犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 2011の陣容(No.23)【J特】

こんばんは


No.23:益山司

2010シーズンは開幕スタメンの座を掴みながら、その後の出場どころかベンチ入りも無し。シーズン途中でのフェードアウトどころか、結局、所属クラブまで変わってしまいました。

大分さんでは主にSBを任されていたらしいですが、シーズン折り返し後の移籍にも関わらず公式戦で出場停止二回と言うのは、少々心配です。

レンタルバックしてきたコータ選手に備わった逞しさ。益山選手は果たしてどうかと思いましたが、体制発表の時にも感じた通り、どうも引っ込み思案というか末っ子気質と言うか、その辺りでも心配の種は尽きません。

「兎に角一試合でも多く試合に出たい」と目を輝かせていた09シーズンの想いを、今シーズンこそは結果で見せて欲しいですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 巨漢のシザース【J特】

こんばんは

前回のボヤキに若干反省をしつつ、朝起きてからなんとなく時間を過ごしてしまい、「参加をどうしようか?」などと迷いながらもサポフェスに行って参りました。

週間予報で心配されたお天気は全く雨の心配をする必要も無く、強風に備えて厚着をして行った私がフクアリ到着後にセーターを脱ぐほどの好コンディション。

事前申し込みはおろか、開始直前に到着した事もあり、各種イベントへの参加はしませんでしたけれど、十分楽しい時間でした。

演目自体は昨シーズンのそれとあまり変わらない印象でしたけど、Sバックを境界線とした両チームの席割りには運営面での改善が見られましたし、なんと言うか「楽しんじゃおう」と言う雰囲気がピッチもスタンドも、会場全体にあったように感じます。(JEFサポだってシーズン中は肩肘張らずに緊張と無縁でフクアリに居る事は無いでしょうし)

選手達のファンサービスが、と言うより、ファンの前での立ち居振る舞いが自然でした。これはヴェテラン選手の加入が多いという影響もあるのかもしれませんね。特にステージ上の30秒アピールでの藤田選手や外国籍選手の尺の計算は見事でしたし、時折見せるコーチや深井選手の「マリーシア!?」も笑いを誘っていました。

運動会イベントでは、オーロイ選手が大活躍。

球入れでは一つもお手玉を許さずにMVPを獲得し、その後のビッグボールでのミニゲームではあの大きいボールを使ってシザース(!)ドリブルを魅せてくれました。

強風の影響で神経衰弱のカードが撒き上がってしまったりするハプニングもありましたけど、11人12脚や綱引きでも皆さんの笑顔と歓声は途絶えませんでした。

選手達は勿論、裏方のスタッフさん達やMCのガマさん道代さんも物凄く盛り上げに尽力されていました。


圧巻は運動会終了後の選手達の出し物。

ジェフィチームの選手たち一人一人が制服姿を見せる度に湧き上がる歓声。踊りに対しての自然に発生する手拍子。

ユニティチームの漫才~スパイダーマン~チャ~ボ~

最後は記念撮影で終了。(ランドセルを貰えた幸運なちびっ子は誰だったんでしょうね?)
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 週末に思う事【J特】

こんばんは

この週末はクラブ内に留まらず、リーグとしてもイベントがありました。

【レポート】2011Jリーグキックオフカンファレンス

ニコニコ生放送さんで、その様子を動画配信下さいました。

ナビスコ20周年は是非にも、参加資格を得ていたいですし、当然、リーグ20周年だってトップリーグに名を連ねていたいです。チェアマンはクラブライセンス制度についても触れられていますね。この問題は幣ブログでもいつか触れられればと思いながら、財務に関する無知から全くと言っていいほど触れられる自信がありません。

JEFサポとしては当然、JEFへの関心が最も高い訳ですけれど、改めて監督紹介を見るとユニフォーム姿でその名を知った方々が沢山いますね。

そして、J2では一節で10試合が組まれる日程。本当にこれは凄い事ですよね。Jリーグ発足当初は10チームしか無かったんですから…。

1年1年ではありますが、リーグが歴史を重ねている事を改めて感じます。


さて、JEFにクローズアップすれば…。

『2011サポーターズフェスタ』 参加選手 チーム分け発表!

