犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 残り二試合に向かえる権利[第40節/A:山形戦]【J特】

こんばんは


アウェイの地での悪天候。特に序盤では足元の踏ん張りが利かない様に映りましたし、お互い慎重な試合の入り方を狙ったようでしたが、このところ続く前線のメンバーの入れ替えもあってか、山形さんペース、とまでは言えないまでもJEFの流れではありませんでしたね。

山形さんは中盤の底の勇人選手・健太郎選手へのチェックが早く、効果的な展開を封じられていた事も大きかったのでしょうか。

特に、前半のうちに勇人選手が警告を受けた事でその後の戦い方のバランスが崩れるかと心配もしたのですが、そのファウルで与えたプレイスキックの弾道と岡本選手の対応などからすると、少なくとも硬さや焦りは感じませんでした。


また、時間が進むに連れて谷澤選手がボールを受けに落ちてきたり、右サイドの守備にはしっかりと米倉選手が戻ってきたりという部分も鑑みれば、悪すぎるという事も無かったのかも知れません。


為す術無く、というよりは攻め急がず。追われる立場の直接対戦。前半はスコアレスで構わないという様な割り切りもあったのでしょうか?


そして迎えた後半。

右サイドの米倉選手の突破から生まれたCK。両サイドのキッカーを勤める事になった谷澤選手のボールをドンピシャで竹内選手が合わせて先制。


その後は攻める山形さんの攻撃を撥ね返しつつ、カウンターを狙うJEFという構図に。


大塚選手に代えての荒田選手という采配は大概「そうだね」と頷くのですが、兵働選手不在のこの試合では少々リスクが高いかとも考えていました。


その荒田選手、特にGKと1対2になりながら追加点を奪えなかったシーンにはガックリでしたが、終盤、勝利をぐっと引き寄せた得点も彼でした。(力なく浮き続けていた渡邊選手のクロス、しっかりとしたグラウンダーでしたね)



下からのチャレンジャー候補は多少少なくなったのかもしれませんが、上を眺めれば、まだ望める順位があります。無論、敗戦を喫した山形さんも最後まで望みを捨てずに残り二試合を迎えるでしょう。


チームは当然解っているとは思いますが、久しぶりの完封試合に浮かれる事無く、次節を迎えて欲しいですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 初めての不在[A:山形戦]【J特】

こんばんは

残り3試合。それぞれの目標達成に向けた激戦が予想される(J公式)
【J2:第40節 山形 vs 千葉】プレビュー:ホーム山形が勝点2差で迎える相手は6位・千葉。気持ちと気持ちがぶつかり合う、今節唯一の“直接対決”!(12.10.26)

タイトルにも挙げましたが、残り試合も3試合となったここに来て兵働選手が累積警告の結果の出場停止。

ここまでスタメンとして出場し続けてきた選手だけに、という考え方もありますが、管理人はあまり心配をしていません。


些か逆説的な表現になりますが、兵働選手がピッチにいてもこれだけの負けと分けを重ねてきた訳で、トータルで見れば「リーグの中で明らかに図抜けた存在」たりえてはいないと捉えています。


逆に、「絶対的な一人の選手に仕事をさせて勝利を狙う」ようなチームであれば、甲府さん同様、しっかりと昇格を決定している筈ですし。


無論、サポさえも驚くような、狙いを長短のボールに乗せて描く兵働選手のパスは素晴らしいものがありますが、ピッチ上での運動量や早さに限界がある事もまた事実です。

代役候補としては大塚選手・町田選手・伊藤選手という面々が考えられますが、田中・深井といった両翼も帯同が覚束ない状況では、やはり米倉選手にも期待します。


こんな状況だからこそ、誰が出ても硬くならずに、誰が控えでも気後れせずに。それはチームのためだけでなく、これからの選手生命を考えた上でも重要なポイントでしょう。

大丈夫。フットボーラーとして最後の試合という覚悟を抱きながら戦った選手達を向こうに回して、フルタイムの死闘に負けなかったのだから。気後れする事も、遠慮する事もありません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • チケット【J特】

こんばんは


2013シーズンシート販売のお知らせ

カテゴリ云々を気にせずに買う予定の方は購入するでしょうし、悩まれた方なら実質的には実入りが上がる訳です。エリアによっては価格差も大きいですし、悪く無いと表現すべきか、上手にサポ心理を衝く販売方式ですね。


