犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • スパイラル(17位)[J2第10節:A/磐田戦@ヤマハ]

こんばんは

前節同様に2TOPで試合に臨んだJEF。

試合の入りこそミドルシュートを許しますが、4*4でしっかりとブロックを構築し、守備の意識が高い布陣。

実際、時間の経過と共に、前半はJEFのペースで進めていたと思います。


それだけに、5分のケンペス選手のシュートが枠すら捉えられなかった事が重く圧し掛かってしまいました。

また、その後もCKからニアで合わせた森本選手のシュートがポストを叩いたりと、良い流れ乍らスコアレスで折り返した後半早々、クロスボールのこぼれをポポ選手に決められて失点。

更に、セットプレイでは前田選手にフリーになられ、追加点を奪われます。


相手が次々と交代カードを切るも、JEFベンチは打開のための交代策が見出せなかったのか、遅きに失した感がありました。

無論、交代が早かろうと、ゴールを奪えたかどうかは解りませんが、あまりに無策だったように感じられました。


ある程度やれた部分があった事は事実ですが、守備の面ではあっさりとした失点以外でも、前半に何度か危ういミドルシュートを受けていましたから、この戦い方が先に繋がると楽観出来る訳もなく、調子の上がらないケンペス選手の状態も気がかりです。


4月を終え、昇格はおろか、降格が見え隠れする位置まで順位が下がりました。

無論、打破のための特効薬などはなく、自らで勝利をつかみ取らない限り、負の螺旋から抜け出すことは出来ません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 浮かぶ瀬[J2第10節:A/磐田戦@ヤマハ]

こんにちは

連勝記録更新を狙う湘南に、京都が意地を見せるか(J公式)
【J2:第10節 磐田 vs 千葉】プレビュー:中2日の連戦。よりよい状態で試合に臨むのはどちらか。磐田・駒野、千葉・中村のマッチアップにも注目。(14.04.28)(J's GOAL)

ここ3試合未勝利、前節から中2日で迎えるアウェイ磐田戦。

ここまで全勝の湘南さんには及ばないものの、堂々の3位に位置しています。

降格チームながら、元代表・現代表候補を擁する強力な布陣はやはり脅威でしょう。

それ故に、我武者羅に相手に喰らい付く事で現状の打破、活路を見出して欲しいと思います。

[千葉]「すごく大事な試合」。第10節・磐田、大岩一貴の覚悟(BLOGOLA)

前節の試合後のコメントで監督はターンオーバーに言及していましたが、引き続き2TOPでの布陣の模様。

生憎の雨模様のようですから、一つ一つのプレーをはっきりとして試合に臨んでほしいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 遥かなるもの(14位)[J2第9節:H/讃岐戦@フクアリ]

こんばんは

湘南が開幕9連勝の新記録。「バトル オブ 九州」は譲らず(J公式)
【J2:第9節 千葉 vs 讃岐】レポート:千葉の隙を突いた縦に速い攻撃で2試合連続の引き分けに持ちこんだ讃岐。千葉は2試合連続で『2点目』を取れずに追いつかれる。(14.04.27)(J's GOAL)
試合結果

今までとは異なったメンバー構成で臨んだ讃岐戦。

先行きが不安になる試合開始直後でしたから、その時点から考えれば引き分けでも、と考えられなくもないですが、それではあまりにも及第点を低く見てしまっているでしょう。

見ていて特に気になったのは前半の智選手の低調ぶり。

競り合いやクリアならばまだしも、パスミスやお見合い等でのボールロストには心配を通り越して落胆してしまうほどでした。

また、勇人選手と兵働選手の関係や、ケンペス選手の出来など、システム変更を行った影響もあってか、センターラインの出来も悪かったと思います。


シンプルに狙うはずがかえってピッチ上に混乱をきたしていた部分があったのかも知れませんが、最終ラインでのボール回しを含め、パスはかなり危なっかしく見ていました。


無論、得点を演出した兵働選手のサイドチェンジなど、見るべき点が無かった訳ではありませんでしたが、割り切りや開き直りといった姿勢には乏しかった様に思います。

また、ケンペス選手はシュート精度だけでなく、球離れの悪さから見えていなさが見て取れましたし、明らかに「良くない」日である事が見て取れました。

一方で、セットプレイに関しては、序盤は相手の3番の動きををまったく封じられず、また、自分達にもあれだけのチャンスがありながら得点に結びつけられなかった事にも大きな課題が残ってしまいました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 閉塞感(14位)[J2第9節:H/讃岐戦@フクアリ]