前にも触れましたが、この手のイベントは好みもあるので「ぜひ参加を!」とはなかなかに言い辛いんですが、此処での振舞いが良い選手は試合後のパフォーマンスにも期待できたりと、何か一つテーマを持っていれば何かしらの収穫はあると考えています。特に、ちびっ子たちには参加して欲しいなぁ、なんて思ったり。

選手を間近に感じられる、と言うだけでなく、こういった催しでサポ友を増やしたり、再会を喜んだりするだけでも開幕の足音を感じられますしね。

で、以下は久々のボヤキ…。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.22)【J特】

こんにちは


No.22:久保裕一

昨シーズンの強化指定から、そのまま明大卒業を経て入団。お披露目のように2010最終節では30分間の交代出場。試合内容がイマイチでしたから、強烈な印象は残っていませんが、一度ゴール前で我々を沸かしたプレイがあったように記憶しています。いわゆる本格色の強いFWのように感じました。

ちばぎんでは76分からの途中出場。右サイドでのコーナーキックの獲得や、走りでは守備面での頑張りが見えました。

イメージとしてはストライカー色の強いFWでしたけれど、オーロイ選手のバックアッパーではなく、コータ選手のライバルとして右サイドが主戦場になるのでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.21)【J特】

こんばんは


No.21:大久保択生

新規加した大久保選手。移籍した中牧選手と長身という点では共通ですが、公式戦での出場機会のはるかに上回っています。そして世代代表候補にも選出されるポテンシャルも期待大ですね。

立さんの引退後、JEFの守護神は岡本櫛野両選手の手の中にありました。それ自体が悪い事だとは思ってはいませんが、一長一短のような両選手のプレイを比較する度に、新たな刺激が欲しかった事も事実です。

とはいいながら、横浜FC時代大久保選手が主力で頑張っていた姿を私は見ていません。ですから、立ち居振る舞いや指示の出し方。そして実際のセービングについては全くの白紙です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

【2011Jリーグプレシーズンマッチ 柏 vs 千葉】プレビュー:戦術、新戦力、選手起用、采配……。ピッチ上のすべてに注目が集まる激戦必至のちばぎんカップ。いよいよ今年も熱いシーズンが幕を開ける!(11.02.19)(J's GOAL)

このような紹介を受けてもなお、個人的な想いとしては「勝ちたい」というよりも「見たい」にバランスが大きく偏っていました。


まずは2010シーズンを通じ、一年間嫌と言うほどに見せられてきた柏さんの強さ。もう一つにはキャンプでの経過に見られたように、思わしくなかったTGでの結果。そして何よりも、私自身、今期のJEFを全く生で見ていないという事実。


それなのに、気分が高揚してなかなか寝付けず、深夜~未明までTVのサッカー番組を見続けての寝坊の結果、予定より1時間遅れの現着。(余談ですが、今回、初めてTX「柏の葉キャンパス」駅からスタジアムに向いましたけれど、利用可能な方ならバス待ちの列や満員のバスよりもストレスが少ないと思います)

移動中に届いたスタメンメール。自身のブログで触れていた通り、山口選手のSB起用を知ります。

陣容や展開などは他のブロガーさんも多数紹介されていますし、エントリも遅いので思いついた事を列記します。(ゴール裏から見えたシーンに対する印象ですので、捉え方の違いについては十分ありうると思っています)


・両サイドハーフ(ウィング?)に求められる運動量はミラー体制時のそれを思わせる。
 →コータ選手は60分辺りで踏ん張りが効かなかった。その後、右サイドのカバーで勇人選手が獅子奮迅。

・2枚のCMFはそこで奪うというよりも相手に前を向かせない事を重視?
・両SBの攻撃時のタスクは抉る/追い越すよりもサイドチェンジとサポートがメイン?

・CFW(=オーロイ選手)は自陣に向ってのチェイスはしない
・トップ下より両SHのラインが低くなるシーンも散見

・GKからのボール、最終ラインからのビルドアップと言うよりは蹴ったボールをトップに当てて拾って、と言う印象

・自陣のセットプレイ、カウンターのために前線に残ったのが深井選手でなく米倉選手

・SBから一本で逆サイドへのボールが何本も決まる
 →SBに引き付けられれば、中盤の他が空けられるか?

