犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • スタッツでは劣った勝利?[第16節/A:大分戦]【J特】

こんばんは

[5/26(土)27(日)J2リーグ戦 第16節:試合総括]京都が今シーズン初の首位。千葉が2位へ浮上。横浜FCは4連勝(J公式)
【J2:第16節 大分 vs 千葉】レポート:したたかな戦い方が勝負を呼び込む。千葉が堅守速攻で2位に浮上(12.05.28)(J's GOAL)
試合結果

スタッツを眺めればシュートとCKは同数ですが、GKやオフサイドの数からすると、より大分さんが攻めていたゲームと言えるのでしょうか。


試合の入りから見ていると「これは厳しい試合になるなぁ」と思える様な内容ながら、やはり流れはホームの大分さんペース。

ここで仮に三平選手や森島選手のヘディングが先に決まっていたなら、その後の展開も内容も、或いは結果も大きく異なっていたかも知れません。


先制ゴールとなったCKからの智選手の動きですが、スカパー!解説の増田さんはミリガン選手のスクリーンについて触れていましたが、はじめに間に入った田中選手との打ち合わせの結果としてミリガン選手を壁に使ったようにも見えますね。(当のミリガン選手はファウルをアピールしていましたし・・・)

いずれにしても、フリーからのヘディングがゴールネットを揺らした事によって、JEFとしてはゲームプランの整理が容易になりました。

先制後、更に隙を突いたり、追加点を挙げられるチャンスを拡げられなかった事が本当に残念でしたが、展開からすると順当なスコアだったようにも思います。


結局、後半にも右サイドから田中選手のクロスに藤田選手が合わせた段階で試合としてはある程度安堵出来ましたが、それでも岡本選手のビッグセーブなど、磐石の逃げ切りとまでは言えませんでした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 6連勝 5月全勝 2位浮上 [第16節/A:大分戦]【J特】

おはようございます

早い時間帯でのCKから智選手の先制に後半の藤田選手の追加点。

怖いシーンは何度もありましたし、岡本選手のセーブにも救われましたが、結果は大銀で大分さん相手に2-0の勝利。


好天の13:00キックオフと言う事もあり、時間の経過と切り返しのための踏ん張りが出来ないほど消耗しており、深井選手は途中交代、傍目にも明らかに疲労が見て取れたにも関わらずフルタイム出場した藤田選手などは試合後の選手挨拶で腕を満足に挙げられないほど疲弊していました。


6連勝も達成し、振り返ってみれば5月を全勝で終え、遂に2位浮上。

4月の末に描かれる筈だった目標に対して、ようやく一月遅れで自動昇格圏内までに至りました。

無論、まだまだ途中経過ですが、まずはこの連勝を素直に喜びたいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 掛ける物、欠けた者[第16節/A:大分戦]【J特】

こんばんは

[5/26(土)27(日)J2リーグ戦 第16節:プレビュー] 山形、京都、千葉が注目の首位争い。上位進出を狙うライバル(J公式)
【J2:第16節 大分 vs 千葉】プレビュー:今節屈指 の上位対決。我慢比べを制するものが勝利す る。(12.05.26) (J's GOOL)



着目点は自陣での右サイド。相手の前線での左サイド。


無論、そこだけで試合が決する訳ではありませんが、勝敗を決めかねないポイントだとも考えます。


務めるのは坂本選手か他の誰かか。

一方、普通に考えるなら攻め込んで来るのは村井選手。

やはり攻守両面で激しい戦いとなるのでしょうか?


そして、そのクロスを中央で伺う高松選手や森島選手を迎え撃つ竹内選手と智選手。

不安と期待のタネは尽きません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • リーグ戦を離れて【J特】

こんばんは

5月21日(月)のトレーニングマッチの結果について
トレーニングマッチ(良太選手公式)
練習試合結果 ジェフユナイテッド千葉戦(FC東京さん公式)
練習試合結果(FC東京さん公式)

FC東京さんのTG参加メンバー情報からすると、塩田選手は兎も角、負傷明け最初の加賀選手に手とはいえ骨折の田邊選手。それ以外では中村選手はじめ出場が殆ど無いメンバーに加えてピッチ上にトップチーム以外から2名という顔ぶれですから、大量得点や無失点に関しては相当割り引いて考える必要があるのでは無いでしょうか?

