犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 横浜FC戦直前(H:横浜FC戦)

こんにちは

[7/30(土) 31(日) J2リーグ戦 第23節:プレビュー]FC東京が勢いを加速させるか。追走する上位陣は息を抜けない試合(J公式)
【J2:第23節 千葉 vs 横浜FC】プレビュー:横浜FCの厳しいプレスをかいくぐり、パスをつないで攻撃したい千葉。相手の圧力を受けても下がらず、組織的に守ることもカギとなる。(11.07.30)(J's GOAL)


昨日の他チームの結果も、対戦相手の出場停止も、今節、フクアリで勝利してこそ意味を持ちます。


気負わず、恐れず、しっかりと勝ち点3を。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

【ヤマザキナビスコカップ 川崎F vs 広島】レポート:若手選手の活躍を引き出したベテランのビッグセーブ。川崎Fが広島を下し、2回戦進出を決める(11.07.28)(J公式)
[7/27(水) ヤマザキナビスコカップ1回戦第2戦:試合総括]2連覇を目指す磐田をはじめ、2回戦進出チームが決定(J's GOAL)


に続き水曜まで観戦。5日間で3試合というのはかなり多いような気もしますが、チケを入手していたからにはスタンドへ脚を運びました。

こういった自分達に全く関係の無いどちらが勝っても良い試合というのは、ある意味非常に気楽な観戦ではありますし。


実はこの日の管理人、入りがキックオフに間に合うか間に合わないかというくらいのスケジュールでしたので、選手紹介はおろか、選手入場すら見ていません。

外側から競技場を眺めつつ歩いていると、ナビスコのアンセムが聞こえ始め、チケットをもぎられた頃にはキックオフ。

ホームゴール裏から試合を眺めつつ、川崎さんのピンチを応援するサポさんたちを右手に見ながら、に延々とコンコースを歩き、席に陣取って落ち着いたのは試合開始後10分位だったでしょうか?

いつもながらアウェイに近いエリアに陣取りながら、縁の選手が多い広島さん寄りでの観戦。

特にピッチ上で相変わらず飄々としている中島選手の姿には、ボールに絡む度に盛り上がっていました。

試合結果そのものは公式やJ's GOALを見て頂くとしても、いや、川崎さんには得点を挙げた小林選手や登里選手など、良い若手が育っていますね。相変わらず、ケンゴ・稲本の両選手に加え、柏戦負傷交代を余儀なくされた矢島選手までをメンバーから欠く川崎さんでしたが、広島さんと遜色なく渡り合っていましたし、危ない時間のピンチを幾度と無く防いだ相沢選手も見事でした。

逆に言えば川崎さんのゴールを脅かした寿人選手のシュートは何であれが決まらない?というような素晴らしさだったのですが・・・。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 久しぶりの国立(FC東京vs熊本)【J特】

こんばんは


札幌戦が土曜開催であった事もあり、好ゲームのドローと言う結果を夢想しながら日曜日は国立のビジター自由席にお邪魔してきました。

当日まで、国立観戦は深井・巻両選手の終盤での2得点で劇的に勝利した2009シーズンのアウェイだとばかり思っていましたが、実は昨年の天皇杯準決勝にお邪魔していた事を道中に思い出しました。


気楽な観戦ですから、千駄ヶ谷のコンビニで飲み物とつまむ物を準備しつつ、自由席の前売りチケット(1,600円!?)を握り締めながらの入場。FC東京サポを友人に持つと言う事もあり、実はJEFとの対戦を除けばFC東京さんのホームゲームをアウェイスタンドから観戦するのは初めてでした。


前日のJEFの快勝もありましたし、アウェイではあわやというシーンを何度も見せられ、フクアリでは退場者を出しながら守りきった熊本さんの姿も知っていますから、ポゼッションは兎も角としても、熊本さんのポテンシャルには大いに期待していました。


そう、前半終盤のPK献上と、それに伴う根占選手の退場、更には先制点が決まってしまったシーンまでは、ですが。


幸先良く先制したフクアリでのそれとは違い、熊本さんは普通に試合に臨んでいた印象があります。

現状の東京さんは平山選手・高松選手の負傷によりオーロイ選手のような明確なターゲットが不在ですから高いライン取りが、結果としては裏目になってしまったのかも知れません。


