犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 良くも悪くも欲しいのは落ち着き(A:京都戦)【J特】

こんばんは


[8/26(金)、27(土)、28(日) J2リーグ戦 第26節:試合総括]首位を争うFC東京、徳島、栃木が同勝点で並ぶ。横浜FCは4連勝(J公式)
【J2:第26節 京都 vs 千葉】レポート:宮吉の今季初ゴールが京都を勝利に導く! 京都の良さを消した千葉、攻めあぐねた京都、互いの課題も明確になった一戦。(11.08.28)(J's GOAL)
試合結果

「深井選手がいない?」メンバーを見てまず思った事はそれでした。

ただでさえゴールから遠ざかっているここ数試合、目下リーグ得点王の不在に不安を抱いて迎えたキックオフ。


試合開始前に豪雨を受けたアウェイのピッチ。スピードとポテンシャル溢れる若人達。

その両者を勘案し、しっかりとブロックを構えて相手の攻撃を受け止めながら、受動から徐々にペースを掴んでいった前半。


スコアレスとは言え、相手に手詰まり感が感じられつつあった30分。不要と思えるミリガン選手の最終ラインからのリスキーなパスをカットされ、その対応で与えたCK。

現地では確認できませんでしたが、ゴールはゲッセル選手の頭だったんですね。残念ながら、揺らしたネットはJEFのものでしたが・・・。


それでも、太田選手に代わって林選手が投入された60分。スローインを受けた勇人選手からのボールを利き足でトラップした村井選手の右足がゴールを抉じ開けます。トラップで半ば勝負ありというプレイでしたが、吹かさない様にワンバウンドさせたシュートもまた見事でした。

得点直後に自陣深くでFKを与えた事には、一抹の不安を感じましたが、やり直しのプレイも「あわや」と言う物ながら事無きを得ましたから、このまま我慢比べをしつつも、じわじわと相手を押し込んでいけるかと思った右サイドからのFKのチャンスのはずでした。

70分過ぎ、出し手と受け手の意思疎通が全く無いまま、クイックリスタートのボールは前を向いた相手に渡り、飛び出した岡本選手の頭上を越えたループシュートが再びJEFのゴールネットを揺らしました。

その後、コータ選手に代えて久保選手、坂本選手に代えて福元選手を投入し、パワープレイにシフトしますが、1本調子になった攻撃は悉く跳ね返されるどころか、気負いすぎた福元選手はオフェンスファウルを繰り返し、逆に3点目の香りすら漂わせながら1-2でタイムアップ。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 己を知らずに相手を知れども百戦危うし(A:京都戦)[→4位]【J特】

こんばんは


個人的には今シーズン初の遠征となった訳ですが、失点までの流れは空模様以上に酷いものでしたね。

逆に言えば、自ら勝負どころを演出してしまった試合であった様に受け止めています。


当日中の更新を試みましたが、失点はむしろ献上点だったこともあり、さすがに酒精の誘いに負けました。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 京都戦前夜~何としても、三色の黄旗を掲げよう!~(A:京都戦)【J特】

こんばんは


[8/26(金) 27(土) 28(日) J2リーグ戦 第26節:プレビュー]4チームが勝点2差にひしめく首位争い。札幌も急接近で白熱化(J公式)
【J2:第26節 京都 vs 千葉】プレビュー:4位ながらオーロイを欠く千葉と、15位ながらもしっかりしたゲームが出来る様になった京都の激突(11.08.26)


ユース育ちの若手が溌剌とピッチ上で躍動する京都さん。牛若に翻弄される様さながら、西京極での我々は蹂躙を期待されているのでしょうか?