逆に、このところあまり話題になる事が無かった藤本選手がCBやプレイスキッカーを務めて2得点を挙げたという点も気になりますし、JEFの出場メンバーに試合そのものよりも喜びがあります。大岩選手とミリガン選手が不在になっても、ポジションを埋める選手層が戻ったと言えるのではないでしょうか。(草津戦で負傷した荒田選手はまだ掛かるのでしょうが・・・)

今期の出場実績は兎も角、昨年までの主力メンバーも数多いですから、やっと1/3を過ぎた日程を鑑みても頼もしい気がします。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 不思議な勝利[第15節/H:熊本戦]【J特】

こんばんは

[5/20(日)J2リーグ戦 第15節:試合総括]山形が逆転で首位キープ。京都、千葉が連勝で順位を上げる(J公式)
【J2:第15節 千葉 vs 熊本】レポート:熊本の守備の甘さやミスを見逃さず、前半のゴールラッシュで5連勝した千葉。熊本は後半に反撃するも相手GKの好守で無得点に終わる。(12.05.21)(J's GOAL)
試合結果


中盤の辺りの当りの強さに比べると、ゴール前に入ってくるボールに対して一番熱くあるべきニアサイドでの先制点の被弾。

中央でのパス回しが許されるほど空いたバイタルからのフリーのミドル。

その直後には右サイドから再びニアを衝かれての失点。


ブロックをしっかりと作って堅守するといった従来の熊本さんのイメージは、殆どありませんでした。

キックオフから奇襲のような攻勢を掛けてきましたが、そう出てきた以上「少なくとも10分~15分までは守勢が続くだろう」と見ていましたので、あっさりと奪えた先制点から、この攻撃は守備に自信を抱いてのそれでなく、チームの状況を勘案した上で取捨選択での攻勢であったのかも知れません。


シュートも、それまでも展開も美しかった(パス交換から当たり前の様にアタッキングサードに侵入してシュートを放った)大介選手のゴールに管理人は鳥肌を立てましたし、トレーニングの成果をしっかりと見せ付けた大岩選手のクロスからの田中選手のゴールでほぼ勝利は確信しました。


その一方、果敢にシュートチャンスを伺いながら、大介選手のゴールに加え、結果的に田中選手のゴールのアシストをすることとなった深井選手も得点が欲しかったろうなぁ、と思わない訳ではありません。


しかし、録画を改めて見直してみると思っていたよりは意外に深井選手の表情が険しくない様な印象も受けます。

終盤、2TOPを両助っ人が務めましたが、個人的には深井選手を前に、レジナルド選手をサイドに置いた方がチームとしては落ち着くのではないかと考えていました。

逆に、その状況でもサイドに深井選手を置き続けた監督の胸の内が気になる管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 4得点、無失点、5連勝[第15節/H:熊本戦]【J特】

こんばんは

キックオフ前に行われたエンドチェンジ。「またか・・・」と言う思いと共に発せられたブーイングこそが、ヤックス様への感謝でいっぱいだったJEFサポの気持ちに火をつける事になったのでしょうか?

今期のJEFが終盤に劇的な勝ち越しをするチームであれば効果的だったのかもしれませんが、出場機会を漸く掴んだGKにとっては酷な選択だったのかも知れません。

前半20分余りで3-0という試合をほぼ決めてしまったスコアは俄に信じられませんでしたし、反撃を耐え凌ぐ展開が予想された後半早々に追加点を奪った事で、心配は怪我と余計な警告へとシフトしていたように思います。

無論、無失点はもとより、追加点を奪って欲しいという願望はありましたし、攻めるのか守るのかのメッセージを改めて出して欲しいと考えていましたが、実際にそれを成す為には交代カードのタイミングがかなり遅かったようにも感じました。

結果として岡本選手の勇姿を必要以上に見る事になってしまった訳ですから、この辺りは選手だけでなくベンチ含めての改善を願いたいですね。

まぁ、それでもスコアの変動はなく、お馴染みになってきた大脱走からのタイムアップ。愛媛戦よりは些か余裕がある得点差で1万人の歓喜の瞬間を迎えました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

