犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは


[6/29(水) J2リーグ戦 第2節第1日:試合結果]千葉が首位へ返り咲く。FC東京は4連勝、徳島が4位に浮上(J公式)
【J2:第2節 千葉 vs 湘南】レポート:攻守の調子のバロメーターとなる佐藤勇人が活躍した千葉が快勝。前半の守備は悪くなかった湘南だが、攻めきれずに4連敗(11.06.30)(J's GOAL)
試合結果


惜しいファーストシュートもそうでしたし、アジエル選手に掻き出されたシュートは惜しかったですね。

そして先制点も彼の激しいチェックからの流れでした。

自身の今シーズン初ゴールとなった追加点は久保選手に止めさせずの「らしい」シュート。


果敢にゴール前に姿を現すだけでなく、守備でも攻守の切り替えでも十二分に存在感を示していましたね。


比較的左の中央で良太選手近くに陣取っていた相棒のゲッセル選手とは対照的に、勇人選手が預かるべきピッチの右側は、場合により伊藤選手、時には米倉選手が入っていたり、勇人選手自身が右に張り出したりしていました。


負傷か疲労かは明らかではありませんが、オーロイ選手が前半でお役御免となり、より動きのある久保選手投入後は中盤の選手の位置取りに加え、最終ラインの位置も高かったように思います。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ノルマ達成!(H:湘南戦)[↑1位]【J特】

こんばんは

2試合ドローが続いた訳ですから、久しぶりの勝利の味を満喫しました。


勝たねばならない状況で、叩かねばならない相手に、2得点を挙げ、無失点で勝利。


展開や内容に関しても、かなり安心して見ていられた試合でしたね。


それでも細かい事に関しては触れたい事もありますが、まずは3試合ぶりの勝利を満喫して週末を迎えたいと思います。


皆さん、おめでとう、ありがとう!
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 湘南戦前夜(H:湘南戦)【J特】

こんばんは

[6/29(水) J2リーグ戦 第2節:プレビュー]今節も続く栃木、千葉などの首位争い。勝点接近の戦いにも注目(J公式)
【J2:第2節 千葉 vs 湘南】プレビュー:ペナルティエリア内での守備のイージーミスをなくして、再び上昇したい千葉。3連敗の湘南はメンタル面を回復し、攻守両面を強気で戦いたい。(11.06.28)(J's GOAL)


移動の無いホームフクアリとは言え、前節からは中二日。対する湘南さんはアウェイでの連戦と言えども中3日のスケジュール。

更に惨敗とは言え、一方的な展開だった湘南さんと違い、JEFの各選手は栃木さん相手のタイスコアと言う展開によってタイムアップまで走り続けてしまいました。

この違いが両チームのコンディションにどう影響するのかはやはり不安要素ですね。


前節はハングギョン選手を退場で欠き、大量失点での連敗中ではありますが、アジエル選手、田原選手という個性の強い選手をはじめとして、ポテンシャルはやはり恐るべきものを秘めている湘南さん。

このところの結果から開き直って遮二無二向かってくる事も十分に考えられまし、やはり不気味な存在です。


一方、JEFとすれば、前節の熱戦に不在であったオーロイ選手のコンディションには期待です。

基本的な布陣も大きな変化は考えられませんし、まずはずっと続いている失点を無くしたいですね。

そして、2試合勝利から遠のいている訳ですから、どんな形でもやはり勝ち点3を奪って欲しいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

[6/25(土)、26(日) J2リーグ戦 第18節:試合総括]千葉vs栃木は譲らずドロー。東京勢、九州勢はいずれも白星(J公式)
【J2:第18節 千葉 vs 栃木】レポート:試合運びのまずさともったいない失点に課題が残るものの、攻撃には好材料があった千葉。栃木は千葉の隙を突くうまさと強さのリカルドロボが活躍して引き分け。(11.06.27)(J's GOAL)
試合結果