嫌味ではなく、商売に関しての工夫、努力の姿勢を感じます。(そうは言いつつ、出来れば、いつも同様のレベルで常連相手に対する日頃の広報姿勢もやっつけ仕事を感じさせる誤字や誤植等のコピペミス位は無くして欲しいと思うのですが・・・。)

購入するにせよ、例年、ギリギリまで手配しない方の囲い込みもあるでしょうし、クラブとしては年間予算の物差しになるのでしょう。

何れにせよ、「来期も普通に通われる方は早めの購入をお願いします。様子見の方は・・・」という苦慮が見える方式ですね。



【2012J1昇格プレーオフ】決勝 チケット販売方法決定のお知らせ ~10月27日(土)10:00からJリーグチケットにて早割販売開始、11月4日(日)10:00から一般販売開始~(J公式)


どうするつもりなのかと気にはなっていたのですが、天皇杯同様、カード確定前に販売を始めるのですね。

ただ、希望の対戦カードであってもエンドが違えば入れないという事態を招きかねないという部分に疑問は残ります。

早割りで購入する場合、贔屓チームの応援を確実に行うためには両方のエンドのチケットを確保する必要がありますし、チケットの手配はすれど自分のチームが出場しなければ来場すら控える方も当然居るでしょう。


その一方で、この販売方式そのものが胴元としては些か甘いのではないかと考えます。

Jリーグチケットの身分照会がどれだけ厳密なのかは解りませんが、初のプレイオフという事を鑑みれば、転売目的でのチケット確保は防げないのではないかと危惧してしまいます。


個人的な考えですが、

1)プレイオフの可能性がある各クラブに対して通じて、サポへの購入権の確認
2)上記購入権は当該チームがプレイオフ決勝に参加確定後、24時間以内のチケット購入まで有効
3)2項以外に対して、前売り開始

位が妥当だったのではないかと考えます。


その点に関して逆に言えば、25日から23日に前倒しになった決勝のスケジュールも問題点になってしまいますが。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 乗り過ごしは何とか1本で[第39節:A/湘南戦]【J特】

こんばんは

甲府のJ2優勝が決定。京都が2位、横浜FCが5位に浮上(J公式)
【J2:第39節 湘南 vs 千葉】レポート:注目の大一番はドロー決着。湘南、千葉ともに勝点1を分け合う。(12.10.22)(J's GOAL)
試合結果

冷静というよりは停滞。落ち着きではなく、攻め手に欠ける。ボールが相手陣内に至ってもトライやチャレンジはおろか恐ろしく攻めるための動きは少ない。荒田選手の姿はまさに孤立としか表現できないような歪な形。


そんな展開の中、竹内選手の足に当ってコースが変わったとは言え、CB前の広大なスペースを埋める事無く、二度続けて相手を自由にさせれば、失点は事故ではなく必然の結果でしょう。


後半に入って漸く目が覚めたような攻撃の姿勢を見せ始めたJEFですが、それでも前掛りになった結果、大きなチャンスはむしろカウンターからの湘南さんに増加していました。(逆に言えば、胸を撫で下ろしつつ、ここで勝負を決める追加点を奪えない事が、湘南さんが勝利から遠ざかってしまっている遠因なのかも、などと考えながらピッチを眺めていました)


65分を過ぎた辺りで健太郎選手に代えて藤田選手を投入。その後ポジションを下げた兵働選手がマイボールを奪われた後、手を使って相手を止めて警告。

湘南さんは高山選手を下げて山口選手を、JEFは荒田選手に代えて大塚選手を投入。

攻撃の圧力は高まりますが、お互いゴールを奪えない状況は変わらず。


80分過ぎのカウンターでは終戦を覚悟しましたが、智選手のスライディングでのクリアに突っ込んでくる湘南さんの選手が居なかった事が、驚きでした。

その後、オーロイ選手の投入は立っているだけの兵働選手を残して、米倉選手を下げた采配にはもっと疑念を感じましたが、そのオーロイ選手へボールを当てたのは当の兵働選手。

