犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 強みを活かす[J1第13節:川崎vs新潟@等々力]【J特】

こんばんは

長崎戦前日、J1中断前最後の等々力に脚を運びました。

余裕のある時間帯であった事もあってか、アウェイゴール裏は新潟サポさんの大応援団で埋め尽くされておりましたし、陽気もあってか、ホーム側のスタンドも満席状態。熱気のあるスタンドで迎える一戦となりました。

試合前にはケンゴ選手代表選出のお知らせ。開幕から暫くコンディションが上がらなかっただけに些か心配をしていましたが、何とかあわせてきたというところでしょうか?


試合はというと、あまりピリッとしないというか少々物足りない前半でしたが、後半に入り、川崎さんが攻めて新潟さんが凌ぐという様相がハッキリとします。

スタメン起用のレナト選手、ケンゴ選手は存在感を示していましたね。また山本選手もだいぶチームに馴染んできた印象です。

一方、管理人としてのこの試合の注目選手は川又選手だったのですが、ジェシ選手の壁は厚く、剥がせたシーンも殆ど無かったように感じました。


先制はやはり川崎さん。左サイドを突破したレナト選手のシュートがネットを揺らすかと思えたのですが、そのボールを奪うようにオフサイドかと見紛う様な位置で大久保選手が押し込んでのゴール。自身が決めたと思った喜びの勢いを少々削がれてしまったように見えたレナト選手の姿がなんとも言えませんでした。


一方の新潟さんは前線に鈴木武蔵選手を投入した直後、相手のミスを突いて同点に追いつきます。

中盤でのボールロストを拾った川又選手のゴリゴリとしたドリブルから送られたクロスに詰めた鈴木選手のゴールは迫力がありましたし、アウェイゴール裏も盛り上がります。


さて、同点に追いつかれた川崎さんですが、ケンゴ選手のスルーパスに抜け出した大久保選手が2得点目を挙げて、再び勝ち越し。

パスも見事でしたが、キックフェイント一発で相手GKを外してしまった大久保選手、やはり上手いですね。


結局、試合はこのままタイムアップを迎えて2-1。中盤の構成力に加え、FWが仕事をした川崎さんの順当勝ちといったところでしょうか。


中断期間前に巻き返しを図りたかった新潟さんとしては残念な敗戦ではありましたが、ボールを奪っても効果的なカウンターは多くなく、どのようなプランであったのかがいまいち判然としませんでした。その点では、酒井選手や鈴木選手の投入がもう少し早ければ、攻め方も変わったのではないかとも感じた管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 蜃気楼(6位)[第16節:A/長崎戦]【J特】

こんばんは

G大阪が今シーズン初の首位。長崎も逆転勝ちで3位に復帰(J公式)
【J2:第16節 長崎 vs 千葉】レポート:長崎がイケイケフットボールで4連勝中の千葉を撃破。(13.05.27)(J's GOAL)
試合結果

試合から些か日があいてしまいましたが、やっと録画を見終えました。一応おさらいしておきたいと思います。


後半、ロングボールに関してもターゲットがあり、セットプレイの流れからのミドルシュートで得点を重ねたたように、チームとしてシンプルな目標があった長崎さんの迫力に敗れたJEF。

ただ、前回は触れませんでしたが、リードを許した後も、サイドチェンジから惜しいシーンは何度か作れていましたし、GKの攻守さえなければというシーンも2度ほどありました。

その点では今まで感じていたような、手も足も出なかったという印象はありませんし、個々の選手が全く走れなかったというようには映りませんでした。(確かに、最後のCKがGKにキャッチされてしまって以降は「切れて」しまっていたように感じましたし、それが健太郎選手の2枚目の警告に繋がってしまったのだとは思いますが・・・)

チームとして欠けていたのは、集中力だけではなく、プレイの緩急とその対応でしょう。

ゆったりとボール回しが出来ても、その中に変化をつけるような厳しいパスや突破の動きが無い事。
混戦で大きくクリアできず、セカンドチャンスからの失点。

実際、失点後にはピッチを横に渡すような大きな展開が出来たのですから、しなければならない展開、相手が待ち受けている状況で腰を上げるのではなく、優位な内にこそ相手を脅かすような厳しい選択を織り交ぜて欲しいと感じます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 立て続けの2発(6位)[第16節:A/長崎戦]【J特】

こんばんは


相手の間合いで始まってしまった試合でしたから、幸先良く先制したまでは良かったのですが、残念な逆転負けを喫した上に退場者のオマケ付き。

相手選手が止血治療のためにピッチを離れていた時間帯、折角の数的優位を活かさずにボール回しに終始してしまっていた頃から嫌な印象はあったのですが・・・。

勝負は相対的なものですから結果的には「運動量で劣って」という表現をする事は可能ですが、個人的には失点をしたシーンに関しては運動量以上に集中力が欠けていたように感じました。

修辞の問題ではありませんが、その点では「JEFが走れなかった」という以上に「長崎さんが走れていた」と思いますし、以前から散見されていたバイタルの薄さをしっかりと突いて来た高木監督とそれをきちんと実行できた長崎さんが上手だったということでしょう。(何処に向かって進むという統一された意識の差とでも表現すれば良いのでしょうか?)

