうか。


気持ちは大事ですが、それだけで戦い抜けるほど、シーズンは甘くはないでしょうし、目先の変化だけでは大きな戦績を得られない事は既に実証済み。

練習生の噂もちらほらと流れてはいますが、大きな綻びとなる前に、まずは現有メンバーに手を加えて良いのではないかと考えます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 連勝[J2第4節:松本戦@松本]

こんばんは

試合最終盤、抜け出したエウトン選手がシュートにも至れなかったシーンには頭を抱えましたが、相性最悪、鬼門のアルウィンでの初勝利を挙げたJEF。

虎の子の1得点は山本選手。

右サイドに自らパスを出した後、そこから上がったセンタリングのリバウンドを見事にボレーで叩いての加入後初ゴール。

アランダ選手、勇人選手、富澤選手とは異なり、攻撃面を期待されての起用に見事に応えた形になりました。


ここまでの試合を見ていると、ミドルシュートなどはむしろアランダ選手の方が放っている印象ではありますが、それが中々枠を捉えられない点から鑑みても、それ以上に重要なタスクがある事を差し引いても、攻撃面では山本選手への期待が高まります。

とはいえ、山本選手に関しては川崎さんでの加入初年度、当初こそチームの戦い方に馴染めずに苦労していた印象がありましたが、同年は徐々に存在感を示していましたから、これくらいはやってくれて当然、という気もします。

この辺りの連携が深まって来れば、という期待をついつい抱いてしまいます。


とはいえ、手放しで喜べる内容では無かった事もまた事実。

前半のポストに救われたシーンや、カウンターに備えた最終ラインが下がる際、ピッチ中央の工藤選手を完全にフリーとしてしまったシーンなど、人は変われど、昨シーズンに見られた課題がそのまま残っている部分も多いのではないでしょうか?

キャプテンの飛び出しの判断も、安定感に今一つ欠けますし、後半、我武者羅に放たれたシュートがもう少し枠に飛んでいたらと考えると、1点をしっかりと守り切ったとは言えない試合だったように感じます。

特に、試合終盤のパワープレイへの対応に関しては、ベンチワークも疑問が残ります。

遥也選手、エウトン選手と投入するも、遥也選手はそのクロスに対してのケアが全くできていなかった様に思われますし、エウトン選手に至っては、あわやのクリアミスや、ラストチャンスの好機を逸するなど、完全に浮いてしまっていた印象です。

結果として、松本さんのパワープレイは不発に終わりましたが、積極的な攻撃を行わない、という判断がベンチでなされたのであれば、最終ラインに若狭選手、サイドのケアを鑑みるなら北爪選手の投入があって良かったのではないでしょうか?


また、松本さんの戦い方もこれまでとは大分変っていた様に思われます。

良く言えば、スタイルを再構築中、別の表現をするならば、従来の迫力に欠けたと表現すべきでしょうか。


総体的に勝利した事は事実ですが、強みと言えるほどのものを示せたかと問われると、是、とは応えにくい管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • アルウィンの開幕戦[J2第4節:松本戦@松本]

こんにちは

見どころ(J公式)
【松本 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:待ちに待ったホーム開幕戦、そして“元・松本”との対決!(J's GOAL)

プレビュー

掲題の通り、松本さんは今節がホーム開幕戦。

ここまでの戦績は1勝1分1敗ですが、対戦相手に熊本さん、清水さんが含まれている事を考えれば、振るわない、という表現はそぐわない様に思われます。

しかし、私が試合を確認したのは第2節のみ、それも試合開始直後には得点を奪ったといった内容の試合ですので、ピッチコンディションや対戦相手のコンディションを鑑みても、あまり参考に出来ません。


対戦前の印象とすると、前回のアウェイ、岡山さんと一緒で、松本での対戦も、正直良いイメージがありません。

避けたいのは、外を制圧され、中で急所を突かれる事。そのどちらにも参加できる工藤選手も気になります。

第2節の反省と改善がなされているのかが一つの鍵になるのでしょうか?


