犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 熊本戦前夜[A:熊本戦]【J特】

こんばんは

[7/1(日)J2リーグ戦 第22節:プレビュー]後半戦がスタート。夏場の戦いへ弾みをつけたい各チーム(J公式)
【J2:第22節 熊本 vs 千葉】プレビュー:巻き返しを期して臨む後半の初戦。2位の千葉を迎える熊本は、積み上げてきたことをどれだけ出せるか。(12.06.29)(J's GOAL)


熊本さんも復調模様のようですし、アウェイで無敗とは言え未勝利でもありますから、前回対戦はあまり参考にならないでしょう。

九州の地で迎える7月最初の試合となりますが、天候がよくないとのことで、どんな戦いになるのかも想像しにくいですね。

昇格ライバルたちがこぞって上位集団を作る中、リードしていけるのか、離れずに付いていけるのか、或いは…という不安が無い訳ではありません。


逆に、そこでどういう戦いを見せてくれるのかを期待したい部分も多分にあります。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 次への切符は?【J特】

こんばんは

藤本修司選手の期限付移籍について
藤本 修司選手(ジェフユナイテッド市原・千葉) 期限付き移籍加入のお知らせ(鳥取さん公式)

久保裕一選手の期限付移籍について
久保 裕一選手(ジェフユナイテッド市原・千葉) 期限付き移籍加入のお知らせ(鳥取さん公式)


出場機会はおろか、トレーニングですら基本ポジション以外を務めているという話でしたから、発表に寂しさはあれど、驚きはありませんでした。コンバートを本気で試みるならば兎も角、恐らくは編成上の問題でしょうから。


そして、恐らく競争の中で両者に最も不足しているものは、スキルでも体力でも戦術理解度でもなく、それ以外の「何か」なのではないかと考えています。


想いはタイトルの通り。向こうに行って二人でつるんでばかりいない事を願います。


そこを経てはじめて、ポジション争いに参加できるのではないかと、個人的には考えます。

二人とも、遮二無二頑張れ!
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 折り返し【J特】

こんばんは


ちょうど折り返し時点の状況です

勝利試合数は2位(タイ)、敗戦数の少なさは4位(タイ)、引き分け数も4位(タイ)。総得点で2位、失点の少なさ1位。


…そして、順位は2位。

この順位を終盤まで保ち続ける事が出来れば優勝は兎も角、自動昇格は勝ち取れます。

しかし、勝ち点で並ぶ各クラブのことを考えれば、前向きな方でもスムーズに事は進むと考えることは困難でしょうし、元来楽天的でない管理人などは、既にハラハラする思いです。

それでも尚、一時は二桁まで下がった順位を考えれば、連勝中の大量得点が大きかったですね。

逆に、勝ち点がこのレベルで止まっているのは、昇格ライバルと目された京都さん、東京Vさん、湘南さんに勝てなかったから、とは考えていません。

連勝が止まった岐阜戦、先制しながら追い付かれた富山戦、上手く守られた岡山戦など、昇格ライバル以外からきっちりと勝ち点3が奪えなかったからだと考えます。

ましてや、劇的な逆転負けを喫した栃木戦、失点の時間帯すら計算されていたような松本戦など、アウェイでの敗戦も鑑みれば、直接対戦以上の勝ち点を失っていることに気付かされます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 一長一短[第21節/H:湘南戦]【J特】

こんばんは


[6/24(日)J2リーグ戦 第21節:試合総括]山形が3節ぶりの首位に。勝点1差で4チームが続く大接戦(J公式)
【J2:第21節 千葉 vs 湘南】レポート:死力を尽くした激戦は両チームが狙いの形からゴールを奪って引き分け。湘南のハードワークに必死で対抗した千葉は試合運びに課題を残す。(12.06.25)(J's GOAL)
試合結果

前半はコンパクトな潰し合い、後半はオープンな殴り合いといったイメージでした。

逆に、その前半にしかゴールが生まれなかったところがまたこの競技の不思議なところでしょうか?