こんにちは

またしても不安の大きい試合の入り方でしたが、それなりに落ち着いた展開に入ると、兵働選手の見事なサイドチェンジから太亮選手が上げたクロスに谷澤選手がニアを抜いて前半の内に先制。

但、特にセンターラインでのつまらないボールロストから結構なピンチを招いていましたから、追加点が欲しいと感じていました。

そして、後半、何でもないスローインをケンペス選手がミスでタッチを割ってしまった直後、相手のスローインから中央を簡単に割られての失点。

案の定の恩返しと言うか、リザ出身のアンドレア選手に同点とされてしまいます。

終盤はかなり押し込みながらも谷澤選手のシュートはバーを叩くなど、最後の精度を欠いてのドローに終わりました。

しかしながら、後はゴールだけだったと割り切れる試合内容であったとは言えず、特典を狙う状況でも健太郎選手を投入せざるを得なかったように、相変わらず中盤の守備に大きな課題が残された試合であったと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 背水[J2第9節:H/讃岐戦@フクアリ]

こんにちは


各地でダービーマッチ。九州では好調の熊本と長崎が対決(J公式)
【J2:第9節 千葉 vs 讃岐】プレビュー:試行錯誤の戦いが続く千葉が迎えるのはJ2リーグ初勝点を得て勢いづく讃岐。個人でもチームでも球際の勝負に勝つことがポイント。(14.04.25)(J's GOAL)

なんというか、ある種最悪の状況でGWの連戦を迎えてしまった感があるJEF。

しかし、今後の日程を気にする以前にショックを払拭し、自信を取り戻さねばなりません。

前節出場が無かったケンペス選手はじめ、負傷でメンバーを外れた選手が多かったことも気掛かりではありますが、兎にも角にも出場メンバーが胸を張って前を向けるか否かが問われるのではないでしょうか。

[千葉]前節、1トップに入った田中が感じたチームの課題とは(BLOGOLA)

表面的な問題ではなく、繋ぐなら繋ぐ、裏なら裏と一本調子になってしまう戦い方も、相変わらず克服できていませんが、あれもこれもと欲張らずに、出来ることをしっかりとやりきって欲しいと思います。


さて、タイトルはJEFだけでなく、讃岐さんも同様。状況からするとむしろ危機感や勝利への渇望はより強いのかも知れません。

前節同様に、ひたむきに向かってくるであろう相手に腹を括って、腰を据えて臨めるかどうか。

穏やかな陽気の中で、熱い戦いを見せてくれるか。選手達の振る舞いにも注目したいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 自己に勝てず(12位)[J2第8節:A/富山戦@富山]

こんばんは


湘南がアグレッシブな攻守で快勝を収め開幕連勝記録に並ぶ(J公式)
【J2:第8節 富山 vs 千葉】レポート:富山が連敗ストップ。失点後も闘志失わず千葉と互角以上に渡り合う。(14.04.21)(J's GOAL)
試合結果


低調な立ち上がりはコンディションというよりはやはりメンタル面での影響が大きかったのでしょうか?

大敗の次の試合という点では相手も同様であったはずですが、シュートを放てない時間が続いたことが示したように、明らかにJEFの方が前説の結果を引き摺っているようでした。

何とか前半の中で流れを戻しますが、今度は引かれた相手を崩すという従来の課題に悩まされました。


前半終了直前の佑昌選手ヘディングが決まっていたら、と思いながら臨んだ後半、左サイドからの先制までは良かったのですが、右サイドの処理を誤っての失点で、再び弱腰の姿勢が見え隠れし始めると、ペースを再び戻す事は能わず。

相手のチャンスの数からすると、結果としては1-1で終えられたという引き分け。

勝ち点3はおろか、自信すら取り戻せずにタイムアップを迎えました。


特に目についたのがヴェテラン選手のパスがカットされるシーン。


厳しいところを通そうという意気は解りますが、最終ラインや中盤の底からの縦パスを易々とカットされてはカウンターというシーンが多すぎました。

また、慶選手やケンペス選手が不在であった事もあり、攻守にポイントが見出せなかった様にも感じます。


そう考えれば、メンタルもフィジカルも最悪の状況で勝ち点1を持ち帰ったとも取れる訳ですが、管理人としてはやはり楽天的に考える事は出来ません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 回復ならず(12位)[J2第8節:A/富山戦@富山]