[5/20日(日)J2リーグ戦 第15節:プレビュー]戦いは中盤戦へ突入。激しさを増す順位争いから目が離せない(J公式)
【J2:第15節 千葉 vs 熊本】プレビュー:最近は失点が少ない熊本の守備を崩し、優勝のためにも5連勝といきたい千葉。熊本はセットプレーとサイド攻撃で得点力不足解消を狙う。(12.05.20)(J's GOAL)

大勝にもかかわらず、前節後、多くの方が心配していたポゼッション。

その意図が、持たせていたのか、持たれていたのかによっても評価は大きく変わるでしょうし、その観点からすれば前半は後者、後半は前者の度合いが強かったようにも思えます。


さて、今期2勝と振るわない戦績のようですが、熊本さんは「持たせる」事をベースに戦ってくるチームになるのでしょうか?

ここ暫くホームゲームで常に感じるもどかしさ、時折見せられる鋭いカウンターに加え、これからは暑さのための消耗も考えなければなりません。


久々の晴れ予報となるホームゲームですが、野津田では給水に苦労された方も多かったようですし、これからはサポも水分の確保と補給に気を配る必要がある季節になりました。

暑い季節、確かに冷えたBeerも美味しいですが、熱中症や脱水症状には特に気をつけましょう。


ただ、いつにもまして美味しそうなBeerが販売されるようなんです。

5月20日(日)熊本戦にて千葉県南房総市物産展を開催!

更には昨年も大盛況だったヤックスマッチデーのイベント。

5.20 熊本戦 ヤックスマッチデー イベントについて
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 早いもので【J特】

こんばんは


14節を終えたことで、J2レギュラーシーズンの1/3が終了しました。

ここまでの戦績はこちらにある通り、勝ち点27。

勝ち点で4位、勝利数および敗戦数の少なさは同率ながら3位。総得点は2位、総失点数は最も少ない8。得失点差はなんと1位。

新監督の急造チームにしては上々と言える反面、昨季には首位争いする立場であった事を忘れてはならないかも知れません。


一昨年同様、昨年も画餅に終わったシーズンですし、特に日程面など単純比較は出来ないのですが、昇格クラブの順位は目安として確認しても良いのかもしれません。

まぁ、そういった部分を差し引いても、個人的には内容の割に勝ち点を挙げている、と言う印象ではありますが。

ちばぎんでの米倉選手の負傷・シーズン開始後の勇人選手の負傷。

こういった事態に直面しながら、浮き足立つ事がなかったのは、智・兵働両選手の存在抜きには語れないと思いますし、その意味では、監督の手腕と言うよりは、シーズン中にレジナルド・大塚両選手の加入を実現させた補強人事が功を奏したという気もします。

前者は直接的に、後者に関してもポジションチェンジやメンバーチェンジの影響を考えれば、スケジュールされていない事態に関しての対応。

シーズン前の構想からは消えていたミリガン選手の復帰含め、穴埋めどころか幾分かの上積みがあったのでしょうか?

主力選手が複数名、期限付き移籍である事には些かの不安もありますが、この時期でC契約選手が2名A契約に至っている訳ですから、育成と言う部分でも及第点かと思います。


これからは「繋ぐ、そしてその先は?」という事にもなるのですが、そこから先はもう少し眺めてみないと解らないのかも知れません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 赤の迫力[川崎vs浦和]【J特】

こんばんは

前回から中3日、リーグと、再び等々力にお邪魔してきました。

ポゼッションを志向する両チームの対戦でしたが、鍔迫り合いは10分位までだったでしょうか?

