犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 皮の剝き方[J2第16節:H/愛媛戦@フクアリ]

こんにちは

2位キープを目指す磐田に、4連勝を狙う岡山が挑む(J公式)
【J2:第16節 千葉 vs 愛媛】プレビュー:湘南を破った粘り強さでクラブ初の4連勝&対千葉戦初勝利を狙う愛媛。千葉が勝つには愛媛を倒すための工夫と勝利への執念が必要不可欠。(14.05.30)(J's GOAL)

陽気もいよいよ夏らしくなり、今節からしばらくの間はナイトゲーム。

先週、湘南さんの連勝を止めた愛媛さんは3試合無失点とのことですから、JEFとしても前節同様にいかに得点への形に至るかが問われる試合となりそうです。

その意味では、出場停止が解けたケンペス選手に期待がかかるところではありますが、それ以外の点でも、ベンチ含めてどのようにメンバー変更があるのかも気になるところです。

また、このところの対戦相手とすると、愛媛さんは調子の良いチームですから、今まで以上に内容と結果とが問われる試合になるでしょう。

[千葉]前節・横浜FC戦を振り返った井出遥也、「自分のプレーをもっとチームとして出せれば得点につながる」と前を向く(BLOGOLA)
[千葉]好調をキープする大塚翔平。今節の愛媛戦を前に「引いた相手にはミドルが効果的」と牙を研ぐ(BLOGOLA)

前節を受けて攻撃陣も課題はしっかりと把握したようです。

その反省をしっかりと活かして得点に結びつけて欲しいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 良くも悪くも(12位)[J2第15節:A/横浜FC戦@ニッパツ]

こんばんは。またまた御無沙汰になってしまいました。

愛媛が湘南の快進撃をストップ。上位対決は松本が競り勝つ(J公式)
【J2:第15節 横浜FC vs 千葉】レポート:静の前半から動の後半へ。横浜FCがペースチェンジに成功するが、トンネル脱出のゴールは奪えずスコアレスドロー。(14.05.25)(J's GOAL)
試合結果

前線に町田選手を配して臨んだ一戦ですが、残念ながらゴールネットどころかシュートに至るシーンが多くありませんでした。

では佑昌選手の起用ならどうだったろうか?という考えも浮かびますが、そうなるとお互いに裏を狙う一本調子の攻撃を繰り返してしまい、暑さの中でチーム全体の体力が奪われたのではないだろうかとも思われます。

確かに中央での決め手が無かったと考えられますが、ケンペス選手の代役を務めるはずの森本選手が負傷では、中央に強さを求めることが難しい訳ですから、裏を狙うための前提も大分違っていたはずでしょうし。

また、このところサイドで活きている谷澤選手を中央に配する事もボールの運びやタメに関してリスクがあったはずで、結局、落ち着くところに落ち着いたという布陣だったようにも感じます。

選手コメントにもあるように、ミドルに活路を見出したかった面もありますが、それが一番チャンスに感じられたのはキム選手のミドルという状況ですから、繋ぎで崩す事を前面に押し出しているチームとしての方針からしても、闇雲にシュートを放てる訳でも無いと思います。

また、クロスが殆ど通らなかったように、相手もしっかりと中央は閉めていたこともあって、結果的にはケンペス選手不在の印象ばかりが強くなってしまいました。

他方、守備面ではミスやイレギュラーな形でのボールロストに始まった相手の攻撃に対して、しっかりと最後まで付いていくなど、最終ラインの対応は悪くなかった様に思います。(何度か見られた智選手のミスなどには肝を冷やしましたが…)

また、アウェイ13:00開始という状況の中で体力的に何とか互角に戦えたわけですから、その点は評価して良いのでないでしょうか?(逆に言えば、そこで試合を決められるスーパーサブが不在であったとも言えるのかも知れませんが…)
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 点睛に至らず(12位)[J2第15節:A/横浜FC戦@ニッパツ]