全力でフルタイム走りきれないことは解っている訳ですし、状況に応じてペースを落とす事はむしろ好意的に捉えているのですが、無論、アイドリングから再着火できないのでは大問題です。

その辺りのブースターの役割に関して、ピッチからもベンチからも感じられなかったのは残念でした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 長崎戦前夜[第16節:A/長崎戦]【J特】

こんばんは

上位対決、浮上を懸けた対戦など、目が離せない順位争い(J公式)
【J2:第16節 長崎 vs 千葉】プレビュー:好調同士の上位対決。圧倒的な攻撃力を持つ千葉に対し、長崎は後半勝負に持ち込めるか(13.05.26)(J's GOAL)

前節漸く順位が上に位置しましたが、勝ち点で1しか違わないのですから、J's GOALさんのJEFへの評価は鵜呑みにできません。

J2昇格初年度ながら、ここまで好調な成績を残している長崎さん。

昨シーズンは天皇杯での対戦もありますが、内容・結果共に参考にはならないでしょう。

長崎さんの試合は直接確認できた訳では無いですが、ハードワークをベースにした好チームの模様。さすがは高木監督、といったところでしょうか。

紆余曲折がありながら漸く、スターティングメンバーは固まってきましたが、前節不在だったキム選手含め、ベンチメンバーの構成も気になります。

また、こちらでも日中は暑さを感じるようになりましたので、長崎での13:00開始の影響は大きいように感じます。

暑さが予想されるだけに、チームとしての課題が見え隠れするとは思いますが、締めるところを誤らず、しっかりと勝利を掴んで欲しいですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 様々なコントラスト[J1第12節:FC東京vs清水@味スタ]【J特】

こんばんは

松本戦前夜、中断前最後の味スタへ。

終盤に劇的な同点劇となった磐田さんとの対戦後、アウェイでは湘南さんに敗北を喫したと聞いていましたから、リーグ戦では2試合見勝利のFC東京さん。(そういえば、味スタでは静岡勢との対戦が続くカレンダーだったんですね)

少々調子が下降気味なのかと思いながらメンバー紹介を見ていると、李選手がスタメンの発表。「あれ?」と思いながら今一度メンバーを確認すると、長谷川選手が不在。対する清水さんもヨンアピン選手と高木選手が不在。

お互いに故障者でメンバーを代えての対戦ですから「堅い試合になるかもしれない」と思いながらのキックオフ。


清水さんの戦い方がそうさせたのか、FC東京さんのメンバー構成からなのか解りませんが、試合は基本的には閉じた展開。

欠伸を我慢するような、些か退屈に感じられる試合内容でしたが、前半の残り時間が気になり始めた頃からピッチ上が活性化。

特に、伊藤翔選手のシュートが先制に繋がっていれば、結果も内容も違った物になったのかも知れません。

一方、前半終了間際にはFC東京さんもファウルとセルフジャッジしかけた清水さんの隙を突いて渡邊選手がシュート。多くの方がゴールと思い喜びかけましたが、残念ながらサイドネット。


少ないながらお互いに好機を逃してスコアレスで折り返した試合は、結果的にGKの出来が試合結果を左右する結果となりました。


後半に入り、正面のグラウンダーのシュートがしっかりとキャッチできる筈だった林選手の股間を抜けてホームのFC東京さんが先制。

さらに、その10分後には、クロスに対して林選手がパンチングしたボールが正面のルーカス選手に当ってそのままゴールイン。

無論、撃たせてしまった、上げさせてしまった事自体にも問題ではあるのでしょうが、共に入ると思っていなかっただけに、清水さんからすると厳しい形での失点が続いてしまいました。

一方の権田選手が安定したプレイでピンチを積んでいただけに、その差が大きく感じられるのかも知れません。

その後は、前掛りになる清水さんとその裏を狙うFC東京さんという構図にシフトしますが、お互いに得点無くタイムアップ。

清水さんはすぐ近くのフリーの選手にボールを渡して素早く攻めたい狙いを試合を通じて感じられましたが、結果的にはサイドに追い込まれてのボールロストというシーンが多かったのではないでしょうか?

特に、足元に渡す際のボールには質よりも速さを求めていた様で、それを繋ぐ技術は素晴らしく感じられましたけれど、敵陣深くでその技術を出せない以上、攻撃面で脅威とはなりませんでした。


逆に、攻撃時には右サイドに張り出すルーカス選手が、守備時にはしっかりと戻り、相手を挟み込んだりパスを網にかけていたシーンが多く、与えられたタスクを期待以上にこなしていたような印象です。

その点でも動き回りながら前でボールの配給を待つしかなく、孤立しがちだったバレー選手とは対照的に映りました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ヨネでなくとも右サイド(3位)[第15節:H/松本戦]【J特】

こんばんは

関西勢3チームがいずれも白星。千葉が4連勝で3位へ浮上(J公式)
【J2:第15節 千葉 vs 松本】レポート:『個』の力の強さを生かして決勝点をもぎ取った千葉が今季初の4連勝。松本は『1点』を取りきれずに6試合ぶりの敗戦。(13.05.20)(J's GOAL)
試合結果


「米倉ロード」とでも表現すべき右サイドを11番が独走するシーンは殆どありませんでした。反町監督はやはり米倉選手の存在感を消すような対応をしっかりと打ってきましたね。

そこで米倉選手が気の利いた対応を見せられるのであれば、そもそもSBの位置にいる必要は無い訳ですから(この試合に関しては、メンバー構成からしても外せなかったかも知れませんが・・・)、どのように相手ゴールを抉じ開けるかの一つの解が、ミドルレンジからのシュートだったようにも思います。

松本さんの堅守という印象からすると、もう少し試合そのものを退屈にするような戦い方なのかと考えていましたが、試合全体を通じて、思っていた以上にJEFば好機を逸していましたし、それなりにピンチもありました。


また、運動量は確かにJEFが先に落ちましたし、松本さんは中3日にも関わらず動けていたと思いますが、それでもロングボールやシュートの精度など、やはり時間の経過と共に悪くなっていった気がしていました。