我々が、何よりトップチームが、そこまで諦めが良い連中では無い事を知らしめたいものです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • お礼に代えて

こんばんは


皆さんにちょっとしたご報告とご挨拶を。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

いやはや、入場時以上に試合内容は寒かったというか・・・。

勝利に値しない内容であり、望まざる試合結果ではありましたが、それでもクロスバーのお陰もあって最低限の勝ち点「1」は獲得。

札幌戦から順位はまた一つ下がって遂に昇格圏外の4位となってしまいましたが、首位、FC東京さんとの直接対戦を栃木さんが制した事もあり、逆に首位との勝ち点差は「2」に縮まりました。


補強のウィンドウは閉じている訳ですから、ここで首位との差が縮まった事を「ラッキー」と開き直れる位の強さをチームやクラブには求めたいですね。

個人的な印象ですが、優勝を目指したJEFが、いくら厳しい状況とは言っても、ここで昇格権確保と下方修正したら、間違いなく昇格を逃すと思っています。(他クラブだって、絶対に一試合一試合勝ちたいはずなんですから・・・)
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • むしろ負けなかったと言うべきか(H:富山戦)【J特】

こんばんは


[8/21(日) J2リーグ戦 第25節:試合総括]栃木がFC東京を破る。徳島は勝点で首位に並ぶ(J公式)
【J2:第25節 千葉 vs 富山】レポート:両チームとも決定力を欠いてスコアレスドロー。守備は及第点&攻撃は一歩前進の富山に比べ、成長が見られない千葉は攻撃の連動性の向上が急務。(11.08.22)(J's GOAL)
試合結果


ボールは持てども、脅威にはならない展開が続きましたが、70分辺りからは連戦の影響が色濃くなってきたでしょうか?

「勝てなかった」というよりは「負けなかった」という内容にがっかりしている管理人です。


欲しいのはポゼッションでも展開でもなく、勝ち点3、もっといえばそのための得点な訳ですから。


アンカーが試合を通じて前を向かずに最終ラインに戻し、逆サイドに渡して、そこがチェイスを受けたら前線に蹴っている様では、ただ疲弊していくだけだと思っていました。

果敢な攻め上がりと思える姿勢がSBよりもCBから感じられる様では、引きこもる相手への打開も出来ない訳で。


竹内選手から前線へ「ズバッ」と通すような低いボールが何度か見られた事は嬉しかったのですが、試合を通じてみれば裏よりも遥かにロングフィードが大勢を占めていたように思います。


「動かない」反面、オーロイ選手のケアには場合により相手チームの2名が付く事で、JEFとしては前線や中盤でフリーになれていた選手を使えた側面があったと思うのですが、久保選手・コータ選手のケアは基本、マンツーマンで済んでしまいました。


特にサイドではアーリークロスをフリーで入れられる場面でも、人数を掛け、時間を作りながら密集を招き、わざわざ相手と競り合いながらのセンタリングを選択してしまっていた光景が散見されました。

その意味では、さっさと預けて動いて狙う様な賢しさが遂に見られなかった事が残念です。

3連戦のうちこれで2試合半酷い内容となったJEF。監督の信条とは言え、出場停止の影響もありますから、何かしらの変化は齎されるでしょう。それが単に代役なのか、デフォルトポジションのそれなのかはまた別の問題ですが。


ただ、フル稼働してきた山口選手に関しては、ここ数試合の判断や選択から、少しばかり外からピッチを見て欲しいと思っていた部分もありますので、個人的にはあまり悲観的には捉えていません。

代役が福元選手なのか、良太選手なのか、期待なのか不安なのか、その辺りの考えは皆さんそれぞれでしょうけれど・・・。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ため息しか出なかった・・・(H:富山戦)[↓4位]【J特】

こんばんは


日程的な問題が無かった訳ではないのでしょうが、工夫やアイデアに欠けた一本調子の戦いではやはり勝利は困難でした。


クロッサーを投入すれど、中で競り合うFWは既に交代済み。ターゲットもプレイスキッカーも不在の中、スタンドに蔓延する焦燥感。


ピッチから手詰まり感をひしひしと感じましたが、結局、枠を1枚余らせたままのスコアレスドロー。


こういうときのために、チームを、ゲームを司るあの選手を獲得したのではなかったのでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 富山戦前夜(H:富山戦)【J特】

