犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 緒戦突破[第95回天皇杯1回戦:東京国際大@フクアリ]

こんばんは

メンバーは大幅に入れ替わり、不慣れなポジションを任された選手も多いように感じたスタメン。

相手云々と言う以前に、正直、「まぁ、こんなものかなぁ」というような試合の入りだったように感じます。


思うように試合が運べていない事は事実でしたが、さりとて、岡本選手に仕事が生まれた訳でも無かった訳ですから、スタンドほどにはピッチ上の選手達が焦れていた訳でも無いのかも知れません。


そして、先制はJEF。相手ゴール前でのリフレクトに反応し、安選手の加入後初ゴール。


1点リードで迎えた後半、「俺も負けじ」と森本選手も果敢にゴールを狙いますが、PK含めたチャンスで悉く枠を捉えられず。


1点では事故が起こり得ると思われましたが、森本選手と変わって途中投入された松田選手が安選手との関係で中央を破るラストパスを通すと、このボールを也真人選手がきっちりとゴールを決めて2-0。


その後、3点目となった安選手のボレーや、それを演出したコーキ選手のクロスなど、目を見張るプレーが無かった訳ではありませんが、実質的な試合は2-0の段階で終わっていた様に感じます。


何しろ、得点差以上に、時間の経過と共に相手の疲労が目に付くようになっていましたし、単純な競り合いでも簡単にボールを保持できるなど、安易なミスを突かれても、個々のカバーだけで対応しきれていました。

技術の高さを示した也真人選手にしても、得点に絡んだとはいえ、不慣れなポジションでタスクをこなせたかと問われれば、素直に「是」とは応えられませんし、コーキ選手よりも高い位置を取る事が散見された大岩選手は、結果として得点に絡めませんでした。

その意味で言えば、勝利というノルマはこなせど、個々の選手が起用されたタスクには疑問符が残る試合だったと思います。

その観点からすると、正直、面白みに掛ける試合ではありました。

それでも、2得点(とPK奪取)に絡んだ安選手には、メンタル的に今後への好影響を期待しますし、退いた後、ベンチで蹲っていた森本選手が心配でもあります。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 双方の顔ぶれ[第95回天皇杯1回戦:東京国際大@フクアリ]

こんにちは

プレビュー
[千葉]久々の試合に燃える水野晃樹(BLOGOLA)
[千葉]なるかプロデビュー。ルーキー・浦田樹(BLOGOLA)

昨シーズン、天皇杯から指揮を執る姿を示した関塚監督。

今シーズンはその状況も対戦相手のカテゴリも異なりますが、恐らくはリーグ戦で出場機会の少ないメンバーを多く起用するのでしょう。

さて、その対戦相手は埼玉県代表、東京国際大学さん。粘り強い戦い方と、それを支える持久力で天皇杯への出場権を克ち取った好チームとの事。

しかし、JEFサポとするとメンバー以上にコーチ陣に馴染み深さを感じますね。

味方を変えれば、OB達があの手この手で古巣の隙を狙ってくる訳ですから、JEFにとっては最も恐るべき学生チームという事になるのでしょう。

天皇杯の規程改訂…高校年代チームは参加不可、8強で1000万円の強化費(ゲキサカ)

規定が変更され、第2種登録チームの参加が無くなった天皇杯ですが、これは単に締め出しでは無く、第2種登録チームの環境整備が進んだ結果としての現場側からの要望という側面もあるようですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ピッチもスタンドも(7位)[J2第30節:横浜FC戦@ニッパツ]

こんばんは

第30節 2015年8月23日(日)18:03KO ニッパツ(J公式)
劇的決勝弾で3試合ぶり勝利。

形にならない、という試合の入りからの流れでファーストシュートを許したばかりか、10分には左の太亮選手が跳ね飛ばされての、15分には右への侵入を止められずに、それぞれファーサイドのポストを外れたシュートに助けられたJEF。