オーロイ選手が落としたボールから藤田選手、こぼれを更に藤田選手が繋ぎ、スクランブルの中、勇人選手が押し込んでJEFは同点に落ち着きます。


トーレの存在感は抜きん出ていましたし、JEFの勢いは増した終盤でしたが、それでも湘南さんのゴールを破る事は能わず、タイムアップ。


先制されながら追いつけた事で、家路の足取りは重くはありませんでしたが、試合を通じても、リーグ戦を通じても、最悪の結果だけは免れえた、という試合になってしまいました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 駆け込み乗車は叶わずに[第39節/A:湘南戦]

こんばんは


アウェイの地で先制されながら、交替選手を経ての同点弾。

あと一月早ければ、よくやったと手放しで喜んでいたかもしれません。


でも、おそらく最終便に私たちは、そしてもしかしたら対戦相手の湘南さんすらも、乗り損ねてしまったような気がします。


それでも尚、交代出場のオーロイ選手を即座に活かせた同点弾があればこそ、兎にも角にも、家路につく事ができた訳で、それすらない敗戦であったならと考えたら、肌寒さを禁じ得ません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

2位以上確保、J1昇格プレーオフ出場へ向けて激戦は必至(J公式)
【J2:第39節 湘南 vs 千葉】プレビュー:熱戦再び。終盤戦の大一番、取るのは湘南か、千葉か。(12.10.20)(J's GOAL)


もう何度目の事か解りませんが、ライバルチームとのお付き合いを考えても、さすがにこの辺りが自動昇格への最終列車でしょう。


藤田選手、智選手の復帰という話もありますが、無理をさせられない状況での出場だったり、再離脱のリスクを抱えながらプレイするのであれば、少なくともコンディションで不安の無いメンバーを起用して欲しいと思います。

無論、スタメンに名を連ねたメンバーが誰であれ、しっかりと仕事をこなしてくれるならば言う事はありません。


さて、ホームの湘南さんは前節、甲府さんとの直接対戦をリードする展開ながら、最終的にはドローに終わり、眼前で昇格の喜びに浸る甲府さんの姿を見てきた事と思います。

勝利なし、というネガティブな面よりも、ここまで自動昇格圏を保持していた実力に加え、昇格を目の当たりにした事によるメンタル面の覚醒に注意すべきでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 準備と選択[第38節/H:大分戦]【J特】

こんばんは

[10/14(日)J2リーグ戦 第38節:試合総括]記録更新の甲府が2位以内を確定。大分が暫定3位に浮上(J公式)
【J2:第38節 千葉 vs 大分】レポート:サイド攻撃で先制した千葉が精神面や攻守に甘さが残ったミスで逆転負け。監督の采配がハマった大分は『修正力』を発揮しての勝利。(12.10.15)(J's GOAL)
試合結果


ベンチメンバーに感じた事は、リズムやテンポを変える、或いは中盤での汗かきができる選手がいないという事でした。


年齢面でもそうですが、チームとしてのここまでの戦い方でも走り続けるというフィジカル面での分は大分さんにあると考えていましたから、天皇杯で出場が無かったオーロイ選手、前もサイドも出来る米倉選手のベンチ入りは予想されましたし、兎も角として、アタッカーには大塚選手・町田選手のどちらか、或いは双方が名を連ねると考えていました。

もっと言ってしまえば、ロボ選手を天皇杯に起用した事で、苦しい日程の中今回のメンバー入りは無いものと楽観していました。

ロボ選手個人の調子もそうですが、チームとしての活かし方はオーロイ選手のほうが遥かに明瞭で対応しやすいと考えているからです。


得点経過は今更振り返る必要もありませんが、少々変な表現ですが、リプレイを見直してみると、先制後も思ったよりも良くは無く、前半の大分さんの交代後も自分が感じていたより程は悪くない、と言った印象でした。

それも2失点目を喫する前までは、なのですが・・・。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 一日を経て[第38節/H:大分戦]【J特】

こんばんは


エンドチェンジを逆手に取ったような谷澤選手の先制点が見事だっただけに、その後の展開が本当に残念でなりません。

プレビューで触れた、大分さんの「厳しさ」に対して逆転負け。

先制後、良い展開にも関わらず、シュートチャンスを逃した際の笑顔が多かった事に一抹の不安は抱いていました。

劣勢の中、様子見に時間を費やす事無く、前半30分早めの交代策で次の手を狙った大分さんのベンチワーク。


自らを振り返ると、わざわざ墓穴を掘るような交代策とその直後の失点が憂いたリスク通りだった事にはさすがにガッカリしました。

後半途中から明らかに動けなくなった選手達の姿もショックでしたが、眼前で繰り広げられた時間稼ぎの鳥かごに対して、全くボールを奪えなかった事実も堪えました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2位への挑戦権を掛けて[H:大分戦]【J特】