パスワークから両サイドへの大きな展開でチャンスを作る浦和さんが攻勢を強める反面、川崎さんの攻撃は時間の経過と共に単発にして独力の行き詰まりを感じました。

相手陣内でパスコースを持ちながら華麗なサイドチェンジを繰り出す浦和さんと、同サイドですら外にパスが出せない川崎さんとのコントラストは深まるばかりでしたので。


前半のうちにペナ左サイドを崩し、最終的には柏木選手が押し込んで浦和さんが先制。

守備の際には5-4-1のようにさえ映った浦和さんのブロックはかなり強固に思えましたし、ラインは低いばかりでもありませんでしたから、この得点は重かったと思います。


後半に入り、ベンチに置いたケンゴ選手と矢島選手を出場させ、打開を図りたい川崎さんでしたが追加点は再び浦和さん。

宇賀神選手の左サイドからのカットインからの強烈な弾道がゴールネットを揺らします。


後が無い川崎さんは攻勢を強め、何度もペナルティエリアまでは侵入したのですが、数多くのCKもゴールには繋がりませんでした。蹴られるボールの質は色々と変化をつけていましたが、浦和さんに対して劣勢であった絶対的なサイズの差を埋めるには至らず、スコアボードの変化は最後までありませんでしたね。


得点に手間取る川崎さんを尻目に、選手交代の関係でポジションを左WBから右のWBに移した宇賀神選手がループ気味に駄目押しのゴール。

試合は0-3で浦和さんの勝利となりました。

温存なのかテストなのかを図りかねるスタメン構成で試合に臨みながら、後半からはベンチに置いた主力の両選手を使わざるを得なかった川崎さんとすると、この敗戦はかなり手痛いものだったのではないでしょうか?


まぁ、第三者が勝敗を意識せずに見ることが出来るゲームとしては、かなり楽しめた一戦でした。

特に浦和さんのアタッカー陣のスピードと技術、そして次のプレイへの選択は見ていて唸るようなレベルでしたね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 既に3人目[川崎vs柏@等々力]【J特】

こんばんは

【J1:第11節 川崎F vs 柏】レポート:柏の縦方向の揺さぶりもあり、中盤を作ることができなかった川崎F。数字でも内容でも完敗(12.05.13)(J's GOAL)

町田戦とのエントリ順序が逆になってしまいましたが、12日には等々力にお邪魔してきました。

今回、前回前々回と指揮官が異なる川崎さんと今期なかなか調子に乗れない昨季王者の柏さんの対戦。

特にどちら寄りという観戦ではありませんでしたが、心情的には比較的柏さんに傾いていたでしょうか。

そんな中でもレアンドロ・ドミンゲス選手やワグネル選手の技術の高さは十分に発揮されていましたし、海外移籍が噂される酒井選手の攻撃参加も迫力がありました。

ただ、両チーム共にシュートチャンスに「え”~」と言った悪い意味での驚きが大きかった試合でしたから、スタンドで風に曝され続けた身としては、少々残念な内容だったようにも思います。

先制も泥臭いと表現すればそうなのかも知れませんが、何となく柏さんならその前でスムーズに決める事が出来たのではないかとも感じました。

川崎さんの攻勢を凌いだ後半のアディショナルタイム、それまでゴール前ではブレーキ(と言うか些か邪魔な位置取り?)だったワグネル選手がゴールを挙げ、0-2でアウェイの柏さんが勝利。見事昨季のリベンジを果たしました。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 大勝ゆえに[第14節/A:町田戦]【J特】

こんばんは

[5/12(土)、13日(日)J2リーグ戦 第14節:試合総括]首位の山形と2位の湘南は引き分け。京都、千葉が首位接近(J公式)
【J2:第14節 町田 vs 千葉】レポート:千葉が大量6得点で4連勝。スプリント、ラストパス、フィニッシュの質が決め手だった(12.05.14)(J's GOAL)
試合結果

前回はああ書きましたが、大量点にハットトリックですから現地では管理人も相当喜んでいました。


ただ、先制点も追加点もですが、似たような形からの左サイドからのいきなりのシュートに関しては、今期のJEFは従来狙うことが無かった訳ですし、その後の4点も、狙ったと言うよりも、「ただ裏が空いていた」という表現が正しいような気がします。

ハッキリ言ってしまえば、相手との駆け引きで裏を突いた訳でなく、ポゼッションの打開策として狙った訳でもありませんでした。換言すれば、ケアが無かったから、出して走って決められたという表現も可能でしょう。

無論、ピッチの半分を疾走して相手ゴールに迫った選手達の活躍を否定する訳ではありませんが、まぁ、それでも最後までスタイルを貫き通した町田さんあっての得点差だとは思います