なので、ジリジリとした展開ではありましたけれど、バランスを崩してアタッカーを増やすようなカードの切り方さえしなければ、十分に勝機はあると捉えていました。


そんな状況で投入されたジャイール選手の右サイドからの得点ですから、交代策が功を奏した訳ですが、その後の劣勢の一端はやはり同選手の守備意識にあり、手放しで喜べない方も多いと思います。

そもそも、30分に満たない出場時間。ボールを奪える奪えないという事ではなく、やはりチェイスやスペースを埋める役割を疎かにして欲しくはありません。

実際にケンペス選手はあれだけ動き回りながらトップスコアラーとして結果を出しているのですから、言い訳は出来ないでしょうし。


さて、先制後に追加点を奪えるチャンスが何度かありましたが、ここでもシュートは枠を捉えられず、攻勢を強める松本さんに押し込まれる展開。

特に、ケンペス選手が敵陣で得た2点目のチャンスは最低限シュートに結び付けて欲しいところでした。


慶選手、良太選手の投入でタイムアップまでのストーリーは見えましたけれど、確実に終えられるかどうかに関しては、最後まで不安を払拭できなかったような気がします。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 鳥肌(3位)[第15節:H/松本戦]【J特】

こんばんは


守備力に定評がある、セットプレイが強いと言えばその通りですが、逆に言えば、ボールを主体的に動かす事を捨てているであろう松本さんでしたから、正直、我慢比べだとは思っていました。


それ故にミドルレンジからファーストシュートを浴びせたケンペス選手の姿勢は、オーダーとして容に拘らない姿勢は見て取れましたが、展開としてはスコアレスの時間が経過。


変化が欲しい時間帯に至りながら、ただ変えるだけでは相手の思う壺。

攻撃的な選手の投入は管理人の頭にありましたが、下げる選手が誰になるかが気になっていました。


勇人選手に代えて送り出されたジャイール選手の見事な股抜きから谷澤選手のゴール。

その瞬間、掲題の通り管理人の両腕には鳥肌が立ちました。

この試合唯一の得点でJEFは勝利。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 日程の違い[第15節:H/松本戦]【J特】

こんばんは

中盤戦がスタート。勝点が接近の順位争いはますます過熱(J公式)
【J2:第15節 千葉 vs 松本】プレビュー:5試合負けなしの松本の堅守を速攻と遅攻を織り交ぜて崩したい千葉。千葉は弱点、松本は得意なセットプレーの攻防も見もの。(13.05.17)(J's GOAL)


掲題の通り、この水曜に試合があった松本さんをフクアリに迎えての一戦。


コンディションに差があって然るべき訳ですが、そこがアドバンテージになるかどうかは蓋を空けてみないと解らないという点が個人的には気掛かりです。



とは言え、ここまでの松本さんの試合は全くチェックしていないので、どういった強みがあるのか、全く解りません。

確かなのは堅守速攻を図る策士を相手に、色々と課題がある中での3連勝を伸ばせるかどうかを問われる一戦であるという事。

それなら逆に、持たせても崩されない位の落ち着きを持って試合に臨んで欲しいと思います。

また、動員力には定評がある松本さんですから、我々もプロジェクトの有無に関らず、沢山のサポーターでチームを後押ししたいところですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 違和感[ナビスコA組:川崎vs大宮@等々力]【J特】

こんばんは

前回から1週間も経っていませんが、等々力でのナビスコカップグループ予選にお邪魔してきました。

連戦となる水曜のカップ戦でもありますし、メンバーはそれなりに変わるだろうとは考えていましたけれど、大宮さんのスタメンに外国籍選手の姿は無く、一方のホーム川崎さんには3名の外国籍選手が名を連ねました。


開始早々、ボール処理の判断を早まった大宮さんの隙を突いてパトリック選手がGKと1対1のチャンスを得ますが、これは枠を捉えられず。

ただ、このシーンからして「イメージしていたような展開にはならないだろうな」と思っていた矢先、CKからパトリック選手がヘディングでゴール。

絶好のチャンスを逃しながらの先制弾で川崎さんがペースを掴んだ、というよりは大宮さんが試合に入れていない印象が強かったです。

その後も個々の選手のフィジカルや個人技を活かした攻撃を見せる川崎さん。

安選手のスピード、パトリック選手の高さ、レナト選手の個人技、稲本選手の強さなど、トライアングルは何処吹く風といったような、シンプルに相手ゴールに向かうプレイが多かったように思います。

一方の大宮さんですが、マイボールをいつもの様に落ち着いてつなげる事がなかなかできず、また、外国籍選手を欠いた事もあってか、前線での細いパスルートにボールが出せなかったり奪われたりというシーンがしばしば。

殆ど得点の香りが無いまま前半を終えてしまいました。


それでも、追加点を奪われる事だけは免れ、前半は1-0での折り返し。

そしてなんと、リードしている川崎さんが後半頭から安選手->矢島選手へと交代のカードを切りました。(アクシデントでもあったのでしょうか?)


安選手のフォアチェックと裏へのスピードは、川崎さんにそれなりのアドバンテージを齎していたように感じていましたから、この交代には正直驚きました。

案の定というか、後半からは攻勢の姿勢を強めた大宮さんですから、裏への脅威が1枚減った事をどう活用するかと思った矢先、集中力を欠いた(様に思われたボールの見送り方の)プレイからレナト選手に追加点を奪われてしまいます。


結局、この後交代はあれど、スコアは動かずの2-0で川崎さんが勝利。


さて、スターティングメンバーからして、大宮さんが何処まで出来るのかというテストを兼ねていたような布陣。それが開始早々に失点してしまっては、大駒を欠くメンバー構成で試合を覆す事はかなり厳しいだろうと感じていました。

それでも、丁寧にボールを繋ごうとする姿勢は見えましたので、やはり最大の課題は最後の部分に入るまで、更に入ってから、という事になるのでしょうか?