まぁ、言わば言え。書かば書け。そんな放任法的な気分の管理人です。


前回前々回と私も書き記してきましたが、言葉をどう連ねようと、事実はそれぞれの皆さんがフクアリで想った事なのかな、という気がしています。

ホームフクアリで勝てなかった事も事実、首位の栃木さんを相手に負けなかった事も事実、確かなのはドローという現実。


上位に勝てなかったという意味で、昨年序盤の福岡戦をFBされる方もいると思いますが、あの時は幸運なミドルでの得点を守りきれなかった展開でした。

シーズン終盤の甲府戦では、文句の付け様の無いスーパーゴールに沈みました。


それに比べれば、今回失った勝ち点は上積みも変化も十分に期待できる代償ではなかったかと捉えています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


まずは独りで明暗を示したファン・ゲッセル選手。

守備的意識の強い選手なのかと思っていましたが、相手ボールのときでもポジションはかなり高めでしたね。

深井選手のゴールに繋がるパスを出したのは、彼だという事は無視できない事実です。


ただ、ハイボール、特に相手ゴールキックの時の競り合いは伊藤選手では厳しかったと思う反面、動いている展開では近くの選手との意思疎通に難があったように思います。良太選手、勇人選手と被るシーンも散見されました。

また、浮き球でのパスは受け手がそのまま前を向けるような物ではなかった事もあり、どちらかというと、停滞を齎した印象は否めません。

さらに、ポジションの相棒となる勇人選手のスタイルも機を見て駆け上がる訳ですから、高さの代償としてバイタルのスペースを放棄するという選択は無いですし。

この辺りの解決、本人が控えるべきなのか、周りが控えさせるべきなのかは少々時間が必要な問題なのかもしれませんが。


そして、合間を探して左右に動きまくった久保選手と交代出場で後ろ大きく向きのパスを選択した孝太選手。

やはり本質の違いというか、トップとシャドウというプレイスタイルの違いが出てしまったようにも思います。


個人的には良太選手→孝太選手の交代で、最終ラインの中央にゲッセル選手→サイドにミリガン選手、勇人選手・大介選手のWDHという布陣を期待しましたが、イーブンの展開ではそこまでの変化は困難だろうとも考えていました。


栃木さんのチャージを前面に出したスタイルからすれば、ポテンシャルを活かす前に潰されてしまうリスクは避けたかった訳ですし。

ただ、仮にそうであれば真ん中に移動して活きていた伊藤選手を最後まで引っ張れたでしょうし、試合終盤はガス欠の米倉選手の代わりとして林選手を投入できたように思います。

そうすれば、トップに張った久保選手を眺めながら、右と中央で孝太選手と林選手がチェンジしながら相手を伺い、左の深井選手が止めを刺す。


そんな展開も期待できたように夢想しますけれど、逆に裏を突かれて敗戦というシナリオも十分考えられたように思います。


その辺り、監督は今節、リーグ前半の大一番ではあるけれど、シーズンの天王山では無いと位置付けていたと考えれば、得心とまでは言いませんが、ある程度の納得は出来るのかも知れません。


少なくとも縦一本ではDFラインとGKの間に絶妙なボールを出させなかった栃木さんと出せなかったJEF。

シュート数に関しては栃木さんに軍配が上がりましたが距離があれどもフリーなら遮二無二ロングやミドルを放っていた事を考えれば、そこまで大きな差があったようにも思えません。


久保選手とのコントラストが強まってしまったような孝太選手ですが、余程の状況で無ければ1TOPとして起用されないという事をポジティブに捉えて2nd TOPとしてのプレイを磨いて欲しいと管理人は考えています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 忍び寄る影と明るい兆しと(H:栃木戦)[→2位]【J特】

こんばんは


開始早々にロングスローからの失点から始まった栃木戦。首位争いというゲームの反面、なんとなくフワっとした立ち上がりだった様に思いました。

もしかしたら幸先良い先制が栃木さんの気勢を削いでしまったのか、深井選手のミドルで追いつくと、久保選手のクロスを押し込んだ米倉選手ゴールで前半のうちにJEFは逆転に成功。

ゴール前のスクランブルからロボ選手に叩き込まれて2-2で終えた前半のスコアは後半も結局動かず、そのままタイムアップとなってしまいました。


結果からすると3位以下の各クラブを喜ばせるものでしたけれど、内容とすればオーロイ選手不在でも十分に戦える事を示してくれたように思います。

久保選手はゴールこそありませんでしたけれど、個性の違った1TOPとしての存在感を示してくれましたし、戦い方が変化した中で2得点を挙げられた事はチームとしての連携や成長を示しているように受け止めます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 栃木戦前夜(H:栃木戦)【J特】