こんばんは

[8/21(日) J2リーグ戦 第25節:プレビュー]勝点接近の首位争い。上位陣との差を詰めたい5位以下のチーム(J公式)
J2:第25節 千葉 vs 富山】プレビュー:動きの量&質や攻守のコンビネーションを高めて、しっかりとリカバリーしたい千葉。得点力不足の富山はフィニッシュの場面の精度向上と工夫でゴールを狙う。(11.08.19)(J's GOAL)


8月開催は唯一となる、久しぶりのフクアリ。

前節で見せられた不安は否定できませんが、それでも漸く還って来たという気分です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

東日本大震災復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン! なでしこジャパン(日本女子代表)vsなでしこリーグ選抜

一度見てみたいと思っていたなでしこ達でもありましたし、金曜夜の国立開催という好条件でしたので、お邪魔してきました。


なでしこリーグのDFとして(!?)No.3を背負った清水選手と、なでしこジャパンのNo.18:丸山選手が共に先発出場。

JEFサポとしてのお目当ての両選手が大観衆の前で君が代が流れるピッチに立っている光景は素晴らしかったです。


まぁ、試合は前半で3-0となってしまいましたし、チャリティマッチという事もあり、ゲームそのものとしての結末は初めから意識していませんでしたので、後半もしっかりと観て帰ってきたのですが、清水選手、丸山選手とも前半でお役御免となってしまったのは少々残念ではありましたが、後半にはリーグ選抜が2点を返して3-2のスコアでタイムアップ。

代表チームの選手のスキルと連携はもとより、リーグ選抜とは言え即席チームの選手達の個性も十分に発揮されていたように思います。

試合途中からは雨足が強まり、屋根の無い国立ではポンチョを纏って観戦される方が多くなった事は残念でしたが、生観戦する価値は十分にあったと感じました。

スキルやスピードには遜色を感じませんでしたが、それを支える体幹やフィジカルにはリーグ選抜に比べて、代表の選手達の強さが目立ったように思います。


後半途中でピッチを退き、得点もありませんでしたけれど、やはり澤選手の存在感は別格でした。

今後の代表チームに関しては、どうしても「ポスト澤」という問題がやはり大きく顕れて来るのではないかと考えたりもしましたね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 面を上げろ!~札幌戦後~(A:札幌戦)【J特】

こんばんは

【J2:第3節 札幌 vs 千葉】レポート:新戦力ジオゴの活躍で札幌が4得点快勝!千葉はオーロイの不在が響いたのか、良いところを見せられないまま、札幌にリベンジをされてしまった。(11.08.18)(J's GOAL)
試合結果


程度の差こそあったのかも知れませんが、それぞれに悪かった様に映りました。

そう、前線も最終ラインも中盤も、右も左も、中も外も。お互いの距離感、ワンプレイの精度、更にはベンチさえも・・・。


TGも含めてですが、正直、今期のJEFの試合、ここまで観る事に注力出来なかったのは初めてでした。


今シーズン、アウェイで勝てないまでも、負けない戦いを志向していた様に私は受け止めていたのですが、前節・今節の試合の入り方は明らかに相手の術中に嵌っているような気がしてなりません。


それが、フクアリで得られなかった勝ち点の清算のためなのか、アウェイでの勝利を得るための生みの苦しみなのかは管理人には解りませんが・・・。


皮算用に届いていないJEFの勝ち点と、混戦模様のJ2の順位表に加え、不動のCFWオーロイ選手の離脱が拍車を掛けているのかもしれません。


なれば尚の事、アウェイでは相手を引き付けて広大なその裏を狙うべきだと考えていたのですが、ブロック形成の意図は選手からは勿論、ベンチからも感じられませんでした。

それが、現状のJEFの順位による過信なのか、スカウティングの漏れ含めた計算違いによるものか、或いは夏場の厳しいコンディションの為かは解りませんが・・・。


まぁ、自陣でのスローインをあっさりと攫われるという、本当に下らないミスを端緒として、開始3分でCKから弱点を突かれた先制弾を浴びてしまえば、動揺も致し方ないとは思いますが、再三言われてきた「戻るべき所」が折り返しの試合で見えなかったのは残念でしかありません。