悪い事に修正を期待する間もなく、後半開始早々には右サイドから今野選手が入れたボールに羽生選手がしっかりと合わせて2-0。この段階で、趨勢は決まってしまいましたし、後はもう、FC東京さんの選手のレベルの違いを散々に見せ付けられるような結果となってしまいました。


こういう大味な結果は、東京さんのサポやファンからすると盛り上がるわけですが、熊本さん寄りとは言え、比較的フラットな視線で観戦をしていると、興醒めしてしまう部分がある事は否めませんね。

特に、その後に続いた失点の中、熊本さんの選手が、ゴールネットから跳ね返ってきたボールをタッチラインに蹴りだしたシーンは本当に残念でした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


前半で得点が出来たと言う事がかなり大きかったのではないでしょうか。

仮にスコアレスドローの状況でHTを迎えたならば、後半で札幌さんの疲労よりも先に、JEFの焦りが表れてしまうのではないかという事を何よりも恐れていました。

相手に当った村井選手のシュートは時間帯を読んでのものであって、出し所が無いために放たれたそれでは無かった様に思いますし、結果的にはこぼれ球となったセカンドチャンスを中央からしっかりとゴールに結び付けました。

それも、会場がどよめく様な豪快なスーパーゴールではなく、素晴らしいコースにグラウンダーで決まった、技術の高いシュート(の様に管理人には思えます)だった事が、これから後のJEFの戦いに於いても、有効な打開策の一つである事を示してくれたように感じました。


中盤の選手のミドルと言う意味ではペナルティアーク付近で勇人選手も果敢に放っていますが、撥ね返されたとは言え、今回の村井選手のシュートは吹かすことなく、しっかりとセカンドチャンスに繋がっていた訳ですし。


サイドからのクロス、両サイドからのカットインだけでなく、中盤から直接的にゴールを狙うというオプションはやはり相手にとっては嫌な物だと思います。


「We are Chiba」については賛否両論のようですが、入場後、堂々と我々を煽りながらスタンドに姿を現して下さった札幌サポさんへのお礼だったのではないかと、あまり否定的に受け止めてはいません。フクアリでの札幌さんとの対戦にやっと勝利出来た訳ですし。


また、勝利後のパフォーマンスとして「俺たち~」「JEF!」の掛け合いが戻ってきた事も嬉しかったですね。

個人的には疲れた選手達にラインダンスを強いるより、マイクパフォーマンスに慣れていようがいまいが、その試合のヒーローが直接呼びかけてくれる方が好ましいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


前回前々回と村井選手はじめ、ヴェテラン選手に対して諸手を上げて賞賛しました。末期のような覚悟でピッチに立っていたであろう村井選手に加え、アウェイ熊本戦での負傷を負うまでは開幕当初からスタメンを張り続けた坂本選手、熊本戦以来のスタメン起用となった林選手。それぞれの選手達が約束事の中で、持ち味を存分に発揮していたように思います。


この辺り、経験と自負に裏打ちされたプレイが出来ていたと表現すべきかもしれませんが、逆に言えば、贔屓目に見ても交代出場した久保選手や孝太選手に物足りなさが残った事実は否めません。


個人技で3点目を狙って良いようなシーンで前を選択しなかった事が、ベンチの指示なのか、自己の判断なのか、或いは心身の限界だったのか、と言う点については推測するしかない訳ですが、欲を言えば「俺が試合を決めてやる」位の気を吐いて欲しかったと思います。


確かに、熊本戦でゴールに繋がるFKを披露したとは言え、「らしさ」は今回の方が感じられた林選手の動きを考えると、キャリアの中で共に過ごした実戦経験を差し引いた上で、単純にヴェテランと若手を単純比較できませんし、幾度か合ったチャンスに不発だったオーロイ選手の右脚や、ピンチを招きかねなかった深井選手のマイナスのパスなど、ポジションによる違いがある事は鑑みた上で、ですが。


それでも、出場機会を掴み続けながら、シュートは決まらずとも打ち続けている米倉選手の姿勢や結果を考えると、物足りなさを感じてしまう管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 期待と決断と覚悟(H:札幌戦)[→2位(確定)]【J特】