逆に、この日の川崎さんの戦い方の方は、我々が対戦していた頃のイメージには近く、先述した安選手のスピードに驚き、また、最近は試合で精彩を欠く様に見えていた稲本選手の存在感を感じた試合でもあったように思います。

試合後のコメントからすると、ベルデニック監督はこういった試合になる可能性を含めて起用を行い、結果にも納得している面があるように感じられるのですが、風間監督のコメントからはそこまでの狙いや成果を感じられませんでした。(リンクは共にJ's GOAL)


スタッツ以上の差を両チームからは感じるゲームとなったように映りましたし、大宮さんのナビスコ敗退が決まり、川崎さんのトーナメント進出の可能性は大きくなった一戦。

実際、得点の香りは川崎さんにより多くあったと思うのですが、それがチームとして「個」を活かす狙いなのかどうかが判断できないと表現すべきでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 0-2のからの同点劇[J1第11節:川崎vsC大阪@等々力]【J特】

こんばんは

毎度ながらJ1開催の土曜日、等々力にお邪魔してきました。

出かけるときにはそうでもなかった雨も、スタジアムに着く頃には勢いを増し、試合開始の頃にはかなりの降雨。

いつもなら前のほうに陣取る方々も、この雨でかなり屋根の下に退避されていました。仕方なく雨に降られながら観戦されていた方々もいらっしゃったのでしょうが・・・。


さて、試合はというと両チームとも基礎技術の高さを見せてくれていたと思います。

スリッピーなピッチ状況でも止める、蹴るが当たり前に出来ていましたし、浮き球などは、「この足下でそれを普通に納めるのか!?」といった驚きもありました。


川崎さんの試合を見るのは多摩川クラシコ以来。その頃に比べると戦績含め些かチーム状況は上向いているのかと考えていましたが、先制も追加点もアウェイチームに生まれて前半は0-2で折り返し。

その意味では、川崎さんに関して言うとリーグ戦で勝利を挙げた好影響より、相変わらずの危なっかしさが消えていないと感じる前半でした。(流石は倫敦五輪代表メンバーが中核をなすC大阪さんだけの事はあったのですが・・・)


後半を見ていてもホームチームからはあまり得点の香りを感じなかったのですが、レナト選手投入後からは一挙に川崎さんのスイッチが切り替わったような攻勢。

ここから2得点を挙げる川崎さんですが、左サイドでボールを受けたレナト選手の外側を田中選手が駆け上がる事で外や裏への対応を考えざるを得ない状況を作り出しました。


一度目はこれがPKとなり、大久保選手が危なっかしくも決めて1点差。
二度目は中央でのスクリーンっぽいシーン(小林選手?)を経ての大久保選手のゴールで同点。

ボルテージが上がるスタンドではありましたが、結局は2-2のドローでタイムアップ。

ため息と安堵とが入り混じるホイッスルだったのではないでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 青写真との差異(4位)[第14節:H/富山戦]【J特】

こんばんは


東京Vが劇的勝利。G大阪、千葉が反撃をかわして競り勝つ(J公式)
【J2:第14節 千葉 vs 富山】レポート:課題のセットプレーで2失点も3得点の貯金が効いて逃げ切った千葉。富山は攻守ともにゴール前の最後の部分のミスが響いて敗戦。(13.05.13)(J's GOAL)
試合結果

かなりやられていた印象はありましたので、ああいう表現をしたのですが、実際にスタッツを確認すると、思っていた以上に数字は劣っていました。印象の方が少なかったのは、クロスやシュートの精度が欠ける様に映っていたからでしょう。

幸先良い先制、押し込まれ始めての追加点、相手の隙を突いた駄目押し。本来ならば、ここで試合を〆なければならなかったはずが、セットプレイから2点を献上しての3-2。

5/12富山戦「10,000人プロジェクト2013」の結果について
入場者数発表で大きなため息が生まれたスタンド。スタンドとピッチが近いというフクアリの環境の悪い面がハッキリと顕れてしまいました。

3-0とした後、押し込まれながら自陣ペナルティーアーク付近でリフティングをするような持ち上りからのボールロストでCKを献上している辺りから、怖さは感じていました。

相手の1枚目の交代から、「キム選手はいつ?」と考えていたのですが、あれよあれよとセットプレイからの2失点。

不安は杞憂に終わらずに現実の物となってしまいました。

2失点後のキックオフで、深井選手をサイドに、ナム選手を中央へと回していましたから、やっと手を打ったと考えましたけれど、やはり1枚目の人選、2枚目のポジションと交代策には苦言を呈したいと思います。


3-0という状況になった段階で疲労の見える兵働選手や警告を受けていた谷澤選手に代えて守備にも戻れるナム選手で良かったと思います。


どのような展開であってもキム選手は投入する(というかせざるを得ない)と考えていましたから、それなら最初のカードで米倉選手を一列上げての交代もあり得たでしょう。(この場合には、守る意識がメッセージとして強すぎてしまう可能性はあったでしょうが、結果として2失点していますから、あながち間違いではなかったようにも考えています)


スコアがイーブン、或いは劣勢であれば深井選手の活きる可能性は大きくなりますが、守りを基本に考えると、もう少し違った打ち駒が欲しくなりますね。(結果的に出番が無かったジャイール選手にしても言えることでしょう)