だからこそ、これからが怖いと感じてしまう部分がある訳で、そんな戦い方で大勝してしまった経験が、今後に悪影響を及ぼさないかという心配がずっと付いて回っています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 勝てた事が最大にして唯一の収穫[第14節/A:町田戦]【J特】

こんばんは


望外の勝利ではありますが、前半に挙げた先制と追加点の功は個人に帰せられるべきもの。

後半の4点は、カウンターの妙と言うよりは相手の守備に助けられたと言うべきでしょう。(勿論、得点を奪えた事実には諸手を挙げて喜んでいます)


当然、真価を見せた右足三閃と鬼門のアウェイ13時を払拭した結果には満足していますが。


それでも試合内容の不満に加えて、得点はあと2-3点挙げて欲しかったですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

[5/12(土)、13日(日) J2リーグ戦 第14節:プレビュー]山形が主役となった首位争い。下位チームにも急浮上の期待(J公式)
【J2:第14節 町田 vs 千葉】プレビュー:内容を追求することが、シーズンを通して結果を得る最善の方法。町田も千葉もそれを実践している。(12.05.13)(J's GOAL)
5・13ジェフユナイテッド千葉戦“前哨戦”企画 漫画原作者・綱本将也先生インタビュー「ゼルビアに、ジャイアントキリングはさせない」(町田さん公式)

なんと言うか、町田さんは目先の試合の結果をあまり意識していない印象ゆえに、怖いですね。

少なくとも、引いて守ってカウンターと言うスタイルでは無いと考えています。


それ故に、しっかりと勝ちきって貰う必要がある訳ですが、1試合のみとは言え生観戦した町田さんの試合からすると、厳しい戦いになるのではないかと考えます。

いや、しっかりと勝ちきって貰わないと困りますが、高みを目指すチーム故の怖さは十二分に考えないといけないと思います。

第三者的な視点で眺めると、アルディレス監督の下、志向しているスタイルは面白いと思えましたので。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • Kappaとカエル[第13節/H:愛媛戦]【J特】

こんばんは


エントリのタイトルからして本歌取りですが、今回は少々趣を変えてフクアリ入場後の慌しい様をレポート形式で。

例年、アウェイに乗り込んでのキャンペーンを展開する愛媛さん。

それに加えてのKappaプレゼンツ・フレンドシップデーですから、選手のアップまでに入場できればと考える管理人もさすがに入場からのスケジュールを検討しました。


入場後、定位置に荷物を置いた管理人。いつもならばこの段階でユニやタオマフを纏ってサポーターに変身(!?)するのですが、今回はそのまま一目散にアウェイゴール裏を目指します。


お目当てはもちろん能田先生のサイン会

専用ブースで「J2白書」と「サッカーの憂鬱」を購入し、再び「いぬぶえ」宛のサインを頂き、更には握手まで。


その後、席に戻りユニを纏い、北1ゲートの再入場手続き経てKappaコーナーで抽選会に参加。

抽選箱から掴みだしたボールはめでたく黄色でビッグジャージ型キーホルダーを頂き、そのままその脚で物産展に並びます。

じゃこ天・じゃこ竹輪・各種ゼリーにおかき等、さんざん買い込んだ訳ですが、物産展のスタッフの方々の笑顔に迎えられながらのイベントでの散財は楽しいものですね。


入場前からさんざん猛威を振るっていたらしい(実は私も東ゲート付近で襲われたのですが)一平、管理人は初めて見る事になった金太はじめ近くに勢揃いしていたマスコット達に盛り上がる来場者の方々の表情は笑顔でした。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • スペースを求めて[第13節/H:愛媛戦]【J特】

こんばんは


[5/6(日)J2リーグ戦 第13節:試合総括]山形が首位に躍り出る。東京Vが3位、京都が4位に浮上(J公式)
【J2:第13節 千葉 vs 愛媛】レポート:後半の『動き』のある攻撃とGK岡本の好守が実を結んで千葉が辛勝。鋭いカウンター攻撃を見せた愛媛は決定力不足に泣く。(12.05.07)(J's GOAL)
試合結果