こんばんは

[7/23(土) J2リーグ戦 第22節第1日:試合結果]千葉、栃木がともに勝利で首位戦線は緊迫。大分、富山も白星(J公式)
【J2:第22節 千葉 vs 札幌】レポート:今季初スタメンの村井の攻守にわたる活躍で、千葉がフクアリでの対札幌戦初勝利。攻守両面でミスが出た札幌は持ち味を発揮できず。(11.07.24)(J's GOAL)
試合結果

皆さんがこの日のヒーローはと問われたなら、やはり村井選手の名前が挙がるでしょうし、私自身も全く異存はありません。


左サイドのスペシャリストである同選手がDFH候補として監督に捉えられている事は、TGでの起用方法やベンチの布陣からも十分に感じられた訳ですが、それまでのスタメンを務めていた選手が共に不在の状況での出場にも関わらず、その働きはポジションの穴埋め以上に散らしと突破で機能していましたし、更には得点に至るまで、八面六臂の大活躍でした。

繰り返しになりますが、先制弾を導いた二回のミドルシュートは、ピッチ上の状況だけでなく、ヴェテランらしく時間帯をも念頭に置いた素晴らしい選択だったと受け止めています。


それにしても、中盤に収まりどころがあるというのは、本当に頼もしいと感じた試合でした。持ち上がりとクロスには定評があった村井選手。但し、全周囲を意識するポジションであれだけの仕事をしてくれる事を予想していたサポがどれだけいたでしょうか。

本失わないキープ人は、謙遜もあってか「周りがサポートしてくれた」と表現していますが、テンポの良い叩き、、ぬるぬると持ち上がりで存在感を増していくその姿には頼もしさが増すばかりでしたし、大げさに言えばピッチ上の王様の様に感じました。

そんな殊勲の村井選手は試合後のインタビューで涙ぐみながら「ラストチャンスだと思って」と、スタメンに掛けていた想いを語ってくれています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 出た、決めた、勝った(H:札幌戦)[↑1位(暫定)]【J特】

こんばんは


出場停止のゲッセル選手に加え、伊藤選手の負傷。噂されていた通り、中盤の要に入った村井選手。


札幌さんの戦い方もあったのでしょうが、ボールを、シンプルに叩けて、前を向いては持ち上がる。

また、身体を寄せられても失わず、更に機を見てのシュートでゴールを脅かす。


その村井選手の得点は圧倒的にボールを保持しながらも無得点で終わるのかと思われた前半のアディショナルタイムでした。


当然、管理人は1-0となった事で、後半の札幌さんの逆襲を恐れていた訳ですが、竹内選手の追加点で2-0の勝利。


タオルの宣伝と言わんばかりにロングスローを投げまくったミリガン選手、左サイドを何度も駆け上がった坂本選手。

右から中に位置取りを変化させてコースを作った林選手、空いたコースからチャンスを伺った山口選手。


逆に、アタッカー陣にはもう少し積極的なシュートを望みもしましたが、今シーズン苦手とする土曜日、鬼門とも言えるフクアリでの札幌戦という事を考えれば、満点を出して良い内容だったように思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 札幌戦前夜(H:札幌戦)【J特】

こんばんは


[7/23(土) 24(日) J2リーグ戦 第22節:プレビュー]首位に躍り出たFC東京を、千葉、徳島、栃木が小差で追う(J公式)
【J2:第22節 千葉 vs 札幌】プレビュー:札幌との相性が悪い千葉。それでも守備陣の奮闘で失点を阻止し、攻撃を工夫して勝つしかない。(11.07.22)(J's GOAL)


土曜開催のフクアリでの札幌戦。あまり良いイメージを抱けないのは私だけでしょうか?

