犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 蜘蛛の糸?(H:徳島戦)[→5位]【J特】

こんばんは


気持ちの中で一つの区切りを家路でつけました。


サポート、追い越す、フィニッシュ、セカンドチャンス。

望むなら、ただ待っていてはいけない筈なのに。


必死に身体を張って二人に囲まれながら、ボールを繋ごうとしている選手からのボールを何故そんなに簡単に人任せにできるのか、私には解かりませんでした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 徳島戦前夜(H:徳島戦)【J特】

こんばんは

[10/29(土)、30(日) J2リーグ戦 第33節:プレビュー]白熱する順位争い。目が離せないダービーマッチに上位対決(J公式)
【J2:第33節 千葉 vs 徳島】プレビュー:前節は前半の無得点が響いて敗れた5位の千葉と4位の徳島が対決! 残り6試合全勝が最低条件の千葉は、サイドの攻防を制して先制点奪取を狙う。(11.10.29)(J's GOAL)


得失点も勘案すれば、勝ち点5の差をひっくり返すには、6試合を残した状況で迎える徳島戦。

この試合の勝敗が今シーズンの分水嶺となる可能性は大きいでしょう。


前節、累積で出場停止だった深井選手の復帰と入れ替わるように、守備の要、竹内選手が累積警告で出場停止。

厳しいですが、それもまた試練。

これから越えなければいけない困難に比べれば、さほど大きな障壁とも思えません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 締めるべきところ(A:鳥栖戦)【J特】

こんばんは


[10/26(水) J2リーグ戦 第7節:試合総括]大分が劇的な逆転勝ち。鳥栖が首位との差を詰め、札幌が浮上(J公式)
【J2:第7節 鳥栖 vs 千葉】レポート:気をつけていたセットプレーに沈んだ千葉。確実に決めるべきところで決めた鳥栖が昇格に一歩前進(11.10.27)(J's GOAL)
試合結果


シュートシーンは多くなかったけれど、緊張した雰囲気の中での好ゲーム。

試合結果を除いては、との但書きがなければ、最高だったのですが。


前半、フォアチェック主体のプレスから相手に押し込ませなかったJEFですが、シュート数は互角でした。

左サイドからのグラウンダーのパスに対して、中央に飛び込んだ選手がいなかった事が残念でしたね。


このシーンでボールを待った選手は2人。一方、鳥栖さんがクロスボールを入れる際は、同様のJEFのシーンよりも常にゴールに迫る選手が1人2人多い印象でした。


では反面、JEFは裏や1対1を積極的に狙って仕掛けたかというと、そういう訳でもなく、アタッキングサードで前に進めない悪癖から脱せたとは言えないでしょう。

明暗を分けた得点は確かにセットプレイでしたが、動き出しという意味ではやはり一日と言わず、半年の長があったように感じました。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 人は代れど(A:鳥栖戦)[→5位]【J特】

こんばんは


当初、自宅でTV観戦の予定だった訳ですが、サポ友さんに誘われて、某所で集団観戦となりました。


良かった前半のうちに何とか得点を奪えれば、という状況でしたが、米倉選手の2発は枠を捉えられず・・・。


後半にはセットプレイから喫した失点を覆せず1-0での敗戦。


交代枠3枚も穴埋め的なものであって、決定打にはならないように映りました。

特に、3枚目を切って以降の戦い方は、相手にとって願ったりの展開だったのではないでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 鳥栖戦前夜(A:鳥栖戦)【J特】

こんばんは

[10/26(水) J2リーグ戦 第7節:プレビュー]白熱必至。昇格争いを大きく左右する3つの注目対決(J公式)
【J2:第7節 鳥栖 vs 千葉】プレビュー:もう、迷う時期ではない。自分たちを信じて継続するだけ。過密な日程でも勢いが衰えない鳥栖。監督交代で初勝利を目指す千葉。昇格を賭けての熱き戦い。(11.10.25)(J's GOAL)