その後もシュートを放つどころか、少なくとも二度は高木選手の躰を張ったセーブで事無きを得た前半。

ネイツ選手の守備での貢献が大たり得ない構成である以上、攻め合いとなるならある程度はやむを得ないとも割り切ることが出来る位であればまだ良かったのですが、正直な感想とすると、相手のサイドからの攻撃に為す術が無いと言った惨状だったように思われます。

これは相手の布陣とのミスマッチを埋められないばかりか、自由に下がる寺田選手を抑えられなかった事が大きかった様にも感じましたが、後半の展開の変化からすると、強くは感じられなかった風の影響もスタンドでの体感以上に大きかったのでしょうか?

逆に言えば、この様な一方的な展開でも得点を奪えないという事実が、横浜FCさんの苦しい現状とも言えるのかも知れません。


これが、後半になるとセットプレイが中心とはいえ、JEFが攻撃の圧力を強めるのですから、試合とは不思議なものです。

しかし、南選手を脅かすようなシーンを演出するまでには中々至らず、遥也選手に代えて谷澤選手を投入した後も、その状況にさほど変化はありませんでした。

決まらないか、と頭を抱え始めたのは70分過ぎにポストを叩いた健太郎選手のミドルと、その後の展開からのクロスに合わせた金井選手のヘッダー辺りから。


その後、JEFは阿道選手に代えて森本選手を投入、サイドのネイツ選手を中央に配し、入れ替わる様に松田選手が右サイドへ位置します。

80分には、ネイツ選手がその中央から左サイドのスペースに出したボールを太亮選手がダイレクトで折り返すも、そのボールに合わせたネイツ選手のシュートは撃った瞬間に解るほど大きく枠を外します。

更には弾かれたCKからの流れでボールを受けたキム選手がシュートを放つも、これも枠の上。そして、この辺りから試合は攻め合いとなり、得点した方が勝ちという展開に。


意外だったのは最後のカード。勇人選手に代えての栗山選手。

当初、「3バックか!?」とも考えましたが、冨澤選手を一列上げ、陣形そのものの変更はありませんでした。


その直後、高木選手からのスローをカウンターで持ち上がった谷澤選手が、右サイドから侵入したフリーのネイツ選手へ。

このボールに対し、ネイツ選手は南選手のポジションを意識してか、シュートを選択せず、倒れこみながらダイレクトで左の森本選手へ渡します。

受けた森本選手は、冷静に南選手を交してシュートを放ちますが、必至で戻った野上選手のブロックに阻まれてしまいました。


しかし、JEFの流れは止まりません。相手陣内で躰を入替え、ボールを奪った谷澤選手がパク テホン選手と競り合いながら倒れると、警告はパク選手に。この日二枚目の警告となったパク選手は退場。

後から見直してみると、パク選手の対応もそこまで悪質とは感じられませんが、一連の流れからすると、やはり奪い返そうとするあまりの意識が露骨に手を出す事に繋がってしまったのでしょうか?


残り時間を鑑みれば、得点を奪いたいJEFと、兎に角守りきりたい横浜FCさんという構図は明確。

しかしながら、双方にイージーなミスが続くなど、焦りの目立つプレイもあり、時間ばかりが経過。


勝敗を分けたのは、ATも4分を経過し、お互いにラストプレイを意識したCKでした。

「目で合図」というコメントを残している松田選手ですが、リプレイを確認すると、全身でボールを要求していますし、太亮選手のボール、森本選手の位置取り、松田選手の飛び込みが歓喜に繋がった事が良く解ります。


試合はそのままタイムアップを迎え、JEFは3試合ぶりの勝利を捥ぎ取りました。

松田選手に関してですが、前節の得点もさることながら、この試合の決勝点もセットプレイではありますが、FWからサイドにポジションを移して後の得点ですから、やはり「持っている」タイプの選手なのでしょうか?