シーズンも1/3を終了。

シュート数で劣っていても決まるゴールが多ければOKと考えているのでしょうから、支配するエリア、譲れないゾーンに関してもっと限定して良いのではないかと思います。


竹内 彬選手 第一子誕生のお知らせ

さて、当初、ゆりかごは勇人選手のお子さんのためかと思っていましたが、彬選手のお子さんのためだったんですね。

結果として決勝点となったケンペス選手の2得点目にもパフォーマンスがありましたし、兵働選手はバースデーゴール。

3連勝もそうですが、本当に勝ててよかった一戦だと振り返る管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 画龍犬睛を欠けども(4位)[第14節:H/富山戦]【J特】

こんばんは

内容は互角(以下)かも知れませんが、こちらの得点は全て流れの中。失点はともにセットプレイ。

フットボールは個人的にも陣取りゲームであると思っていますが、ゴール判定に優勢はありません。


3-0となって以降、どうするかが明確でなかったが故に、2点を追い上げられましたし、それ以降も危険なシーンはありました。


タイトルの通り、細かい事に関しては諸々言いたくはなりますし、リプレイを確認したくもなりますが、まずは勝ち点3と3連勝を喜んで良いのではないかと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 富山戦を前に[第14節:H/富山戦]【J特】

こんにちは

小差でしのぎを削る順位争い。栃木 vs 長崎は注目の上位対決(J公式)
【J2:第14節 千葉 vs 富山】プレビュー:連動性が高く迫力ある攻撃を見せる富山。千葉が勝つには的確な状況判断に基づいたハードワークが必要不可欠。(13.05.10)(J's GOAL)

変則的な布陣を採るスタイルがクローズアップされる事もある富山さんをフクアリに迎えての一戦。

とはいえ、ここまでの戦いでも実際に守備の布陣が似たような形であれ、攻撃の方法や狙いは違っていましたから、そこばかり気にする事もないのではないでしょうか?

実際に富山さんの狙いがあるかはピッチで見てみなければ解りませんし、そこで対応や修正ができるかどうかの方が問題。


JEFとすると、ケンペス選手の復帰が大きいですが、このところの内容からして「失敗を恐れず」という姿勢で臨むことでしょうか。

兵働選手や健太郎選手に関しては特にコンディションが気になる一方、勇人選手や智選手の攻め上がりの姿勢には期待します。

気楽に見ていられるような試合であれば良いですし、そう簡単なものでも無いとも思いますけれど。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ドローの明暗[J1第10節:FC東京vs磐田@味スタ]【J特】

こんばんは

参戦適わぬ岐阜戦前、管理人は味スタへお邪魔していました。


監督退任直後の磐田さんのゴール裏は、アップの段階から熱のこもった応援を展開。森下氏への想いを感じられるゲーフラもありました。

他方、アップの際にホームゴール裏が静かなのはいつもながらの事ですので、こちら側で触れることは特にありません。


このところ見慣れた味スタのスタメンに対し、磐田さんは4x4のブロックに加え、FWが一枚落ちて対応する布陣。

ポゼッション率等は確認していませんが、いつもどおりの動きで崩したいFC東京さんと、まずは守りたい磐田さんという姿勢が比較的明確であったように感じます。


それでも綺麗なパス回しからのペナルティエリアへの侵入など、流れがホームチームに傾いてきたかと思われた直後、CKから伊野波選手が先制。

この失点の直後から、東京さんの両SBが明らかに前しか見なくなり、裏と表現するには危険なほど高いポジションに立つようになりました。何せ、高橋選手・米本選手というCMF二人が場合によってはSBよりも低いラインに見えましたので・・・。

実際、次の得点も磐田さんに生まれ、0-2で迎えたHT。


連戦の影響が無かったとはいえないと思うのですが、後半も、東京さんの攻撃の意志は感じましたが、最終ラインに対して、渡邊選手とルーカス選手が基本DFと相対しているようでは打開するのは難しいように見えました。


他方、磐田さんにしても、追加点を狙うなら狙う、引くなら引く、と明確にしてしまえば、精神的にも肉体的にも消耗を避けられたように思うのですが、2-0以降も前述のような布陣に変化は無く、残されたアタッカーで攻め切ってしまう様なシーンは多くなかったのではないでしょうか。

逆に言えば、この時間帯で3点目を決めていれば、磐田さんの勝利は確定していたように感じます。


得点を狙う東京さんは、加賀・ルーカス両選手に代えて石川・李選手の投入。高橋選手がCBのポジションに入り、東選手が左サイドへ。


攻撃する姿勢は強まったように感じますが、右の石川選手、渡邊選手と李選手を併用するこの布陣がまた機能しません。

ただ、この試合でベンチ入りしていた平山選手(個人的にはルーカス選手との交代は彼の方が機能すると考えていました)が渡邊選手に代わって投入された事で、先に投入された2枚が活きる事に繋がったように思います。


その長身から最前線でのCFWというイメージが強くなりがちですが、懐の深さと足下の技術に加え、強引さに欠ける様に見えるプレイスタイルからすると、CFW以外での起用が適しているように考えていました。


確かにルーカス選手ほどシュートに期待は出来ないかも知れませんが、そのルーカス選手も外国籍選手として稀有なほどチームに献身的なプレイヤーですし、味方のためのタメを作れると言う意味では平山選手が代役として適任だと考えていました。