鳥栖さんはフクアリでの対戦で終盤に追いつかれて引き分けた上位チーム。

そんな難敵相手に、平日開催されるアウェイでの一戦。

もちろん、色々と不安はあります。

過密日程の連戦に、ゴールゲッターの出場停止。


しかも、明日は難関の第一歩に過ぎ無い訳です。


それでも、アウェイに対戦に赴くだけでは意味がありません。

厳しい願いである事は重々承知しています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ゴル裏で見た事(A:栃木戦)【J特】

こんばんは


[10/22(土)、23(日) J2リーグ戦 第32節:試合総括]鳥栖とFC東京の対決はドロー。徳島が逆転勝ちで3位へ浮上(J公式)
【J2:第32節 栃木 vs 千葉】レポート:千葉の策略にハマった栃木。逆転昇格には痛い勝点1。(11.10.24)(J's GOAL)
試合結果


キックオフ前の不安は杞憂となった内容。何度も接触では笛を吹かれ、時には警告を出されても、腰が引けなかった選手達。


布陣の変更(ポジション取りの変化)は解かりましたし、サイドを基点とした攻撃に対して両SBが絞らずに残ってSHとの連携を見せていた事は素晴らしかったと思います。

特に前半は切り返しに引っ掛かって跳んでしまった山口選手のシーン以外はサイドで耐えていたのではないでしょうか?

無回転のFKのこぼれに詰められた際には失点を覚悟しましたが、勇人選手がしっかりとカバー。


岡本選手の活躍は少なくとも4度程はあったでしょうか。びっくりするようなミスキックは幸運にもオフサイドで助かりましたが。


攻撃面では預けられる村井選手に攻撃参加のSB。時として勇人選手は低い位置に下がって3バックのような布陣に。

久保選手のチェイスで幾度か惜しいチャンスはありましたし、米倉選手の飛び出しと伊藤選手のヘディングも惜しかったですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 痛み分けか、「+1」か(A:栃木戦)[→5位]【J特】

こんばんは


最後に叩き込めたら、劇的だったなぁ。

恐らく両チームのサポからそういう声が聞こえそうな終盤の展開。


ぶつかり合いや、密集で負けなかった事。ぎこちないながらも、繋ぎを見せて蹴りだす事が少なかった事。
更に、久保選手がフルタイム戦えた事。何より、無失点で終えられた事。



それでも、得点は生まれませんでしたし、勝てませんでした。



不調を自力で克服し、なんとか勝利を掴み取っていた栃木さんと、変化の為のカンフル剤を注入したJEFとで、漸く互角だったという事でしょうか?


助っ人不在でよく頑張ったと捉えている反面、強力な一発が欲しかったとも思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 栃木戦前夜(A:栃木戦)【J特】

こんばんは

[10/22(土) 23(日) J2リーグ戦 第32節:プレビュー]鳥栖vsFC東京の上位対決。各チームの昇格争いはさらに激化(J公式)
【J2:第32節 栃木 vs 千葉】プレビュー:復調のきっかけを掴んだ栃木。2連敗で監督交代の“劇薬”を使うほど危機的な千葉。白熱必至の“イエローダービー”は、セカンドボールが勝敗の鍵を握る。(11.10.22)(J's GOAL)


如何に皆で前を向くか。

やり方やポジションは変わるかもしれませんが、目指すところは変わりません。


ホームでの対戦時と異なり、栃木さんとはアウェイでは上位への挑戦権を掛けた一戦となってしまいました。

昨シーズンと異なり、バックスタンドの改修が為されたグリスタ。雨の心配よりも気温への対策が必要でしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


千葉監督交代会見:三木博計社長コメント(11.10.22)(J's GOAL)
千葉監督交代会見:神戸清雄監督コメント(11.10.22)(J's GOAL)

[千葉]神戸新監督が会見「やらなければいけないということは自ずとわかっている」(BLOGOLA)