更に、ヴェテランと呼ばれる選手達が判断やキックに精度を欠き、若手や中堅のアタッカーに覇気やチャレンジが見られなければ、この結果も止むを得ないでしょう。


計上される人件費は兎も角として、そもそも、JEFは強いチームでは無いのですから・・・。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


・・・現地に赴かれた皆様、お疲れ様でした。

気を落さず、というのは難しいでしょうが、せめて無事のお帰りをなさって下さい。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 札幌戦前夜(A:札幌戦)【J特】

こんばんは

【J2:第3節 札幌 vs 千葉】プレビュー:前回対戦は千葉が完勝。ホームで雪辱に燃える6位札幌が、2位千葉へのリベンジに挑む!(11.08.16)(J's GOAL)

変則日程の影響から、J2では唯一となる今週の水曜開催。

前節岐阜戦の前半を考えれば日程的なコンディションの違いなんか、と言いたくもなりますが、やはり久しぶりとなる夏場の水曜開催はそれだけで大きな負担でしょう。

それが、同じカテゴリで唯一の開催となれば、該当試合そのものだけでなく、次の開催への影響まで考えてしまいます。

それでも、アウェイとは言え土曜開催の後に水曜を迎えられるJEFは、日曜日にアウェイでタイムアップ直前まで死闘を繰り広げた札幌さんに比べれば日程的にまだましなのかも知れません。無論、JEFにとっては連戦となるアウェイ、札幌の地での試合なのですが・・・。

さて、カレンダーについてぼやいてばかりいても、今更の日程変更もありません。

前回のフクアリでの対戦と今回の札幌さんの大きな違いはやはり、FWジオゴ選手の加入でしょうか?

また、得点力不足を謳われてる札幌さんですが、反面、守備力に関してはJEFよりも3点少ない15失点。気付けば順位も勝ち点差7の6位にまで迫っています。


単なるアウェイの一試合でなく、お互いに折り返しの後半戦緒戦。前節、得点という結果を示した孝太選手、ゲッセル選手。前節も得点に絡めなかった久保選手。その他の選手達もそれぞれ胸に期する物があることでしょう。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


スコアレスで終えられたとは言え、悲惨というか無残というか、決定機に晒され続けた前半については、触れません。


逆に期待していたのはこれまでもしばしば見られたHTでの効果的な修正。

出来るんなら初めから対応しておいて欲しい、という思いは当然ありますが、この辺りがスカウティングと現場の違い、「百聞は一見に如かず」という事なのでしょうか?


アウェイでの草津戦のように、空回りしてしまう交代もありますが、交代策含めたドワイト監督のHTにおける手の打ち方に関しては、概ね好意的に受け止めています。


シーズン折り返しの時期を迎えて物足りなく感じるのは、ピッチ上の選手達による修正力でしょうか。


逆説的にはなりますが、監督への信頼と指示に従順すぎるとでも言いますか、試合前のプラン通りにで上手く行かずに慌てるくらいなら、一度自陣にしっかりと引いて、ブロックを築いて相手を迎え撃つ、といった工夫ですね。


或いは、首根っこを掴んででも、他の選手へ要望を伝える、といったような、時間帯を捨てると言うか、凌ぐ勇気でしょうか。

ヴェテランと呼ばれるキャリアを持っている選手が多いチームにしては、それぞれがあまりにポジションでのタスクをこなそうとしすぎている印象です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 「1」と「0」の大きな違い(A:岐阜戦)[↑2位(確定)]【J特】