こんばんは

[6/25(土) 26(日) J2リーグ戦 第18節:プレビュー]千葉vs栃木は注目の首位争い。ライバルも勝点差を詰めるチャンス(J公式)
【J2:第18節 千葉 vs 栃木】プレビュー:首位争いをする2チームの直接対決。『魂』で戦う千葉はバリエーションのある攻撃で栃木の堅守を崩し、相手の勢いを断つ守備をしたい。(11.06.25)(J's GOAL)

順位は兎も角、各クラブとも勝ち点はどんどんと詰まっていますし、まだこの時期ですから、首位争いと煽らなくとも構わないのかもしれません。勿論、この一戦に掛かる勝ち点は大事ですけれど。


オーロイ選手不在ばかりがクローズアップされている感もありますし、不在であったアウェイでの徳島戦の結果を思い出される方も多いと思いますが、大きな違いを挙げるなら直前のアクシデントでの欠場と違い、今回は予め不在を前提で準備できた事。

誰かで代役が務まるはずもありませんし、良くも悪くも戦い方に変化はあるでしょう。

そもそも、当てるという戦術は兎も角として、ここのところはハイボールからのポイントで無双という程の存在感をプレイで示していた訳でも無い様に思います。

反転して裏に抜けるという点ではオーロイ選手に無い上手さがある本格派の久保選手と、2ndながら真ん中を張れる様になったコータ選手。

スタメンが久保選手になるのか、コータ選手になるのか、或いは両方か。布陣も含めてどうなるかは興味深いですね。

そんなTOPの選手に米倉選手や勇人選手がどれだけ絡んでいけるのかに注目したいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


改めて録画も確認してみると、「負けなくて良かった」という印象です。


試合後には得点のために次々とカードを切った横浜FCさんと、とりあえず凌げていた事で対応をしなかったJEFとのコントラストがハッキリとしてしまいましたが、昨年負けて帰らざるを得なかったアウェイの地で勝ち点1を持ち帰れたと言うのは、ジンクスを破ったと言う意味では大きいのかも知れません。


個人的には、警告4枚目のオーロイ選手を思い切って下げるとか、早めに林選手を投入して深井選手と裏を狙うとか、真正面から相手の変化を受け止め続けるのではなく、いなすような交代を欲してもいました。


ただ、そこ含めて、ピッチに送り出したメンバーに考えさせると言うか、交代なく対応を求めているような印象も無い訳ではありません。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 切らないのか切れないのか(A:横浜FC戦)【J特】

こんばんは

[6/19(日) J2リーグ戦 第17節:試合総括]栃木が得失点差で首位に。愛媛が3位、FC東京が4位へ浮上(J公式)
【J2:第17節 横浜FC vs 千葉】レポート:アウェイ戦術に徹しきれない千葉相手に、横浜FCは成長を確信させる土壇場での同点劇を演じた。(11.06.20)(J's GOAL)
試合結果


25分は保てたリードを30分に出来なかった現実からすると、交代に込められたメッセージの有無が試合結果を左右してしまったというのが正直な印象です。

展開からして攻め込んでくる相手を想定すれば、次節出場停止という事を差し引いても壁としてのオーロイ選手は代え辛かったでしょうし、試合を通じて縦での移動のエリアがかなり広かったカイオ選手の体格を考えれば、伊藤選手に比してクイックネスに難があるゲッセル選手の起用も失錯と言う程では無かったのかも知れません。

セットプレイのチャンスを考えれば伊藤選手も残したかったでしょうし、悪いながらもコンポーネントを崩す事を嫌ったのだろう、好意的に考えればそうなりますが・・・。

ただ、点が欲しかったのか、失いたくなかったのかに関して言えばピッチレベルでも温度差があったように映りました。

未だに録画を確認できる状況ではないので、記憶が頼りになってしまうのですが、リードしている状況で右サイドを物凄い勢いで駆け上がってきた山口選手の姿と、ボールを持ったその後のプレイに違和感を感じました。

追加点を奪うために上がってきたような疾走と、その後の止まったプレイのギャップに、戦い方の意識が整理できていない事が表れていたように思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • リードの続け方(A:横浜FC戦)[↓2位]【J特】