個人的には基本的な受け止め方に違和感はありません。


本来、得点や勝利、もっと言えば昇格の為の「手段」の筈の「約束事」が、チーム全体を「自縛」していたと感じましたし、ここまでの試合数を共に過ごしてしまえば、同一人物がどれほど「チャレンジ」を口にしても、受け取る側は「ダメ出し」にしか受け止められなかったのでしょう。


得意な部分、やりたい事を引き出すための荒療治。

無論、今まで出来ていた事が犠牲にされてしまうかもしれませんが、10人となったアウェイの水戸戦であれだけの事がやれたのであれば、と言う面も判断の一面になったのかも知れません。


辛辣に「監督切ります、自分がやります。GMの仕事って?」という表現も可能なのかもしれませんけれど、しがない月給取りでも、スポンサード頂いている立場の長が「連れて来たかったけれど、お金がありません」とは対外的に決して言えない事位は普通に連想できますし。


なので、今回は「総力戦」と言うよりも、「後が無い戦い」と表現すべきなのだと考えています。


不安だった部分で一つ安心したのは、今回の人事がTOPチームの今期の残り試合をターゲットにした物である事でしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


ドワイト監督の解任第一報を知って以降、朝から落ち着かない気分で過ごしながら、お昼には公式にUP。

ドワイト監督の契約解除 並びに神戸清雄 監督就任について


幸先の良いスタートを切りながらも、交代枠を余らせて勝ち点を逃す詰めの甘さ、遅い交代のタイミング、明るい兆しの見えないチーム状況。約束事や指示は選手を縛り、いつしかピッチ上には窮屈さや硬さばかりが目立つように。

特にこのところの戦績と内容から到底満足できる物ではありませんでしたし、諸々改善を望みながら何とか戦い続けたかったのでしょうが、サポコミでの発言からすれば、連敗となった草津戦水戸戦の惨状が決め手になってしまったのでしょう。


社長の「8月以降」と言う表現が本心なら、夏の移籍ウィンドウが閉じる直前に大島選手を獲得できたとは言え、次の監督の人選に入る事は難しかったと言う事でしょうし、昇格の可能性が十分ある時期の変化は求めにくかったのかもしれません。

或いは、財政的に新たな監督を据える事が困難な以上、今まで現体制で進まざるを得なかったという側面の方が大きかった様にも感じます。

私自身、それ故に監督交代は無い(と言うより出来ない)と考えていたのですが、降格人事とも取れる神戸TDの監督就任ならば、違約金は兎も角として、確かに獲得のために新たな資金を捻出せずに済む訳で。

再建に関して明るいニュースが聞こえ始めたユースから人材を引き抜いたと言う部分に関して、育成面への悪影響を心配される方も多いですけれど、裏を返したら、JEFというクラブ全体が相当追い詰められていると言う面があるのかも知れません。


まぁ、個人的には監督交代のタイミングとしては、正直遅いと思いますし、今回の決定がメンタル面以外に得られるものはと考えると、何も出てきません。ただ、挑戦の気概、それこそが一番不足しているとも捉えていた訳ですし、一概にフロントの判断を否定もできません。



連敗とその内容に個人的な切り替えは済ませていたつもりでしたし、チームの戦績を考えた場合、戦い方を肯定出来ませんが、それでも一抹の寂しさは感じます。

最後のコメント、ケータイサイトにUPされている「前」監督インタビュー。震災後も日本に残り、我々と共に戦ってくれた監督誠実さに感謝です。ドワイト監督、ハンスコーチ、ありがとうございました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • まだと言えば、まだと言う。口癖ですか?JEFサポです(A:水戸戦)【J特】

こんばんは


[10/19(水) J2リーグ戦 第6節:試合総括]FC東京がチーム新記録の7連勝。鳥栖も4連勝で2位をキープ(J公式)
【J2:第6節 水戸 vs 千葉】レポート:水戸のアグレッシブが、千葉の組織を打ち砕く!これで6試合負けなし。培ってきた力が“本物”になってきた!(11.10.20)(j's GOAL)
試合結果


