FC2ブログ

犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 反省は活かされた[第26節/A:岡山戦]【J特】

こんばんは


唯一の得点は右サイド深くまで抉ったSBのマイナスのパスを受けたSHのアシストからでした。

前節になかったピースで得点への道筋をつけた訳ですが、それでも点睛を入れたのが不動のレギュラー兵働選手であったとも言えるでしょう。


今回の控え選手にDF登録の選手が居なかった事を含め、全てはバランスですし、展開の予見に掛かって来るのだとも思います。

何せ、櫛野選手と慶選手以外、オーロイ選手を除いた攻撃陣オールキャストの様な顔ぶれでしたからね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 堅守の突破[A:岡山戦]【J特】

こんにちは

[7/29(日)J2リーグ戦 第26節:プレビュー]勝点40台に9チームの上位争い。甲府 vs 東京Vは首位攻防戦(J公式)
【J2:第26節 岡山 vs 千葉】プレビュー:優れた守備のある両チーム。前節の反省点を踏まえ、「ゴール前の怖さ」を出せるのは、岡山か千葉か。(12.07.27)(J's GOAL)


前回対戦はチーム状況を表すような停滞した内容でスコアレスドローでした。

今回も守備のチーム同士の対戦という事になりますが、混戦の昇格争いでもありますし、どのような戦い方から得点を目指すのかが気になります。


選手起用に関しての監督のコメントもありますし、大岩選手の復帰含め前節からはある程度メンバーの変更があるのでしょうか?


兎に角、順位を上げるには勝利が必要ですし、そのためにはゴールが求められます。

その点では本人の動きそのものは兎も角として、連携面で些かチグハグさが見られたロボ選手の状態も気になりますね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 敗戦の弁[第25節/H:甲府戦]【J特】

こんばんは

[7/22(日)J2リーグ戦 第25節:試合総括]東京Vが首位復帰。中位陣の勝利で上位争いはますます白熱(J公式)
【J2:第25節 千葉 vs 甲府】レポート:前回対戦の反省を生かし、守備重視の現実的な戦い方に徹した甲府が3連勝。工夫が足りずに単調な攻撃の千葉が無得点負けで首位から陥落。(12.07.23)(J's GOAL)
試合結果


先制点の被弾までに得点を奪えなかった事で、細部は兎も角として、アウェイでの展開が攻守所を替えた内容のような試合になってしまいました。


惜しいシーンは色々とありましたが、特に、序盤の兵働選手のボールに対しての相手GKのこぼれ球を決められていれば、と思います。

後半開始からの時間帯で追い付けなかった事もそうですが、個人的にはロボ選手の投入後、手探りだった攻撃に対して甲府さんの守備の対応もやや混乱が見られましたから、そこまでが、狙いの中での勝機だったのかとも思います。


勝ち易くして克つ


シーズン後半戦、改めてそこが課題なのかもしれませんね。


大岩選手の代わりに右SBに入った山口選手。良く務めたと言うべきか、半分しか仕事をしなかったというかはそれぞれの観戦観となってしまうでしょうか?

DFとして出場する以上、ダヴィ選手が相手であろうが守備で仕事をこなして貰わなければ、と個人的には考えていました。その意味で言えば、失点は左サイドからでしたから、右サイドでの守備面は破綻をきたさなかったのかも知れません。

それでも、管理人としての評価は後者でしたし、それ故に、試合終盤にはピッチを去ったのだと考えます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 顕在化した杞憂[第25節/H:甲府戦]【J特】

こんばんは


スタメンに名を連ねた慶選手は兎も角として、スタベンに違和感はありました。

町田選手・大塚選手は不在、ロボ・田中・荒田という各選手が名を連ねていました。

大量得点差を望んだり生まれたりするゲームとは考えていなかっただけに、これは意外でした。


まぁ、アウェイで対戦した際の躍動する選手達の姿からすると、一点突破~全面展開と表現すべきような戦い方を選択する甲府さんの変わり様は信じ難くもあったのですが、補強の姿勢からすれば、堅守をベースに打開を図るスタイルにシフトしている事は想定内でした。


それ故に、構築されたブロックに対して各個撃破を目指すようなスタベン構成が「???」だった訳です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 似たもの同士?[H:甲府戦]【J特】