改めて見直してみると、押された展開の時間帯もあったとはいえ、ホームの利もあっただけに惜しい試合でした。

ただ、それ故になのか、そうでありながらなのかの判断はできませんが、イージーミスも多かった試合でした。


ファーストプレイにはヒヤリとさせされたけれど、その後は良かった後半、JEFの左サイドで打開を図った湘南さんに比べるとそもそもカードの切り方が遅いと感じてはいましたが、ファーストチョイスが米倉選手では仕方が無いのかも知れません。


この試合で起用した米倉・オーロイ・大岩といった選手は味方を引き出すと言うよりは、個の力で1対1の打開を期待すべき選手。その意味ではスタメンフル出場の深井選手も同タイプでしょう。

逆説的ながら、彼の起用ゆえに、個々の選手がチームのピースとして相手を崩す戦いは望み得ないような感じを受けました。(無論、度々深井選手がチャンスを演出したように、結果論でしかないのですが…)


ボールホルダーに対してはチェイスを続けつつ、勇気を持って常にラインを上げ続けた湘南さんとしては、逆に戦い方がはっきりとするメンバーチョイスだったのかとも思います。

逆に言えば、中盤の底から飛び出した大介選手などがパスを選択せずにシュートを選択していれば、セカンドボールへの対応で更なる得点が生まれていたのかもしれません。

それ故に、先制ゴールを奪ったからにはせめて前半はリードを保持して欲しかったとも思いますし、あそこでフリーにしてしまったミリガン選手を責める事もできますが、そういったボールを入れさせてしまった中盤構成にも疑問は残ります。


その意味で、今回の対戦は「勝たねばならない」よりは「負けてはならない」にシフトしたメンバー選考であったのではないのかという印象ではあるのですが、それならば、アンカーには一人、強い選手なり黒子役なりが必要だったようにも思うわけです。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 取りこぼしか、痛み分けか、連敗回避か[第22節/H:湘南戦]【J特】

こんばんは


掲題の通り位置付けが難しい結果と内容でした。

幸先良く先制した割に相手を釣り出す事も出来ず、相手のミスも効果的には突けず。

追いつかれ、その後押し込まれながらも逆転は許さず。

されど、押し戻しても追加点は得られず。


展開からすれば、惜しいと思うのですが、その一方で最終ラインやDFHのボールロストが多発した内容を考えれば、良く1失点で終えられたとも言える内容。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • またも直接対決[H:湘南戦]【J特】

こんにちは


[6/24(日)J2リーグ戦 第21節:プレビュー]前半戦最後の試合。今節も激しい上位争いに興味は尽きない(J公式)
【J2:第21節 千葉 vs 湘南】プレビュー:同勝点で2位の千葉と3位の湘南の直接対決。千葉は湘南に負けないハードワークをしつつ、うまく相手の裏を取る駆け引きをして賢く戦いたい。(12.06.24)(J's GOAL)


時間帯別の傾向を見ると、終盤の得失点がもっとも多い湘南さん。

プラスに働けば勝利をもぎ取り、マイナスに働くと足が止まる、と言うような想像をしてみましたが、勝負は相対的なものですから、単純比較は出来ないのかもしれません。さりとて、湘南さんの今シーズンの看板のようになっている「ハードワーク」すらネガティヴに働きかねない側面はあるのでしょう。


一方のJEFですが、3バックを敷くチームには苦戦しているイメージが強い今季ですし、両サイド裏のスペースの打開からアタッキングサードへの侵入を図りたいところ。

そこで気になるのは武田選手のコンディションでしょうか?回復が思わしくないならば、前節に続いての渡邊選手の起用があるのか否かも気に掛かります。

また、豪州帰りで前節の帯同が無かったミリガン選手。代表での不運な退場から心機一転、再度の招集を目指すためにも、まずはリーグ戦で力を示す機会を欲しているはずです。

この季節にはより一層疲労、消耗が激しくなりますし、そこから来る遅れたファウルでの警告や出場停止も十分に考えられるところ。

レジナルド選手の帰国、ロボ選手の加入など、チーム内での動きもありましたが、ミリガン選手に限らず、控えメンバー含め夏場から終盤までを凌いでいって欲しいものです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • スコアレスな熱戦[川崎vs横浜FM@等々力]【J特】

こんばんは

フクアリでのなでしこ観戦の後、向かったのは等々力。

場外で川崎市民の歌を聞きながら、こちらも席に着いたのはキックオフギリギリ。

フロンパークで購入したスタグルを頂きながらの試合開始でしたが、なんと試合開始早々に中村俊輔が負傷交代。

この影響もあってか4-4のブロックを形成する横浜FMさんを連動する攻撃で崩しに掛かる川崎さん。

受身ながら、横浜FMさんのCBの高さ、強さにGKの好守で失点を許さず、一方では混戦の中、身体を張った川崎さんの守備ももあってスコアレスで前半を終えます。


後半は修正指示もあってか、フォアチェックを強め、高い位置でのボール奪取が増えた横浜FMさんの猛攻にタジタジとなる川崎さんと状況は一変。この辺りはスイッチの入れ方に加え、受けに入ると厳しい川崎さんの陣容を感じました。