こんばんは


前半も後半もジリジリとした展開の中の先制。

得点こそオーロイ選手でしたけれど、ボールダッシュからラストパスまでの展開を考えると半分以上は深井選手の得点だったかもしれません。


得点直後に失点をしないというタスクはこなしましたけど、押し込まれた展開の中、ゴール前が混戦模様となった86分に失点を喫して1-1のドロー。


バーに助けられたシーンもありましたし、昨シーズンのニッパツでは勝ち点を持ち帰る事が出来なかった訳ですから、「1」を持ち帰れただけでも善しとするべきなんでしょうか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 横浜FC戦を前に(A:横浜FC戦)【J特】

こんにちは


[6/19(日) J2リーグ戦 第17節:プレビュー]激しい順位争い。好調同士の対決を制して波に乗るチームは(J公式)
【J2:第17節 横浜FC vs 千葉】プレビュー:木を見て森も見る90分。勝利を手に中盤戦躍進の礎を築くのは横浜FCか千葉か。(11.06.19)(J's GOAL)


昇格候補と謳われながらも開幕から足踏みが続いていた横浜FCさんですが、遂にと言いますか、息を吹き返して連勝を飾っています。出来ればもう少し寝ていて欲しかったと言うのが素直な心境ですが、相手の調子にばかり期待する訳にも行きません。


昨シーズンの終盤、さんざんに肝を舐めさせられた場所ですし、ゴールを決められた際にに目の前で見せ付けられたガッツポーズと「ヨッシャア!」の声は忘れていません。


前節、オーロイ選手のポストを経由しないでの得点をモノにしたJEFですから、アウェイとはいえ、ただただオーロイ選手目掛けてだけという内容にはならないのではないかと考えます。


ただ、アウェイでの流れを変えるという意味で言えばどんな形であっても勝ち点を捥ぎ取ってさえくれれば良いとも思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


今週ずっと部分部分にクローズアップして振り返ってきた訳ですが、やはり一番酷かったのはジャッジングでしょう。


ルールをどの基準で運用するのかを明確に示す。


ピッチの中でのレフェリーの役割というのはそこに集約していくと思うのですが、主審と副審の連携含め、試合を通じてどこか不明瞭でした。


ワンプレイ毎に切り取って見てみると、その時笛が吹かれたり、竹内選手の執拗な異議に対しての警告は解るんですが、その下地を自分で作っていた事を理解しているのでしょうか?

まぁ、どう好意的に受け止めよとしても幻の先制点については今でも理解に苦しみますが・・・。


フラットな心境で観戦していた事を差し引いても、生観戦した前日の試合での松村さんに比べると、雲泥の差でした。

下部リーグだから、という表現も散見されますが、J1でも酷いジャッジはありますし、選手紹介の後の審判団紹介で安心できる回数は不安を感じるそれに比べるとかなり少ないように思います。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


失点そのものはセットプレイでしたが、それまでのかなり長い時間、ミリガン選手が止血の手当ての為にピッチの外に出ていました。実際にピッチに戻ったのは失点後でしたし。


結構な違和感が二つありました。

一つ目は、負傷治療中ミリガン選手のポジションを伊藤選手が埋め続けていた事。

ファーストプレイ位は仕方が無いのかもしれませんが、その後はCBとしてスタメン経験のある良太選手がやはり埋めるべきだと見ていました。もっと言えば、伊藤選手がSBに回らずとも、トレーニング経験のある太田選手を下げた方がリスク回避になると考えていました。

逆にベンチからの指示だったならば、あえて数分間は最終ラインからの見え方を伊藤選手に体感させたという受け止め方も出来るのですが、結果的には失点してしまっている訳ですから、高くついた代償だったかも知れません。


もう一つは、数的不利の状況で右サイドの攻め上がりからクロスを入れた太田選手。

前半、1-0でリードしていながらの守備の要不在という状況では、判断としては最悪に近いものだったのではないでしょうか?