こんばんは


[8/13(土)、14(日) J2リーグ戦 第24節:試合総括]FC東京が首位キープ。千葉が2位へ浮上、東京Vは大勝(J公式)
【J2:第24節 岐阜 vs 千葉】レポート:岐阜にとって惜しかったでは済まされない試合。この敗戦の意味を真摯に捉えよ。(11.08.14)(J's GOAL)
試合結果

勝利と言う結果により強い気持ちを見せたのは、ホームの岐阜さんだったのかも知れません。

特に前半、岡本選手の活躍が無ければ3,4点失ってもおかしくないピンチの連続でした。

更に42分、それまで鉄壁とも言えるセーブを繰り広げたいた岡本選手の飛び出しが間に合わなかった時には、流石に頭を抱えましたが、幸いにもボールはゴールバーの上を通過していきました。

画面では確認できなかったピッチに吹く風、数回散見された不可思議なジャッジの影響が仮にあったと鑑みても、前半10分以降のJEFの得点を期待できるシーンは1-2回しかなかったのではないでしょうか?

ただ、連敗の続くチーム全体で無得点、完封無し、いった岐阜さんを取り巻く状況が、決定機に際して安全なシュートコースを選択していたのかな、という印象を抱き始めています。


逆にその意味では、最悪な状況をそれなりの結果で乗り切れたJEFにとっての後半は開き直ったチャレンジの機会となりえたのかもしれません。


オーロイ選手やミリガン選手の派手さはありませんし、ハイテンポの展開になればなるほど、ポジショニングや寄せに甘さを見せてしまうゲッセル選手。

この試合の前半では中途半端なポジショニングでピッチを彷徨っていた印象でしたが、後半早々の左からのプレイスキックに飛び込んで行く「容」を確かめるように惜しいヘディングを放つと、その後の右からのFKからしっかりと先制点を獲得。

マイボールになると積極的に責めあがる姿勢を見せますが、高さの対応としてはCBも務められる本来のプレイスタイルや役割から、中盤の底に構える方が向いているのではないかと管理人は考えています。

ただ、デコイも無い中、跳ぶ事も無くプレイスキックのボールに飛び込んでゴールを捉える姿には頼もしさを感じました。


そして、後半から投入されたコータ選手。


最終ラインの相手のボールを突付いて、と言えば隙を狙ったように思えますが、カメラアングルでは自陣のペナルティーエリアとセンターラインの真ん中辺りの位置から、チェイシングは継続されています。

そして、自陣の右サイドから相手選手の位置をセンターサークル辺りまで下げさせた上でのボール奪取。その後の独走から、得意の左足でしっかりとゴールマウスに流し込んだシュート。

このゴールは試合そのものは勿論の事、コータ選手自身の殻と、アウェイの呪縛を解き放つ追加点となりました。

ゴール後に走りながら突き出された左腕、更には右腕。そしてさらに自ら誇示した背番号。誰のお陰でもなく、自らが必死で走ってチームのために独力で叩き込んだ追加点。


今までの出場機会では撃って欲しいシーンでパスを出し、仕掛けて欲しいエリアでバックパス。折角GKと1対1になっても、シュートをGKに当ててしまう。

スタメンを逃している焦り、結果を出せない悩みともどかしさ。それらを打ち破る厳しい試合での今シーズン初得点は彼自身の飛躍に繋がる物だと期待します。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 守護神降臨(A:岐阜戦)[↑2位(暫定)]【J特】

こんばんは


どうなってしまったのか。これからどうなってしまうのかという酷い前半。

普通だったら、前半で終わっていた試合だと思います。

岐阜さんの得点への流れを独りで食い止めていた感のあった岡本選手。


その働きは、後半の2人の選手の初得点で見事に報われたように感じます。


オーロイ選手不在はもとより、プレイスキッカーである伊藤選手、林選手不在のピッチでもセットプレイからゲッセル選手の来日初得点が生まれた事。

相手ボールを奪い取り、独りで試合を決める追加点を捥ぎ取った孝太選手も今期初得点でした。

内容については触れたく無い部分も多いですが、何より、結果として昨季の戦績をなぞっていたアウェイの試合結果を初めて覆した事は大きいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 岐阜戦前夜(A:岐阜戦)【J特】