こんばんは


前節の大敗を引き摺っているのか、それとも負傷者によるメンバー変更が原因かは解りませんが、低調な試合の入り。

得点はおろか、シュートすら放てない時間が続きましたが、それでも前半終了間際にはCKから大チャンスを得るなど、時間の経過と共に、数字の面では互角の戦いに。


後半、左サイドを突破して太亮選手のゴールの喜びも束の間、右サイドの対応のまずさから突破を許しての失点。


追加点かと思われた谷澤選手のゴールはオフサイド。

その後、今シーズンの課題である右サイドを度々扼されるものの、相手のフィニッシュ精度に救われて、何とか失点は免れました。


敗北を免れた、という表現が正しいように思われますが、メンバー変更を強いられた状況からすると、それも幸運と捉えるしかないのでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 谷底より[J2第8節:A/富山戦@富山]

こんばんは

湘南が開幕連勝記録に並ぶか。大分が意地を見せて止めるか(J公式)
【J2:第8節 富山 vs 千葉】プレビュー:失うものはないもない。富山は目前の強敵・千葉に全力でぶつかる(14.04.19)(J's GOAL)

[千葉]前節・湘南戦での大敗から、リカバリーを期す選手たち(BLOGOLA)

フクアリでの衝撃の湘南戦を経て迎えるアウェイ富山戦。

例年ですと下位チームに取りこぼしなどという表現もなされる訳ですが、現状は我々が下位チームですから、さすがに慢心よりも危機感が勝ているものと思われます。


さて、その富山さんも前節は0-4の大敗。開幕から未勝利を続けているだけに、背水の陣の覚悟で挑んでくるでしょう。


出場メンバーの構成も気になるところではありますが、メンバー構成に変更があっても、がらりと基本方針が変わる事も考え難い状況。

連休の連戦も見え始めている訳ですから、堂々と、いい意味での開き直りをもって試合に臨んで欲しいと願います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 彼我の差(14位)[J2第7節:H/湘南戦@フクアリ]

こんばんは

湘南がゴールラッシュで7連勝。長崎も大勝で2位に浮上(J公式)
【J2:第7節 千葉 vs 湘南】レポート:出足の鋭さと球際での激しさで圧倒した湘南が大量得点でクラブ記録更新の7連勝。千葉は攻守両面で個としても組織としても完敗。(14.04.14)(J's GOAL)
試合結果

まともに正面からぶつかっては0-3での敗戦もあり得ると考えていましたが、さすがに前半のみでの4失点は想定外。

但、スタメンに也真人選手・遥也選手の名前を見た時から、このメンバー構成では球際での勝負にならないであろうとも感じていました。

遥也選手に関しては出場停止明けを喜ぶ半面、前節、佑昌選手が悪くなかっただけに、スタメンでの起用はまずないであろうと考えていました。

ただでさえ、中盤の底の一角を担う兵働選手は運動量に難がある上、守備が堅いとは言えませんから、そうなれば圧倒されうるリスクがかなり高い布陣であった事は事実。

連勝の勢いを削ぎたくなかったのか、この試合の結果を求めてだったのか、今後までを考えての事だったのかは解りませんが、後半から出場した山中選手の出来を考えても、メンバー構成に関してかなり疑問は残ります。


結果として、相手の思い通りであろう先制点と追加点に加え、3点目、4点目の失点の仕方では勝負に持ち込めるはずもなく。


チームとしてどこか良いところがあったのか、というような内容と無残な結果。


管理人が初めて体験する0-6でしたが、恐らく今シーズン最も声を張り上げた試合だったように感じます。


自分が何のためにスタンドにいるのか、そこを改めて再確認できた事だけは良かったのかも知れません。


しかし、湘南さんは強かった。

昨シーズンも何度か拝見しました(ラインダンス/爽やかに)が、J1/J2の違いがあるとはいえ、数名選手は入れ替わっているいて尚、その時よりも遥かに迷いのない強さを感じました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 惨敗(14位)[J2第7節:H/湘南戦@フクアリ]

こんばんは


「こりゃ確かに強い」と感じるまでにさほど時間は要しませんでしたが、失点は綺麗に右サイドを崩されてのもの。

巻き返しの意気は兎も角として、スコアボードには相手の得点者ばかりが増えていきました。


特に、3失点目直後の4失点目でに関しては完全にメンタル面での課題を感じざるを得ませんでしたから、後半に関しては、選手というよりはクラブや自分自身を鼓舞するために声を張り上げました。


その意味に関していえば、個人的には既に前半のうちに切り替えは出来ていたのかも知れません。


前半のあれよあれよという4失点に加え、後半には更に2失点。

「ぐぅの音もでない」とはまさにこの試合の事をいうのでしょうか?