こんにちは

[7/22(日)J2リーグ戦 第25節:プレビュー]首位争いを左右する重要な上位対決(J公式)
【J2:第25節 千葉 vs 甲府】プレビュー:激戦必至の上位対決で千葉は甲府のカウンター攻撃を阻止し、サイドを攻略して『首位チームは勝てない』ジンクス破りに挑む。(12.07.21)(J's GOAL)

それぞれ外国籍と国内の新加入選手二名が出場可能。主力選手が一名不在。負け犬となる事を避けたい対戦は、ホームアウェイの違いはあれど、似たようなチーム事情で相対する事となりました。


アウェイで勝利を収めた前回対戦時からすると、甲府さんも大分調子を上げているようですし、やはり一筋縄では行かない様に思います。

開始直後はしっかりとブロックで受け止め、プレスで奪う展開で試合を落ち着けたいですし、幸先良く先制点も奪いたいですが、それは相手も同じ事でしょう。

新加入選手がスタメンなのか、控えなのか。レギュラーの不在をどうカバーするのか。

似たような状況と書きましたが、逆にお互いにスカウティングが難しいと言えるのかもしれません。

昇格圏に位置するクラブとの直接対戦ではありますが、混戦続きのJ2ですから、どこが相手であっても勝利を目指さねばならない状況は変わりませんが、無理をすれば強力なアタッカー陣の手痛いしっぺ返しが待っているでしょう。

アウェイの柳の下を狙うのではなく、再びしっかりと戦い、その上での勝利を望みたいですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 夏の人事【J特】

こんばんは

高橋 峻希選手の加入について
高橋峻希 ジェフユナイテッド市原・千葉に期限付き移籍(浦和さん公式)

ある程度続けていると、記録を確認してしまうものですが、あの試合での得点でしたか・・・。

右SH/右SBとしての役割が多かったようですが、3バックが基本の現在の浦和さんでは出場機会の確保が厳しかったのでしょうかね?

五輪チームに帯同した大岩選手の離脱もあり、JEFとしてはSBとしての補強の意味合いが強いように思えますが、CB二名の代わりに大岩選手が入りうる事も考えれば、流動性を持たせることが出来る補強だと受け止めます。

何より、J1での実績がある選手ですし、その実力には期待していいはずですから。もしかしたら、次節のメンバー入りだってあり得るのかも知れません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 左利きのステップアップ[第24節/A:横浜FC戦]【J特】

こんばんは

[7/15(日) J2リーグ戦 第24節:試合総括 ]千葉が5節ぶりの首位に。東京V、湘南、山形、甲府が追走(J公式)
【J2:第24節 横浜FC vs 千葉】レポート:これぞ昇格争いの本番レベル。千葉が格上の守備を見せつけて横浜FCの挑戦を退ける。(12.07.16)(J's GOAL)
試合結果


打ち合いではなく、消しあう展開の中、突然に生まれた先制点。

スライディングを、ジャンプ一閃で交わしつつ、その後の左足でのボール捌きが素晴らしかったですね。


この試合を通じて唯一の得点は兵働選手の個人技から生まれた訳ですが、それ以外での連携の練度の差が出た試合だったのかという印象を受けます。


右サイドでのトライアングル、左サイドから発する深井選手とのパス交換。


特に、ここ数試合で感じている事ではありましたが、田中選手の離脱を受けてなお、足元の技術を活かした速さと突破で相手ゴールを脅かす深井選手の姿が見られなかった事。それで尚、アウェイで勝利を得た事は非常に大きかったと感じています。


この試合に関して言えば、右に大塚選手・左に兵働選手を配した事で、両翼の単騎駆けからといったようなスペース目指した単純なカウンターと言う一発でのチャンスメイクは期待できない(=ベンチは望んでいない)と考えていました。

その部分を左右のSBに加え、右は勇人選手・左は深井選手が自然に絡む事で打開しようとする姿勢が見えた事を興味深く見ていた訳です。


先制した上での交代故に、大塚選手→米倉選手が効果的に映ったのかもしれませんし、そうでなければ、深井選手に代えて大介選手の投入があったのかも知れません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 三ッ沢より勝って帰る。また楽しからずや[第24節/A:横浜FC戦]【J特】