結果としては終盤に石川選手、李選手がそれぞれゴールを挙げての2-2のドローでしたが、ゴール裏の雰囲気は、全く別の物でしたね。

勝ち点1を得たホームの東京さんの喜びようは引き分けにしては大げさでしたし、勝ち点2を失った磐田さんはチームを支えるためのコールに必死でした。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 勝負と興行と偏向(6位)[第13節:A/岐阜戦]【J特】

こんばんは

首位攻防戦は神戸が制す。長崎が2位に浮上、熊本は3連勝(J公式)
【J2:第13節 岐阜 vs 千葉】レポート:勝負を分けた『希望的観測』。相手に焦燥感を与えられない岐阜がたどった末路(13.05.07)(J's GOAL)
試合結果


勇人選手の飛び出しがJEFの最初のチャンス。

また、9分のゴール正面での兵働選手の胸トラップからのボレーが決まっていたら、試合の様相はかなり変わっていたように思います。


29分の最終ラインでのパスミスを奪いながら自身でシュートに至らず、谷澤選手へパスを出したり、30分には中央に折り返したナム選手の姿勢には不満が残りました。


ジャッジも不安定で、35分のCK、蹴る前に吹かれた笛にも関わらず、岐阜さんのFKでの再開でしたし、44分のPKもまた然りでした。


後半に入っても決めきれない展開は変わらず、53分の兵働選手のシュート、63分の大岩選手、72分竹内選手のヘッドは何れも枠を捉えずに終わっています。

78分の岐阜さんのシュートチャンスに対応した米倉選手を讃える向きもありますが、そもそも、自身がケアするエリアの裏を突かれてのクリアですから、そうなる前にきちんと対処できている方がより素晴らしいと考えます。

先制後にも、88分の米倉選手のヘディング、カウンターで持ち上がった93分のジャイールのシュートなど、ゴールに結び付けられないシーンが多かったですね。


実は、得点の動きや各シーンでクローズアップするプレイも少なかったため、1試合を通じて今回のリプレイ確認は基本的に倍速再生だったのですが、試合を通じて再生画面に違和感を感じませんでした。

逆に言えば、3連戦の最終戦という要素を差し引いても、それだけ「ゆったり・まったり」とした試合だと言えるのかも知れません。


まぁ、スポンサーの手前、そういった「チンタラした試合展開」をベンチが仮に望んでいたとしても、そうは言えないでしょう。

ただ、消去法で考えれば、フクアリでこんな内容の試合を見せられるよりはアウェイで行われる方が、JEFとすると興行面での影響は少ないようにも感じます。


それ故に、ホーム岐阜さんの戦い方にも疑問は残りました。

試合開始直後の勢いからすると、前からプレスに来るのかとも思ったのですが、最終ラインの頭数は想定していたとしても、それぞれのラインとスペースはかなりルーズだった印象。
(時折クローズアップされた益山選手が味方を鼓舞する姿が喜ばしく感じられた事は事実ですが)


3連戦の最終戦とは雖も、その戦い方は「負けない事しか考えていないのではないか?」と感じらたホームチーム、ゴールゲッターと運動量とを欠いたアウェイチーム。

嫌な表現をするなら、そういった点を含めて、この試合はエンターテインメントとしての価値は全くなかったように思われます。

だからこそ、勝った事に意味があるとも考えるのですが・・・。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 抉じ開けたゴール(6位)[第13節:A/岐阜戦]【J特】

こんばんは

ケンペス選手不在の中、PK失敗を経ながら積み上げた勝ち点3。

色々と課題も残る印象ではありますが、スタッツでも内容でも、少なくとも愛媛戦の前半のような雰囲気ではなかったように感じます。


時間の経過と共に、竹内選手の攻め上がりなど、攻勢は強めながら、カウンターに沈むと言う事もありませんでした。


前節から中2日で迎えた相性の良く無いアウェイ長良川。終盤に途中投入されたジャイール選手の得点。


最下位相手に内容が伴わないと表現する事は容易ですが、最下位相手に勝ち点3を献上し続け、J2残留争いを盛り上げ続けた昨シーズンを考えれば、GWの3連戦を2勝1分け、守備に重きを置く相手に対して内容が良くないながらも後ろ二つを連勝で終えられたこの3連戦は悪く無いと捉えていいと考える管理人です。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 3連戦ラスト[第13節:A/岐阜戦]【J特】

こんにちは

勝点接近の上位陣。「阪神ダービー」で首位交代はあるのか(J公式)
【J2:第13節 岐阜 vs 千葉】プレビュー:『長良川劇場』再び!これ以上、聖地に悲壮感を漂わせるな!(13.05.05)(J's GOAL)

久しぶりの勝利となったフクアリでの愛媛戦から中2日。3連戦の締め括りはアウェイでの岐阜戦。


気になるのは累積で出場停止となるケンペス選手のポジション。

単にポジションに人を充てる事で代役とするのか、布陣やメンバー構成のバランスを変化させるのか。


過密日程のなか、疲労が見て取れる選手がある事を鑑みても、個人的には後者を期待しますが、監督の判断はどうでしょうか。

相性の良くないアウェイではありますが、それ故に連勝でチームに良い流れを生んで欲しいと願います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 時の流れ[プレナスなでしこリーグ第7節:A/日テレベレーザ@多摩市陸]

こんにちは

愛媛戦の翌日はレディースの応援のために多摩市陸へ。

今回ははるひ野駅から徒歩という選択をしたのですが、いや、地図で意識しない坂道や階段の上り下りが想像以上にキツく、スタンドに到着して暫くはへたり込んで水分補給に勤しんでいました。