それでも、各個撃破されていたとしても、チャレンジの姿勢を捨てなかったJEFの選手達を腐すつもりはありません。

求める物は、自己の研鑽だけでは為し得ない、遥かな高みにあるのだと感じ、精進してくれる事を願います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 一つ目の山[J2第7節:H/湘南戦@フクアリ]

おはようございます

上り調子の千葉、6連勝中の湘南から勝点3奪取に意欲(J公式)
【J2:第7節 千葉 vs 湘南】プレビュー:記録更新の7連勝を狙う首位の湘南をチーム一丸の戦いで倒しにかかる千葉。勝利に必要なのは組織としての強さと個としての強さの両面。(14.04.12)(J's GOAL)

スタイルの確立という点では差がある対戦となりますが、JEFとしてもここ数試合で見えた連携がどこまで通用するのか楽しみでもあります。

受けに回れば相手を引き込んでしまうでしょうから、プレスに怯まずどれだけ前を向いて戦えるかがポイントになるでしょう。


BLOGOLAさんは也真人選手、遥也選手をクルーズアップ。

[千葉]チームメートたちの、町田也真人への愛あるイジり
[千葉]出場停止明けの井出遥也「ドリブルやゴール前で違いを生み出すことをもっと見せられるようにしたい」

やはり期待は抱きますが、堅守を誇る湘南さん相手に、その技術を発揮できるかどうかがポイントでしょうか。

彼らにとっては強さや粘りが重要となるように思われます。


相手は現在の首位チームにして開幕から全勝を誇る訳ですから、正直、真っ向勝負だけでは厳しい戦いになるでしょう。

前回も触れたように、JEFはメンバー構成にも不安が残りますが、それだけに、スタンド含めてまずは気持ちで負けないことが重要。

キックオフからタイムアップの笛まで、気を抜かずに戦い抜いてほしいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 離別と感謝

こんばんは


常に私の側に在って、私を支えてくれた相棒について語ります。


世間ではここ1年でようやく騒がれだしたWinXPのサポート終了。

このタイムリミットに関しては、延伸前から意識をしていました。


購入当時のハイスペック機種ではありましたが、PCの世界で10年といえば立派な骨董品。

当時、新企画であったUSB2.0は既に3.0が実装され、フラッシュメモリですら実装されているHDD容量を遥かに凌駕。

時代遅れであることは十分に把握していましたが、写真も動画も扱わない幣ブログですから、テキストの入力さえ出来れば特に不満を感じる事はありませんでした。


ここまで、帰省や遠征など、止むを得ない事情がなければ、今までのエントリの殆どは、この端末から行なわれたものです。

戸惑いながらも意を決して始めたあの日

緊張に包まれながら、このキーボードを叩いていたことを想い起こします。


J2降格が決まった日も、未曾有の大災害の直後も、自宅での私の傍らにはこの子が居ました。


被災地の状況、支援活動、それらの情報入手にも大分役立ってくれました。


無論、それ以前も、Football以外の事でも、常にこの子は私の生活の一部を支え続けてくれました。


その間、二度のメーカー修理に加え、度々のrecovery。


壊れたら修理不可能という目安の5年はおろか、実にその倍の月日、支えてくれたこの子が居なければ現在の私はありません。


しかしながら、体感速度からすると、OS入替後の使用に耐え得るだけの力をこの子は有していません。

あちこちの不具合に関して、騙し騙し使用に耐えてきてくれましたが、今回、正式に一線から退く事となりました。


2013の年末辺りから、買い替えざるを得ないとは考えていましたし、新装置の購入に戸惑いはありません。

それでもやはり、長年の相棒ゆえに寂しさは残ります。


やはり、最大の心残りは、この子から昇格のエントリを挙げる事が遂に叶わなかった事でしょうか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 連勝ながら(9位)[J2第6節:A/水戸戦@K's]