更に、布陣では累積警告でゲッセル選手が出場停止な上、怪我のために伊藤選手を欠く模様です。

トレーニング通りの布陣になるのか、サプライズがあるのか。ベンチメンバーの顔ぶれ含め、興味(と一抹の不安)は尽きません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • もう一つの首位陥落(川崎vs柏)【J特】

こんばんは

湘南戦に参戦できないから、と言う訳ではありませんでしたが、前夜には等々力に行って参りました。


試合前から大盛り上がりの柏サポさん達の姿に笑顔を出しながら、勝敗を意識せずに楽しめる観戦の気楽さを楽しんだように思います。


勝手知ったる他人の庭と言う訳ではありませんが、試合前にのんびりとピッチやスタンドを眺めていた管理人に驚きを与えたのは、他ならぬ川崎さんのメンバーでした。

メンバー発表でケンゴ・稲本両選手の不在を確認した際には、かなりの衝撃を感じたように思います。

一方の柏さんもワグネル選手がベンチスタートと、私が事前に思い描いていたメンバーとは大分異なる形で試合はスタートする事となりました。


中盤の中心選手2人を欠いては厳しいだろうと個人的には考えていた川崎さんでしたが、矢島選手のゴールで先制。

その後、先制ゴールの矢島選手の負傷により交代で投入された小林選手がファーストタッチで追加点を挙げるなど、川崎さんペースで前半を終えます。

と言うより、前半の柏さんはこれが本当に首位チームなのかと思われる位の出来だったように感じました。


2点差を埋めるべく、ジョルジ・ワグネル、茨田の両選手を投入したネルシーニョ監督。

ワグネル選手が左に入った事で、フリーになりがちだった右サイドからの攻撃でオウンゴールを誘発し、1点差に迫ると、更に後ろからのボールを半身のボレーで叩き込むというレアンドロ・ドミンゲス選手のスーパーゴールで同点に追いつきます。

当初、管理人はそのボールとゴール前の体勢からヒールで逸らしたボールかと思っていたのですが、しっかりとミートされたボレーだった事に脱帽しました。


その後も、柏さんが攻勢を強めていたのですが、カウンターへの対処から川崎さんにPKを献上。

このPKをジュニーニョ選手がきっちりと決め、3-2で川崎さんが勝利しました。


川崎さん、小宮山選手の攻め上がりと山瀬選手のドリブルにはワクワクし通しでした。

逆に、柏さんのワグネル選手のボールの納め方や、ドミンゲス選手のゴールは鳥肌モノでしたね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


失点の仕方、時間帯。先制点も追加点も共にもう遺憾極まりないという形でしたね。


二点目は、映像で見切れてしまっている事もあり、オフサイドのように映りますが、現地ではどう見えたのでしょうか?


映像で見る限り、アウェイとしての試合の入り方そのものはそんなに悪くなかっただけに、先制点を献上する形となった岡本選手のプレイはもとより、山口選手のカバーが及ばなかった事が悔やまれます。


また、2失点目に関しては、ミリガン選手の不在の影響と言えるかもしれませんし、前半のみで退いた茶野選手にも些か不運な展開だったように思います。

逆に、坂本選手がピッチに戻ってきた事は駒というだけでなく、士気に関してもプラスに考えていいのかもしれません。


無得点に終わった事は残念ですし、これからのシフトをどこに置くのかは少々気になります。

開幕の頃のように、ブロック形成を主眼として数少ないチャンスをモノにするのか、ここの所苦しんでいる展開が続いていても、ラインを高くしてでもリスクを負うスタイルの改良を目指しながら、若手やサブメンバーの覚醒を待つのか。


個人的には後者のような印象を抱きますが、どうなんでしょう?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 知った敗戦(A:湘南戦)[↓2位]【J特】

こんばんは。またまた久しぶりになってしまいました。


[7/16(土) 17(日) 18(月・祝) J2リーグ戦 第21節:試合総括]FC東京が首位浮上。湘南は7試合ぶりの白星。鳥取は5得点の圧勝(J公式)
【J2:第21節 湘南 vs 千葉】レポート:らしい姿を取り戻した湘南、勝利はさながら「夏の陣」。敗れた千葉は首位陥落。(11.07.18)(J's GOAL)

参戦できなかっただけでなく、ライブ中継も見る事が適わなかった湘南戦。


終盤の過程や結果をケータイ越しに知った上で録画を見た訳ですが、展開についての一喜一憂や、応援と言うファクターを除いてしまうと、例えそれが完敗や惨敗と評されているような物であっても、気分的には部外者のような感じです。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 湘南戦前夜(A:湘南戦)【J特】