・自陣での守備も多かったが、数的不利は多くない。
・セットプレイ時もゾーン。ポスト内側は左に勇人・右に山口。
 →競り合いと言うよりもゴールライン上のケアか?
・枚数がいるからかGKもハイボールに飛び出すシーンは殆ど無い。

・試合中でも米倉・コータ両選手はベテランから怒られる。
・展開もあってか、交替選手は色を出せず。

・山口選手のSBは十分可能。
・良くも悪くもオーロイ選手が前提

今回、最終ラインからのビルドアップに関しては、ライン際に張り出した左右のSHに対して絡んでいたボールサイドのSB。

今はまだ、守備面での縦の関係を重視している様に見えました。しかし、有機的な攻撃の実現、と言う意味では両SHの判断と走りの質が重要になりそうです。

ロングボールがTOPや逆サイドのSHへ直接出た際には、逆サイドからは中央に寄ってきてトライアングルを作るのか。SHはライン際に張り続けてCMFの何れかが攻撃に絡むのか。

当然、今は前提として存在感有り余るCFWありきの戦い方ですから、不在時には代役を立てるのか、2TOPにするのかと言った不安も出てきてしまう訳ですが…。

そして、今回は負傷のため出場しなかったゲッセル選手の代役となった伊藤選手+勇人選手と言うCMFの組み合わせ。バイタルで力勝負を挑まれたら、少々不安です。

危ういシーンも片手の指ほどにはありましたし、シュートそのものは柏さんのほうが多かった。散々苦手としていた1-0での勝利を好意的に捉えるか、不満とするか。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
おはようございます

ちばぎん、1-0で勝利!

得点はPKによる物でしたけれど、PK戦ではないちばぎんカップ制覇なんていつぶりでしょう?

色々と触れたいことはあるけれど、時間が時間ですし、あと一日この気分に浸ります。

喉はガラガラ。腹筋も、腕も肩も気だるさが残っています。

更には勝利の美酒に酔いすぎて、こんな時間の更新となってしまいました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ちばぎんカップ前夜【J特】

こんばんは


いよいよ世界3大カップの一つ、ちばぎんカップを迎えます。

個々の選手のコンディションがどうあれ、09シーズン途中からスタイルの構想に基づいた移籍・補強を続けてきた柏さん。昨シーズンの結果からも、成熟度やチーム力といった面では違いがあるでしょう。

それでも、開幕への期待は膨らむ一方です。

ポジション・メンバーは勿論の事、各選手の動き、新加入選手の特徴等、興味は尽きません。

例年と異なり、使命感や悲壮感のようなピリピリとした緊張ではなく、挑戦者としてどこまで出来るのか、チームとして何を見せてくれるのかと、ウズウズしている感じですね。

心配されたお天気も雨とは無縁でいられるようですし、お時間のある方は是非、脚を運んで頂きたいと思います。

JEFサポは脚を運ぶ機会がが少ないであろう柏の葉公園総合競技場。千葉からは見かけ以上に移動距離が必要な柏ですから、迷わずに現地に集いたいですね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.20)【J特】

こんにちは


No.20:伊藤大介

開幕当初、スーツを纏ってコンコースを主戦場にしていたシーズンでしたが、中盤からは徐々に出場機会を掴み始めま、遂にはスタメンに名を連ねるまでに。

身長を把握したボール捌きや時折下がってボールに絡む繋ぎのプレイも悪くはありませんでした。

小さな体躯に備えられたスキルはやはりJEFのMFの系列に属するものでしょう。キャプテンをサイドに追いやってまで起用された中、独力での突破の機会は少ない故に流れを持たせようとする選択を好意的に捉えましたし、期待は膨らみました。

それぞれ文頭には「ルーキーとして」という但書きは付きますけれど…。

11試合。487分の出場。攻撃に絡む選手が無得点。

周りの得点力のある選手を活かそうという判断が前提でしょうし、リーチの差でシュートまで至らなかった場面もあったでしょう。ただ、フリーで自由に撃てるプレイスキックではエリアによらずもっと我を張って良かったように感じましたし、せめて一回は直接叩き込んで欲しかったと残念に思っています。


プロ二年目のシーズンですが、大卒選手にとっては時間が豊富にある訳ではありません。工藤選手の移籍があったとは言え、勇人選手・山口選手といった昨シーズンからのライバルに加え、藤田・ゲッセル・マットと言ったMFの補強。

今シーズンの彼の立居地がなかなかに見えてこないのは少々心配です。全体の中で個性の強さを発揮して輝くタイプではないですし、対面での局地戦で圧倒できる能力がある訳でもありません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.19)【J特】