こんばんは


布陣は異なれど、似たような戦い方の両チームというか、まずは守備からと言う姿勢が見えた好ゲームだったように思います。

ホームゲームでもありますし、個人的には大久保・カイオ両選手の高さ強さを活かす戦い方をしてくると思っていましたが、監督交代後からなのか、この試合のみなのかは解りませんが、攻守に渡って横浜FCさんは比較的スマートな戦い方をするチームであったような印象。

前回対戦からすれば、監督交代で守備組織の再構築がなったとも言えますが、逆に言えば、攻撃の容はまだ定まっていない様にも思いました。(2TOPをニアとファーに配してのアーリークロスが無かったのは、ある意味、CBの負担減だったのではないかと感じています)


やはり、圧巻はワンツーから抜け出した兵働選手のスーパーゴールでしたけれど、「MF」深井選手の動きと走り、大塚選手のタメから生まれる右サイドの攻撃、右サイドを攻め立てられた劣勢の中、交代出場した米倉選手の動きで押し返した後半。

満点ではありませんが、勝利に値する、十分に及第点の試合内容だったと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ニッパツで期すもの[A:横浜FC戦]【J特】

こんばんは

[7/15(日)J2リーグ戦 第24節:プレビュー]ますます目が離せぬ首位争い。ダービーマッチにも注目(J公式)
【J2:第24節 横浜FC vs 千葉】プレビュー:第3節のリベンジに燃える「追う横浜」を2位千葉が迎え撃つ。攻めのペースを掴む者に、目標への道が見えてくる。(12.07.14)(J's GOAL)

前回対戦結果があてにならない事は熊本戦京都戦ではっきりしました。

ましてや、横浜FCさんは前回対戦後に指揮官まで変わって、それ以降は結果を出している訳ですから、顔ぶれは兎も角、戦い方は全く変わってしまっていてもおかしくはありません。というよりは、変わっているからこそ、結果が出ているのでしょうし…。

個人的にはどのような戦い方をするチームになっているのかが楽しみでもありますが、そこを注視するほどの余裕は恐らく無いのでしょう。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 変貌[FC東京vsG大阪@味スタ]【J特】

こんばんは


少々前の事になりますが、京都戦の前日には味スタにお邪魔して参りました。


いや、ここのところはお家芸とも言える開始早々のG大阪さんの失点。つまりホームのFC東京さんが先制。


ディテールは異なれど、右サイドの深い位置からの失点と言う意味では前節とあまり変わらない印象を受けました。


2点目はシューターのルーカス選手を褒めるべきとも思いますが、ボールに全く触れられ無かったGKの準備に関しても疑問は残ります。


PKで折角2-1としたのに、前半終了間際には裏への動きに対応しきれず三度の失点。

結果が出ないというのはこういう部分での違いが見えてしまうものなのでしょうか。


後半、1点差に迫り、終盤まで猛攻を加えますが、結局は3-2でホームチームの勝利。


止める、蹴る、保つ、抜け出す。

代表候補や代表経験のある選手個々のプレイを見る限り、G大阪さんは降格圏内に留まっているレベルではありません。

逆に言えば、終盤はホームのFC東京さんを押し込み通しだったのですから、実力が無い訳でも無いと思うのです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 袂を別つ【J特】

こんばんは

マーク・ミリガン選手の契約終了について

そもそもの加入動機が代表監督のアドバイスがあってのものだったようですし、今回の退団も已む無しなんだろうと思います。


初年度には出場緒戦の結果、キャンプを経ない加入や負傷などもあり、代表への想い・ステップアップの意識が強すぎる助っ人に対するリスクを心配した時期もありましたが、水平の軌道を描くロングスローの衝撃は、初めて見たとき以来、サポの心をしっかりと掴んでしまいました。

スピードや体幹の強さは一級で、足元もそこそこ。特に踵の後にボールを回して相手をいなすフェイントに自信を持っていたようですが、スタンドからはその度にハラハラしながら見つめていた事も思い出となってしまいました。

ロングフィードやスペースへの対処も的確ながら、マーカーを外してしまったり、抜かれかけると肩に手をかける悪癖は最後まで散見されたようにも思います。


試合終盤に疲れの影響からかスライディングが増えたり、フラストレーションを溜めての二枚目の警告での退場。

ある意味、スタンドから見ていても反応が解り易い選手だったと思います。


昨シーズンのホーム開幕戦、鳴り物入りのオーロイ選手に直接合わせたロングスローはこれからのJEFサポの語り草となるでしょうし、個人的にはアウェイの徳島戦で陥れられたPKも忘れる事は無いでしょう。

また、今季の巻き返しの嚆矢となった北九州戦、逆転ゴールを決めたのは、彼の積極的な攻撃参加の賜物だった事も忘れてはならないでしょう。


それ故に、愛されたのかも知れませんし、だから、頑張れ!と言えるのでしょうか?