こんばんは


[10/14(日)J2リーグ戦 第38節:プレビュー]快進撃が続く甲府の自動昇格圏内確定なるか、湘南が阻止か(J公式)
【J2:第38節 千葉 vs 大分】プレビュー:勝点差1のライバルとの激戦必至の直接対決。大分が守備の修正を図るサイドでの攻防を制し、千葉は先制点奪取で勝利を狙う。(12.10.12)(J's GOAL)


ミッドウィークに試合が無かった大分さんに比べると、中3日での公式戦となりますが、完全にターンオーバーを行い、サドンデスでのPK戦まで縺れ込んだ天皇杯の影響はコンディション的なマイナス要因にはなりませんし、むしろ、レギュラーメンバーへの刺激を考えたらプラスの効果が大きいのではないでしょうか?


とは言え、大分さんも万全を期して乗り込んでくる訳ですし、これまでの相性に胡坐をかいていると、恐ろしい結果が待っているでしょう。

Jリーグ借入金完済のご報告

この支援金活動はちょうどアウェイでの対戦前に発表され、伺った大銀ドームでも多くの方が協力している姿を実際に拝見しておりました。

その活動の集大成として「昇格」という結果を目指す大分さんですから、侮れないどころか、やはり、恐るべき相手だと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 再会[天皇杯3回戦/川崎vs徳島@等々力]【天皇杯】

こんばんは


平日に神戸に行けない身を嘆きつつ、中継も無い為に他会場での試合にお邪魔する事にしました。

候補は横浜国際か等々力の二択でしたが、今後に対戦を残す徳島さんのリサーチも含め、通い慣れた等々力をチョイス。


そうは言っても第一のお目当ては勿論、徳島さんのアレックス・太田・福元の各選手。


ボール保持で川崎さんが優勢になる事は予想していましたが、ケンゴ選手の不在はやはり大きかったのでは無いでしょうか?


レナト選手、突破そのものは止める事が難しいレベルでしたが、右サイドを中心の攻め上がりとなっていましたから、少しでも時間を稼いで中で撥ね返すという徳島さんの戦い方も効果的だったように思います。


無論、試合開始から暫くは川崎さんの攻勢に徳島さんもタジタジとしていた印象ですが、先制点はアレックス選手のシュートで徳島さんに生まれます。

このリードが、相手への精神的なプレッシャーになればよかったのですが、川崎さんはレナト選手がFKを直接叩き込んで即座に同点。

徳島さんとすると「上出来」で終えたかった前半は「悪くない」というスコアに留まり、1-1で後半を迎える事になりました。


その後も川崎さん優勢の構図は変わらず、追加点を奪ったのはやはり川崎さん。


ざっくりと表現すれば、運動量でスキルの差を埋めていた分、徳島さんには疲労も見て取れる様になっていましたから、川崎さんの勝利かと思われた後半のアディショナルタイム。

クロスがDFに当って軌道が変わりややルーズなボールとなったところを、ヘッド二回で徳島さんがボールをゴールへと繋ぎ、同点。試合は延長戦に。


延長に入るとさすがに両チームの疲労は隠し様も無く、攻撃と守備とをお互いに繰り出すなか、どれだけ攻撃の回数を増やせるかという内容。

徳島さんの攻勢が強まった時間帯もあったのですが、最終的にはレナト選手の個人技で終了間際に川崎さんが勝ち越し、タイムアップ。4回戦へと駒を進めました。

【第92回天皇杯 3回戦 川崎F vs 徳島】レポート:レナトが見せた決定力で、川崎Fが徳島を振り切る。お互いにシステムを駆使し、可能性を追求した両者の戦いは延長後半アディショナルタイムの決勝弾で決着(12.10.11)(J's GOAL)



【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 試合の位置付けから[天皇杯3回戦/SAGAWA SHIGA FC戦@ホムスタ]【天皇杯】 掲載カテゴリ