動かないスコア故か、ベンチの動きも遅く、戦術的な交代としては後半30分過ぎまで両チームは手を打たず、幾度かシュートに可能性を見せた大黒選手は兎も角として、川崎さんの交替選手はほぼ見せ場が無いまま、タイムアップ。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • なでしこリーグカップ[ジェフLvs浦和@フクアリ]

こんばんは

折角のフクアリ開催でしたので久しぶりとなるレディース戦に脚を運びました。

フクアリ到着が既にキックオフ直前でしたが、先着400名対象の配布物が無くなっておりましたから、少なくともそれ以上の入場はあったのでしょう。


繋ぎの技術ではやはり浦和さんに譲るものの、早いチェイスと時折見せる裏への飛び出しでシュートを窺うジェフL。

前半は右サイドを、後半は左サイドを中心に得点を目指していました。

一方、浦和さんは中央の荒川選手を活かしつつ、左右中央からの攻撃。

特に、時折見られたゴール前でのハイボールの処理や、裏へのスルーパスに対しての山根選手の存在が非常に大きかったように映りました。

高身長ゆえに、ハイボールに対しては心配するシーンはありませんでしたし、DFラインの背後を突くボールに対しても、するするとポジションを上げて無難に処理していました。

その体躯故か、処理の入り方がいい意味で「なでしこっぽくない」イメージでした。

ヘディングシュートをセーブしたり、強烈なミドルをしっかりと弾いたりと、シュートシーンでも安定感がありましたし、一度、飛び出し後を狙われた枠を外れたループシュートが最大のピンチだったのでは無いでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 日本代表など

こんばんは

今更ながらですが、最終予選の3連戦に関して。

毎度苦労させられる緒戦ですがその対戦相手のオマーン代表、さらに二戦目では相性が悪いと危惧されたヨルダン代表。どうなるんだろうかという心配を他所に共にホームで圧勝。

基本ポジションは置いておくとしても、得点を求められる選手が連動しながらもしっかりと得点を狙ってゴールを挙げる。

普段、J2中心の観戦を行っている事もあって、やはり代表選手は上手いなぁ、と感嘆しながら、ポテンシャルを発揮する姿に、強くなったなぁ、そう単純に思いました。アジアカップで感じたそれは一過性のものでは無かったと。

何せ、私の抱く最終予選のイメージと言えば、対戦相手に関わらず、毎回、前線までボールを運びながら、アタッキングサードでの勝負を放棄し、枠に飛ばないどころかシュートを撃つ事を禁じられたかのような内容ばかりで、時にはカウンターからの失点でよりゲームを難しくする、といったネガティヴなイメージでしたから。

逆に、初のアウェイゲームとなったオーストラリア戦は違った意味で心落ち着きませんでした。

豪州代表にJリーガーが多かった事もあり、各クラブのサポーターも所属選手については大きな関心を寄せていたように思いますし、私はやはりJEFサポですから、どうしてもミリガン選手に意識は向かいます。

ベンチスタートを残念に思いましたが、前半早々の途中出場に、twitter上では多くのJEFサポも喜んでいましたね。しかし中盤の一角に入りながらもどこかチームの流れに入り込めないまま、警告。

この辺りでは、まだ「ミルジ…」という苦笑レベルだったのですが、55分の警告での退場は可哀想でした。

No Referee,No Football(ゲキサカ)

こちらでも紹介されているように、このあとジャッジメントは非常に不安定で不可解なものが多くなり、最後まで後味の悪いものに。

ただ、結果としてはライバル相手にドローで終えられた訳ではあるので、3連戦トータルで考えたならば、最終予選の入り方としては上出来なのではないでしょうか?

無論、次の予選で起用するCBなど、気になる部分は残ってしまいましたが…。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 去る人、来る人【J特】

こんばんは


レジナルド選手の期限付き移籍終了について

スタベンすら外れていましたので心配はしておりましたが、全く寝耳に水というか、驚きでした。

正確なボールコントロールと守備でも忠実なポジション取りでチームに貢献する姿勢を常に見せてくれていました。

期限付き満了でなく、終了とある部分で、保有元からの圧力があったようにも受け取れますが、真相は不明です。


第一歩の重さと、遂に見られなかった初ゴールに加え、田中選手の覚醒と米倉選手の戦列復帰が留める理由の欠如に繋がってしまったのでしょうか?