こんばんは

也真人選手の起用で繋ぎ倒して崩すという判断で臨んだ横浜FC戦。

ホームながらしっかりと守備から入った横浜FCさん相手に、臆することなく繋ぎを見せますが、シュートを放つまでには至らず。

翔平選手もチャンスと見れば狙いますが、遂にゴールネットを揺らすことは叶いませんでした。

攻守の切り替えという観点からすれば、後半開始早々の大ピンチ以降の15分ほどの時間帯以外は守備面での不安はありませんでしたが、CFWの不在がここまで大きいとは、という内容ではありました。

その意味では、両チームの狙いが表現されたという試合だったのでしょうか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 中盤戦[J2第15節:A/横浜FC戦@ニッパツ]

こんばんは

新記録に挑む湘南。追撃する松本と磐田の対決も目が離せず(J公式)
【J2:第15節 横浜FC vs 千葉】プレビュー:前節バランス良く快勝を果たした千葉を迎え、横浜FCの願いはゴールと長いトンネルからの脱出。(14.05.23)(J's GOAL)

前節の勝利で何とか上向き調子で序盤戦を締め括れたJEF。

JEF同様序盤戦を波に乗れないまま過ごした横浜FCさんとニッパツでの対戦を迎えます。

松下・安英学の両選手を中心に、サイドには寺田・小池選手を配し、最前線には黒津・野崎の両選手が並び、最終ラインにはドウグラス選手が控える布陣は、やはり現在の順位を額面通りには受け取れないだけの構成だと感じます。

札幌戦で達成したクリーンシートを継続しつつ、相手からゴールを奪いたいJEFですが、問題はやはり累積警告で出場停止となるケンペス選手のポジション。

1TOPを務めた森本選手も怪我で離脱中ですから、CFWを誰が務めるのか、或は代役そのものを置かないのかも含めて気になるところです。

順当に考えると、役割は兎も角佑昌選手をそのまま配して、クロスよりも裏を狙うような色合いを強める様に思えますが、一方で翔平選手と也真人選手を併用してパスワークでゴールを目指すような戦い方もあり得るのかも知れません。

[千葉]横浜FCを引っ張るかつての同僚に警戒する山口智「なんせ、キャプテンで10番ですから(笑)」

智選手が警戒する寺田選手。前節の前田選手への対応同様、決定的な仕事をさせないようにさせなければなりません。

メンバーを見れば要注意の選手ばかりのようにも感じてしまいますが、受けに回らず強みで勝負を仕掛けてほしいと思います。

このところの、ニッパツから肩を落として帰ることはなくなりましたが、それでも、侮れない相手であることは間違いありません。

特に、上位チームとは良い戦いができても、下位チームに苦杯を舐めることが多いJEFだけに中盤戦緒戦をしっかりと戦ってくれる事を願います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 萌芽(11位)[J2第14節:H/札幌戦@フクアリ]

こんばんは

湘南がJ2タイ記録の14連勝を達成。福岡も守備で大健闘(J公式)
【J2:第14節 千葉 vs 札幌】レポート:攻守ともに選手の距離感が良かった千葉が『俺たちのフクアリ』で難敵の札幌に勝利。(14.05.19)
試合結果

CBとして競り合いに強さを見せたキム選手、試合終盤まで交代の必要性を感じさせなかった大岩選手。

最終ラインの落ち着きが中盤を活性化させたのか、中盤が良かったから最終ラインも落ち着いたのかは解りませんが、試合を通じて「やられた」というシーンは片手の指ほどもなかったように感じます。

それでも、前田選手との間合いが甘いシーンではスペースめがけてあわやというボールを送り込まれていましたが、その前田選手に対しては時によっては3人が囲い込むなど、自由にさせない意識は高かったように見受けられました。

全体的な感想からすれば、合格点なのですが、やはり、ゴール前での厳しさを考えると、胸を張って前を向く兆しが見えた、という表現が正しいでしょうか?