表現は悪いですが、「アウェイで失点し、焦っている相手に最終ラインにCMFとGKを交えてチンタラボール回ししていればいい・・・」と管理人自身は考えていましたから、この選択はかなり意外でした。


まぁ、今にして思えばそれだけ太田選手は生き残りに必死だったとも言えるのですが、逆に、同点になってしまった段階で一つ一つのプレイに関してはお互いに厳しさが出てきてしまいましたから、負傷の影響とはいえ途中交代してしまった同選手に限定すると、結果論ではありますが、やはり失敗だったのだろうと判断しています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


並走しながらのクリアが少ない、外を向いての1対1が甘いという事に加え、絞りすぎてスペースを空ける。


今の守備の最大の課題、左サイド。


良太選手自身が語っていたように、意識としては本質がCBである事、スピードをウリに出来ないプレイスタイルからも、左SBはポジションを務めるという感じなんじゃないでしょうか?

サイドのプレイヤーとしての適正により優れる隊長が出場していた試合ですら、愛媛戦熊本戦では左サイドから失点を許しています。

少なくとも、今シーズンの左SBというポジションには幾許かの不安はついて回るのかな、とも思っています。


前にいる深井選手は守備でも攻撃でも縦横無尽に走り回ってくれますが、それ故に相対するSBの為に路を空けてしまっている点は否定できません。


逆に、右サイドで先発出場した太田選手などは、守備へと切り替わった際のチェイスやポジショニングに大分気を配っていた気がしましたね。

そして、右SBを務める山口選手は元々が中盤の選手だった事もあり、身体を張って競り合うと言う点に加え、マークの受け渡しに関しても、スムーズさを感じます。(それでも、不満が全く無い訳ではありませんが・・・)


大分戦、良太選手を下げて3バックにしても何とか破綻しなかったのは、チーム全体の前への圧力もそうですが、そもそも左のスペースは相手が入りこまなければ対応に出ない、と言うそれまでの戦い方もあったのかも知れません。


試合が進むにつれて、裏へのケアの意識が強かった良太選手自身は前へ向かってのボールに競り合いを見せるなど、自身の戦い方はハッキリしていた様に思います。裏へのボールのカバーはミリガン選手に任せ切りでしたが、その辺りは丸投げではなく、話し合いの結果だと考えたいですね。

それでも、肝を冷やしたシーンは何度も散見された訳ですが・・・。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


セットプレイでその長身が一際目立つオーロイ選手。


自身が得点を叩き込んだ北九州戦や東京戦はもとより、囮となって陰ながら味方のアシストをした鳥取戦以降のセットプレイ。


まぁ、今回はセットプレイでも守備時のそれについてなんですが。

失点時、個人的にはちょっとオーロイ選手が中央に寄りすぎだったような印象でした。ゲッセル選手の欠場、ミリガン選手が負傷治療でなければ、もうちょっとニアをケアできたのかな、とも考えています。

それでもせめてボールに近づいて競って欲しかったとは思います。兎に角、今回の失点は高さに飛び込みで対抗できるという明確な例を示してしまったように感じますので。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 人が代れば流れも変わる(H:岐阜戦)【J特】

こんばんは

[6/12(日) J2リーグ戦 第16節:試合総括]栃木が2位浮上。「PRIDE OF 中四国」はともに激戦(J公式)
【J2:第16節 千葉 vs 岐阜】レポート:前節からの変化と選手交代が奏功し、記念試合を勝利で飾った千葉。岐阜は復調傾向の攻撃も決定力不足で、守備は千葉の圧力に屈して敗戦。(11.06.13)(J's GOAL)
試合結果

ここ暫くの懸案となっている右サイドには前節、皆が心配していた太田選手はスタメンで起用され、役割を果たそうと必死で走っていましたし、途中交代したとはいえ、監督の評価も高かったようで、一安心でした。

太田選手のゴールは残念ながら生まれませんでしたが、試合後のインタビューでも前向きなコメントを出してくれましたし、悩んで良さを消してしまうよりも、素直に長所を生かしたプレイを発揮して欲しいと思います。


更にその太田選手と代った林選手も素晴らしかったですね。迷い無く自分の特色を示していた様に映りました。ピッチに戻るという強い想いがあったと思いますし、スパイクの色は似ていても、プレイは太田選手と大きく異なった事も相手が対応に苦しんだ一因だったのでは無いでしょうか。

欲しかった勝ち越し点はその林選手から深井選手へのパスでした。ボール一個分は脚を伸ばしたようにトラップしたボールがフェイントになったかのように、そのまま中央をドリブル突破した深井選手のミドルシュート。