さて、試合ですが、昨年の皇后杯で初勝利を挙げたからか、選手達からは自信を感じられました。

特に前半は押し込む時間帯もあったのですが、そこで先制出来なかった事が大きかったですね。

後半は完全にベレーザペース。守備に駆け回り、体力的な厳しさが感じられた終盤、立て続けの2失点で敗戦。

むしろ、スタッツ(なでしこ公式:PDF)がしっくりと来ないような印象。




【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 何が狙いだったのか?(8位)[第12節:H/愛媛戦]【J特】

こんばんは

G大阪、長崎、栃木がいずれも勝利で首位との勝点差が接近(J公式)
【J2:第12節 千葉 vs 愛媛】レポート:前半はちぐはぐな攻守の千葉が前への推進力が上がった後半に2得点。試合の入り方は修正できた愛媛は決定力不足が響いて3連敗(13.05.04)(J's GOOL)
試合結果

気持ちを落ち着けながらリプレイを見直しましたけれど、やはり試合を通じて「良く失点しなかったものだ」という感想は捨てられません。


それでも、開始直後の混沌を無失点で凌ぎ、とりあえずは、最低限相手にペースを持たせるの内容に転化できた事。深井選手・ナム選手という交代カードで2-0で勝利出来たという点に関しては評価できる面があるのかもしれません。


愛媛さんの布陣を5-2-3と考えるべきか5-4-1と捉えるかは、あまり意味が無く、上下左右に動き回る20番の役割と位置取りに加え、攻勢に出てきた際には最終ラインから上がってくる選手(個人的にはギャラクシアンを連想しました)を捕まえきる事が出来なかったように感じました。


移動砲台のような攻勢を取る故に、愛媛さんとすると最後の精度を些か欠く事となったのかも知れませんが、攻勢を受けるJEFに関して言えば、不慣れな事を強いられている(であったろう)ジャイール選手、運動量に不満が見える兵働選手が並んだ2列目によって、チームは明らかに片肺飛行だったように思います。


ベンチが、ブロックの構築の一角を担って欲しいという期待まで否定する訳ではありませんが、スペースにいるという以外でジャイール選手が出来る貢献に関しては0点でしょう。

ましてや攻守のノードたる谷澤選手をベンチに置いて、運動量が多くない兵働選手と守備に期待できないジャイール選手の併用ですから、正直、チームが機能するとは思えませんでした。


サイドでも中央でもジャイール選手を活かすなら、最前線に置いて、最終ラインのボールホルダーに対してのフォアチェック程度でしょう。

どうしてもブロックの網ありきならば、4x4のブロックの構成員から外すしかないと思います。

それでも兵働選手という穴の対処は考えざるを得ませんが。


健太郎選手に替えて深井選手という選択はギャンブル性も高かったと思いますが、奪った後の健太郎選手が殆ど効果的な展開を出来なかった事を考えると、運動量の欠如と中盤からの組み立てを補う契機となっただけでなく、愚直に追う姿勢はピッチとスタンドに勇気を与えてくれました。

更に、ジャイール選手に代えて投入されたナム選手の献身的な動きもあって、JEFに先制点。

兵働選手からサイドチェンジのパスが大岩選手に通り、そこから持ち上がった左足でケンペス選手のヘディングが決まった訳ですが、その一連のプレイの中、ファーからニアへ走りこんでいたナム選手の斜めの動きは相手守備陣の意識を逸らす上で効果的だった様に感じました。


その意味では、同じポジションの入れ替えでなかったこの交替は「誰が出ても」という監督の考えに合致していたのでしょうか?

その後も岡本選手を讃えざるを得ないシーンはありましたし、2点目はPK。

2-0でタイムアップも、背中でチームを引っ張れる選手のありがたさを感じた試合となってしまいました。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 不思議の勝ち(8位)[第12節:H/愛媛戦]【J特】

おはようございます


スタメンを知った時から期待よりも不安の方が大きかったのですが、ピッチ上の様相は悪い意味で想定を上回っていました。

掲題の通り、あれだけの好機を愛媛さんが決めてくれなかった事が最大の勝因でしょう。

前半終了時のブーイングに関しても、仕方がないように思われます。


交代策が功を奏し、何とか状況を打開できましたが、いくら「結果が大事」とはいえ割り切る事は難しいですね。


【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 相手よりも前に[第12節:H/愛媛戦]【J特】

こんばんは


「バトル オブ 九州」や好調の上位対決。今節も見どころ豊富(J公式)
【J2:第12節 千葉 vs 愛媛】プレビュー:守備の問題点や試合運びを改善し、結果を出したい両チーム。千葉は速くて大きい攻撃も交えてゴールを狙いたい(13.05.02)(J's GOAL)

5-4のブロックを崩さねばならないのであれば、ここまでの二試合を基調としながらも、ナム選手の起用を期待せざるを得ません。


兵働選手と勇人選手を天秤に欠けるなら、外すべきは前者でしょう。逆に、疲れが見える時間帯に入ってのナム選手の起用が効果的なのかも知れませんが。


最終的に2枚が残って後は戻る選手次第という形になるなら、DFラインにデフォルト3枚という形を試すのもありだとは思いますけれど・・・。


攻勢から守勢に切り替わった際、最終ラインに位置する選手の頭数が2名だろうが4名だろうが、それは別に気にしていません。

ただ、その切り替わりの際に、外にボールを切る事が多いならば、両SBの運動量に負担を強いるよりは、CBに加えて撥ね返せる頭数を増やす方が、効果的なのではないかとも考えます。