1対1を止められて試合を決めきれなかったケンペス選手、佑昌選手もそうですし、動き出しまでは素晴らしいながらもチャンスをものにできなかった翔平選手も同様かも知れません。

得点を挙げた遥也選手にしても得点シーン以外では判断に課題が見られましたし、内容からすれば諸手を挙げて勝利だけを喜べる結果ではなかった様にも感じます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 聖地奪還(11位)[J2第14節:H/札幌戦@フクアリ]

こんばんは

昨シーズンまでは何度か見られた、大岩選手を右SB、キム選手を右CBという布陣で臨んだ札幌戦。

前日の練習見学された方からお話は伺っていましたので、スタメンメールで岡本選手の次に大岩選手の名前がある事で変更を確信しました。

多くの皆さんが期待していたように、結果的にはこの最終ラインが大成功。


さて、試合の入りの大チャンスをものに出来なかったJEFに対して、札幌さんは基本的に戸倉選手をめがけてボールを入れてきました。結果的にここでしっかりと戦えた事と、相手に対してしっかりと人が付けた事で試合の流れを握ります。

特に、時にはGKまでしっかりとチェックを行った大塚選手はじめ、フォアプレスも効果的だったように感じます。


待望の先制点はJEF。

大塚選手の持ち上がりを谷澤選手が受け、ゴール前に送ったボールに対して、最終ライン手前から走りこんだ遥也選手が左足でのワンタッチゴール。

完全にフリーで飛び込んでいたとはいえ、ショートバウンド気味のボールに合わせる事は容易では無いように見えますが、キッチリと合わてゴールネットを揺らしました。

アカデミー出身の遥也選手の初得点にフクアリは盛り上がります。


1-0で折り返した後半、立ち上がりから札幌さんの攻勢が強まりますが、ここを凌ぎ切れた事が勝敗を決したのでしょうか。

追加点は73分。

それまでボールを持つとドリブルを仕掛けていた遥也選手が、右サイドのスペースへスルーパス。大塚選手が体の軸を回転させるように上げたボールに飛び込んだのはケンペス選手。

その後の何回かのチャンスは全て逸するものの、2-0でタイムアップを迎えました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 1/3[J2第14節:H/札幌戦@フクアリ]

こんにちは

連勝タイ記録に挑む湘南の前に、今節は福岡が立ちはだかる(J公式)
【J2:第14節 千葉 vs 札幌】プレビュー:千葉は相性が悪い札幌を完封する守備と『3人目』がうまく絡む攻撃で勝利を狙う。(14.05.18)(J's GOAL)

[千葉]守護神・岡本昌弘が語る、チームが強くなるためにやるべきこと(BLOGOLA)
[札幌]負傷で戦列を離れていたパウロン、今節・千葉戦で復帰か(BLOGOLA)

2試合アウェイが続いたJEFですが、このタイミングでフクアリに迎えるのは、天敵ともいえる札幌さん。

その札幌さんもチーム状況は芳しくないらしく、5試合勝利から遠ざかっている模様。また、前節は一日遅れでの変則日程だったんですね。

勝利で停滞感を打破するには格好の相手とも言える訳ですが、相手もゲンの良いフクアリで久々の勝利を狙ってくるでしょう。

負傷等での離脱選手の影響が大きいとはいえ、変更の続くメンバー構成含め、続く試行錯誤。

しかし、今節でリーグ戦も1/3を消化。そろそろ、青写真も定めたいところです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 上向き加減(15位)[J2第13節:A/山形戦@NDスタ]

ご無沙汰しております

湘南は13連勝を達成。磐田と大分は譲らず勝点1を分け合う(J公式)
【J2:第13節 山形 vs 千葉】レポート:比嘉のキャノン弾で山形がドローに持ち込む!千葉は4試合ぶりに先制した試合で勝ちきれず。(14.05.12)(J's GOAL)
試合結果

試合の入りは悪くなかった割にシュートは少なかったですし、良い流れ、と表現するのは少々違うのかも知れませんが、それでも嫌な印象はありませんでした。

ただ、それも相手のミドルを浴びる20分辺りまでで、それ以降は攻守が入れ替わる展開。

試合そのものに関しては前回触れた以上の印象はありませんが、元々素早い切り返しの対応に難があるとはいえ、失点シーン、完全に一発で交されてしまったキム選手の対応はやはり残念でした。