チームとして機能したとは言えませんが、上手さと強さを見せてくれていただけに、もう少し見たかった様にも感じます。


短いコメントながら、誠実な言葉を残してくれたレジナルド選手の異国での活躍を願って止みません。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 鑑のような展開[第20節/A:東京V戦]【J特】

こんばんは

[6/17(日)J2リーグ戦 第20節:試合総括]上位陣の順位が大きく変動。東京Vが千葉を下して首位に(J公式)
【J2:第20節 東京V vs 千葉】レポート:さすが首位決戦!最後まで行方分からぬ好ゲームを制した東京Vは4連勝、単独首位に。(12.06.18)(J'S GOAL)
試合結果


気にしていたコンディションは試合前に具現化してしまいました。

結果論からいえば、渡邊選手の左SB起用は効果的ではありませんでしたし、失点の起因と言う意味では残念なものでした。

ただ、その代えがベンチには無かった事を鑑みても、怪我空けの渡邊選手だけに責を負わせるのも酷な気がします。あのジャッジからすれば、坂本選手が出場していたとしても左サイド方面からのリスタートが増えただけだったのかも知れません。

しかも、ホームで勝ちたい東京Vに先制を許した事で、耐えて受ける展開はJEFではなく相手のものとなってしまいました。

前半に追いつければ、また展開にも変化が期待できたのですが、流石と言うべきか、相手も堅かったですね。


押し込まねばならない終盤、先に出足が鈍ったのはJEF。この辺は連戦と年齢的な問題があったのかも知れません。その点でも、杞憂は現実のものとなってしまった印象です。


オーロイ選手の投入タイミングに関しては色々と皆様の見解もあるのでしょうが、個人的には深井選手の投入と同じであるべきではなかったのかと感じています。

ここまでの深井選手は、自身のシュートレンジでボールを持っても、ドリブルからまずシュートという選択を矯めながら、苦心しながらアタッキングサードで味方に渡すプレイをこなそうと努力していたように感じていました。


しかし、この試合ではカットインして活きるポジションに配された事もあり、サイドでボールを受ければ、まず切り込んでシュートという姿勢に終始したような印象です。

この起用法に関して、管理人とすれば、伊藤選手の投入の意図は兎も角、得点が欲しい状況で大塚・町田の両選手という繋ぐ中で隙を突くチョイスを捨てたと感じましたし、換言すれば細かいビルドアップをベンチが放棄して一発に期待していたように映りました。(逆に、ここでこの両選手を起用する事があれば、疑念の声をあげていたでしょう)

JEFにとっての左サイドの脅威であった西選手は70分で退いていた訳で、その上でコンディションに不安を抱えた上、攻守に効いていなかった渡邊選手を下げなかった事、最終盤までオーロイ選手の起用が無いと言う事に疑念を感じた訳です。(敗戦してもスタイルを貫くなれば深井選手・オーロイ選手の起用は疑問ですし、勝ち点を獲りに行ったのであれば形は歪な上、攻撃の枚数を増やす時間が遅かった様に感ました)


その点では、監督がスタイルに殉じたと言えるのかは、個人的にはかなり疑問を抱いています。


無論、深井選手のカットインからシュートが無かった訳ではありませんが、深井選手投入以前にも米倉選手も同じような動きからシュートを試みていますし、この試合独特のジャッジからすれば、東京Vさんも平面での戦いの方が対応しやすかったのではないでしょうか?


実際、唯一の得点はオーロイ選手のそれであったのですから…。



…はい。タラレバのボヤキはここまでとします。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • しっかり負けました[第20節/A:東京V戦]【J特】

こんばんは


悔しいし、残念ですけど、恥じる事は無いと思います。


失点はCKとPKですから、彼のクラブの得意の形から直接のゴールではありません。


一方、我々の得点は巨人の咆哮と言えるでしょう。


まぁ、もう少しジャッジの特性に合わせる事も出来た様にも思えますが、そこまでには至らなかったと言う事でしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • まずはコンディションから[A:東京V戦]【J特】

こんばんは

[6/17(日)J2リーグ戦 第20節:プレビュー]東京Vと千葉の首位攻防。四国と九州ではダービーマッチ(J公式)
【J2:第20節 東京V vs 千葉】プレビュー:いざ、頂上対決!得点力の東京Vと、守備力の千葉。J2屈指のハイレベルな攻守両極対決を見逃すな!!(12.06.15)(J's GOAL)