今季の加入から退団までも「らしいなぁ」と言えるのかもしれません。

退団は非常に残念ですが、他のJクラブからのオファーがありながらも帰国を選択したとの事ですから、プレイ環境と言うよりは、より総体的な判断をしたのだとも思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 蛇足の二点も勝ち点は三つ[第23節/H:京都戦]【J特】

こんばんは


[7/8(日)J2リーグ戦 第23節:試合総括]大分が今シーズン初の首位。千葉が迫り、横浜FCが浮上(J公式)
【J2:第23節 千葉 vs 京都】レポート:勝利の獲得を重視した戦い方で、後半に攻撃面を修正した千葉が勝利。反撃の2ゴールは素晴らしかった京都だが、集中力欠如で痛恨の3失点。(12.07.09)(J's GOAL)
試合結果


試合展開はと言えば、予想された通りと言うか、細かくボールを繋いで攻め込む京都さんの攻撃を凌ぎつつ、カウンターからチャンスを伺うJEFという構図。

ペナルティエリア手前辺りから数本のシュートを浴びましたが、いずれも岡本選手が正面でガッチリとキャッチしていましたから、何割かは撃たせたシュートだったのかも知れません。

むしろ、本当にヒヤリとするシーンはオフサイドとならずにDFラインの裏へ侵入を許した際でしたね。

つなぎ倒して崩す、迄に至らない部分が、このところの京都さんの戦績を反映しているのでしょうか?


一方のJEFですが、自陣でボールを奪っても相手の早いプレスに引っ掛かったり、パスミスをしたりとこちらも思い通りの攻撃が中々出来ませんでした。

特に、兵働選手はパスミスやシュートミスのみならず、パスに反応できないなど、前半は本当に心配する出来だったように思います。

逆に、久しぶりのスタメン起用となった健太郎選手は守備面で効いていましたね。また、勇人選手も当りを厭わないプレスに競り合いにと、京都さんを自由にさせないような動きが出来ていたように映りました。

それでも、数本のシュートを放ちますが、こちらも枠に飛ばない事が多く、お互いに得点無く終えるのかという前半。ルーズボールへの対応で、田中選手とサヌ選手が交錯し、田中選手は前半終了を待たずしてピッチを去ります。


戦い方として守備にシフトしていた事はスタンドからでも解りましたが、前半終了間際での田中選手の負傷交代は想定外だったと思います。

殆ど時間もありませんでしたから、HTまで引っ張るという判断もありえたと思えたのですが、決断も早かったですね。そこで起用されたのが、米倉選手でなく、大塚選手だった事に監督の想いを感じたというか。

田中選手がカバーしていたエリアを埋める、という事を考えたら前者かとも思うのですが、結果的には大塚選手の起用が大正解となりました。


深井選手のチェイス->藤田選手の拾い->兵働選手の左足アウトでのラストパス->大塚選手のJEF初ゴール

改めて見返してみると、シュートまでの一連の流れは、美しいショートカウンター。


いや、私のまわりではシュートレンジに走りこんだ大塚選手に対して「撃て~!」「決めろ~!」と大騒ぎでしたし、シュートが決まった後にスタンドへ走り寄った姿には「※&%$%&&~っ!!」と言葉にならないような絶叫が暫く続いていましたね。


これで精神的な優位に立てるかと思った矢先には再びDFラインの裏を突かれて、1対1の状況を作られてしまいます。このシーンをファウル無くしっかりと岡本選手が防いでくれた事が、本当に大きかったですね。(暫くピッチに倒れていた岡本選手と智選手の状態は本当に心配でしたけれど)


その後、ゴール左よりのエリアで得たセットプレイのチャンス。高い位置取りの武田選手を確認していた兵働選手が、ゴール前ではなく、サイドの深井選手へ。マークを背負っていた深井選手も迷わずにフリーの武田選手へと捏ねずにグラウンダーのパス。結果どフリーで武田選手の左足から上げられたセンタリングは、これまたフリーになった藤田選手がピタリと合わせ、追加点。2-0とします。