こんにちは


No.19:村井慎二

林選手以上に少ない、半試合ほどの出場時間ではやはり触れられる事は余りありません。

「怪我に泣いた」一言で済んでしまう村井選手の2010シーズン。あの一撃がなければ、記録どころか記憶からも消えてしまった事でしょう。

更新が頻繁なブログで本人の日常は窺い知る事が出来たので、「どうなっている?」と言う不安は余りありませんでしたけれど、本当に残念なシーズンとなってしまいました。


明確なターゲットが出来た事で、出場さえ適えばそのドリブルとクロスは必ず大きな武器になるはずです。

少々逆説的な表現になりますが、台頭する若手選手に、何よりも我々に、代表候補と目されたその実力が錆付いていない事を示して欲しいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.18)【J特】

こんにちは


No.18:青木孝太

やっと、期待の若手からは脱却を果たしたかな、という印象。

ぶつかり合いや競り合い、ゴール前での飛び込みや右足の使い方もアタッカーとしてサマになっているように見受けられます。

当時のキャプテンから「コータはこれからのJEFを背負う選手になって欲しいから~」とゴールをプレゼントされていた姿からの成長を示してくれました。

現在の在籍選手の中で、2010シーズンでの6得点はトップ。出世番号から新しい背番号への変更も、期待の表れでしょう。

とは言え、出場時間で見れば全試合フル出場からは程遠い1/3程度。異なった使われ方の中、短い出場時間でそれなりに結果を残した、と言う表現を私は採りません。特に、昇格が危うくなった頃から全く得点がない事はFWとしてまだまだ物足りないですね。

身体を張れる様になったとは言え、オーロイ選手の加入でその役割での期待をされる事はないであろう今シーズン。TGでは右サイドやトップ下(シャドウ?)での出場。元来、CFというタイプではありませんから、起用の位置についての不安はありませんが、ポジション争いのライバルが多いこともまた事実。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.17)【J特】

こんばんは


No.17:櫛野亮

岡本選手と分け合ったゴールマウス、出場比率はほぼ2:1で櫛野選手に軍配。9月からの負傷離脱がなければ、その比率はもっと上がった事は想像に難くありません。勝利後のでんぐりからも、状態を窺い知る事が出来るほど、厳しそうでしたね。

ただ、そのことを差し引いたとしても、やはりパントやバックパスの処理は残念なものでした。時折、物凄いスローイングを見せてくれましたから、それを活かすような戦い方の方がボールロストは少なかったと思います。

今シーズンは期待の大久保選手の加入もありますし、GKのポジション争いも熾烈なものとなるでしょう。まずは、怪我に負けないコンディショニングを望みます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.16)【J特】

こんばんは


No.16:林丈統

一般的な表現をすれば、コンディションに泣かされたシーズンと表現すれば良いんでしょうか?

年間通じて一試合半の出場時間では、良い面はおろか、悪い面すら傾向として捉える事は困難です。

それでもサポとして申し訳なさをあまり感じないのは、逆説的ではありますが、自身のコンディションが残念にも整わなかった事と無縁ではないでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.15)【J特】

こんばんは


No.15:福元洋平

飛躍を期待された2010シーズン。その出場時間は茶野選手・良太選手よりも、長期離脱のミリガン選手により近いもので終わりました。厳しい表現をすれば、緊張に勝てなかったといったところでしょうか。

試合の中で起こりうるクリアミスやパスミス。後ろにフィールダーがいない状況でのそれは確かに致命的なミス。

ただ、ミスそのものではなく、それをした後のプレイの選択こそが最大の課題のように思います。相手が競り合わないヘディングはなぜかタッチラインへと切られ、余裕を持って扱える筈の足下のボールですら大きく蹴り返す事に終始。

それは対戦相手に関わらず、そういった傾向は是正されず、ミスを取り返してやろうという気概は(少なくとも私には)感じれられませんでした。

守備時は勿論、攻撃時でも最後の砦として一対一で負けることが許されない戦術はCBには本当に負担が大きかったと思いますが、時折見事なドリブルでの持ち上がりで我々を沸かせた、茶野・良太両選手に比すれば、展開力を期待されていた福元選手のそれはやはり物足りません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.14)【J特】