こんばんは


【第92回天皇杯 3回戦 佐川SH vs 千葉】レポート:勝ちきれないまでも『大人』の修正力を見せた佐川SH。ベスト16進出は見事な千葉だが『若手』の貪欲さは物足りなかった(12.10.11)(J's GOAL)
試合結果

【第92回天皇杯 3回戦 佐川SH vs 千葉】木山隆之監督(千葉)記者会見コメント(12.10.10)(J's GOAL)
【第92回天皇杯 3回戦 佐川SH vs 千葉】中口雅史監督(佐川SH)記者会見コメント(12.10.10)(J's GOAL)
【第92回天皇杯 3回戦 佐川SH vs 千葉】試合終了後の各選手コメント(12.10.10)(J's GOAL)


起用されたメンバーに関しては、この試合全てを通じてかなりポジティブに捉えています。

メンバーすら公表されないようなTGと公式戦の違いは明らかですし、その意味では地域限定であってもサテライト的なリーグ戦のセルフサービス的な存在があると良いと願っていますが、皆さんはどうお考えでしょう?


さて、管理人としてのこの試合の評価の最大の部分はロボ選手の起用になると捉えています。


それは、PKからとは言え公式戦で得点を挙げたからではなく「最も重要な次のリーグ戦での主力外」という事をハッキリと明示したという意味で、ですが。


私は別に個人的にロボ選手を嫌っている訳ではありませんし、むしろ活躍を願っている立場です。


ただ、シーズン途中の加入の背景にある、フロントや監督の意向は当然あるとはいえ、その加入に伴いレジ選手はチームを去り、リーグ戦では彼のための枠を与え続ける選手がいて、助っ人としての活躍を期待されているにも関わらず、その挙句に警告二枚で退場にまで至っている選手を、他の控え選手と同列には語れないだけです。


その辺り、ゲームキャプテンに指名されていた米倉選手にも言える事ですが、ユースメンバーすら動員された下位カテゴリ相手の対戦に臨む2軍のメンバーに名を連ねている事実を、もっと重く捉えて欲しいとは願います。


チームでの実績なき特権はチーム内での競争の妨げ以上に、クラブへの不審に繋がりますし・・・。


逆に言えば、その辺りの不信感をロボ選手のリーグ戦起用に集約させてしまっていたのかも知れないという反省はあるのですが・・・。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • フルタイムの実戦[天皇杯3回戦/SAGAWA SHIGA FC戦@ホムスタ]【天皇杯】

こんばんは

PK戦の末、JEFは4回戦へと駒を進めました。


レギュラーメンバーならば「90分で勝ちきれなかった」と評さざるを得ないのでしょうが、スタメン完全入れ替えの今回からすると「フルタイムの実戦に加えて、延長からPKまでを経て勝利の過程を体験できた」と言えるのではないでしょうか。

無論、有利な星取で進めたPK戦が、サドンデスに至るなど肝を冷やすどころか、流れを逃しかけかねない展開ではあったのですから、手放しで喜んで良いのかどうかという問題は残りますが・・・。


何せTGで大学生相手に大敗するリザーブメンバーでしたから、公式戦の経験、PK戦にまで至った上での勝利は望外の結果と表現して良いのでは無いでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 中立地での3回戦[SAGAWA SHIGA FC戦]【天皇杯】

こんばんは


【第92回天皇杯 3回戦 佐川SH vs 千葉】プレビュー:佐川SHが見せる大人のパスワークサッカーに、千葉の若手が奮起して挑む一戦。注目は中盤での主導権争いとセットプレーの攻防(12.10.09)(J's GOAL)
ジェフU-18所属選手の天皇杯登録について


2回戦に続いて、JFLクラブとの対戦となった3回戦。


メンバーの入れ替えがチームの活力になるのか、2回戦同様に相手以上に連携面で苦労する事になるのかはきになるところですが、残念ながら、平日の夜間開催、会場は遥か神戸の地の上、TV中継もありません。