3点目も圧巻でしたね。そして、この3点目が結果的には勝敗を分ける形になる事となりました。

ボールを奪った智選手からボールを預けられた大塚選手はしっかりと兵働選手へと繋ぎ、そのまま中央を駆け上がる兵働選手がしっかりと相手DFを引き付けてから送られた右サイドへのラストパス。これを左足でしっかりとゴールしたのはなんと智選手。私は最初、大岩選手が良く走っていたと思い込んでいましたし、それ位躊躇ない攻め上りでしたね。


喜びも束の間、落ち着いてピッチに目を向ければ、CKのピンチ。早い弾道はニアサイドでフリーの安藤選手に合わせられて2点差。

更にはラストプレイでクリアボールをボレーで叩かれ、1点差となったところで試合は終了。



1失点目は3得点の油断もあってだとは思いますし、その辺りはまだまだ甘い訳で許容できませんが、2失点目はそれ以上で、明らかに米倉選手の責任だと考えています。

試合の最終盤、敵陣のペナルティ手前まで持ち込んだなら、コーナーでキープするなり、シュートで終えるなり、はっきりとしたプレイが必要でした。

少なくとも、途中交代で投入されながら、追いつかれるような速度で敵陣に持ち込みながら、ファウルを貰いにいったプレイで思い通りに笛が吹かれないからといって、悔しがっていい状況では無いと思います。プレイそのものというよりも、そういった姿勢に不安を抱いてしまいますね。


兵働選手の疲弊の色が濃くなる中、2-0の段階で既に米倉選手の起用をと思い描いていた管理人ですが、それ以外のパフォーマンスもイマイチだったように思いますし、「これではスタメン落ちする訳だ」と妙に納得していた自分を感じます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 返り討ちとまでは言えないけれど[第23節/H:京都戦]【J特】

こんばんは


スコアレスの前半から3-0とした後半。

そこで終えられれば、京の仇を蘇我で討つ、だったんですが、結果的には3-2での最少得点差の勝利。


内容や展開含めれば、手放しで喜べないですが、結果が逆である事を考えれば、結果オーライとすべきでしょう。


特に、結果が出ない試合で相手チームに見せつけられてきた、走る・競るといった姿勢を体現できたのは大きかったですね。


個人的にはポテンシャルに期待していた大塚選手がようやく明確な形での結果を残してくれた事も嬉しい限りです。


また、健太郎選手が獅子奮迅の働きを見せてくれた事が、勝利を引き寄せてくれました。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

[7/8(日)J2リーグ戦 第23節:プレビュー]5チームに首位のチャンス。中位チームも追い上げに拍車(J公式)
【J2:第23節 千葉 vs 京都】プレビュー:勝利なしの悪い流れを断ち切るのはどちらか? 千葉は京都の勝負のバスの出所を抑え、精度や質を高めた攻撃で脅威を与えたい。(12.07.06)(J's GOAL)


言いたくはありませんが、質は彼方のほうが上でしょう。

逆に言えば、そこにどう対応するのかが重要な一戦となるでしょう。


アンカーを置いてでもブロックを形成するのか、あくまでフォアチェックを基本としてボールを奪いに行くのか。

前者を選択すればここ数試合とは人選を変えざるを得ませんし、後者ならば展開次第で惨敗も避け得ません。


いずれにしても、腹の括りようという事になりますね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 容と綾[第22節/A:熊本戦]【J特】

こんばんは

[7/1(日)J2リーグ戦 第22節:試合総括]東京Vが首位へ復帰。湘南、大分は引き分けも順位アップ(J公式)
【J2:第22節 熊本 vs 千葉】レポート:武富孝介の3試合連続ゴールで熊本が千葉から初勝利! 守備対応を含めた狙い通りのゲーム運びで、後半のスタートをきった。(12.07.02)(J's GOAL)
試合結果


敗れるべくして、とまでは言いませんが、やはり勝ち味が少ない内容だったのではないでしょうか?