智選手を一列上げて、竹内選手と大岩選手、キム選手の3枚。

或いは智選手と竹内選手は崩さずにキム選手や大岩選手を加えるなど。


自陣深くまで戻されたボールを大きく蹴りださない場合、中盤の誰かが落ちてくるのであれば、最終ラインから上がっても大した違いは無いでしょう。


ベンチ外が続く栗山・良太という両選手がいる以上、その形を試みる価値はあるように感じます。本件は、ピンチをどう凌ぐかという観点で語っていますが・・・。


対戦相手の愛媛さんの戦術ありきで採り上げた訳ではなく、自陣ペナルティアークの脆さを何とか解消して欲しいと言う願いで布陣変更に関するエントリとなりました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 実践と画餅[J1第8節:FC東京vs川崎@味スタ]【J特】

こんばんは

京都戦の前夜、日中の用事を済ませた後に、味スタでの多摩川クラシコにお邪魔してきました。

事前の両チームの情報を全く意識せずに脚を運びましたので、電光掲示板でメンバー確認。

FC東京さんはほぼ前節同様のメンバー構成。

特に、FW登録が千真選手のみでしたから、ピッチ上の選手達の動きに期待を抱きました。

一方の川崎さんに関しては、前節で漸くリーグ戦初勝利を挙げた事は確認していましたけれど、レナト選手や登里選手の負傷欠場やジェシ選手の復帰すら知らず、何とかメンバー表にケンゴ選手がいない事には気付くような有様。

等々力の仙台戦、映像でも確認した訳ではありませんが、ここまで何度か拝見した内容からすると4得点よりは2失点が問題なのではないかと考えていましたので、勝利で何が変わったのかには興味がありました。


実際に試合が始まってみると、「意外に守れている?」という印象が川崎さんにあったのですが、それも失点まででした。

攻撃シーンも皆無ではありませんでしたが、ケンゴ選手やレナト選手の不在もあってか、得点には至らず。そもそも、そのチャンスは崩したと言うより川崎さんが暫く前まで得意にしていたカウンターが多かったように感じました。


2得点目がホームチームに生まれた後、何度か川崎さんにもビッグチャンスはありましたが、結局は2-0でタイムアップ。スタッツや点差以上にFC東京さんの完勝という印象。


昨シーズン、高橋選手を最終ラインで起用していた事に疑念を抱いていた管理人ですが、やはり、彼は中盤の選手であると感じました。

ただ、高橋選手以上に存在感を示したのは米本選手。ピッチを駆けるという表現が誇張で無いくらいにあちこちに顔を出して、十二分にチームの勝利に貢献。

右サイドのルーカス選手、徳永選手に比べると、左サイドの長谷川選手、太田選手には確実性というか安定感が欠ける印象もありますが、そこのカバー含めた連動性が、今の東京さんを眺めていて楽しいと感じる部分なのかも知れません。

昨年の後半、ヴチチェヴィッチ選手やルーカス選手目掛けて蹴っていたスタイル、梶山選手の移籍に加え、今シーズンは羽生選手の放出、李選手の獲得など、東京さんは更にゴリゴリとしたスタイルを目指すのかと考えていたのですが、他所様の事ながら、嬉しい誤算ではないでしょうか?


他方、川崎さんに関しては、ここでは触れる事はありません。FC東京さんが最初の交代カードを切った時間が試合の内容を物語っているでしょう。

この試合だけが駄目だったのかどうかが気にはなりますが、5月にも等々力にお邪魔する予定ですから、布陣や起用メンバー、戦い方に関してはそこで確認したいと考えています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 置かないのか置けないのか(9位)[第11節:A/京都戦]【J特】

こんばんは

長崎が8試合連続無敗で3位へ浮上。群馬、熊本は逆転勝ち(J公式)
【J2:第11節 京都 vs 千葉】レポート:2点リードを生かせなかった京都は千葉と引き分ける。だが、京都の方向性に可能性を感じさせる試合に(13.04.29)(J's GOAL)
試合結果


前節同様に守備ブロックの構築を目指したと思われるスタメンでしたが、前半の2失点、特に先制点は悔やまれます。

あれだけ技術が高い選手をフリーにしてゴール正面で好きに蹴らせてしまっては、如何に岡本選手をもってしても防ぐのは困難でしょう。

いくらトリックプレイとはいえ、あの対応からするとフィールドプレイヤーも全く想定をしていないようでしたし、逆に自分達が得ているFKも殆ど工夫していなかったという事だとすれば、プレイスキックがなかなか得点に結びつかない理由も解るような気がします。


2失点目は同じエリアの相手に対して、競り合いに行った米倉選手とスライディングに入った健太郎が被った結果、完全に空けてしまったサイドを突かれての失点でしたし、その際に勇人選手の姿は遥か前方にありました。

右サイドから入れられたボールに対して絞った左SBの大岩選手の姿を尻目に大外でフリーの選手を作った京都さんは易々と追加点。


そして、同点弾となってしまった3失点目ですが、ここはベンチワークで何とか対応して欲しかったように思いました。

時間帯もあったのでしょうが、勝ち越し後のJEFの選手は明らかに引いていましたから、何らかの対応が必要であったように思います。

カウンターで追加点を狙いつつ、ブロックを構築するなら一つにはジャイール選手を投入し、4-4-1-1或いは4-5-1。

ドン引きで形振り構わずにリードを守りきるなら、キム選手を起用した4-1-4-1または5-4-1。

試合の最終盤で体力的に厳しいだけでなく、そもそも本調子で無い様に見えた兵働選手に代えて、二つの選択肢があったのではないでしょうか?

個人的にはキム選手の投入で守りきれる姿勢を見せて欲しかったと捉えています。(結果的にキム選手の投入はありましたが、積極的な理由ではありませんでしたね・・・)
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!