こんばんは

[8/13(土)14(日) J2リーグ戦 第24節:プレビュー]後半戦のスタート。上位陣の勝点接近で目が離せない首位争い(J公式)
【J2:第24節 岐阜 vs 千葉】プレビュー:格上相手に結果を残せるか!?ミッション達成こそ、岐阜の勝点獲得への近道。(11.08.12)(J's GOAL)


変則日程の結果とは言え、先週末に他チームが試合を消化する中で試合が無かったJEF。たった1試合ですが、かなり久しぶりに感じられるリーグ戦となります。

オーロイ選手不在の中で迎える後半戦の緒戦。オフを差し引いたとしても、10日間のトレーニング期間で「オーロイ仕様」の戦い方からの変化がどれだけ意識付けされたのかという不安と期待は尽きません。諸々の情報を総合するとCFWスタメンの最右翼は久保選手。

登録選手追加・変更・抹消のお知らせ

新加入の大島選手も規定上出場は可能ですが、コンディションの問題もあるようですし、帯同しているかどうか。また、昨日の今日では連携に関してもまだまだこれからと言ったところでしょう。


対戦相手の岐阜さんですが、なかなか結果の出ない苦しい戦いを強いられているようですね。失点の多さと得点力の低さはプレビューでも触れられていますが、それでも今シーズンのフクアリでの対戦失点している事、会場は異なれど昨シーズンのアウェイの悔しさを忘れてはなりません。

更にプレッシャーとは無縁の開き直りやチャレンジスピリットが発揮されれば、現状の順位など全く関係ありません。


どうしても、オーロイ選手不在がクローズアップされてしまいますが、伊藤選手の不在もセットプレイを考えた場合、相当な痛手だと考えます。当然、キッカーとしての役割を担うであろうこの選手への期待は高まりますね。

【J2日記】千葉:痛くなったのは翌々日&ブレ球FKでゴール宣言(11.08.12)
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 混戦はJ2だけでなく(川崎vsC大阪)【J特】

こんばんは

【J1:第20節 川崎F vs C大阪】レポート:急造のシステムで臨んだ川崎Fにとって、重すぎる2失点。C大坂は死に物狂いで勝点3をもぎ取る。(11.08.07)(j's GOAL)

JEFの試合が無かったため、うっかりしていましたが前回の土曜、またまた等々力にお邪魔してきました。

仙台戦磐田戦甲府戦柏戦、そして、ナビスコ広島戦。通い慣れた等々力とは言え、メンバーに懐かしさを抱いた広島さんとはまた違った意味で、昨シーズンを共に過ごした選手を擁するC大阪さん贔屓の気持ちで、アウェイ寄りのバックスタンドに陣取りました。(今シーズン、等々力だけで6試合とは、私自身驚いています)

調子が上向いてきたと言う印象を抱いていた川崎さんですが、前節は浦和さんに敗戦。

一方のC大阪さん、リーグ戦では今ひとつ調子に乗れていない模様。

しかし、私にとってはお目当ての中後倉田両選手がスタメンでしたから、かなりボルテージ高く試合に臨めました。

かなり直前の会場入りでしたが、松田選手への黙祷を行った際、アウェイゴール裏からのコールに、ホーム側のサポータが同調し、等々力に響いた「マツダ」コール。早すぎる偉大な選手の喪失を会場全体が悼んでいた様に思います。


アップを見ていなかった事もありましたし、川崎さんは惜しいシーンを演出していたので暫く気づかなかったのですが、キックオフから暫くしての「小宮山選手が居ない」という気付き。

そうこうするうちに、中後選手が放った早い低めのCKに清武選手が合わせてC大阪さんの先制。

更に、川崎さんの守備の甘さもありましが、カウンターから決めた倉田選手の追加点。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


大島秀夫 選手の加入について
大島 秀夫選手 ジェフユナイテッド市原・千葉に期限付き移籍のお知らせ(新潟さん公式)

午後に新潟さん公式に突然発表された大島選手の移籍。それまで全く無かった情報だけに、正直、驚きました。

7月の末にU-18から佐藤選手、井出選手が内部昇格の形でトップチームに加入すると言う発表がありましたから、補強は無いんだろうと考えていましたが、やはりオーロイ選手の怪我が思わしくなかったと言う事でしょうか?