1位2位の直接対戦ばかりがクローズアップされていますが、アウェイ-ホーム-アウェイと続く中3日の3連戦の最終戦である事を忘れてはならないでしょう。アウェイとしては近場の味スタですから、移動の負担は他会場に比べて軽微なのは幸いです。


攻撃を信条とするホームチーム相手ですから、JEFとしたら甲府戦同様、試合の入りから閉じた展開を目指すような気がします。その上でなお、阿部選手や西選手など突破力のある選手をどう押さえ、あわよくば得点を窺うのか。


直下のチームに勝ち点を与えない事は重要ですが、「首位決戦」「前半最大の山場」と意気込んだところで、1試合に掛かる勝ち点は最大で3という規定に変わりはありません。

勝負所に弱いという意味では、アウェイでのこの対戦を大勝負にしてしまった、富山戦、岡山戦、岐阜戦の結果こそが問題な
のであって、それ故に試合前から緊張する必要は無いと思います。

その面ではアウェイで対戦済みの京都戦や北九州戦のような状況になっても粘り強く戦えるか否か、折り返し前に至ろうとする時期、精神面での成長や図太さを確認でるのか、には興味を抱きますが。

その意味では東京Vさんも今シーズン上位チームには結果を残せていないという事ですし、お互いに「克己」を目指す対戦と言う事になるのかも知れません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ネギなら甘みも好めど[第19節/H:鳥取戦]【J特】

こんにちは

幾度となくシュートは不発ながら、3得点を奪い、行われた選手交代は以下のようなものでした。

62min 田中選手->町田選手
72min 兵働選手->大塚選手
90min 米倉選手->深井選手


スタンドから見ていて、時間の経過と共に足下がおぼつかなくなり、走れなくなった様に映った米倉選手を残した事は驚きでしたけれど、サイドに配された彼があれだけ出来たのであれば、監督の判断は間違いではなかったのでしょう。

終了間際の深井選手の投入は兎も角として、町田・大塚両選手に関して言えばまず併用が驚きでした。

町田選手のパスにはスタンドからどよめきが起こるほどに周りが見えていましたし、何より素晴らしかったのはボールの受け方でした。対面で遅らせる守備も見せてくれましたが、体格もあってボール奪取には至りませんでした。

大塚選手はゴール前で幾度となくボールに絡みましたが、ゴールはおろか、シュートも多くはなく、結果的にPKを献上する事となってしまいました。

中3日が続く3連戦の2戦目。快勝といって良いスコアながら、何となくすっきりしなかったのは、ベンチの意図は兎も角、ピッチ上での意志が見えなかったからでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • もう少し辛味が欲しかった[第19節/H:鳥取戦]【J特】

こんばんは

[6/13(水)J2リーグ戦 第19節:試合総括]千葉が今季初の単独首位に。東京Vが3連勝で2位へ浮上(J公式)
【J2:第19節 千葉 vs 鳥取】レポート:サイド攻撃が機能した千葉と、サイド攻撃を生かしきれなかった鳥取。決定力の課題を残しつつも勝った千葉が首位に立つ。(12.06.14)(j's GOAL)
試合結果

前回、面白いとは言いがたいと言う表現をした訳ですが、特に腐したい訳ではありません。

ただ、奪った3得点が綺麗だった事もあって、ゴールの目指し方、狙い方が試合っぽくなかったような印象を受けました。

換言すれば「一発で獲ってやろう」という選択が多かった試合でなかったかと。


幸先が良いと言えばそうなのですが、パスカットではなく、プレゼントパスのような明らかに相手のミスから生まれた先制点で有利に運べた試合。

それでも、2点目の前には飛び出した岡本選手の穴をカバーした智選手のヘディングでのクリアがありましたし、3点目の前には抜け出されかけた段階でのファウル判定で事無きを得ました。


また、2得点目3得点目に関して言えば、大岩選手のボールに対して、中が撃たずに一番外の兵働選手の左足。


ざっくりと言ってしまえば、ラインの高さが違うだけで似たような形での得点。


鳥取さんもこれまでの失点の多さの実績通りと言いますか、試合を通じての精力的なフォアチェックに比して、中盤で人数を掛けてもボールを奪えない、ライン取りは微妙、ゴール前では外に付ききれて居ないのに中が足りない、というような不思議な守備だったように思います。


そして、中盤の底にはそれぞれ飛び出しとチャンスメイクを狙う二枚。


事実、失点シーンまでの流れを見れば、3点リードしているにも関わらずCKではCBが上がっていた訳で、ハンドを犯した大塚選手を責める事は簡単ですが、本来クローズすべき終盤になって、チームとして相手の戦い方にお付き合いしてしまったなぁという印象が拭えません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ネギを背負っていたのは・・・[第19節/H:鳥取戦]【J特】