先制点は交代出場の也真人選手が絡んでいますが、結果的には失点シーンで受け渡しでの連携に課題を見せた田代選手、同点とされた後に投入された山中選手など、ベンチワークに関しても評価が難しいですね。

試合を動かしに入ったところまでは狙い通りでしたが、画竜点睛を欠いたというところでしょうか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 打破には至らず(15位)[J2第13節:A/山形戦@NDスタ]

こんばんは

アウェイ連戦に加えて、上がった気温にコンディションが気になりましたが、試合の入りは悪くない、と言うよりは寧ろ、この所のキックオフ以降が嘘のような良い入り方だったように感じます。

しかし、リズムは握れども得点は遠く。

相手に左サイドからのシュートを浴びると、試合の流れは一方的な物ではなくなりました。

連戦の疲れか、暑さの影響かは解りませんが、アタッカーに疲れが見え始めた後半、交代出場の也真人選手からの見事な崩しで太亮選手が先制弾。

古巣相手に見事なゴールを奪います。

その後、圧力を強める山形さんに対し、田代選手を兵働選手に代えて投入。

守りきるためにの采配で、タイムアップを狙いましたが、キム選手の対応とマークの受け渡しから出来たスペースに進入されてのミドルシュートで追いつかれます。

その後、山中選手を投入するなど再び得点を目指しますが、結局、その後スコアは動かずにタイムアップ。

展開からすると惜しい試合でしたが、圧倒とは言えないだけに結果とすると引き分けも止むを得ないのかも知れません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 克服目指して[J2第13節:A/山形戦@NDスタ]

こんばんは

首位追撃の磐田は5連勝を狙う。大分は守備の再構築が鍵か(J公式)
【J2:第13節 山形 vs 千葉】プレビュー:もどかしい状況が続く山形と千葉が対戦! 反撃の狼煙はここから上がる。(14.05.10)(J's GOAL)

中2日での連戦となった前節から4日。JEFとは状況が異なるものの、やはり勢いが生まれていない山形さんと対戦。

岐阜・山形とアウェイ連戦が続くJEFに対して、相手はホームでの連戦を迎えられるという点に関してはコンディションの差も気になります。

さて、この連戦の収穫はと言えば、2点差でも折れなくなったメンタル面であり、課題は相変わらず止まらない失点という事になるでしょう。

これからも続けてい行くことは明白で、前者は伸ばし、後者は減らすという事に尽きると思います。


無論、五百戦錬磨の指揮官が鍛えるチーム相手ですから、簡単にそれが発揮できるとも考えてはいませんが、そこを目指さねば、16位という現状は打破できません。

前節欠場の智選手やベンチスタートのケンペス選手のコンディションも気になりますが、連戦の終わりに無理は禁物。

当たりと高さで強さを見せるキム選手、裏への対応を求められる大岩選手、得点やアシストで存在感を示しつつある翔平選手に初ゴールを求める森本選手など、着目点は多々あります。

[千葉]山形との古巣戦を迎える中村太亮「落ち着いて、いつもどおりのメンタルでやるように心がける」(BLOGOLA)
[山形]中村太亮の陰で、忘れられていなかったもう一人の元チームメート(BLOGOLA)

そして、太亮選手、健太郎選手、鈴木監督にとっては古巣との対戦でもありますし、期するものがあるのではないでしょうか?


出来ることをしっかりと、やれないときにはキッチリと切る。

集中力を保ち、当たり前の判断と果敢なチャレンジを期待します。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 気概(16位)[J2第12節:A/岐阜戦@長良川]

こんばんは

湘南が上位対決を制して12連勝。磐田は4連勝で2位キープ(J公式)
【J2:第12節 岐阜 vs 千葉】レポート:若手がチャンスを生かし、躍動を見せた岐阜!2-2のドローにもくっきり見えた明暗。(14.05.07)(J's GOAL)
試合結果

智選手が体調不良で欠場した岐阜戦、注目はやはり最終ラインの出来でしたが、早い時間帯で簡単に裏を取られての先制点献上。

大岩選手はオフサイドをアピールしていたように、私も画面上ではオフサイドだと思いましたが、リプレイで確認すると、オフサイドポジションの選手は一連の流れでボールに触れていませんから、関与せずと判断されればそれまで。


讃岐戦、群馬戦に続き、大岩選手は裏を取られての失点が止まりませんから、この辺りは集中力ではなく、意識の向け方にも課題があるように感じます。

今シーズンから纏った2番に加え、慶選手の離脱後はキャプテンマークを巻いている事が、意識を扼してしまっている部分があるのでしょうか?