個人的にも大分さんでの特別指定の頃から意識していた選手だけに、そもそもの期待値が高いですし、こういった仕事をしてくれる事が、チームに良いスパイラルを生んで、停滞していた現状を打破してくれる事を望みます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 終了間際の決勝点(7位)[J2第30節:横浜FC戦@ニッパツ]

こんばんは

ATも4分が経過し、ラストプレイかと思われたCK。

インスイングの位置から太亮選手が放った弾道の先には松田選手。


目の前のゴールマウスで数多く見られた序盤のピンチと、後半のチャンス。

森本選手のシュートなど、それすら決まらないのかと頭を抱えましたが、待ち望んだ歓喜は我々の眼前に生まれました。


開始当初のFWから、試合中に右サイドへとポジションを移した松田選手でしたが、2試合連続となるゴールは見事な決勝点。


勝ち点3を得たとはいえ、順位は変わらずの7位。また、退場者の影響で、一人少ない6連敗中の相手にギリギリの決勝点ですから、決して褒められたモノではないのかも知れません。

それでも、もどかしさが続いたこのところのJEFからすれば、十二分に喜びを爆発させ得るだけの勝利には間違いないでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 中断前の一戦[J2第30節:横浜FC戦@ニッパツ]

こんにちは

見どころ(J公式)
プレビュー

アウェイとはいえ6連敗中の横浜FCさんとの対戦。有利と捉えたいところですが、JEFも連勝中ではありませんから、対戦成績を鑑みた上で身贔屓に捉えても「悪くない対戦」止まりでしょう。


さて、やはりスタメンの人選が一つのポイントでしょうか?

FWでは前節存在感を十二分に示した松田選手か、体調不良から復帰した森本選手か。

それによって遥也選手か谷澤選手かというサイドアタッカーのチョイスも変わってくるのでしょうか。


また、守備陣ではキム選手、金井選手の状態に加え、スクランブルながら前節試された3バックか、いつも通りの4バックかという布陣も些か気に掛ります。


この対戦を終えれば、天皇杯を挟むためにリーグ戦は一時お休みに。

最悪では無いものの、今一つ結果に結び付けられないもどかしさを払拭して、中断期間を迎えたいものです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 試行と志向(7位)[J2第29節:長崎戦@フクアリ]

こんばんは

第29節 2015年8月15日(土)19:00KO フクアリ(J公式)
追加点を奪えず、再びドロー決着。

高木選手や最終ライン、中盤の二人、右サイドに配されたネイツ選手まではメンバーが変わりませんでしたが、左サイドで先発起用された遥也選手に加え、前節終盤に交代投入された松田選手と阿道選手が並んだ2TOP。アタッカーの顔ぶれはだいぶ若返った感があったJEF。

コイントスを取ったからか、エンドチェンジこそ無かったものの、ファーストシュートはじめ相手ペースで進んだ前半。

ミスから招いた大ピンチに事なきを得ると、相手のチェイスを交わすための冨澤選手からの苦し紛れのボールを拾った遥也選手がダイレクトでスルーパス。

抜け出した松田選手はそのままペナルティエリアに侵入するも、相手のチェックもあって、流れは一旦止められたかと思いましたが、再び持ち直してからのシュート。

ポストを叩きながらの先制点は、加入後初ゴールとなりました。

これで勢いを得たJEFは次々とシュートを放ちますが、悉く択生選手に防がれてしまいます。

また、ハイボールの競り合いで腰を痛めたヒョヌン選手に対して栗山選手の投入という交代カードを切らざるを得なかったのは想定外のアクシデントでした。


後半に入っても、ペースはJEFが握っていたように感じましたが、疲労が隠せない時間帯にゴールを奪われます。

もう、あそこを空けてしまう光景は何度も見ていますが、予想したコースを完全に外れたシュートは高木選手が一歩も動けずにゴールネットを揺らしました。

その後、JEFは遥也選手に代えて谷澤選手、さらに阿道選手に代えて大岩選手を投入。3バックへと布陣を変更し、び猛攻を仕掛けますが、金井選手がポストに激突するアクシデントなどもあり、立ちはだかる択生選手を撃ち破る事能わずに、1-1のドロー。