こんばんは


No.14:太田圭輔

ミラー監督に活かされたはずであろう走力とクロス。自らは一切語っていませんが「話が違う!」という想いはかなり強かったのではないかと考えています。

江尻体制下、上げるだけなら出場機会はおろか、在籍すらしていなかったと思われるクロッサー。それを補える走力を有していた事が太田選手にとって幸だったのか不幸だったのか。その答えは、今シーズンに掛かっていると思われます。

自らはlanceと称されていますが、私の印象はナイト

無論、右サイドからの良質なクロスボールに期待をしますけれど、外からの右足を止めにいったDFの裏を突く、中への切れ込みも見せて欲しいと願っています。

同僚も脱帽するほどの走力。外す準備と抜き去る動き。その上で上げるボールが秀逸ならば、ベンチの座は確約されると思います。

そういった意味では、我々もまだ本領を見せて貰っていないような気もしますが…。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.13)【J特】

こんばんは


No.13:山口慶

主戦場としていたポジションにぴったりであった一桁の「6」から、自らが愛着のある二桁の「13」へとあえて番号を変更。

2010シーズン、アンカーとしては小さな体躯。開幕から献身的なポジショニングとカバーリングで前掛りになるチームのバランスを懸命に支えてくれました。

ただ、いつしか「そこにいる」「拾って繋げる」ポジショニングで勝負していた姿は、必死に「競り合っている」「弾いたボールを奪われる」「狙われる」それとして写る様になりました。

最終的には「空いたポジションを埋める」から「カバーに入ったポジションで競り負ける」とか「パス交換を奪われる」にまで変貌。


無論、それは山口選手個人よりもそこを是正できなかったチーム戦術により大きな責任がある事は自覚しています。

それでも、競り合ったボールを拾われ、出したパスを奪われ、競り合いに負けたと評されてしまった。首根っこ捕まえててでも、周りを従えて欲しかったタスクを任されていたポジションである事もまた事実。


シーズンや監督に関係なく、ボールの流れを読む、と言う部分では現在のチームでも有数の力を有していると思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.11)【J特】

こんばんは


No.11:米倉恒貴

番号が変わるらしいという話は事前に聞いていましたが、発表後には「え~、11番?」と言うのが正直な感想でした。(個人的なスタイルとしては8番の方が似合うと思っていましたから…)

正当な競り合いで勝ったように見えてもファウルを取られるフィジカルと、怪我での長期離脱。まるで諸刃の剣のようなその肉体を上手く使いこなして欲しいと願うのは私だけではないでしょう。

少ない出場時間の中での5得点と評価するか、フル出場が1試合も無いと受け止めるか。

厳しいかも知れませんが、此処では後者を採ります。様々な使われ方をされた器用さ、時には存在感を示しましたけれど、自己のスタイルを構築するまでには至らなかったと考えています。

それが出来る体躯と技術持ち合わせていると思えばこそ、「どうすれば良いのか」という受身の姿勢ではなく、「こうしたい」と言った確固たる意志で周りを動かして欲しい。

もうプロキャリアも5年目。プロフットボーラーとしては既に若手ではありません。何時までも期待の若手扱いしている余裕はJEFにも、我々にも、何より本人に無いと考えています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.9)【J特】

こんにちは


No.9:深井正樹


オーロイ選手がリーグで最も大きいプレイヤーならば、逆に最も小さい深井選手。

身長差を補うかのように常に全力で走り回り、ドリブルでは相手選手のタックルに体ごと転がされ、吹き飛ばされ…。モノに出来そうなボールが出ても、トップスピードゆえにミートを逃す、トラップが流れる、と言うシーンもしばしば目に付きました。

ホーム水戸戦では、右サイドからの切り替えしで得点に繋げた綺麗なクロスがありましたが、シーズン全体を通せば中に切れ込むにしても、サイドからクロスを狙うにしてもリーチと守備の枚数に苦しんでいたように思います。

やはり、大分戦での巻選手への餞別ゴールは印象的ですが、それが2010シーズン唯一の得点。出場時間は倉田・谷澤選手の5-6割程度であったとしても、この数字は物足りないです。


エルゴラによると、今期のTGでは村井選手と左サイドのポジション争いをしているように見て取れますね。ドワイト監督からの評価も高いようですし、チームとしても個人としても不完全燃焼だった2010シーズンからの巻き返しを図って欲しいです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.8)【J特】