こんばんは

湘南が開幕6連勝。「バトル オブ 九州」は勝点1を分け合う(J公式)
【J2:第6節 水戸 vs 千葉】レポート:結果は1点差ながらも内容では大きな差。会心のサッカーを見せた千葉に対し、水戸はあまりにも臆病だった。(14.04.06)(J's GOAL)
試合結果

改めて振り返ってみると、惜しいシーンは数多くあれど、出来の良くない相手に勝ち切れた、と気楽に喜べる試合では無いように感じます。

ただ、惜しいシーンがあったという事はそれだけフィニッシュには至れていた訳ですから、その点に関してはやはり前向きに捉えてよいのかもしれません。


前半、右サイドでテンポよくボールを廻せていたシーンが目に付きましたが、この辺りが天野選手の良さという事になるのでしょうか?

また、左サイドの太亮選手と佑昌選手の連携もまずまずの出来でしたし、試合と共に深まっていって欲しいと思います。


無論、スタッツからすると圧倒というほどではありませんし、岡本選手のPKストップが無ければ勝利すらなかった試合ですから、今後も明るい展望ばかりを眺める事は難しいでしょう。


今後という点では、負傷者の状況も気に掛ります。

本日(4/6)のトレーニングゲームの結果について

K'sでのメンバー構成に関しては、攻める意図からのものかとも考えたのですが、TGメンバーの編成からすると、大岩選手が出場停止の次節には早くもDF陣不足の懸念が生じました。

キム選手が出場していた事は前向きに捉えたいですが、投入の意図はロングボール対策と試合のクローズのためであり、一試合の出場を見据えたものではありませんから、万全の準備とは言えないでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 気分は薄氷(9位)[J2第6節:A/水戸戦@K's]

こんにちは


4月とは思えない気温を感じた朝。出発前の格好には些か悩みましたが、寒さ対策を考えてベンチコートを纏いました。

現地での日差しは兎も角、スタグル会場に吹きすさぶ風の強さは凄まじく、売店のテントを揺らし、ビールの泡や生ハムを吹き飛ばすほど。

暑いかと心配したベンチーコートの着用は大正解でした。


さて、その暴風が強風へと収まり始めたころにキックオフ。

ピンチになりそうなボールロストは何度か散見されたものの、JEFのペースで試合は進みます。

というよりも、いつも感じる水戸さんの嫌らしさが少ない試合の入りと表現すべきでしょうか?


そして、待望の先制。相手ゴール前で得たFKを兵働選手が直接叩き込みました。


ここから暫くの間、ゲームは完全にJEFのものでした。

本間選手のセーブが無ければ、早々に試合を決する事も可能だったように感じますが、ここで追加点を奪えなかったことがやはり課題なのでしょう。

攻勢を強めながらも右サイドで谷澤選手の軽いプレイが2回続いた事に危惧を抱いたのですが、それは杞憂では終わらず、カウンターから数的不利を強いられての失点。

リードしているからこそ、もう少しリスク管理があってもよかったとは思いますが、ここで意気消沈しなかった事は大きかったように感じます。

結局、前半は1-1で折り返しましたが、谷澤選手のゴールで後半早々に再びリードを奪います。

実は、管理人が陣取った位置からはシュートシーンが見えませんでした。

パフォーマンスの姿から谷澤選手のゴールだと理解しましたが、どれだけ素晴らしいゴールだったのかは把握できていません。


その後、水戸さんは次々と交代カードを切り、攻勢を試みますが、PKの大ピンチも岡本選手が凌ぎ切り、大岩選手の2度目の警告による退場もありながら、何とか連勝を収めました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 4月緒戦[J2第6節:A/水戸戦@K's]

おはようございます

3連勝を目指す長崎が「バトル オブ 九州」で北九州と対決(J公式)
【J2:第6節 水戸 vs 千葉】プレビュー:飛躍への足場を固めつつある両チーム。サイドを制して上昇気流に乗るのは水戸か、千葉か。(14.04.04)(J's GOAL)


前節での遥也選手の出場停止を受け、メンバーに名を連ねるのは山中選手か、佑昌選手か、はたまた森本選手か。

一番の着目点はやはりそこになるでしょう。


逆に言えば、水戸さんの戦い方がどこまで彼我のスタイルに重きを置くか、という点も気にはなります。

開幕から一月と雖も、この試合を終えれば早くもシーズンの1/7の日程を消化することになりますから、あまり悠長に構えている訳にもいかないのですが、この時点で小さく纏まって欲しくはないという想いも多分にあります。