【J2:第13節 千葉 vs 愛媛】木山隆之監督(千葉)記者会見コメント(12.05.06)(J's GOAL)
【J2:第13節 千葉 vs 愛媛】バルバリッチ監督(愛媛)記者会見コメント(12.05.06)(J's GOAL)
【J2:第13節 千葉 vs 愛媛】試合終了後の各選手コメント(12.05.06)(J's GOAL)

キックオフから15分も経過する頃には、試合が大きく動かない内容になる事は想像が出来ました。連戦の疲労というよりは、やはり愛媛さんの戦い方に起因する事が大でしょう。

堅実な守備から一転して攻撃に転じた際、持ち込んだボールを囲みこむJEFの中盤の守備を外して空いたスペースを狙ったカウンター。シュートそのものを窮屈そうに放っていたJEFよりも、はるかに危険な印象でした。

お互いにスコアレスながら愛媛さんペースで終えた前半。後半への不安と期待は、雷雨の影響で暫く長引く事となりました。


かくして10分少々遅れて始まった後半。チャントもありましたし、管理人も望んでいた大介選手がミリガン選手に代わって投入。

しかし、交代策は逆に中盤での兵働選手・健太郎選手・大介選手の役割が曖昧になる一方でレジナルド選手・藤田選手の孤立を深める事になってしまった印象でした。個人的にはタイプ的にミリガン選手を残して健太郎選手を下げるかと考えていたのですが、この辺りは連戦の疲労度なども勘案した結果でしょうか?

更にレジナルド選手に代えて大塚選手を投入すると、愛媛さんも立て続けに2枚の交代カード。勝負をかけてきた様に映りました。

岡本選手の2度のスーパーセーブや左サイドを駆け上がった兵働選手のクロスからの田中選手のゴールなど、興奮したシーンに関してはレポートにもありますから、ここではあえて多くに触れません。

ただ、スタッツからも内容からも「悪いなりに勝ちを拾った」と言える試合だったと思いますし、連続ビッグセーブはじめ岡本選手の好守が無ければ勝敗は逆になっていた可能性は否定できないでしょう。そういった試合をどれだけ勝ちに繋げられるか、が今後の順位にも影響してくるのでは無いでしょうか?


さて、個人的には大塚選手投入後のリズムが興味深かった試合でした。

どうも淡白に映るプレイ振りから、あまりスタンドでの評判は良くなかった様ですが、彼の投入までは積極性云々といえる位置までボールをしっかりと運ぶ事すら不確かな状況だった訳ですから、その意味ではやはりボールを持てば何か起こすプレイヤーではなく、スペースを意識したり作ったりする事が長所なのでしょう。

右サイドペナルティエリア付近で見せたヒールでスペースに出したパスを当たり前に行うスキルの高さから、足元の技術も相当高いのでしょうが、競り合いながらシュートを放つとか、ルーズボールを最後まで全力で追うという事を常に期待できるタイプではないのだと思います。


まぁ、そこを差し引いたとしても4連戦を経ながらもタイムアップ直前にまで必死にボールを追った藤田選手との対比もありますし、ゴール正面のボールをゴールに繋げられなかったのも2試合目ですから、もう少し何とか、と言う気もするのですが…。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 奪柑というには酸味がキツイ[第13節/H:愛媛戦]【J特】

こんばんは


個人的な感想は、タイトルの通りです。


3連勝は非常に喜ばしいですし、久々のフクアリでの勝利も嬉しかったです。

しかし、お世辞にも浮かれる事が出来る内容ではありませんでしたし、何より戦い方を徹底した愛媛さんは強かった。


ただ、ミスを衝いて得点を挙げられた事は喜ばしい事ですし、最低の内容で始まった過密日程の4連戦が結果的に3勝1敗で終えられた事も前向きに捉えています。


連戦だったこれまでと違い、ここからは次節までに多少時間がありますから、気持ちを落ち着けて改めてもう少し振り返りを考えます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 連休の終わる日、連戦の終わる日[H:愛媛戦]【J特】

こんばんは

[5/6(日)J2リーグ戦 第13節:プレビュー]混戦の首位争い。白熱する4連戦ラストマッチ(J公式)
【J2:第13節 千葉 vs 愛媛】プレビュー:若きストライカーの活躍で得点力アップの愛媛。好調な相手との一戦で勝負強さが試される千葉はサイドの攻防を制したい。(12.05.05)(J's GOAL)