【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 3点目の重み[第37節/H:草津戦]【J特】

こんばんは


[10/7(日)J2リーグ戦 第37節:試合総括]快進撃の甲府がJ2タイ記録を達成。京都が暫定3位に浮上(J公式)
【J2:第37節 千葉 vs 草津】レポート:攻守に攻撃的な姿勢を見せた千葉がサイドの攻防を制して5試合ぶりの勝利。前半の2失点が大きく響いた草津は攻撃時のミスも悔やまれる(12.10.08)(J's GOAL)
試合結果


JEFの入り方が悪かったとまでは言えませんが、先にリズムというか、形を作っていたのは草津さんだったように思いました。試合が落ち着くと、綺麗なパスワークから、アタッキングサードでのミドルシュートを放たれました。シュートそのものはあまり怖さを感じませんでしたが、そこまでの流れはスムーズだった様に感じます。


それでも先制はJEF。右サイド深くでのボール奪取から縦に繋げられたボール。受けた兵働選の持ち上がりに対して草津さんの二人目が詰めた段階では「持ちすぎ」と感じたのですが、その二人目の股を抜いたグラウンダーのパスは中央に駆け上がった谷澤選手へ。

中央でコースを塞ごうとする相手選手二名をフェイントであっさり交して放たれたシュートはGKに弾かれますが、リバウンドを荒田選手がしっかりとゴール。


この先制によってJEFの時間帯が続く事になりますが、躍動するJEFの選手達も良かったとは思いますが、草津さんの意図が見えなかった事も事実だと思います。


先制から10分後、左サイドをからの渡邊選手のクロスを大外で合わせた田中選手の左足がゴールネットを揺らし、2-0のまま前半終了。


後半に入り、荒田・兵働・谷澤といったアタッカー陣の選手達はそれぞれ2-3度のシュートシーンで3点目を奪う事能わず。

逆サイドからのクロスに走りこんだフリーの高橋選手のシュートは枠を捉えられませんでした。(左SBから出されたボールに対して右SBがシュートというのも凄い事ではあるのですが・・・)


岡本選手のセーブが2度ほどあった事を考えても、ここ二試合の試合展開を考えても2点差を安全圏と捉えていた方はそう多くなかったのではないでしょうか?

事実、大脱走が謳われ出したのは既にアディショナルタイムが終わらんとする時間でしたね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • いや~勝利って本当に良いモンですね[第37節/H:草津戦]【J特】

こんばんは


「2-0では怖い」と思う反面、「やれば出来るじゃない」とも思いながら声援を送り続けていました。


3点目を奪うチャンスがゴロゴロとしていた展開でもありながら、後半は防戦にシフトしていましたから、ベンチとしてもカードを切りにくかったとも思います。


ピッチ上にもベンチワークにも宿題が残った試合ではあったと思いますが、このところの4試合で積み残した課題に関しては無失点での2点差勝利という結果を残せました。


リバウンドを詰めた先制点、クロスに対して最もファーとなる三人目が決めた追加点。

個人技から点で合わせなければいけないというゴールでなかった得点の形はやはり評価できると思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 後に知る降格[川崎vs札幌@等々力]【J特】

こんばんは


味スタでの熱戦の後、多摩川を越えて等々力へ移動。


「こんな戦い方をしていて最後まで保つのか?」という札幌さんの戦い方でした。


何しろ、10番が最終ラインの中央に位置して、FWがボールを展開。

両翼はじめ各ポジションの選手は走る事が全てだと言わんばかりに上下動を繰り返していました。


数少ない攻撃のチャンスに関して中央と左右が猛ダッシュで駆け上がりますが、そこに配されるボールは工夫の無いロングボール。それに対しての保持はおろか、セカンドチャンスすら期待できないような位置取りが何度も行われていました。


これもJ1の試合、と思って観戦していましたが、そんなアウェイチームの戦い方に付き合うように、チャンスを逸し続けるホームの川崎さんの戦いぶりで、試合終盤までスコアレスの展開は続きました。


結果的には途中出場のレナト選手の素晴らしいゴールで川崎さんが勝利する訳ですが、あのレベルのプレイが出来る選手がベンチスタートという事実が管理人には信じられませんでした。

その後の大チャンスをモノに出来なかった川崎さんのシュートは御愛嬌といったところでしょうか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 存在感[FC東京vs磐田@味スタ]【J特】