その意味では米倉選手の先制点も、相手のミス絡みとはいえ、オーロイ選手の頭を使わなかった訳ですから、これからの得点スタイルとして磨いていって欲しいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 記念日の勝利(H:岐阜戦)[→1位]【J特】

こんばんは


ジャッジ、雰囲気、相手の戦い方・・・。


色々と苦しめられましたが、前節の惨敗から立ち直るだけの姿勢を見せてくれた事を素直に喜びたいと思います。


とにかく勝つ事が大事だった訳ですし、ホームゲームであった今節、最低限のノルマは達成しました。


確かに諸々指摘したい部分はありますけれど、今宵は勝利に酔ったまま眠りにつくつもりです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 岐阜戦を前に(H:岐阜戦)【J特】

こんばんは


[6/12(日) J2リーグ戦 第16節:プレビュー]僅差の順位争い。千葉は首位の座をキープできるか(J公式)
【J2:第16節 千葉 vs 岐阜】プレビュー:組織的な守備&連動性の高い攻撃で、前節の敗戦から仕切り直したい千葉。岐阜はフィニッシュの精度を高めて得点力不足を克服したい。(11.06.10)(J's GOAL)


今シーズン、フクアリ全勝とか、相手の順位とか。色々な好条件を考える前にすべき事があると思います。


着目点はミルジの合流と前節までの反省。


これが活かされるのか否かが全てと言ってしまっても過言ではないのかもしれません。

私は非常な危機感を抱いてフクアリに臨むでしょう。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


今回はJ1開催のみという事もあり、等々力での甲府戦を生観戦。

今迄観戦した試合、稲本選手が出場した試合では必ずサイドを任されたケンゴ選手でしたけれど、今回は稲本選手と並んだポジションを務めていました。

面白いようにパスを繋ぎ、巧みな足技で甲府ゴールを脅かす川崎さん。やはりケンゴ選手はサイドよりも中でこそ輝くんだなぁと感じました。

そのケンゴ選手、後半開始時にはピッチに姿がありませんでした。負傷交代との事で今後が心配です。


試合自体は川崎さんがリードを奪い、甲府さんが追いつく展開。

前半の出来からするとちょっと考え難かったのですが2-2のドローでタイムアップしました。


ケンゴ選手と山瀬選手の足技と連携に加え、攻めあがる小宮山選手のアクセントや、稲本選手のロングフィード。それらが絡み合いながら相手を脅かす川崎さんの攻撃は見ていてとても楽しかったです。


ただ、個人的に注目したのはハーフナー・マイク選手を囮として生まれた2ゴールでした。

1点目は完全に囮として裏から叩き込んだヘディング。2点目は彼を通り越した先でポストされたボールを受けたハーフナー選手が流し込んだ形でした。

それぞれの得点は、ビハインドの状況で生まれていた事実も述べておきます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 曇っていたのは空だけでなく(FC東京vs愛媛)【J特】

こんにちは

草津戦の翌日、悶々とした気持ちを抱きつつ、悩みながらFC東京さんと愛媛さんの試合を観戦。

久しぶりの駒沢開催の観戦でしたけれど、専スタ以外ではかなりお気に入りのスタジアム。客席の傾斜とトラックのカラーリングの効果からか、ピッチが近く感じられますし、味スタや等々力ほどスタンドの設計が高くないからかも知れません。