その意味では度々のロングスローやミドルシュートで存在感を示した司選手が対照的でした。(ロングスローなんて、どこに隠していたんでしょう?)

さて、このところ慣れてしまった低調な試合の入りの中、何とかサイド攻撃に活路を見出したいJEFですが、序盤は相手陣内に至ることもままなりませんでした。

森本選手の単発の攻撃に終始していたJEFですが、2TOPの一角となっていた翔平選手がかなり落ちてくる様になって以降、些か落ち着いて来た感がありましたが、それでも左右からクロスは入れどもシュートには至らず。


後半になると大分均衡した展開となりますが、それでもシュートチャンスは相変わらず相手方に多く、追加点も岐阜さん。

セットプレイからの混戦で味方同士が重なり、フリーの選手を作ってしまっての失点。この辺りも磐田戦から見られた問題が解決できていないように見受けられます。


2点差にベンチは天野選手に代えてケンペスを投入。右のSBには佑昌選手が入ります。


そして反撃はケンペス選手のヘッダーから。翔平選手のクロスを相手選手に競り勝っての見事なゴールでした。

息を吹き返したJEFは構成を強めます。

左サイドを突破した太亮選手のドリブルがペナルティエリアでのファウルを誘い、PK。

これもケンペス選手がしっかりと沈め、2-2のタイスコアに追いつきます。


その後も兵働選手のポストを叩くシュートや、終了直前に抜け出した森本選手など、チャンスはありましたが、逆転までには至らずにタイムアップ。


相変わらずの課題は兎も角として、気概を取り戻して連戦を締めくくりました。


失点シーン以外で気に掛るのはやはり森本選手の動き。

テンポに関してはようやく馴染んできた感はありますが、シュートを撃ち切れないシーンが多かったことは気になります。

ボールを受けてからの動きやボール裁きにシャープさが欠けている印象は拭えません。


また、2点ビハインドでのスクランブルとはいえ、SBにポジションを移した佑昌選手の起用法が今後どうなるのかも気になります。

従来、サイドに侵入された際には同サイドのSBが絞っている印象ですから、高さには強みがあるキム選手を中で起用するならば、交代枠を1枚織り込んでしまう現状よりは、昨シーズンから運動量とスピードでアウトサイドのクロッサーへの対応を行っていた佑昌選手を右SBに配する事が効果的ではないかと感じます。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 撃たれる前に討て!(16位)[J2第12節:A/岐阜戦@長良川]

こんばんは


智選手不在、ケンペス選手がベンチスタートというチーム事情の中、良く分けた、と言いたいところですが、内容は兎も角、それぞれの失点の課題はここまでと変わったように思われず。


天野選手に代えてケンペス選手を投入した上での同点劇ですから、一概に采配に疑問を投げる訳にもいきませんが、それならば、試合途中から採用した佑昌選手のSB起用をもう少し真面目に検討しても良いのではないかと考えました。


交代選手が自信を取り戻すきっかけになったのか、守備陣の苦悩が続くのか、正直判断が難しい結果。


それでも、張り反せる気概が見えた事に期待をしたいと考える管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 連戦の締め方[J2第12節:A/岐阜戦@長良川]

おはようございます

ホーム無失点の湘南。アウェイに強い栃木が連勝を阻むか(J公式)
【J2:第12節 岐阜 vs 千葉】プレビュー:ラモス監督悲願の3連勝へ!岐阜にとって重要な一戦(14.05.05)(J's GOAL)