触れるべき内容もありませんから、試合内容については特に触れません。


意外な事に、今期初連敗だったんですね。連勝が無かったこと、勝ち点を失う試合内容が多かったために、気付いていませんでした。


この状況、この時期に非常に痛い連敗ですが、上位2チームが敗戦を喫し多々めに、なぜか昇格圏の3位はまだ射程圏に入っています。

重圧や緊張、不安や恐怖。それはきっと多かれ少なかれライバル達にも内在するという事でしょう。


殻やジンクスは破られるものでなく、破るもの。

はっきりとした戦い方もなく、1人少ない状況であれだけ相手陣内に入れた訳ですから、約束と挑戦の線引きに関して、開き直って良いんじゃないでしょうか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 楽しいかい?(A:水戸戦)[→5位]【J特】

こんばんは


どうしても、思い出してしまうある人の言葉があります。


「頭の上をボールが行き来していて、楽しいか?」


そう、違う色のユニを纏っていた当時のキャプテンに御大が掛けた言葉。


最近、私も選手達に「試合に出ることが、嬉しい?楽しい?」と訊きたくなる事がしばしばあります。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 水戸戦直前(A:水戸戦)【J特】

こんばんは

[10/19(水) J2リーグ戦 第6節:プレビュー]7連勝で首位固めを狙うFC東京。さらに激しさを増す昇格レース(J公式)
【J2:第6節 水戸 vs 千葉】プレビュー:自信と危機感が交錯する90分。勝負を分けるのは、“チーム一丸”で戦えるかどうか(11.10.18)(J's GOAL)


直前となってしまいましたが、続けてきた事ですので、簡単に。

GK: 1. 岡本昌弘
DF: 3. 竹内彬
DF: 4. 青木良太
DF: 5. マーク・ミリガン
DF: 27. 渡邊圭二
MF: 7. 佐藤勇人
MF: 13. 山口慶
MF: 20. 伊藤大介
MF: 11. 米倉恒貴
FW: 31. 大島秀夫
FW: 9. 深井正樹

SUB: 21. 大久保択生
SUB: 2. 坂本將貴
SUB: 33. 茶野隆行
SUB: 14. 太田圭輔
SUB: 28. 藤田俊哉
SUB: 18. 青木孝太
SUB: 22. 久保裕一

発表メンバーを見る限り、最終ラインのどこかには手を加えていそうな顔ぶれですね。

どうもミリガン選手が一列上がるのではないかという雰囲気ですが、実際のところは見てみないと解かりません。

いずれにしても、伊藤選手は前節に続いてスタメンに名を連ねましたし、セットプレイ頼みと言われようが、ストロングポイントには期待します。

無論、プレイスキックをチャンスにするためにはそこまでボールを運ばねばなりませんから、その辺りの修正がなされている事を願いますが。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

[10/15(土)、16(日) J2リーグ戦 第31節:試合総括]首位のFC東京が6連勝を飾る。鳥栖が2位、徳島が4位に浮上(J公式)
【J2:第31節 千葉 vs 草津】レポート:攻守の運動量と連係などの工夫が不足した千葉は自滅に近い敗戦。狙いと工夫のある攻撃を徹底し、攻守に惜しみない動きの草津がリーグ戦で6試合ぶりの勝利。(11.10.17)(J's GOAL)
試合結果


最初の失点シーン、主審に当ったボールを最終ラインに戻してから、相手はゆったりとボールを回しています。特に最終ラインでのボール回しは余裕を持ったパス交換。

ペースを変えて、中央にあてて落とされたボールをフリーで受けた選手の狙いはサイドでした。

勇人選手は当てたボールを競りに行ったためにカバーは不可能。山口選手は絞った上に裏へのケアを優先させた為に不在。

中央で叩いた直後には再び走り出し、ペナルティエリアに弾丸のように飛び込んできた選手のヘディングシュートは勢いそのままにゴールネットへ。


リプレイを見ていて気付いたんですが、足元に上手く繋がらないパスや主審に当ってイレギュラーしたボールもカウントすると、タッチラインのスローインから19回も相手選手はボールを繋いでいます。