こんばんは

[7/16(土) 17(日) 18(月・祝) J2リーグ戦 第21節:プレビュー]徳島 vs 東京Vは注目の上位対決。栃木、FC東京も首位を視野に(J公式)
【J2:第21節 湘南 vs 千葉】プレビュー:前節引き分け同士の両者、今節が岐路となるか。連敗を脱した湘南は首位チームを撃破し次の一歩を踏み出したい。(11.07.15)(J's GOAL)


先日、フクアリで対戦したばかりの湘南さんと早くもアウェイに於いての二度目の対戦を迎えます。


前回は危ないシーンの少ない2-0での勝利でしたが、やはり相手のコンディションが悪すぎたという印象が大きい対戦でした。


前節不在であったゲッセル選手の復帰はあるのか、出場停止のミリガン選手の穴を埋めるのは誰なのか。

ベンチメンバー含め、どのような顔ぶれになるのかは底上げの期待とともに、若干の不安を抱きます。


また、湘南さんが前節で得た勝ち点、低迷していたチームにどのような影響を与えるのかを考えると、地力があるだけにやはり怖いですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


ミリガン選手の右サイドのタッチラインからのロングスローが試合を通じて見られませんでした。

アウェイでの対戦ではロングスローから試合開始早々に得点が生まれましたので、熊本さんも対策は十分練ってきたのでしょうが、ああいった展開で飛び道具が使えなかった事はスローワーだけでなく、オーロイ選手にとっても残念でした。

やはり先日の接触で傷めた箇所が、万全ではなかったのでしょうか?


この対戦、得点者はJEFは竹内選手、熊本さんは長沢選手。

奇しくもアウェイ・ホーム共に両チームとも同じ選手が1得点ずつを挙げる事となりました。


2シーズンを通じ、熊本さんとの通算対戦成績1勝3分。

数字だけを見れば未だ無敗なのですが、引き分けた3試合の内容や展開からか、どうも厄介な対戦相手という印象を払拭できません。

特に、今回の対戦での後半の展開を考えると、キックオフでエンド変更を仕掛けた熊本さんの布石を活かされてしまったように感じます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • たられば(H:熊本戦)[→1位(確定)]【J特】

こんばんは。だいぶお久しぶとなってしまいました。


[7/9(土)、10(日) J2リーグ戦 第20節:試合総括]千葉、栃木、FC東京の上位陣はドロー。徳島が4連勝で2位浮上(J公式)
【J2:第20節 千葉 vs 熊本】レポート:高い守備意識を組織として見事に体現した熊本。千葉は攻撃の組織としての完成度や柔軟性が足りず、追いつくだけで終わる。(11.07.10)(J's GOAL)
試合結果


守備ではしっかりとブロックを築き、マイボールになるとプレッシャーの無い位置でエジミウソン選手が自由にボールを捌く。

長身の長沢選手とファビオ選手を目掛けるボールはJEFの守備陣を脅かしました。


特に、アウェイ熊本戦でのそれよりもずっと馴染んできた感のあったゲッセル選手の不在は大きかったように思います。管理人もメンバー表に名前が無い事を知った時点で、かなりの不安を抱きました。


初スタメンとなった林選手のFKを起点として得点が生まれたのは嬉しい事ですが、今迄数試合見られていたような右サイド側の活発なポジションチェンジは見られませんでした。


前半終盤に深井選手が見せたカウンターからのミドルシュートも南選手のセーブに弾かれてしまい、相手ペースで終始進んだ1st HALF。

それに比べれば、早い時間で数的優位となった後半、JEFの攻勢が強まった事は確かでしたが、結果的には追加点は生まれずタイムアップ。


中央で前を向いてもパスしか見せないオーロイ選手や、チームとしても思い切ったミドルが少なかった事で、クロスに対する相手の備えを崩せなかった印象でした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 10-1(H:熊本戦)[→1位(暫定)]【J特】

おはようございます

ホームでの熊本さんとの再戦は1-1のドロー。

数的優位を活かせずに終わったと考えれば、悔しい訳ですが、試合開始早々のセットプレイからと決められてしまった先制点を、やはりセットプレイから取り返したと考えれば、成果の無い試合ではなかったようにも思います。