決定的なチャンスとピンチにはさほどの違いはありませんでしたが、イーブンな終盤で初めての1対1を作らせてしまってはいけません。

スタミナに不安を感じさせるヴェテランと小粒な3名が並んだ中盤ではボール奪取を望みえませんし、勝負どころで相手を離してしまえば、前を向いての仕事もされてしまいます。


ようやく見終えたリプレイですが、こういった敗戦が二回あればたまたまでは無いでしょうし、展開を見ても1発に沈んだとは言えません。


例えば、このところ良くみられる田中選手->深井選手の交代。人体に例えるなら、腕の長さと動きの速さ、指先の使い方がいささか違うだけで、おおまかな動きは変わりません。つまり、相手にとってはやり方の変更を強いられない交代ですね。


相手を混乱させるなら、勝てる勝てないは兎も角、相手を一人引っ張れるオーロイ選手の投入の方が打開に近づきますし、リスクも低減できると考えました。

前回も今回も、自身が優勢ならばホームチームは一枚を捨て駒にしてでも守りきる事を意識しますから、投入の効果は半減してしまいます。

町田選手の投入も、藤田選手が下がる事で対応の変更を予想させるものではありませんでしたね。


そして、さんざん触れているプレイスキックからの得点不足。この試合でも散見されました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 気になるのは実務面【J特】

こんばんは


清雲 栄純氏のアドバイザー就任について
清雲 栄純 トータルアドバイザー退任のお知らせ(大宮さん公式)


第一報を知った時には正直、「なぜ?」という想いが強かったですね。

特にトップチームが昇格ライバルとの対戦に勝利できず、3戦勝利から離れている時期だけに「現場の後任候補か?」とも考えましたが、他力本願の希望的観測でしか昇格を語れない状況なら兎も角、現状はレースの真っ只中ですから、あえてフロント人事でクラブ内に不協和音を起こす事は無いのではないかとも思います。(まぁ、そこを完全否定できない事もまた意識しているのですが…)


この辺りはどうしても「古河出身」というイメージで捉えてしまう部分もあるせいだとは自覚をしているのですが、唐突な発表であったにも関わらず「携わっていただく予定」という表現にも一因はあるのではないでしょうか?

大宮さんでの肩書きも「トータルアドバイザー」でしたから、「アドバイザー」が直訳通りの「相談役」なり「顧問」だと考えれば、報酬額の寡多は兎も角、一般企業でもありうることではありますね。


清雲さんが大宮さんへのご挨拶で触れておられるABC構築のノウハウをJEFにフィードバックしてくだされば、クラブビジョンの実現への具体的な施策として活用が可能だとも思います。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • バックアッパー

こんばんは


大岩 一貴選手 第30回オリンピック競技大会 U-23日本代表予備登録メンバーに選出!

録画等で先日の大会を追ってはいましたが、失点シーンに悪い意味で登場し続けていましたし、OAメンバーの顔ぶれからしても、残れない可能性は大きいと思っていました。

本人のコメントにあるように可能性が残っただけですし、兎に角、しっかりとコンディションを整えて、次に備えて欲しいと思います。


山根恵里奈選手 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)サッカー競技 なでしこジャパン(日本女子代表)登録メンバーに選出!

こちらについては、「やはり残ったか」といった印象です。

先日、初めてプレイを拝見したのですが、ハイボールへの対応や前に出ながらのボール処理に関しては、従来私が抱いていた女子選手のそれではありませんでしたし、その振舞いは試合を通じてキビキビでもドタバタでもなく、「するする」とか「ふわっと」といった慌てている様を感じませんでした。

所謂、スケールの大きさ、と言う意味でも高身長ぞろいの海外勢との対戦での姿を見てみたいですし、本人も何度かチャンスでアピールできなかった悔しさがあるようですね。

オーロイ選手と並んでも不自然ではない恵まれた体躯。今度こそ、満足の行くアピールをして欲しいと思います。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 見事に返り討ち[第22節/A:熊本戦]【J特】

こんばんは


不運なジャッジもありますが、まぁ、狙いも工夫も明確では無かったですね。

ただでさえ単発になりがちな好機。撃つタイミングを待っているのは打ち手だけでなく、受け手も同様です。

ましてやコンディションが悪いのですから、イレギュラーを勘案しての選択を優先すべきなのに、交わす・外す為のそれならば兎も角、整えるためだけの手数なら、間違いなくチャンスは狭まる筈なのに…。


敗戦は痛すぎますが、この時期であった事を幸いと考えて、今後の戦いに望んで貰いたいと思います。

それ以外で言えることがあまりに少ないような気もする敗戦でした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!