ゲンの良くない長良川ですが、フクアリで手にした兆しを、続ける事が出来るかどうか。

連戦の影響を鑑みたターンオーバーなど、どれくらい群馬戦からメンバーの変更があるのかも読めませんが、前節を国立で戦った岐阜さんですから、中2日での移動という条件はほぼ同じ。

オフの主役であった岐阜さんですが、個人的には戦い方を確認できていません。

但、失点続きの守備の改善などに関しては、連携や対策以前に個人としてどれだけしっかりとやるべき事をやる事も重要になるはずです。

[千葉]約半年間、ラモス瑠偉監督の指導を受けた森本貴幸「半年だけだったので、あまり多くは話せなかったけど、やっぱり熱かった」(BLOGOLA)

ここまで無得点の森本選手ですが、前節では守備面での精力的な動きなど、存在感を示していました。

意気込みの通り、そろそろ得点シーンを見せてほしいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 左脚(16位)[J2第11節:H/群馬戦@フクアリ]

こんばんは

湘南が11連勝を飾る。上位対決は接戦を制した磐田が勝利(J公式)
【J2:第11節 千葉 vs 群馬】レポート:攻守に問題点はありながらも劇的な千葉の逆転勝利に盛り上がったフクアリ。攻撃には手応えの群馬は守備で踏ん張れずに敗れる。(14.05.04)(J's GOAL)
試合結果

劇的な逆転劇ではありましたが、見方を変えれば、流れの中での得点は彼我共にミス絡み。

特に、二失点に関して、起点は異なれど、孝太選手のドリブル突破を止められなかった訳で…。


結果としては失点直後の追撃弾、相手のミスからのカウンター(奇しくも、このパスミスも孝太選手でしたが…)で生まれた勢いから、セットプレイでひっくり返した試合。

考えてみれば、得点に絡んだ孝太選手、FKの太亮選手、見事なループを放った翔平選手、そのパスを供給した兵働選手と、全ての得点に左脚が絡んでいますね。


勝利から遠ざかっていたチーム状況からすると、上を向くには十分な展開ではありますが、連敗中という群馬さんの状況がJEFにとって幸いしたと捉える事は難くありません。

また、得点力不足に悩まされていた群馬さんに2失点を喫している訳ですから、ここ数試合止まらない失点を鑑みても、最終ラインの対応には不安が残ります。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 兆し(16位)[J2第11節:H/群馬戦@フクアリ]

こんにちは

大勢が詰めかけたスタンドとは対照的に、低調な試合の入りで始まった群馬戦。

五連敗中の相手に攻め込まれること幾度か。


何とか流れを落ち着かせてからは、惜しいシーンも度々ありましたが、それでも先制点は群馬さん。

孝太選手の股抜きのゴールには苦笑するしかありませんでしたが、スローインからの一連の失点シーンはまるで讃岐戦のリプレイのようでした。

劣勢の挽回を図る後半も、右サイドからあっさりと失点。ボールロストはキム選手でしたが、この場面もチームとして集中力やコーチングの意識が希薄だったように感じました。


このまま下を向いてしまうのかと思いましたが、その直後のセットプレイをキム選手が頭で合わせて再び1点差。

ここまでは競り勝てても枠に飛ばなかったキム選手でしたが、失点のミスを取り返すような加入後初得点で、チームが何とか踏み留まることができた様に感じます。


その後のベンチの動きも磐田戦に比べて積極的。

佑昌選手に代えて投入されたのはなんと翔平選手。

正直、「サイドを任せるのか?」という疑問が無かった訳ではありませんが、いい意味で彼が前任のポジションを墨守しなかった事が、チームとしての落ち着きを取り戻したように映りました。そして、後ろのキム選手も攻守でやる事が整理されたように思われました。


同点弾はその翔平選手。

ケンペス選手の落としに兵働選手が展開したボールを素晴らしいトラップでコントロールすると、そのままドリブルで侵入。

相手GKの位置を見た上での見事な左足でのループがゴールネットを揺らします。


その後、谷澤選手に代えての遥也選手の投入は、前掛りとはいえ、あまりにも左サイドのフリーランを許してしまっていた事を鑑みた点もあったのでしょうか?