試合展開として気になるのは、やはり中盤の底の展開力と守備力のバランスでしょうか。

誰をスタメン起用するにせよ、いずれも、現状では一長一短。


逆襲でも、搦手の模索でも肝要なのは急所を突く事。

それ故に、前節同様にまずは腰を引かない選択が必要なのかとも思います。


下手な考え休むに似たり。

ミスを怖れる事無く試合に臨む事を願います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 天候と雰囲気(13位)[J2第5節:H/熊本戦@フクアリ]

こんばんは

注目の首位攻防は湘南が快勝。磐田、長崎は勝点が二桁に(J公式)
【J2:第5節 千葉 vs 熊本】レポート:スタメン変更が奏功し、積極果敢にゴールを狙った千葉が勝利。熊本は開始早々の失点とフィニッシュの精度不足を悔やむ。(14.03.31)(J's GOAL)
試合結果


初スタメンとなった遥也選手がファーストプレイから果敢な突破にチャレンジしたように、試合の入りは黄色の情熱さながらでした。

左サイドを崩した太亮選手のクロスにどフリーのケンペス選手が頭で合わせ、2分を待たずに先制したJEFは、その後もパスワークを見せつつ、相手陣内を脅かします。

特に序盤はパントに対しても跳ばずに収めようとするケンペス選手の姿も印象的でしたし、また、これまで息の合ったプレイが見られなかった谷澤選手と也真人選手の同時起用にも改善の兆しが感じられました。


それでも、天野から出されたパスに呼吸が合わなかった遥也選手、兵働選手からのスペースへの展開を意識すらしていなかった谷澤選手の姿など、スカパー!で1試合当たりのオフサイド平均が1.8と示されたように、裏への意識がまだ足りない様には感じました。

また、遥也選手もチャレンジの姿勢は崩しませんでしたが、接触で倒れてから立ち上がるまでが遅かったり、守備の面などではまだまだ至らない点も多かったです。


時間の経過とともに、JEFの右サイドを突かれるようになると試合は相手ペースに。20分に犯した天野選手のファウルには「外」だと思いながらもヒヤリとはさせられました。


25分、左右が入れ替わると右サイドにも落ち着きが戻りますが、それでも、相手陣内で試合を進めるまでには至らず、時折、大岩選手の守備が目立つ様な状況で前半を終えます。


フクアリでの2試合、気づかなかったのか、この試合からだったのかは解りませんが、ハーフタイムを15分ジャストと定めたためか、この日、後半開始時間の道代さんのアナウンスに初めて気づきました。


後半、荒れ模様の天候から穏やかな西日が射す様になったほどに、ピッチ上の様相が変わったわけでもなく、中央でボールをつないでカウンターという形は時折繰り出されましたが、追加点は奪えず。


しかし、それでも追加点はJEFに生まれます。カウンター返しのような形から右サイドに侵入した谷澤選手のクロスから生まれたオウンゴールで2-0。

これで状況はかなり楽になるかと思われたのですが、その後、再びのカウンターに飛び出した遥也選手のトラップが流れ、飛び出してきた相手GKにキャッチ。

飛び込んでいった勢いは止まらず、ジャンプ一番接触を避けたと思われたその直後にホイッスル。遥也選手にレッドカードが示されます。


管理人の位置からは「当たっちゃった?」というような状況でしたから、ここでの退場は信じられませんでした。

また、GKに向かおうとする遥也選手に対し、相手の6番は少なくとも2度、10番も一度、彼を小突いています。

仲裁に入ったのはケンペス選手で、主審はこの場面を放置していたことも看過できません。


他方、大岩選手はじめスクランブルとなる状況を前に監督に戦い方の確認に向った選手達の姿に関しては逞しさを感じました。

ブーイングと警告が飛び交うの殺伐としたフクアリ雰囲気の中、三度の歓喜は71分の谷澤選手の左脚。ケンペス選手のドリブル突破からの流れでした。


その後の交代含め、JEFが一人少ない様には感じない、と言うよりは、相手が一人多いとは思えない、と表現したほうが正確なのかもしれませんが、ともあれ、3-0でタイムアップ。


守備固めで投入された彬選手の判断ミスや、岡本選手、慶選手の遅延など、まだまだ課題を感じる試合ではありましたが、現在のチーム状況からすると、それだけ伸び代があると考えたほうが良いのかもしれません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!