後半開始早々の退場によって、熊本さんの戦い方が引き分けOKと割り切ったそれになってしまった事が、得点を困難にしてしまったのかも知れません。


勝ち点1を分け合った事で、ここ5試合の勝ち点は「9」に終わりました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 熊本戦前夜(H:熊本戦)【J特】

こんばんは

[7/9(土) 10(日) J2リーグ戦 第20節:プレビュー]千葉を追う栃木、FC東京、徳島。好調の東京Vは5連勝なるか(J公式)
【J2:第20節 千葉 vs 熊本】プレビュー:J1昇格のためのノルマ達成には勝つしかない千葉。空中戦&地上戦を組み合わせる工夫で、J2リーグ最少失点の熊本の堅守を崩したい。(11.07.08)(J's GOAL)

早いもので、熊本さんとはシーズン2度目の対戦を迎える事になります。アウェイでは何とかドローで終えられた、と言った内容でしたね。

高木監督がどのような手を打って来るのか、やはり不気味ではありますが、5試合のノルマである勝ち点10を達成するためには、勝利が絶対条件です。


アウェイでの対戦では溶けてしまいそうに思えたオーロイ選手も、前節、久しぶりの得点を挙げました。FC東京戦こそゴールがありませんでしたが、深井選手はそれ以降、フクアリでは得点を続けています。


顔ぶれに大きな変化は無いかも知れませんが、苦戦を強いられた相手に、あの時から上積みを見せるJEFを証明して欲しいと思います。


久しぶりとなるフクアリでの土曜開催。不安も緊張感も若干残りますが、大勢の皆さんとお会いできる事を願っています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


富山戦参戦は諦めた管理人ですが、実はその前日に味スタにお邪魔してきました。

当初の予定では両方行く筈だったので、富山不参戦の代わりという訳ではなかったのですけど・・・。


ここ数試合スタメンを固定し、結果を残しているFC東京さんは主に両サイドからのドリブル突破で鳥取さんゴールを目指します。

一方の鳥取さんは服部選手を中心としたブロックで攻撃を受け止め、カウンターからのチャンスを伺います。ただ、マイボールにした際の攻め方は、縦へ急ぐと言う訳ではなく、仲間の攻め上がりを待ちながら徐々に前へとボールを進めたがっているようでした。

むしろ、相手を脅かすと言うよりも、相手を一度自陣に戻させるような目的があったかのようなゆっくりとした攻撃の印象です。

勿論、失点は怖いけれど、自分達の得点によって遮二無二攻め立てられる事は更に恐ろしいと感じているのかと思ったほど、速攻の姿勢を感じませんでした。


そして、鳥取さんの目論見通り前半をスコアレスドローで折り返します。後半、どのような展開になるのかと、管理人は鳥取さんに期待していた訳ですが・・・

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

アウェイでの勝利は喜ばしいのですが、喜びきれないのはやはり終了間際の失点があったからでしょう。


2-0としての70分からの5分間の戦い方が、相手の思い切りの良さを引き出してしまった様な印象が残りました。

無論、それは先の湘南戦での監督のコメントからも見られるようにキープをする事を狙っての事だったのでしょうが、逆にその事が選手交代を完了させた富山さんを自陣に引き込んでしまったように思います。


相手のセットプレイでも無いのにオーロイ選手がセンターサークルの後ろでプレイするような状況ではやはり失点の可能性は格段に高まってしまうでしょう。

更に、ゲームを落ち着けようとした時間帯には、連戦の疲労もあってか、2点目に繋がるプレイを見せた米倉選手の運動量は格段に落ちてしまいました。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


[7/2(土)、3(日) J2リーグ戦 第19節:試合総括]千葉が首位をキープ。FC東京が5連勝。岡山、岐阜は逆転勝ち(J公式)
【J2:第19節 富山 vs 千葉】レポート:取るべき人が得点して千葉が首位固め。富山はプラン遂行も粘り切れず。(11.07.04)(J's GOAL)
試合結果