以前に訪れた時には強烈な日差し、今回は時折ぱらつく雨に悩まされましたので、屋根が無いのが玉に瑕ですが、J2開催スタジアムとしては十分に素晴らしいと思います。


さて、試合はというと、前半に幸先良くFC東京さんが先制し、その後何度もチャンスを作り愛媛さんを押し込む展開。

特に前半の愛媛さんはマイボールを効果的に敵陣に運べず、プレイスキックの精度も悪かったため、ちょっと得点のイメージがありません。

ビハインドの中でも、最終ラインでボールを繋ぐ愛媛DF陣は、フォアチェックを交わすような印象で、相手の疲労を誘っているのかと思うほどでした。

しかし、前半はただ蹴るだけだった愛媛さんは後半に入ると徐々にペースアップ。

サイドからの攻撃で徐々にFC東京ゴールに近づきはじめると、遂にはクリアボールのこぼれから見事なループシュートが決まり、同点に追いつきます。

そこからはむしろ愛媛さんが優勢に試合を進めたように思いますが、結局は1-1のままタイムアップ。


アウェイの戦績という昨シーズンの悪癖を引きずるのがJEFならば、FC東京さんもなかなかホームで勝てないという昨年からの雰囲気を払拭できませんね。

以下は他サポの無責任な感想ですので、畳みます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

今回は本当に雑感(というかボヤキ)です。


前橋駅からなかなか発車しないシャトルバス。

昨年がスムーズ過ぎたのかも知れませんが、車中で10分以上待機する、いつ発車するのか解らないというのは結構なストレスでした。

どうやら、乗車率を鑑みて運行を決定していた様ですが、会場時間を逆算していたJEFサポの中には気を揉まれた方も多かったのではないでしょうか?


何とか入場を果たすも、炎天下という事もあり、とにかく暑かった前橋のバクスタ。席を確保した後、スタンドを離れ、日影に涼を求める方も非常に多かったですね。

アウェイエリアは非常に狭いため、結果として大勢のJEFサポはゴール裏の芝生席に陣取る事となりました。

メイン側もアウェイユニを纏っての観戦が可能なら、もう少し席割りへの配慮やチケット案内に関してのアナウンスが欲しかったと感じてしまいます。・・・トラックを隔てているにも関わらず、傾斜の無い芝生席での観戦は本当に厳しいですからね。


ジャッジも残念ではありましたけれど、攻撃面守備面共にこれからのチームの前に存在する壁を感じる内容ではありました。


試合中から現地では多くの皆さんが感じていたであろう閉塞感。


それに負けず、乗り越える、打ち破るための覚悟を勇人選手は示してくれた様に思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

[6/4(土) 5(日) J2リーグ戦 第15節:試合総括]鳥取が嬉しいホームゲーム初勝利。草津は首位の千葉に快勝(J公式)
【J2:第15節 草津 vs 千葉】レポート:アレックス!ラフィーニャ!!萬代!!!草津、怒涛の3ゴールで首位千葉を撃破!オーロイを封じられた千葉は今季2敗目を喫する。(11.06.05)(J's GOAL)
試合結果


やられたくない事を全てやられてしまったような後半。

先制点被弾後のカードの切り方そのものは兎も角として、久保選手や深井選手にも惜しいシーンはありましたけれど、逸らすのか落すのか含め、オーロイ選手をどう活かすのかと言う点がかなり曖昧な印象でした。いくらオーロイ選手の長身と雖も、そうそう裏へ点で合わせるということは難しいでしょうし、オーロイ選手が背負うケースや他の選手が前を向いて受けるシーンが殆どなかった事は残念でした。


確かに、前線の枚数は増えましたけれど、張り付いた選手達がクロスに対してが横に並んでしまうために、逆にスカスカとなってしまった中盤も相俟って、ゴール前のセカンドチャンスも期待できませんでした。


また、SBが上がったのであれば、やはり躊躇せずにクロスを期待しますし、SHが預けて更に裏を突くと言った工夫も無いままにボールロストするシーンも印象に残ります。

結局、基本の容を構築中のJEFに対して、決める形を築いていた草津さんの違いを見せ付けられる結果に。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 初の3失点(A:草津戦)[→1位]【J特】

こんばんは


前節、初の2失点を喫したと思ったら、今節は3失点・・・。


前半0-0で終えられた事を前向きに捉えていたのですが、後半早々にスローインから右サイドを破られて豪快に飛び込まれてしまいました。

サポが試合開始前にさんざん煽ったマット選手ですが、攻撃で機能していなかった訳ですから、交代自体は不思議ではありませんでしたが・・・。その代役の太田選手をすぐ下げる采配にはやはり疑問が残ります。


組み合うと言う意味では、最初から久保選手を起用し、右サイドには米倉選手を配した方が効果的だと思うのですが・・・。


まぁ、両SBの思い切りや出来も、縦一本を狙いすぎて網に掛かった伊藤選手にしても、イマイチではありましたが、特に前の選手との関係をその都度変えざるを得ず、ロングスローまで任されていた終盤の山口選手の困憊ぶりが気になりました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 草津戦前夜(A:草津戦)【J特】