当てて落として開いて飛び込んで、と言う展開は速かったですが、カウンターではなく、縦に入るまではむしろ余裕がありすぎるくらいのボール回しでした。持たせるならブロック。持たせないならプレス。どちらも成り立たない状態であれば、やはり失点は避けられないでしょう。


その後、後半に入って孝太選手を太田選手へと交代。米倉選手を中央に、深井選手をサイドへとポジションチェンジ。

しかしながら、目先を変えても相手の守備網は崩せませんでした。両サイドハーフが守備の際に戻るなら、どこかでボールを奪っても、その後の展開が1TOPへのハイボールでは孤立するのは必定。

深井選手がボールを保持しても、駆け上がった渡邉選手との呼吸が会わないシーンも度々ありましたね。

それでも渡邉選手と深井選手で活性化した左サイドからのボールを受けた米倉選手の突進を止められて得たFK。

伊藤選手が直接叩き込んで再びリードを奪いました。しかし、FKを得るまでの形は、チームとして狙っていたものなんでしょうか?


更に、再びリードを奪ってからの対応が上手くありませんでした。追いつく為に出てくる相手に対して、それ以前にも中央の2枚のサイズに対してのミスマッチは散々突かれていましたし、中央の危ないスペースは遂に埋まりませんでした。


リードしている時には、時折見られた攻撃での思い切りやアイデアも、イーブンなスコアでは見る事は叶わず。


終盤の左サイド、渡邉選手1人に対して2人掛りで崩しに来た草津さんの展開からの失点を目の前で見る事になった訳ですが、勝利に対するチャレンジの姿勢からすれば、当然の帰結だったようにも感じます。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • どうしたものか(H:草津戦)[↓5位]【J特】

おはようございます


ボヤキまくって、憂さ晴らしして、気分的には大分平静ですが、フラットに考えれば考えたで試合内容が堪えます。

ロングスローとプレイスキックでの2得点に対し、終了前にしっかりと差し切られての3失点。


特に、右サイド、完全にフリーでボールを入れられての失点は既に経験している訳ですから、反省は出来ても改善が出来ていない現実も見せ付けられてしまいました。


前半で追いつかれてしまった事を置いておくとしても、効果的な攻め手が見出せないまま後半2-1に出来て以降の戦い方にも疑問が残ります。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 草津戦前夜(H:草津戦)【J特】

こんばんは

[10/15(土) 16(日) J2リーグ戦 第31節:プレビュー]残すは10節。クライマックスが近づき、白熱の度を増す順位争い(J公式)
【J2:第31節 千葉 vs 草津】プレビュー:決定力不足が課題の両チーム。千葉は草津のセットプレーとカウンター攻撃を警戒しつつ、攻撃は思い切ったチャレンジの動きで工夫して得点を重ねたい。(11.10.14)(J's GOAL)


アウェイでの借りをフクアリでしっかりと返したい草津戦。

とはいえ、対する草津さん、G大阪さんへ移籍したラフィーニャ選手に加え、アレックス選手の出場停止も鑑みると前回対戦時とのイメージは全く異なるのかもしれません。


我々にとっても久しぶりのリーグ戦。

天皇杯はターンオーバーをした事もあり、最終ラインやベテランのレギュラーメンバーは久々の公式戦となります。

更に、天皇杯のピッチで今期初出場をしたメンバーでベンチ入りしてくる選手はいるのでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • リザ【J特】

こんばんは

改める積もりで居りながら、落ち着いて考える事も出来なかったのですが、今更ながらに何点か。

ジェフユナイテッド市原・千葉 リザーブズチームの活動終了について

今期と言う事に限れば、なでしこJAPANの世界一の影響から、TOPチームを凌ぐ観客動員を残したレイデとはあまりに対照的なニュース。


戦績面では昨シーズン辺りから「JEF残留」が目標になってしまっておりましたし、今期開幕前の人事発表についても腑に落ちない部分が多かったリザ。

雰囲気的にも金沢選手の加入/退団の経緯等を鑑みても、帰着として有り得る事だと考えていました。


把握するのが困難な位にトップからの出入りが激しかった時期には「若い選手達にもう少し落ち着いた状況で」と思っていた訳ですが、実際のトリガーになったのは移籍のレギュレーション、となるとやはりTOPチームがJ2である現在、クラブの中での位置付けが困難だっのでしょうか?