或いは、伊藤選手の離脱も鑑みて、ITOP候補としても起用された久保選手や孝太選手は、米倉選手と競わせて右サイドやトップ下で活かそうと言う監督の構想でしょうか?


大島選手はJ1時代には対戦していて、山形さんでのJ2経験もある選手。JEFは以前にも獲得に動いていたオフがあったように記憶しています。

ポストプレイヤーとして中央で存在感を示していた印象が強いですが、新潟さんに加入してからは迫力のある走りも見せていたように思います。

戦術の柱となっていたオーロイ選手の代役としては、十分な補強のように受け止めています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 一回休み[↓4位]【J特】

こんばんは


[8/5(金)~7(日) J2リーグ戦 第3節:試合結果]FC東京が首位に復帰。北九州が3連勝、横浜FCは劇的勝利(J公式)

金曜に首位の徳島さんが北九州さんに敗れましたが、土曜には栃木さんが鳥取さんを降し、日曜にはFC東京さんが岐阜さんに勝利。

試合が無かったJEFは当然ながら勝ち点に変化がありませんでしたので、一試合少ないとはいえ、順位は4位に後退。さらに、徳島さんを破った北九州さんは勝ち点2の差まで肉薄しています。


オーロイ選手、伊藤選手の長期離脱が避けられない状況では8/5~7に試合が無い日程を比較的前向きに捉えましたが、逆に次節からは過密日程を強いられる訳ですから、この辺りの勝ち点差に重圧を感じないような戦い方を見せて欲しいですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 哀悼。黄色くない背番号3へ・・・

こんばんは


練習中の急性心筋梗塞で緊急搬送された松田直樹選手が、関係者の懸命の治療にも関わらず、享年僅か34歳にして他界されました。

偉大なフットボーラーの訃報に対し、仰ぐ旗は異なれど一個人として哀悼の意を示すと共に、御冥福をお祈り致します。
また、御遺族、関係者、同僚、サポの方々には、改めてお悔やみを申し上げます。


第一報を知ってから、ずっと気に掛かっていた容態。本日の午後、ちょっとした休憩時間で知ってしまった情報。


それまで現役プレイヤーとしての復帰は困難かもしれないと思いつつも、意識の、そして健康の快復を願っておりましたが、大勢の方々の想いや願いは、これ以上無い最悪の形で結末を迎えてしまいました。


正直に言えば、JEFサポである管理人は生でその姿を見ているとき、応援する事はおろか、拍手をすることすらありませんでした。

横浜FMさんとは対戦成績も良く無い上、松田選手はピッチ上では本当に強くて嫌らしく、誤解を恐れずに表現するならば憎らしいプレイヤーだった訳ですから。

更に、山雅さんに移籍した後も、その選択に尊敬はすれど、リザのライバルと思えば、積極的なエールは送る気になりませんでした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ダブルスタンダード?(H:横浜FC戦)【J特】

こんばんは


「激しい戦い」と表現すれば表現は美しいとは思いますが、「不安定な基準」と表現した方が正確なのではないでしょうか。

そう、ジャッジメントに対しての印象です。


毎試合、名前だけで主審の判断はしないようにと心掛けているつもりですが、審判団紹介に際しての家本氏の名前、フクアリにはちょっとしたどよめきがあったように感じました。