こんばんは


普通にフットボールの試合としてみたら、面白いとは言いがたい試合でした。


スコアとしては3-1でしたが、もっと取れていても、取られていても不思議ではないゲームだったように思います。

いずれにしても、アウェイチームが開始一分でゴールに直結するミスを犯してしまった事で、JEFのアドバンテージはかなり大きなものとなりました。


スタンドから感嘆とも歓声ともつかない声が出ていた、町田選手のプレイはもっと長い時間見てみたい気もしますが、体力任せのプレイを選択しない鳥取さんゆえかもしれません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ネギだからってカモじゃない[H:鳥取戦]【J特】

こんばんは

[6/13(水)J2リーグ戦 第19節:プレビュー]僅差の首位争いの行方は。中位陣も参戦を狙い激戦の予感(J公式)
【J2:第19節 千葉 vs 鳥取】プレビュー:現在はリーグ最多失点だが、本来はしぶとく粘り強い守備の鳥取。千葉は労を惜しまない動きで鳥取に隙を作らせ、隙を見せずに戦って勝ちたい。(12.06.12)(J's GOAL)


連敗を避け得たのが前節の甲府戦ならば、改めて連勝を目指すのが今節の鳥取戦と言う事になります。

過密日程の中とは言え、相手は下位に沈むチーム。前々節の反省が身になっているかを確かめるには格好の相手です。

相対的な順位の差や、日程に惑わされず、目の前の相手だけに注力できるか。

そこだけに注目してスタンドで試合に臨みたいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 還って来た矛[第18節/A:甲府戦]【J特】

こんばんは

[6/7(木)9(土)J2リーグ戦 第18節:試合総括]山形が首位キープ。千葉は2位に浮上し、湘南は9試合ぶり白星(J公式)
【J2:第18節 甲府 vs 千葉】レポート:悪くないのに先制を許すという悪習を改善できずにJ2ビッグクラブ・千葉に敗れた甲府(12.06.10)(J's GOAL)
試合結果
【J2:第18節 甲府 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント(12.06.09)(J's GOAL)


波状攻撃を受けていた前半の劣勢の中、CKを凌いだ辺りで確認できますが、左右のSHのポジション変更が効果的だったように思います。これまでも試合中の選手交代に伴うポジション変更などで見られた田中選手の左SHですが、この試合に関しては自陣深くで窮屈そうに守備に追われていた様は、やはり本来の姿では無いように映りました。

青写真ではカウンターの際の独力でのカットインを期待したのかも知れませんが、そもそも、それが出来うるエリアへの侵入があったかどうかという位、前線へ姿を現せていなかったように思います。

ところが、サイドを変えた途端、兵働選手は右サイドへボールを供給し、田中選手は深くまで駆け上がってアシストをマーク。

この辺り、連携を深めつつある両サイドのSHとSBとの関係もあるのでしょうか?確かに、左サイドに関わらず今期はSBの位置取りがはっきりと好守のバロメータとなっている訳ですが。

特に左サイドの守備時では武田選手の良さであるクロスが活きないというか、右SBの大岩選手ほどの対人の強さを求る事が出来ませんし、この試合の終盤にも見られたように明確にそこを突いてくるチームがある位ですから、受けに回れば弱さは否めません。(あくまでポジションとプレイヤーにクローズアップしてみれば、と言う点でです)


一方、フィジカルと言う意味では米倉選手の復帰は大きいですね。

相手選手と絡み合いながらのドリブルやハイボールの競り合いが期待できますし、藤田選手がサイドに流れた場合には、飛び込んで行くだけでなく、中で張って待つ事も可能です。

今期は中盤の選手としての起用から一転し、明確にアタッカーとされた事で、我々も開幕への期待を抱いた訳ですが、ちばぎんでの負傷離脱から、見事な凱旋を果たしたと言えるでしょう。


その一方、派手なシーンこそありませんでしたが、勇人選手や健太郎選手の健闘も試合を通じて光っていました。


展開からすれば物足りなさを感じる一方で、試合前には最悪でも引き分けを祈っていたのですから、これだけ前向きに試合を捉えている自分自身、勝手なものだと思っている管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 盾の明暗[第18節/A:甲府戦]【J特】

こんにちは

甲府さんの慎重な姿勢、JEFはアウェイ仕様といったクローズした立ち上がりでした。

「しかし」なのか「やはり」と言うべきか、時間の経過と共にホームの甲府さんがテンポ良くボールを廻し、右から左からだけでなく、ミドルレンジからもJEFゴールを脅かしました。この辺りはゲームプランと気持ちの部分と両方の影響でしょうか?