社長が「リザにはTOP選手を送らない」「強化部の甘えは許さない」と述べていた時には一理あるとも思いましたけれど、先日の天皇杯でも感じたように、サテライトが無い現在、公式戦出場が適わない選手達の実践経験の場に関しては、どのチームも苦心しているようにも感じます。(そこを含めてプロだろう、と言うご意見があるであろう事は覚悟しております)

無論、TOPで契約しながら、リザでキャリアを終えてしまった選手達も多数いる訳ですから、一概にTOPと切り離した事の是非は問えない訳ですが・・・。


個人的に一番記憶に残るのは天皇杯で喰ってやろうとリザと共に乗り込んだ柏の葉でのPK戦。上手い下手に関わらず、個々の選手の想いを感じた一戦となりました。


ユナパにすら脚を運べない管理人とすると、恐らく、これが個人的なリザ最終戦となってしまうでしょう。


活動終了は確かに残念ではありますが、足を運ばなかった私が直接どうこう言うのも筋違いだと思います。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 危機感(2回戦@フクアリ)【天皇杯】

こんばんは

【第91回天皇杯 2回戦 千葉 vs 島根】レポート:イージーミスの多さとチャレンジの少なさで苦戦を招いた千葉が辛勝。積極的なプレーで攻守の持ち味を発揮した島根は決定力不足に泣く。(11.10.11)
試合結果


リーグ戦、レギュラーメンバーの試合でも時折思う事ですが、「彼等はポジションを守る」というのが金科玉条なのかしら、と。

無論、守備構築のベースはそこにあると思うのですが、本筋は「あるべきポジションに人がいる」という事なのでは無いかとも思っています。

例えば、CMFであればミリガン選手と勇人選手の左右の並びは愛媛戦で度々入れ替わっていました。これは、ベンチの指示でなく、流れの中での対応であったと思います。


何の為にポジションを守り、ボール奪取は何の為に行い、ゲームの目標はどこにあり、チームの、そしてクラブの最終的な目的が何なのか、そこを選手は理解しているのだろうかと。


フクアリで行われたにも関わらず、高々3,500人の公式戦の試合後のコメントで「楽しかった」と言える部分があるのなら、アピールでのチャレンジもミスももっともっと見せて欲しかった。倍以上の歓声の中だったらプレイはもっと楽しいはずだろう、と。


特に、公式戦初スタメンのメンバー各位に対して、です。

JEFの一選手として、このままではベンチウォーマーどころか、来シーズン、プロフットボーラーとしてユニフォームを纏えないかもしれない、そういう危機感や決意を示してくれたプレイが少なかった事が残念でした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 温度差(2回戦@フクアリ)【天皇杯】

こんばんは


リーグ戦では最終ラインを支え続けてきた竹内、山口、ミリガンの各選手はベンチにもおらず、良太選手もベンチスタート。

CMFにはJEFでは公式戦初先発の藤田選手に、負傷空けの伊藤選手が入りました。

両SHは右に愛媛戦出場停止だった米倉選手、左には藤本選手。

トップ下に孝太選手、1TOPに久保選手という布陣。


表現は悪いですが、20代前半以外のメンバーを外して、サブメンバーを嵌め込んだ様に感じました。むしろ、それ故にスタメンメールが届いた時「どんな構成になるのだろう?」と期待をしていた訳です。