そして、マイボールの狙われどころになっていた健太郎選手に代えて勇人選手を投入して勝利のための交代枠を使い切ります。


しかし、しっかりと守備網を構築する群馬さんの壁も堅く、ゴールを奪うことも容易ではありませんでしたが、遥也選手が倒されたセットプレイから、ケンペス選手の右足での逆転弾。

ケンペス選手の喜びもさることながら、FKを蹴った太亮選手のガッツポーズの表情が、ここまでの苦しさが見て取れました。


その後は、追加点を狙えそうなシーンでもキープを試みたり、攻め込まれながら跳ね返すなど、不格好な展開となりましたが、何とか事なきを得てのタイムアップ。


五月緒戦、2点のビハインドを跳ね返す逆転劇で勝利を掴み取りました。


久々にフクアリのスタンドが熱気に包まれた試合ではありましたが、私はスタンドが勝利を呼び込んだとは考えていません。

相手の監督には拍手をしつつ、鈴木監督にはエールを送らず、これだけイベントで動員を掛けているにも拘らず、アップ時には新曲、入場時にはアメグレも無く。

こうしたコールリードの姿勢は正直、独善を感じざるを得ません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 折り返しへ向けて[J2第11節:H/群馬戦@フクアリ]

こんにちは

首位を追う上位対決。磐田、長崎とも迫力十分のクロス攻撃(J公式)
【J2:第11節 千葉 vs 群馬】プレビュー:勝利が遠い試合が続き、勝利を欲する気持ちが強いチーム同士の対戦。千葉は体を張って味方を助ける献身的なプレーと精神的な強さが必要。(14.05.02)(J's GOAL)

4戦勝利から遠ざかっているJEFが迎えるのは、これまた連敗中の群馬さん。

負のスパイラルから抜け出そうという想いの強さがぶつかる試合となるでしょうが、その重圧ばかりに縛られるのでなく、前を向いてピッチや状況をどれだけ把握できるかが重要になるのではないでしょうか。

連戦だけに、ここまでの課題を解決するだけの時間があったかどうかは不明瞭ですが、日程もも1/4を消化しますから、最終ラインのメンバー編成など、解消に向けある程度の方向性は示さないといけません。

TGではしばらく見なかった選手達の名前もありますから、復調に期待したいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 虹を求めて(17位)[J2第10節:A/磐田戦@ヤマハ]

こんばんは

湘南が快勝で開幕10連勝を達成。富山は今シーズン初白星(J公式)
【J2:第10節 磐田 vs 千葉】レポート:ポポ、前田のゴールで磐田が今季3度目の2連勝。決定機を逃した千葉は4戦勝ちなし(14.04.30)(J's GOAL)
試合結果

アプローチに誤りはありませんでしたが、ところどころに見えた隙を突かれての失点。

明らかに気落ちが見て取れるようなピッチ上。しばらく勝利から遠ざかっている状況では勢いも生まれず。


結局は、状況を打開できるまでの力も策も残されていなかったという事でしょうか。


先制点は確かにキム選手がポポ選手を外してしまったからではありますが、それを言い出せば、競り合いをあっさり放棄しクロスを上げさせたケンペス選手にも問題が無い訳ではなく。

所々でミスやピンチに陥っていたシーンもありましたが、キム選手なりの強みはそれなりに出せていたような気もします。


彼が務めた右SBだけでなく、中盤の底や両SH・FWまでもが固定できない先発事情。

個々の選手のコンディションが影響し、メンバーの固定すら困難な状況ですから、雰囲気を一変させる事も容易ではありません。


失点があっさりと言えるものだった故に、改善も容易と単純に割り切れる様な明るさがあればまだ良いのですが、どうも、天性の明るさというか、意識せずに雰囲気を変化させられるような顔も見当たらず。

[千葉]苦境の千葉。チーム屈指の経験値を誇る山口智は、前向きなメンタルの重要性を説く(BLOGOLA)

空元気でも元気。

結局はここに尽きるのではないでしょうか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!