4連戦の締めとなるホームでの愛媛戦。

ここまでの対戦成績の良さに期待したい心情はありますが、今期JEFが勝利した徳島戦や草津戦の事を考えるとそうそう簡単なものでもないと思います。

特に、昨シーズンなどはホームでもアウェイでもとりあえず結果を残しましたが、どちらに転んでもおかしくない内容でした。

堅守に加えて、攻撃力を増している愛媛さんの実力もそうですが、相手はもとよりJEFの戦術や狙いよりも、やはり中二日の4連戦の最後ですから、まず気になるのは疲労とコンディション。

前節でスクランブル起用となった大塚選手はじめ、スタメンやスタベンに起用されるメンバーの顔ぶれはどうなるのか、そして、内容は兎も角、結果としての勝利を得る事ができるのか、でしょうか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • アウェイで連勝![第12節/A:草津戦]【J特】

こんにちは


[5/3(木・祝)J2リーグ戦 第12節:試合総括]首位争いの湘南、山形はともに引き分け。水戸が4連勝で3位浮上(J公式)
【J2:第12節 草津 vs 千葉】レポート:痛恨の4連敗を喫した草津に対し、千葉は今季初の2連勝。草津のホーム敷島は千葉に占拠された。(12.05.04)(J's GOAL)
試合結果

未勝利の間続いていた無得点を解消し、前節に続いて複数得点での2連勝。


どフリーでの右サイドからシュートをキーパーにキャッチされてしまった藤田選手の姿に「得点は遠いか?」と思っていたら、次のチャンスでは逆サイドから中央へのセンタリングで先制点を演出。

加入後初得点までは良かったのですが、早い段階で負傷交代を強いられた荒田選手。調子がよさそうだっただけに残念でしたし、何より怪我の状態が心配です。


さて、先制の上、前半を無失点に抑えたJEFですが、管理人とすると、ピッチコンディションもスリッピーだけに、時折あったチャンスをモノに出来ない1点リードの危うさは常に心中に抱いていました。「アクシデントであれアンラッキーであれ、失点を喫して同じような戦い方を継続できるのだろうか?」と。その点では前半終了間際のリンコン選手のシュートや、後半立ち上がりの49分、スクランブルの中で放たれたシュートが枠を外れたのは幸いでした。


大介選手が揺らしたゴールネットはオフサイドとなりましたが、60分、兵働選手のFKから智選手のヘディングが決まった段階で、草津さんの動きからも、管理人としてはある程度安心して試合を眺める事が出来ました。


終盤には耳慣れた大脱走がTV越しからも聞こえましたし、連戦の中、負傷交代などのアクシデントもありながら必要以上の消耗を避ける試合運びが出来た事は良かったと思います。


特に、直接の得点には繋がりませんでしたが、伊藤選手やミリガン選手がシュートを放つなど、中盤の選手が積極的に攻撃に絡む回数が多かった事も前向きに捉えて良いのではないでしょうか?


逆に、スクランブルとは言え荒田選手に代わって投入された大塚選手は、ピッチ上でのイメージする景色が他の選手と共有できていないシーンも未だ散見されます。試合終盤のシュートなどもアタッカーとは思えない淡白さでした。トラップ一つからも基本技術の高さは見て取れますから、兎に角、連携の向上が課題でしょう。

また、2試合ぶりの先発となった深井選手ですが、クローズアップされた表情もあまり優れないようでしたし、個人的な印象では、なんといいますか、体のハリツヤもイマイチのように感じられました。(無論、画面越しの杞憂であってくれれば何よりなのですが…)

伊藤選手のゴールでのオフサイドポジション判定や、最後に抜け出したところで試合終了のホイッスル(凄く残念そうな仕草でしたね)など、少々ツキが無い日となってしまったようです。


更に、残念と言えば異議による兵働選手の累積3枚目となる警告。リードしている状況のそれですし、非常に勿体無く思います。

この辺り、智選手にも言えるのかもしれませんが、J2のジャッジに不慣れな部分が現れてしまっているのでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 止まない雨は無し[A:草津戦]【J特】