意外な事に、怖いと思っていた富山さんの両選手は共にベンチスタート。

最後まで苔口選手の投入が無かった事からすると、やはり連戦がコンディションに与えた影響は大きかったのでしょうか。試合を通じて度々見られた明らかなオフサイドを考えると、苔口選手のスピードと相対する必要が無かった事はアドバンテージだったかも知れません。


シュートそのものがお互いに少なく、拮抗というよりも停滞や膠着と表現すべき内容だった前半の数少ないチャンスが、アタッキングサードまでパス交換から攻め上がった良太選手のシュートシーンであった事は印象的でした。(その直後のCKでのミリガン選手の飛び込みも惜しかったですね。)

本人も「SBとしての~」というコメントを出されていますが、毎試合ミリガン選手と話し合い、ゲッセル選手からのパスも増え、守備でも攻め上がりでも深井選手と同じエリアにに姿を現すことが増えた良太選手の姿を、連携の向上と捉えているのは私だけでしょうか?


監督は「相手に合わせた」旨のHTコメントを残していますが、個人的にな印象としては、無理をしないアウェイの展開では織り込み済みの静けさかと感じていましたので、この辺りの本意については少々懐疑的です。


結果的には前半の展開に加え、落雷で30分程度延伸した後半開始がJEFにとっては連戦の精神的な疲労を切り替えの為のリフレッシュタイムとなったのでしょうか?現地に集ったサポさん達にとっても、懐かしチャントは雰囲気を変える一助になったのかもしれませんね。


ゲッセル選手からのパスを受けた深井選手のミドル、米倉選手の粘りから始まったオーロイ選手のヘディングについては改めて触れませんが、アウェイにも関わらず攻撃の起点の位置の高さについてはこれからも着目して行きたいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


淡々と時計のみが進んだ前半と、しっかりとアラームを鳴らした後半。


勝負どころで仕掛けてアウェイ向きの勝ち方が出来たと表現することは可能ですし、所詮は勝ち点3だけが残った試合だったという方もいらっしゃるでしょう。


ただ、個人的には前日に暫定3位となった中、過密日程にも関わらず苦手のアウェイでしっかりと結果を出せた事、さらに久しぶりにオーロイ選手の得点が生まれた事はやはり喜びます。


結果論ですが、2得点を奪えた事で、黒部選手に奪われた最後の余計な失点も「ただの失点」だけで済んだのかもしれません。

アウェイに限定した場合、熊本戦でも横浜FC戦でも、得点は複数に及ばなかった事を考えれば、少しだけ前向きに捉えたいと思います。


無論、失点の仕方を考えた場合、それまでのパフォーマンス含め、次にはしっかり修正して臨んで貰いたい訳ですが・・・。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 富山戦を前に(A:富山戦)【J特】

こんにちは

[7/2(土) 3(日) J2リーグ戦 第19節:プレビュー]各地でライバル対決。首位争いとともに今節も熱戦の予感(J公式)
【J2:第19節 富山 vs 千葉】プレビュー:順位通りの決着は受け入れない。奮い立つ富山が金星を狙う。千葉は多彩な攻めで成熟した姿をみせつけたい(11.07.03)(J's GOAL)


3連戦の最後となるアウェイでの富山戦。

昨日行われた試合の結果により、暫定とはいえ現在の順位は3位。更に、勝ち点では徳島さんにも並ばれています。


逆に、栃木さんは引き分けであったため、JEFが今節勝利すれば勝利数でも勝ち点でもトップとなります。


大敗続きだった湘南さんとの対戦も不安を感じていましたが、暫く勝利の無い富山さんとの対戦もまた複雑な気分です。


特に黒部、苔口両選手のポテンシャルは我々も知っているだけにやはり、怖さを感じます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

首位返り咲きとか、叩くべき昇格のライバルをしっかり倒したとか、前向きに考えたいと思いますが、やはりそれだけでは済ませられず。


はっきり言って「まぁ、相手(の調子)が悪すぎたね」位に割り切らないといけないと思います。


JEF視点で考えれば、内容や結果に不満がある訳ではありませんし、過密日程の中、フルタイム死闘を尽くさずに済んだ事はありがたかったと思います。


ただ、あの相手に勝利した事が、本当に今後の結果に繋がるかと問われたら、少なくとも今は「否」と答えるでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!