裏への意識とスピード、さらに頭で合わせる跳躍力にシュートの意識と、松田選手の働きは十分な合格点でしょう。

同じタスクを課せられるであろう森本選手や安選手と比較しても、良い意味で動きが硬質で無いだけでなく、プレイの選択肢も広いような印象を受けました。

他方、失点が止まらないばかりか、この試合で2名が負傷した最終ラインには不安が付き纏います。

この試合でのカードの切り方からしても、監督の中でのCBの序列に関しては栗山選手>大岩選手なのでしょうが、キム選手の症状が重いとするならば、中央の高さ強さにも不安を抱きます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 立ちはだかる壁(7位)[J2第29節:長崎戦@フクアリ]

こんばんは

スタンドですら息苦しさを感じるほどの暑さの中の一戦は1-1のドローで決着。

躍動する初スタメンの松田選手の得点でリードを奪うも、終盤にはまたも中央を割られて失点。


試合中、何度となくゴールを遮った択生選手の掌は、終盤、放物線を描きながらフクアリに歓喜を生むはずだった松田選手のループシュートまでをも叩き落としました。


試合中に傷んでピッチを退いたヒョヌン選手、終盤、ゴールポストに激突し、試合後の挨拶を避けてロッカールームに引き上げた金井選手の状態も気になりますし、それだけに、勝ち点3を得たかった一戦。

試合そのものは痛み分け、となるのでしょうが、試合後のゴール裏の雰囲気からしても、結果を喜んだのは順位で下に位置する長崎さん。

JEFも攻める姿勢は十分に見せてくれていましたが、攻守に於いて、あと少し及びませんでした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 終盤戦へ[J2第29節:長崎戦@フクアリ]

こんにちは

見どころ(J公式)
プレビュー

前節で全日程の2/3を消化。リーグは終盤へと差し掛かります。

徳島戦から採用している2TOP。

基本的な戦い方に大きな変化は無いでしょうが、気になるのは、復帰後、途中交代が続く森本選手の状態でしょうか?

前節途中出場を果たした、新加入の松田選手も動きは悪くなかったですし、フル出場した阿道選手の奮起にも期待します。


[長崎]4試合連続無失点中の大久保択生は自信をもって古巣戦へ(BLOGOLA)
[千葉]誕生日を迎えた佐藤健太郎の今年の抱負は?(BLOGOLA)


作るよりも「やり切る」という姿勢の中、一番大きな変化を見せているのは健太郎選手だと感じています。

前節放ったシュートは2度ともブロックされてしまいましたが、反撃の狼煙となるバースデーゴールに期待したいですね。


他方、長崎さんのゴールマウスに立ちはだかるのは択生選手。

中々メンバーが固定されない長崎さんの守護神争いで、遂にそのポテンシャルを発揮しているようです。


他人事ならば、BLOGOLAさんがピックアップした両選手、軍配はどちらに上がるのか?という興味で済みますが、譲れないものは譲れません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • またもAT、再びドロー[J2第28節:C大阪戦@キンチョウ]

こんばんは

本日のホームゲーム開催についてのお礼(C大阪さん公式)

第28節 2015年8月8日(土)19:49KO 金鳥スタ(J公式)
終了間際、痛恨の失点でドロー決着。

雷の影響の遅延にアディショナルタイムでの失点と、まさに、始めから終りまで、とでも言えばいいのでしょうか。

積極的にミドルを放つC大阪さんに対し、守備から入りシンプルな裏への攻撃で機を窺うJEFという構図。

ミドルを撃たせていたのか、撃たれていたのか、という点では、後者の雰囲気が強かった様にも感じますが、いきなりのスタメン起用となった新加入のエジミウソン選手が、お世辞にも効果的な攻撃を演出していたとは言えませんでしたから、あまり手を加えた攻撃をそもそも想定していなかったのかも知れません。