昂ぶらなければ大丈夫。とだけ考えていた私の期待は残念ながら完全に裏切られてしまいました。


セットプレイ前のペナルティエリア内では、お互い触れ合っただけで吹かれていた笛。しかし、まるで基準が異なるようにペナルティエリア外での接触では鳴りませんでしたし、吹かれる場合でも、その後のワンプレイ後であることがしばしばでした。


ペナの内外という意味では、ハンドリングの基準も大きく異なっていました。

肩で行ったと思われる深井選手のトラップは尽く笛で止められ、ペナルティエリアの中での相手選手のそれは腕を用いた明確なクリアですら反則と認められませんでした。


その結果として、各所で過剰な肉弾戦が繰り広げられてしまいました。


負傷交代を余儀なくされた選手の数、ベンチや選手から続いたクレーム。試合後のスタンドからの大ブーイング。

ルールやジャッジ、レフェリングが、選手や試合を守るべき物であるならば、今回の主審は完全に落第点でしょう。


大々的にバッシングされた後、現場に復帰された氏に対して、特に私はフラットに受け止めるようにしていたのですが、今回ばかりはかなり残念に思います。


そして、常々思っている事ではありますが、それは個々の主審のスキルの問題だけでなく、彼らに対して説明責任の場を設けないリーグに、より大きな責任があるのでは無いでしょうか?

いわゆる誤審や見落とし、疑惑の判定に関して、どんな試合でも皆無にする事は困難でしょうけれど、以前も触れたように、向上のための工夫は必要だと感じています


選手同様、大勢の観客から立ち居振る舞いを見られている審判団。毎試合後に質疑応答nという形で発言機会を設けるだけで、かなりコミュニケーション能力の向上を望めるのではないかと考える管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 変わったセンターライン(H:横浜FC戦)【J特】

こんばんは

[7/30(土)、31(日) J2リーグ戦 第23節:試合総括]徳島が今季初の首位。北九州がFC東京を破り、水戸は快勝(J公式)
【J2:第23節 千葉 vs 横浜FC】レポート:18本のシュートでPKによる1得点のみと決定力不足が大きく影響した千葉。横浜FCはGKの活躍が象徴するように粘り強さを発揮しての引き分け。(11.08.01)(J's GOAL)
試合結果


オーロイ選手の負傷交代で戦い方は変化すると思っていたので、ゲッセル選手の投入は意外でした。

確かに村井選手の失点の責は大きいですが、前回も述べたように、展開や時間帯を考えても、その前のオーロイ選手の叩きこそが問題だと捉えていましたので・・・。

さて、そのゲッセル選手の投入で、相手のゲームは直線的なボールが行き来する事に変わりました。

但し、それは相手に対応したというよりは、チームとして相手に合わせてしまった印象が強かったです。


特に攻勢に移った際には高めの位置取りをしたゲッセル選手ですが、バイタルでボールを受けても叩くだけというプレイばかりでしたし、ルーズボールへのアプローチでは他の選手とお見合いをして、相手にボールを渡してしまうシーンも散見されました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 失ったもの(H:横浜FC戦)[↓3位]【J特】

こんばんは

オーロイ祭りとしたかった今節の結果は先制をしつつも残念ながら1-1のドロー。勝利して上げたかった順位を逆に下げる事になってしまいました。

試合開始早々、立て続けに放たれた右サイドからのシュートがゴールネットを揺らせなかったシーンはじめ、PK以外のビッグチャンスを得点とする事は、残念ながら最後まで出来ませんでしたね。


同点弾も素晴らしかったとは言え、やはりあそこで相手を離してしまったのは痛恨だったように思います。無論、守備面を考えれば村井選手を起用するリスクは込みであったとは思いますし、それ以外のシーンでは素晴らしいプレイも披露してくれましたから、そこだけをクローズアップするのもどうかとは思いますし、個人的には、その攻撃の端緒となってしまった、急ぐ必要の無かった状況で、カットされてしまったオーロイ選手のワンタッチでの叩きの方が問題だったように考えています。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!