「公式戦出場に掛ける想い」「今まで溜めて来たアピールの機会」を見せて欲しい、と。


残念ながら、内容はおろか、チャレンジや気迫に於いても晴れ舞台での活躍を期する島根さん達とJEFの選手達は、見事なまでの対比を見せつけて貰いました。


大久保選手の活躍もあり、0-0で済んだ前半は想定の最低ライン以上だったでしょう。

HTには、せめてベンチに入った勇人深井の両選手の出場が無い事を正直、願いました。


それでも、飛ばし気味の相手から、メンバー交代を待たずに先制出来た事が、良かった点でしょうか?得点シーン以前から治療のために相手選手は1名ピッチ外であった事をどう捉えるかは、また微妙なのですが・・・。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • デッツォーラ島根戦を前に(2回戦@フクアリ)【天皇杯】

おはようございます


【第91回天皇杯 2回戦 千葉 vs 島根】プレビュー:J2リーグへいい形でつなげるため、内容の良さも伴った無失点勝利を目指す千葉。高い得点力を誇る島根はリーグ戦優勝の勢いを生かして挑む。(11.10.09)(J's GOAL)



良太選手の意気込みは頼もしいですが、今後のリーグ戦に繋げる為に、チームとして2回戦をどう位置付けるのかが気になります。


リーグ戦そのままにレギュラーメンバー中心に連携を深める為の場とするのか、今後考えられる出場停止に備えて出場機会に飢えているバックアッパーを積極的に起用するのか。


勝ち上がれば、リーグ終盤においての過密日程が待っている訳ですが、さりとてフクアリでの勝利は必須。

万一、2回戦での敗退ともなれば、対戦相手が中国リーグの雄と言え、これからのリーグ戦に向けて諸々の雰囲気も悪くなってしまうでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

世間では代表戦があったり、天皇杯にJクラブが登場していたりしますが、愛媛戦についてもう少しだけ。


前節に続き、ゲッセル選手のポジションに入ったミリガン選手。同様に最終ラインに入った良太選手。

坂本選手に代わって左SBには渡邉選手。出場停止の米倉選手のポジションに孝太選手。

チーム全体を眺めた場合、左サイドの布陣ががらりと変わっていました。


試合が落ち着く時間になると守備重視の戦い方か、日程面の影響か、それとも年齢的な問題もあるのか、やはり、愛媛さんの動きの方が良かったですね。

特に、メンバー構成の変化によるものか、マイボールになった時の繋ぎや展開には大いに不満でしたし、不安を抱きました。


大島選手を目掛けるボールは兎も角として、受ける側は孤立しがちで、カウンターにしても深井選手は切り返しや持ち直しを強いられてしまい、上手く攻撃を遅らされていました。


贔屓目に見てもミリガン選手や竹内選手のロングフィードに端を発するサイドからのクロスしか攻め手が無いように思えましたが、前半終了時のシュート数が示すように、そもそもアタッキングサードにどれだけボールを運べていたか、というような状況。

それも、あわやPKだったり、オフサイドに助けられたりと失点の陰がひしひしと感じられました。


後半の巻き返しを期待しましたが、エンドが変わっただけで劣勢は否めず。


リズムが変わり始めたのは、選手交替からでしたが、交代に伴う孝太選手と深井選手のポジション変更も良かったように思います。


先制については既に触れましたのであえて触れませんけれど、その後何度か得点機会はあったように映りました。


残念ながら、その後の孝太選手は画面越しに見てもガス欠が明らかでしたが、同様に大島選手の疲労も激しかったですね。


試合をクローズする為に太田選手に代えて藤田選手、終了間際には孝太選手から久保選手の交代について、特に後者の交代が先にあって然るべきだった様に思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


皆さん、触れられていますが、先制点となった大島選手のヘディングまでの一連の流れは良かったですね。


大ピンチを凌いだ直後、勇人選手の大きな展開からの一度目のクロスを跳ね返され、一度ボールを切って仕切りなおすのかとも感じましたが、再び追いついた太田選手。

ボールを要求した深井選手へ戻すのかと思いきや、そのままゴールライン側ギリギリのセンタリングを選択。(因みに、太田選手の1本目を待ったのは大島選手と深井選手。このとき中には3人の愛媛守備陣でした)