それでも、高木選手のビッグセーブが何度もあった事を考えれば、失点こそ免れ得てはいましたが、守備が機能していた結果、とは言えないのではないでしょうか。

そして、ミドルを高木選手がギリギリ防いでいた、という辺りが、結果にも影響してしまった気がします。

1点リードの終盤、守備の間をワンツーで交わされてしまったのも、バイタルでした。その直前にはネイツ選手を下げ、パウリーニョ選手を投入したにも関わらず、です。

選手の並びや布陣をどのように変えようとも、ここで相手を捕まえ切れないのはJEFの宿痾ともいえますが、どうしようもない、と割り切る訳には行きませんから、残り少なくなる試合の中、サイドの裏をケアしつつ、どの様にして対処していくのかは大きな課題です。


他方、攻撃面で動きが目立ったのは阿道選手。

谷澤選手のトリッキーなパスに飛び込んだり、得点の契機となるCKに繋がるシュートを放ったり、失点後の大チャンスにも飛び込んだり、と今迄にないほど、ゴールへの姿勢が見られました。

前線が2TOPに変更されたその一角、という事だけでなく、C大阪さんの守備の仕方にも助けられた面はあるのでしょうが、フルタイム出場で、存在感は示していたように感じます。

高卒二年目の選手に過度な期待を抱くのは酷かもしれませんが、何かをやってくれそうな雰囲気は感じられました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 活かせぬ幸運[J2第28節:C大阪戦@キンチョウ]

おはようございます

加入発表はありましたが、C大阪さんがまさかいきなりエジミウソン選手をスタメン起用して来るとは思いませんでした。

雷の影響で、一時間弱遅れた試合開始。


その試合はというと、何度となく、高木選手の好セーブに救われた前半を活かせなかったと言えるのではないでしょうか。


疲労がピークを迎えた後半にカウンターから得たCK。

太亮選手のボールに合わせるだけだったネイツ選手が奪った先制点。


確かにピンチが幾度もありましたが、ロングボール主体の攻撃を見せていたC大阪さんの戦い方を見ていれば、何とか逃げ切れるかと思われたAT。

中盤があれだけ最終ラインに吸収されてしまえば、失点も致し方ないだろう、とは受け止めますが、守備固めで厚くしたはずの中央はどこに行ってしまったのだろうと、現地に居ない身でも些か堪えました。


細かい点に関しては、リプレイを確認してから、また改めます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 立秋なれども夏の陣[J2第28節:C大阪戦@キンチョウ]

こんにちは

見どころ(J公式)
プレビュー

競演という華やかな印象が強かった前回とは異なり、今回はやはり自動昇格枠への望みを掛けるという危機感が強い一戦。

フォルラン選手、カカウ選手の退団に加え、長谷川選手の移籍、代表招集で山口選手が不在、更には丸橋選手が出場停止と、フクアリで相対した際とは全く別のチームであろうC大阪さんが待ち受けるキンチョウでの対戦に臨みます。


酷暑の中、1-0で徳島さんを下したとはいえ、C大阪さんの得点力を考えれば、前節のクリーンシートはあまり参考には出来ない様に思われます。

折り返し後、好調なC大阪さんですが、前節は劇的な逆転負けを喫しているだけに意気込みもあるでしょうし、前回対戦時には不在であった田代選手の存在は気になります。


JEFとすると、4-4-2への布陣変更を受け、新加入の松田選手が帯同しているのか、メンバー入りはあるのかが注目でしょうか?