そんな中で、中盤でのパスカットからのカウンターで米倉選手の先制ゴール。

現地の大勢の方々同様、私は即座にゴールとは解らず、ゴール裏に向かって笑顔で両腕を挙げた岡本選手がゴールを教えてくれたような状態でした。

その数分後には米倉選手がPKを獲得し、キッカーはなんと智選手。堂々とゴールネット中央を揺らしての追加点。

更に前半終了間際には藤田選手へのスライディングにより、ドウグラス選手が退場と勝利に対する条件はどんどんと整って行く様な展開となりました。


人数的な有利で迎えた後半ですが、再三のカウンターで追加点を奪うどころか、時間の経過と選手交代に伴う様に一人少ないながら攻勢を強める甲府さんに対して、防戦の度合いは深まりながらも、何とか無失点でタイムアップ。

アウェイでしっかりと勝ち点3を手にして次節を迎えられる事となりました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 最後の部分は矛と盾?[A:甲府戦]【J特】

こんばんは

[6/7(木)9(土)J2リーグ戦 第18節:プレビュー]首位攻防、上位対決、ダービーマッチなど好カード満載(J公式)
【J2:第18節 甲府 vs 千葉】プレビュー:自信と確信を手にするために、J2のビッグクラブ千葉を倒したい甲府(12.06.08)

無得点の上に失点を喫し、連勝が止まった前節。アウェイで甲府さん相手に再スタートを計ります。

得失点にそれぞれ5点上回っていますから、得失点差は10ありますが、勝ち点差は僅かに3。順位の違いは2でしかありません。


何となく、目指す部分はお互い似ている気もするのですが、最大の違いは甲府さんの強みが2人のアタッカーなのに対して、JEFの強みが智・竹内選手で構築する守備陣という点でしょうか?


二人のCBを中心として二人のFWに負けない事は勿論ですが、そもそも直接の競り合いをどれだけチームとして回避できるかも重要な気がします。


そして、孝太選手の出場はあるのでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • お手本はJEFより得てそれよりも堅し[第17節/H:岐阜戦]

こんばんは


[6/1(金)2(土)J2リーグ戦 第17節:試合総括]山形が首位復帰。東京Vが4位へ浮上し、横浜FCは5連勝(J公式)
【J2:第17節 千葉 vs 岐阜】レポート:岐阜が球際の強さや気迫あふれるプレーで『お手本』の千葉を上回って勝利。本当の意味で戦えていなかった千葉は連勝もホーム無敗も止まる。(12.06.03)(J's GOAL)
試合結果

【J2:第17節 千葉 vs 岐阜】行徳浩二監督(岐阜)記者会見コメント(12.06.02)(J's GOAL)
【J2:第17節 千葉 vs 岐阜】試合終了後の各選手コメント(12.06.02)(J's GOAL)


さて、ピッチは岐阜さん守備の独壇場でしたが、JEFの攻撃面はというと、パスがずれたりスペースで重なったりと、全くチグハグでしたし、それならという独力の突破は悉く各個撃破でした。


翻ってのベンチワーク。

マイボールの際、最終ラインの前でボールを触っている大介選手が頻繁に見られる試合は攻めあぐねている試合ですし、試合展開からすれば、預かったボールをスムーズに前に展開できない健太郎選手との対比で後者が交代する事は理解できました。

ただ、兵働選手が一列下がって、大介選手がスペースを作る動きをして、勇人選手がそこを衝くと思った管理人の想像とは違った布陣での交代でしたね。この日のベンチメンバーには大塚選手も町田選手も居ませんでしたから、それを期待できる前目の選手は大介選手だけだったの思うのですが。(この辺り、皆さんはどう見ていたんでしょう?)実際に勇人選手が上がることで大介選手が残らざるを得ないシーンも多かったですし・・・。


そして、2枚目の交代は正直想定外でした。ポイントやフィジカルという意味では、負傷明け始めての公式戦となる米倉選手の起用よりはレジナルド選手が効果的に思えましたし、SBに下がった田中選手に期待できる運動量は残っていませんでしたね。その後藤田選手を下げてオーロイ選手を投入するなら、尚の事、クロッサーとしての両選手は高い位置でプレイしていて欲しかったと思います。