こんばんは

[6/4(土) 5(日) J2リーグ戦 第15節:プレビュー]勝点接近で白熱の順位争い。北関東ダービーの行方は(J公式)
【J2:第15節 草津 vs 千葉】プレビュー:バッタの大群が摩天楼を封鎖する!?千葉を倒して昇格戦線に食らいつけ!(11.06.03)(J's GOAL)

JEFサポにとって今更言うまでも無く、昨シーズンのアウェイでの草津戦は、シーズンの終焉でした。

硬い4-4のブロックに強力な2TOPという印象の草津さん。その2TOPへのボールの供給が課題のようですが、負傷中だった助っ人もベンチ入りのようですし、ホームゲームと言う地の利の中、FC東京さんを逆転で下すなど、やはり怖い存在です。

特に、EC東京さん相手の決勝点は相手の左サイドを綺麗に突破したクロスからの美しい得点でしたね。


さて、振り返って我らがJEFですが、ミリガン選手不在となるため、まずはCBを誰が務めるのかという点が気になります。

開幕からの流れとして、良太選手が入るのか、TMでも試され、前節終盤にそのポジションに入ったゲッセル選手か。福元選手や茶野選手の抜擢があるのか。

更に、今までも失点の起点となっている左SB。

前節同様に良太選手なのか、ベンチ入りしていた藤本選手なのか、隊長の復帰はありえるのか。


前節の3バックはホームで勝ちに行くオプションでしょうから、さすがにアウェイで最初から採用する可能性は限りなく低いでしょう。


個人的にはアウェイ仕様として一発がある深井選手をオーロイ選手の周りに置き、前節、サイドで奔放に突破を試みた米倉選手をサイドに配した4-4-1-1(4-4-2)と言う布陣も見てみたいのですが、まだデフォルトのオプションを採用する時期としては尚早でしょうか?


最近、気掛かりなのは、得点が無い事よりもアタッキングサードで前を向いているにも関わらず、シュートの匂いを感じないオーロイ選手。

デコイとしても十分相手の脅威になっていると思いますが、本人が前向いたら撃って来るという選択肢を相手に抱かせたら、もっと怖い存在になれると思うんですが・・・。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


ゲッセル選手が成功失敗に関わらず、ボールに絡んでいた事に安堵しました。ちょっと自分から前に入りすぎてスペースを埋めてしまったきらいはありますが、スピードとペースに対応できていた事は好材料だと思います。

伊藤選手、久保選手と言った大卒選手が堂々とプレイしていた姿も嬉しかったですね。特に久保選手の投入後、両者が溌剌とピッチ上で存在感を示していた事に期待を抱きます。

後半、ボールボーイの服の中から出てきたタオル。雨対策は見事でした。


大分さんのサブメンバーが5名しか居なかった事に、チーム事情が現れていたように思います。味スタに訪れた富山さんもサブメンバー5名でしたし、同じリーグのライバルと雖も、条件は同じでは無いと言う事を考えされられました。

劇的な逆転劇だったにも関わらず、チームをエールで迎えた大分サポさん達も素晴らしかったです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは


カウンターを得手とする大分さんですから失点はある意味覚悟していましたが、前半での2失点はかなりいただけけません。

確かに、先制以降も大分さんはフォアチェックに奔走していましたし、これを続ける事で勝負どころでのカウンターリスクを低減する狙いはあるのかもしれないと受け止めていました。

更にはバランスを重視する今期のJEFですから、前半から無理に取り返しにはいかないだろうと考えていた事も事実です。

前半終了前に2失点目を喫するまでは、ですが。


当日は焦燥感ばかりでしたけれど、意外と前半も形になっていたんですね。ただ、最後の部分では運頼みというような攻撃が多かった事は否定できませんが・・・。


徳島戦で福元選手という奇手を打ったJEFですが、それはあくまで苦し紛れのパワープレイという認識でしたから、HTの心境はかなり複雑でした。

それ故に、背景は色々とあるにせよ、準備していた久保選手の投入に対して、下がるのが良太選手という采配には、正直たまげました。


ここまではっきりと「容(=バランス)」を崩すのか!という驚き。


SBのオーバーラップは少ないけれど、やはり、このチームはタスク重視なんだと確信しました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!