連携面を鑑みるといきなりの起用については疑問符も残りますが、安選手、富澤選手がぶっつけでスタメンに名を連ねた事を鑑みると、可能性は左程低い様にも思われません。また、太亮選手の状態に加え、太亮選手交代後に何度か扼された左SBの人選も気に掛ります。

前節で上向いた雰囲気をそのまま結果に結び付けられるか否か、大きな一戦になりそうです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • それぞれの夏、JEFの夏

こんばんは

大野哲煥選手(城西国際大学)の来季加入内定について
城西国際大学 大野哲煥選手 2015年JFA・Jリーグ特別強化指定選手登録のお知らせ

昨年からトレーニングには参加していたようですし、東金線求名駅が最寄りの城西国際大学からの初加入となる大野選手。

GK3人体制での今シーズン、特別指定も不思議はありませんが、これにはむしろ、来期以降の編成も影響しているのではないでしょうか。


期限付き移籍加入選手のお知らせ(Y.S.C.C.横浜さん公式)
仲村京雅選手 Y.S.C.C.横浜への期限付き移籍について

チーム内での立ち位置からすれば、不思議ではない選択ではありますが、トップチーム以前のVIVAIO船橋さんからのアカデミー加入経緯を考えると些か驚きではありました。

しかし、ベンチスタートとは雖も、加入直後からゲームに出場し、得点に繋がるプレイを披露していますから、前向きな決定だったのではないでしょうか。



ジェフユナイテッド市原・千葉より河津良一選手、期限付き移籍加入のお知らせ(沼津さん公式)
河津良一選手 アスルクラロ沼津への期限付き移籍について

オフに加入発表があった大卒3人衆ばかりでなく、能登選手や隆行選手含め、開幕直前の加入選手の中では唯一出場機会が無かった上、冨澤選手加入の影響もあるのでしょう。

その意味では、京雅選手に抱いた武者修行というよりも、生き残りを掛けた選択に思われます。

兎に角、持てる全てをぶつけて来てほしいと思います。

松田力選手、ジェフユナイテッド千葉への期限付き移籍のお知らせ(名古屋さん公式)
松田力選手加入のお知らせ

一報が出た段階から、流石に驚かされた松田選手の加入。

名古屋さんではどこでも任されたアタッカーという立ち位置だったようですが、個人的には特別指定で加入した大分時代のプレイの方が印象に残っています。

個人的には2TOPの一角を任されると考えておりますが、プレイスタイルから鑑みれば、JEFでのポジションは森本選手の相棒か代役。或は右サイドに配されての遥也選手の強力なライバルか。

いずれにしても、遥也選手・也真人選手にとってはより厳しさを増す補強である事は間違いありません。


松田選手にとっても初のJ2。活かすよりも活きるプレイがウリでしょうから、得点という結果でフクアリを沸かせてほしいと願います。


ここからは、クラブ内部の情報。

オナイウ阿道選手 契約変更のお知らせ

一年前はU-22選抜という立場でJ3を闘っていた選手が、気が付けばA契約を克ち取りました。

期待が大きい分、どうしても厳しい目で見てしまいがちですが、途中投入でしっかりとその成長を示してくれているように感じます。

ダンスだけでなく、是非とも、そのゴールで試合後を盛り上げて欲しいものですね。


岡野洵選手の来季加入内定について

昨シーズンに2種登録されていただけあって、此方は流石に既定路線だと思われます。

プレイヤーとすると、細さが目立つ印象ですから、立ち位置とすると、当面は乾選手のライバルという事になるのでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 技量と幸運(7位)[J2第27節:徳島戦@フクアリ]

こんばんは

第27節 2015年8月1日(土)19:03KO フクアリ(J公式)
好転のチャンス。

高くないライン設定でのブロックは、「安易な失点を避ける」ためのものであったでしょうから、10分辺りで津田選手が放ったシュートが枠を外れた事は幸運でした。

チャンスの大きさからいえば、谷澤選手のゴールより、遥かに可能性を感じ(させられ)たシーンだったように思われます。


それからも、サイドを起点とした相手の攻撃で中央が度々と空いていましたし、そこから結構なシュートを浴びた事も間違いありません。

しかし、その弾道が、たまたまGKの正面を突くばかりであったのか、コースを限定出来ていたのかは解りませんが、我々の肝を冷やす事はありませんでした。


結果としての1-0は谷澤選手の技量と、幾何かの幸運があってのものでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 待望(7位)[J2第27節:徳島戦@フクアリ]

おはようございます


メンバー表を見て、期待よりも不安の感を強くしたのは私だけだったでしょうか?