こんばんは


[5/3(木・祝) J2リーグ戦 第12節:プレビュー]湘南、山形の首位争いの行方は。好調の愛媛、水戸も連勝を狙う(J公式)
【J2:第12節 草津 vs 千葉】プレビュー:もう負けられない。満身創痍の草津が、通算4戦3勝1敗のお得意様・千葉を迎え撃つ(12.05.02)(J's GOAL)


この2年、彼の地に乗り込んで全敗ですから、公式ファンサイトの記事に「お得意様・千葉」と評して頂きました。…いや、ありがたくも嬉しくもありませんが。

対戦成績の悪さ以上に気になるのは当日の天候とチームのコンディション。

風の強さは既に経験をしておりますが、またしても荒天予報と言う事で、ピッチコンディション含め、早めの順応を期待したいですね。

また、4連戦も半分の2試合を消化しましたが、アウェイ連戦。監督の言う出場時間のコントロールがあるのなら、やはり前線のメンバーを変えて望むのでしょうか?

前節は健太郎選手がベンチ、深井選手に至ってはベンチ入りすらしませんでしたから、ここ2試合スタメンが続く大久保選手や大黒柱の兵働選手がベンチスタートと言う事は考えられると思います。


起用法や交代のカードそのものの可否は兎も角として、いずれにしても監督の構想はベストな11人の抽出でなく、ベターな18人の選出にある様な気がしますから、この辺りは実戦を通じて連携や戦術理解度を深めて欲しいと思います。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 防風と豪雨の狭間で[第11節/A:北九州戦]

こんばんは


[4/30(月・休)J2リーグ戦 第11節:試合総括]首位の湘南と2位の山形が勝点で並ぶ。水戸は3連勝で4位浮上(J公式)
【J2:第11節 北九州 vs 千葉】レポート:北九州に見え隠れした「弱気の虫」。攻守に積極性を取り戻し、次へ繋げよう(12.05.01)(J's GOAL)
試合結果

2得点に絡んだミリガン選手。

CMFの一角として2試合連続のスタメン出場でしたが、先制弾の被弾後にアンカーとして配された事で、強みが活きた印象でした。(無論、それは前からのチェックに注力しなかった北九州さんのスタイルも勘案する必要がありますが…)

スペースを突いた速いパスがラインを割ることが多かった前節に比して、グラウンド状況を鑑みても、低い位置から繰り出されるパスは効果的だったと思います。

得点力不足に悩まされていた現状、解消の手立てはやはり中央からの飛び出しやシュートだと考えていましたから、伊藤選手やミリガン選手のゴールや動きには喜びを禁じえません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ユニは黒でも勝ち点三つ[第11節/A:北九州戦]

こんばんは


手放しで喜べる訳ではありませんが、プレイスキックでセットしたボールが流れてしまうような強烈な風雨のコンディション、3試合勝利から遠のいていた時期だけに、この勝利は本当に大きいですね。

特に、逆転勝利という結果による、ここ数試合失いかけていた自信の回復を期待します。

また、2得点がいずれも流れの中からの得点である事、得点に絡んだ選手が開幕からスタメンを張り続けていた選手で無い事も、嬉しいですね。

プレビューのタイトルは、エリアを衝ける兵働選手とエリアを生める伊藤選手の連携に期待してのものだっただけに、やはり、個人的に嬉しかったのは前目で存在感を示した伊藤選手の動きでした。


兵働選手からのパスが出た段階ではゴールに対して背を向けていた伊藤選手。パス出しに連動するように反転しつつ、藤田選手が位置することで生じた、自身の位置での若干のオフサイドラインのズレで出来たスペースを衝いた進入と、シュート。そして、ニアよりにGKの上を抜く同点弾。


自陣のDFライン前でバランスを取ったり、繋ぎのためだけに降りてきたりと言うシーンが多かっただけに、やっと本領を示してくれたかという気持ちですし、もしかしたら、セットプレイ以外の得点は初だったんじゃないでしょうか?

先制されて劣勢だった前半でしたから、風下の中で追いつけた事は力を齎すものだったと思います。


他にもポイントは色々とあったと思うのですが、ちょっと喜びすぎてしまったので、その振り返りはリプレイを確認してから改めます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!