試合を通じて色々と不満のあったジャッジですが、確認してみると失点シーンは見事にオンサイドですね。放たれたシュートがが脚から大分離れても、最終ラインにすら岐阜さんの選手は掛かっていませんでした。

その一方で米倉選手のポジションはやはりオフサイド。あれだけ派手にシュートする意志を示してしまえば、やはり無関係とは言えないでしょう。


不満だったのは、まるでラグビーのモールのようなシーンで倒れた選手周りにボールがあってもプレイが止まらなかった事。

第二には、ファウルされた側に対して不可解なやり直しが多かった事でしょうか。


あれだけタッチに切ってくれた展開ですから、ミリガン選手の不在も痛かったですが、まぁ、そこを鑑みてもスタベンに偏りがあったようにも思いますし、諸々のプレッシャーに加え、灼熱の大分戦による目に見えない疲労があったのかもしれません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 5月は遠くなりにけり[第17節/H:岐阜戦]【J特】

こんにちは

不安は杞憂に終わらず、見事に0-1の敗戦となりました。

無得点は兎も角として、CKへと繋がるボールロストも、シュートに繋がる中途半端なクリアも声を掛けるだけで避けられましたね。

いくら相手が守備的な戦術とは言え、いや、だからこそ、そういうチャンスを虎視眈々と狙うはずなのに。


寝ぼけた挙句、失禁までしてしまったような試合と評すればいいのでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

[6/1(金)2(土)J2リーグ戦 第17節:プレビュー]白熱の首位争い。下位チームの奮起、ダービーマッチにも注目(J公式)
【J2:第17節 千葉 vs 岐阜】プレビュー:連勝記録更新がかかる千葉はミスの減少とハードワークがポイント。岐阜はサイドの攻防を制しながら鋭いカウンター攻撃で得点したい。(12.06.01)(J's GOAL)


素晴らしかった5月は全勝で終了。これからは益々気温も湿度も厳しい季節を迎え、コンディションの調整には一層の注意が必要な時期となります。

6月の緒戦は土曜の夕刻。ましてやクラブ新記録の7連勝を賭ける試合となれば、観客動員にも大きな追い風でしょう。

逆に言うならば、首位を伺うJEFが最下位に沈む岐阜さん相手にホームでしっかりと勝利出切るのか、という事にもなりますね。


上記のような好条件のプレッシャーに負けず、落ち着いて戦いに望み、しっかりと勝利を得られるか否か。

その辺りが、昇格や優勝を目指す資格に通ずるのではないか、と岐阜戦前の管理人は考えています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ライバルという仲間【J特】

こんばんは

初の大分遠征にして、自身二度目となる久しぶりの生ニータンとの対面。いつ以来かと確認してみたところ、ほぼ2年11ヶ月振りでした。(確か、等々力での川崎vs大分戦に宣伝部長として出張していました)

「打倒!!千葉」なんて鉢巻を締めながら管理人にもポーズを決めてくれたニータンに敬意を表しつつ、以下について。


大分トリニータ「J1昇格支援金」についての代表取締役 青野浩志 記者会見内容(PDF)
支援金募集のご案内
大分トリニータJ1昇格支援金の受付金額について
支援金活動において皆様から頂いたご意見やご要望について<追記>

(以上、大分さん公式より)

ご存知の方も多いでしょうが、大分さんのJ1昇格支援金活動。試合当日はスタジアムにブースが設けられていました。

5000円と聞くと少々敷居が高い印象もありますが、それは「一口」であって「一人」5000円ではありませんので、持ち寄って一口にする事もできます。また、ゆうちょ銀行に御自身の口座があれば、ATMなら手数料無料で手続きが可能です。

様々な意見、賛否両論あるでしょうが、以前からのご縁もありまして、結論から言えば、この活動に管理人は協力しました。

売り上げの一割を利益として計上しながらも、負債額はクラブライセンス基準を満たせない見通しという事実に驚きましたし、再生に向かって歩を進める大分さんの姿勢には共感できます。

7000人のシーパス顧客。3000人もの動員をかけられるスポンサーが付いている事や、大都市圏でないにも関わらず、5桁の入場者を計上できるJ2クラブはそう多くは無いでしょう。

また、清武選手、西川選手や梅崎選手や東選手など、大分ユースから巣立って行った才能はA代表はじめ世代代表で名を馳せています。

とまぁ、色々理由付けは出来るのかもしれませんが、なにより、これからJの舞台で対戦できなくなるのは寂しすぎますからね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!