徳島さんがエンドチェンジを選択して始まった前半。

復帰した森本選手とネイツ選手をTOPに配した4-4-2という布陣に加え、攻撃参加を控える太亮選手。

前へのダッシュ以上に守備に駆け戻る谷澤選手、遥也選手の両SHに加え、マイボールでも果敢に裏を狙い、縦に付けようとする健太郎選手など、リスクを減らし、守備を重んじる事で、まずは土台を見直そうという姿勢は見て取れました。

ラインも無理には上げず、時折は前線へ連動したプレスを敢行しますが、基本はブロックを守る事が決め事だったのでしょう。

相手GKのリバウンドが目の前に転がってくるという序盤の大チャンスをネイツ選手が逃すと、蒸し暑もの相俟って、試合は我慢比べの様相へ。


それでも、唯一の得点は高めに位置した左SBが絡みます。

健太郎選手からボールを受けた太亮選手が、縦を気にする相手を尻目に、右斜め前方に出した強いボール。

何故そこにいたのかという疑問は兎も角、受けた遥也選手も完全に支配下に置いた訳ではありませんでしたが、結果的にそれが幸いしました。

遥也選手とスイッチするようにボールを納めた谷澤選手は迷わずにシュート。

相手GKの外を巻きながらの見事な軌道は、遅まきながら、今シーズンの初ゴールとなりました。


先制後も基本的に戦い方は変わりませんでしたが、後半に入ると、やはり、劣勢を強いられる展開。

序盤から、この戦い方を続けるのであれば、負担が大きい両SH、日本の夏の対応に苦慮するネイツ選手が交代カードの対象となるかと考えていましたが、予想は半分以上裏切られました。


阿道選手が、半分溶けていたような印象のあるネイツ選手では無く森本選手に代えて投入した事がまず驚きでしたし、遥也選手と佑昌選手の交代は兎も角として、田代選手の投入も織り込み済みではあったのでしょうが、太亮選手の負傷による左SBとしてのそれは想定外だったのではないでしょうか。


危惧した通り、いかにもチグハグな左サイドの対応でしたし、あれならば佑昌選手を一列下げるなり、健太郎選手を回すなりした方がまだ効果的では無かったかというような、長い時間を経てのタイムアップ。


JEFは久しぶりの勝利を、フクアリで迎えました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 八月緒戦[J2第27節:徳島戦@フクアリ]

こんにちは

見どころ(J公式)
プレビュー

コメントからすると、前節の太亮選手に加え、森本選手も復帰という事でしょうか。

課題の修正という意味では、あっさりと失点を重ねた前節から、堅い守備を誇る徳島さん相手に、焦れる事無く戦えるか、が問われる8月緒戦。


森本選手もさることながら、前節、出場機会が無かったパウリーニョ選手の起用も気になります。

正直、下手な考え休むに似たり、というか、鶏が先か卵が先か、というような状況ですから、何が何でも勝利が欲しい訳ですが、悪い乍らも何とか上を向くしかない、7位という順位を前向きに捉える事が出来るかどうか。


体力以上に気力が問われる葉月となりそうです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 最悪の7月(7位)[J2第26節:熊本戦@フクアリ]

こんにちは

第26節 2015年7月26日(日)19:00KO フクアリ(J公式)
今こそ力を合わせる時。

失点もさることながら、2度の也真人選手の大チャンスの逃し方など、迷いと焦りばかりが感じられる試合だったように思います。

それが、酷暑の中の連戦から生まれるものであればまだ良いのですが、どうもそうではないと思われるところが、今の状況でしょう。

個々の選手のプレイに見るべき点が無い訳ではないのに、チームとなると萎んでしまう。


ミスありきで前線から激しいチェックを繰り返し、それを得点という結果に結び付けた熊本さんとは対照的でした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!