【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 一閃の有無[J2第3節:横浜FC戦@フクアリ]

こんばんは

冷え込みが厳しかった陽気以上に、内容も「寒い」ものとなってしまった前半。

中央からの縦パスも、サイドからの侵入もしっかりとブロックを形成し、待ち構える相手の網に飛び込んでいくようでした。

攻める姿勢は見せるJEFですが、シュート数は相手が上回ります。


特に気になったのは、左サイドに配されたはずが、勝手気儘にポジションを取る長澤選手。


後ろに位置する阿部選手は、ミスマッチを狙う大久保選手目掛けたハイボールの競り合いに加え、時には1対2を強いられる上、ビルドアップの起点になるなど、八面六臂の仕事ぶりでした。

長澤選手の位置取りもどうかとは思われますが、この辺り、布陣に選手を当て嵌めようとする構想がそもそもおかしいのではないでしょうか?

後半、長澤選手の位置取りを修正するというよりは、周りがそこを務める事で、長澤選手を活かそうとしている様にも感じられたJEF。


それでも、攻勢を強めながらゴールが遠かった訳ですが、多々良選手のクロスに対し、大外で完全にフリーとなっていた船山選手のボレーが炸裂。

加入後の初得点にフクアリが湧きます。


しかし、この試合最大の驚きは、この後の光景。

最終ラインでボール回しをするJEFに対し、アウェイとはいえ、ビハインドの状況でブロックを堅持していた対戦相手には、「負けを許容してしまうのか?」という疑念すら湧きました。


この後もJEFは前にボールを運んで追加点を狙うような素振りを見せるのですが、このまま時間を使うようなプレイを続けていたら、相手の対応がどの様なものだったのか、非常に興味がありましたし、そういうような勝ち方を試みて欲しかったとも思います。


結局のところ、試合は色々と危なっかしいシーンもありながら、1-0での勝利で終わりますが、杞憂は払拭されるどころか、疑念が深まる内容であったことは否めないと思います。


何せ、相手が悪すぎました。

その上、守備、という観点からすると、各選手がスライドしてブロックを堅持する相手の姿に、嵌める事が出来ないホームチームとの違いを示されたようにも感じます。


確かに、どの様に得ても勝ち点3の意味は変わりません。

しかし、下位に位置する相手に対してしっかりと勝ち点3を奪い取った、とも評せないのではないかとも考える管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 宿痾か課題か[J2第3節:横浜FC戦@フクアリ]

こんばんは

見どころ(J公式)
【千葉 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:特別な対戦に挑む小池純輝の思いと近藤直也の挑戦状(J's GOAL)

プレビュー


徳島戦は振り返っていませんし、岡山戦に至っては触れても居ません。

正直、触れるべき点をどこに求めるのか、というほどに困っていると言った方が良いのかも知れません。

考えれば考えるほど、明るい展望が抱けませんので。


その点からすると、結果の出ていない相手を向こうに回して、どんな戦いをしようが、結果は3節の順位表上だけの話で、チームの行く末を占うものだとは考えられないと受け止めています。

守備を意識する、というにはアラが多すぎる現状。

変えるなら今しかないと思いますが、果たして手を加えて来るかどうか。

そこが今節最大の着眼点となっています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 第2節直前[J2第2節:岡山戦@Cスタ]

こんにちは

今年は違う。強い気迫と気迫の激突(J公式)
プレビュー

第2節は分の悪いアウェイ岡山さん。

開幕戦を昇格組の山口さんと分けていますが、勝ち点を得たのか失ったのか、どの様に捉えているのでしょうか。

警戒すべきはやはり新加入の赤嶺選手。そこに押谷選手に大介選手がどの様に絡んでくるのか、加地選手や岩政選手がどう支えるのかも気掛かりです。


さて、前節と異なり、富澤選手に代わって山本選手がスタメンに名を連ねたJEF。

この辺りに、監督が考える試合展開と前節の課題が現されているのではないでしょうか。


一方で、前節のヒーロー、吉田選手、長澤選手は再びベンチスタート。

この布陣がそもそもスタンダードなのか、前節からあえて変えたのかも気になるところです。

そして、メンバーに名を連ねた阿道選手。

五輪を勝ち取ってきた自負を是非とも示して欲しいですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 革命の狼煙[J2第1節:徳島戦@フクアリ]