こんばんは


5ゲームスチケットの残りも気になる中、優勝争いの只中にいる磐田さんを拝見するために、脚を運びました。


いや、さすがに上位チーム。本当にボール捌きが上手いですね。


試合そのものはフルタイム通じて存在感を示したルーカス選手に加え、後半からはネマニャ選手ターゲットとなった東京さんに押し切られた形となってしまいましたが、個人的には磐田さんの戦い方に興味を抱きました。

特に、最終ラインに戻されたボールが前線へ大きく蹴りだされる事なく、横パスを繋ぎながら、中盤の選手にしっかりと付けられて事、SBからでも大きなサイドチェンジでチャンスを演出していた事は大きな驚きでした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 草津戦前夜[H:草津戦]【J特】

こんばんは


[10/6(土)、7(日) J2リーグ戦 第37節:プレビュー]2位以下は混戦。自動昇格か、J1昇格プレーオフ出場か(J公式)
【J2:第37節 千葉 vs 草津】プレビュー:サイドの攻防、リードしたあとの戦い方で強いメンタルを発揮して勝ちきりたい千葉。草津はダブルボランチのゲームメークでゴールを狙う。(12.10.05)(J's GOAL)


どこをこうすれば、という点が見え辛いだけに、触れるべき点がどうしても試合運びやメンタル面になってしまうのですが、ここ4試合で勝ち点2しか挙げられていないチームが自動昇格の可能性を残している以上、どうしてもそこに触れざるを得ません。


ここに至って尚、実況では戦力レベルについて触れられる事が多い訳ですが、JEFの現状から考えると、1人で2人を相手に出来る、或いは2人を常にマーカーとして引き付けられる選手は恐らく草津戦のピッチにはいないでしょう。


換言すれば、普通に1対1で対峙して相手を圧倒できる選手、解っていても得点を奪える選手が居る訳ではないという事です。


サポとして贔屓目に見て、相手よりも3割増し・5割増しの存在感を示せる選手はピッチ上に散在しているのかもしれませんが、チームとして有機的に繋がって言えるとは思えませんし、時折見せる個々のイメージが重なった場合に得点が生まれていると言えるのかもしれません。


確かに、年俸面や経営規模で見れば他クラブを圧倒しているのかもしれませんが、J1クラブライセンスを得る事の出来なかったチームに対して惨敗を喫している現状からするなら、まずは「出し切る」事が重要でしょう。


もし、選手全員にその意識があったなら、少なくともここ2試合で勝ち点を「4」とは言わないまでも「2」の上積みがあったのではないかと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 堅守も遠くなりにけり[第36節/A:愛媛戦]【J特】

こんばんは

[9/30(日) J2リーグ戦 第36節:試合総括]後半アディショナルタイムの明暗。首位の甲府は劇的な勝利(J公式)
【J2:第36節 愛媛 vs 千葉】レポート:千葉にとっては悲劇のアディショナルタイム。土壇場で追いついた愛媛は千葉から初めて勝点を奪う(12.10.01)(J's GOAL)
試合結果

得点経過からすると非常に残念な結果となってしまいましたが、内容を考えればドローでも上出来という試合でしょうか。

攻勢に出て持ち味を発揮できる(と言うよりは受けに回ると非常に苦しい)メンバー構成からして、先制後に落ち着けるつもりが相手を引き込んでしまったと言える展開でしょうか?

失点に至らずともゴールを割られる事を覚悟したシーンは多々ありましたし、兵働選手のFKで2-1とする直前の交代の意図は解せませんでした。

そもそも、前線でチェイスのために走りまくる藤田選手の代役は一人では困難である、そう割り切ったからこその荒田・深井両選手のスタメン併用だと受け取っていましたので、その二枚を同時に下げてしまうというカードの切り方自体、想定をしていませんでした。

案の定、リードを守るための戦い方を選択したとは言え、その後のJEFはフォアプレスすら満足に行えないほど防戦一方となり、ラストプレイでの得点を奪われてしまいました。


もう一点は、最後のボールに対して身体を張れなかった武田選手に関してです。

あれは兎に角上げさせてはいけないシーンでしたし、ボールに対して背を向けるような仕草はいただけません。

坂本選手が投入された事により、一列前のSHにポジションを移した訳ですが、この時期にああいうプレイで対応してしまう事が、武田選手本人、チームの戦い方、試合の〆方、全てが至らない事を明らかにしてしまいました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!