流れの中、エリア内からサイドに流れる深井選手と代る様に、遅れ気味にペナルティエリアに進入した孝太選手は、大島選手の後ろからニアに回り込みつつボールにトライ。孝太選手の頭の上を通りすぎたボールは、その裏でフリーになっていた大島選手が頭で見事にヒット。先制となる(結果的にはこの試合唯一の)ゴールネットを揺らしました。


得点時、画面内ではペナルティエリアには愛媛さんの5人の選手が確認出来ました。

特に孝太選手の動き出しで、大島選手のマーカー、池田選手を剥がせたのは大きかったと思います。


日程や戦い方の影響もあってか、これ以降のドリブルや、セカンドボールに対して詰め切れていなかった孝太選手でしたが、得点シーンで見せたニアへの動きは素晴らしい形でした。


特に、ゆったりとした一連の流れの中で得点が出来たと言う部分には期待を抱かざるを得ません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 小さなコンダクター(A:愛媛戦)【J特】

こんばんは

[10/1(土) 2(日) J2リーグ戦 第30節:試合総括]首位のFC東京、2位の札幌が勝利。鳥栖、千葉が順位を上げる(J公式)
【J2:第30節 愛媛 vs 千葉】レポート:愛媛の猛攻をいなし、先制点を奪った千葉がしたたかに勝点3を獲得。昇格レースに踏み止まる(11.10.03)(J's GOAL)
試合結果


伊藤選手の投入は「交代の妙」というよりも、一人の交代でこれほどチームは変わるのか、という程に劇的な変化でした。

身体的な特徴からか「当られたら前を向けない」という事を常に意識していたようなポジショニングと球捌き。


昨シーズンの出場時からポテンシャルに対する期待は抱き続けていましたけれど、ボールに絡もうが絡むまいが、今回ほど小さな体躯の存在感を感じたことはありませんでした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 間に合ったピース(A:愛媛戦)[↑4位]【J特】

こんばんは


今回は後援会主催のイベントにてフクアリで愛媛戦をPV観戦。


スコアレスドローで迎えたハーフタイム、夢も希望もありませんという雰囲気でしたが、後半の大ちゃんの投入で、チームは別物と化しました。


連戦と、負傷明けというリスクを図ったタイミングであれば、ベンチワークに拍手喝采ですが、その後の切り方の効果は今ひとつだっただけに、不安も残ります。

ただ、先制点であり、唯一の得点となった嚆矢が勇人選手の攻撃参加であった事は看過できません。そして、それは大介選手の投入によって齎された物だと思います。


ボールに関わらず、チームにテンポを齎した時間帯があった事は否定できませんから。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 愛媛戦前夜(A:愛媛戦)【J特】

こんばんは


[10/1(土) 2(日) J2リーグ戦 第30節:プレビュー]3位の徳島が首位のFC東京を迎え撃つ。熾烈さを増す昇格争い(J公式)
【J2:第30節 愛媛 vs 千葉】プレビュー:過去の試合を教訓に、愛媛は勝ち切れない状況を打破できるか。ホーム3連戦の2戦目は、千葉戦初勝利を目指す一戦。(11.09.30)(J's GOAL)

ゲッセル、村井両選手の負傷に加え、米倉選手が出場停止。


米倉選手のポジションに孝太選手・久保選手・渡邉選手の誰が起用されるのか。或いは深井選手を戻すのか?


更に気になるのはCMF。さすがに、前節途中からの深井選手起用はスクランブルでしょうから、勇人選手の隣に誰が位置するのかは、本当に気になるところです。

最終ラインの構成にも影響されると思いますが、ミリガン選手・良太選手・坂本選手・藤田選手。・・・或いは益山選手?


一方、手術空けの伊藤選手のTG参加は明るいニュース。

苦しい台所事情とは言え、早々のメンバー入りや帯同があるのかどうかは不明ですが、ピッチに立てるならば、彼の右足から繰り出される放物線には当然期待を抱きます。(そういえば、ホームの対戦ではFKを直接叩き込んだ美しいゴールがありましたね)

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!