こんばんは

堅い試合展開は、お互いの布陣以上に開幕戦に因るものであったでしょうか。


それが現せ荒れたかのようにスコアレスで終えた前半。

我慢比べの様相は織り込み済みではありましたが、それでも、ボール運びや剥がし方、敵陣への侵入に関しては相手に一日の長を認めざるを得ませんでしたし、時折、眼前の相手選手に喰い付いては交わされるジュヨン選手の姿には大いに不安を抱かされました。


しかし、後半は一転してJEFの攻勢で始まります。

サイドからのクロスをエウトン選手に集め、シュートシーンを演出しますが、ゴールには至らず。

逆に、そのエウトン選手はシーズン初警告となった自陣でファウルを犯し(警告自体はその前の接触でバランスを崩していただけに、些か厳しいのでは?と感じましたが)、そのリスタートから先制点を許します。

このシーン、GKの佐藤選手が飛び出したにも関わらず、ボールに触れられなかった事が最大の問題でしょう。

リフレクトがあったとはいえ、無人となったゴールに向うボールに対し、抗う術は全くありませんでした。


そして、この失点は、試合以上にスタンドの心中に大きな影を生んだのではないでしょうか?

いくらシーズンが改まったとはとはいえ、指揮官が同じ以上、「2015シーズン、後半に失点を喫して逆転した試合は皆無」という事実は無視できるものでは無かったはずです。

事実、その後暫くは攻め手に掛け、ロングボールを蹴る事が非常に多く、しかもそれがそのまま相手へのプレゼントとなった事が一度や二度ではありませんでした。


それでも、時間の経過と共に相手を惜し込んだJEF。

右サイドの小池選手を長澤選手に代え、その後、相手を漸く抉じ開けたかと思った船山選手のゴールはオフサイドの判定。

更に、まだ本領を示してくれているようには感じられなかったエウトン選手を下げて、吉田選手を投入。

CKから生まれたゴール前での波状攻撃も遥也選手は枠に飛ばせず、タイムアップが近づきます。


試合を諦め、席を立つ方々も出てきたアディショナルタイム、素晴らしいゴールがフクアリを劇場と化しました。

最後の交代カードとして、富澤選手に代わって送り込まれた山本選手。これが昨シーズンに無かったジョーカーでしょうか。


左サイドからの横パスに流れたボールに対して、山本選手が前方へフィードしたピンポイントパスに、フリーの吉田選手がドンピシャのヘッダー。遂に相手ゴールを割る事に成功しました。


待ち望んだ同点弾に現金なもので一気にフクアリのボルテージは最高潮。

「Win By All!Win By All!Win By All!」


ボールをホールドする相沢選手の姿が示す様に、タイムアップ目前にミッションコンプリートを逸した徳島さんは、明らかに気落ちしていました。

この悶着で多々良選手にもイエローカード。しかし、この時間が、更なる歓喜の布石であったと誰が考えた事か。


残り時間での勝利を目指して相手陣内に攻めかかるJEFですが、JEFにオフェンスファウルで、徳島さんのセットプレイ。

福元選手がサイド深くに蹴り込んだボールに、反応する選手が皆無であった事が印象に残っています。


スローインから再び攻撃の牙を剥くJEFですが、中央で跳ね返されたボールに、一時はタイムアップを覚悟しました。

しかし、アランダ選手が猛然と奪い取って送られたボール。


左サイド深くから送られた阿部選手のクロス。

そこで生まれたスクランブルを長澤選手が押し込み、まさかの逆転。

後半4度目のキックオフと共にタイムアップを迎え、JEFが試合を制しました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!