おはようございます


No.8:オーロイ

J2クラブながらJリーグ、いやフィールダー最大と言う長身。

JEFの補強としてはメディアから2011の最大の目玉と捉えられていますし、監督のスタイルを体現するために必要な人材であった事も事実でしょう。

ただ、その体躯を当てるターゲットとするのか、収める為のポイントとするのか、と言う意味では後者の意味合いが強いのではないか、と捉えています。

そこを踏まえた上で、CKやゴール付近でのセットプレイ、更にはパワープレイせざるを得ない状況では存在そのものが武器になる獲得ではないかと。

もっと言うと、久保選手、戸島選手の成長に繋げるための補強であって欲しいと考えています。

そうでなければ、若返りを目指すと言った理由で巻選手、同じく昨季それなりの数字を残したネット選手といった長身FWの放出に根拠がなくなってしまいますから。

体躯がどうであれ、ポストプレーヤーとは「相手を背負いながらでも」受けたボールに関して、味方にボールを預けるなり、或いはそのままゴールへ向う事が出来る選手。(だからこそデコイとしても有効である、と)

そういった意味で、(それが1プレイヤーとしての甲乙に繋がるわけではありませんが)ざっくりと言ってしまえば、巻選手の印象はターゲッターやフィニッシャーでしたし、ネット選手のプレイスタイルはシューターだと受け止めています。

個人的な見解で少々本人から脱線してしまいましたが、無論、「結果」を残すためにはその長身から繰り出されるヘディングには十分に期待をしています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.7)【J特】

おはようございます


No.7:佐藤勇人

2010シーズン、チーム唯一のリーグ戦フル出場

怪我人が続出する中、運動量を求められる中盤の一角。怪我や出場停止も無く5得点。更にそのうちの3得点はチームに勝ち点をもたらしています。特に東京V戦、北九州戦のそれは何とか希望を繋ぎ止めようとする劇的なゴール。

私自身、開幕当初はチャントを謳い上げる事にわだかまりが無かった訳ではありませんが、消化する試合が増える度にその気持ちは薄れ、勝利後のでんぐりが出来ないほどの痛みと戦いながらもピッチで走り回る姿にはエールを送っていました。

上がりっぱなしの左SBのスペース。自らがフォローするのか、CBがスライドした後の穴を埋めるのか、人に任せてバイタルに留まるのか。

バランスを取りながら、と表現すれば一言で済んでしまいますが、勇人選手に課せられたタスクは間違いなく大きかった筈ですし、その上でのフル出場は誇れるものだと思います。

ビルドアップとフォアプレスを掲げて始まった2010シーズン、ちばぎんで躍動する姿に大きな期待を抱きました。しかしながら、次第に自陣からのロングボールが頭の上を通り過ぎるようになるなど、戦い方は大きく変化。フル出場した故に戦い方の変容を一番感じた選手だったかもしれません。


ガラリとスタイルを変える2010シーズン。中堅からヴェテランへと差し掛かるキャリア。同じくユース上がりの工藤選手・中後選手は他クラブへと移籍。

クラブの体力を考えても、正直、アウェイの草津戦後には2011シーズンは一緒に戦えると思っていませんでしたし、漢にするべき監督が退任する事も鑑みれば、引き止めも難しいのではないかと考えていました。

その不安を拭い去ってくれたのは、あるスポーツ番組での短いドキュメント。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.6)【J特】

こんばんは


No.6:ファン・ゲッセル

サポコミ当日に加入発表されたという事もあって、サポコミ会場でもその特徴についての質問がありました。

192cmの身長もオーロイ選手に比べてしまうと小さく感じてしまいますが、2010シーズンに最も不足した中盤の高さを補うには余りある体躯。

クラブからの説明からすると、その長身を活かしたプレイよりも判断やボール捌きに期待をされて、中央左で繋ぎとバランスを掌るポジションを勤める事になるのでしょう。

今までの所属クラブではキャプテンマークも巻いていたようですし、ピッチ上でのリーダになる資質は十分に持っている選手。それだけにフィットしないという記事がエルゴラにあった事は少々不安でもあります。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.5)【J特】

こんにちは


No.5:マーク・ミリガン

助っ人としては及第点からは程遠いシーズン。出場記録(15試合/1255分)が全てでしょう。むしろ、そんなに出場していたんだ、と意外にすら感じてしまいました。

特に負傷後の状態が明らかにされない広報の姿勢から、加入時の動向、豪代表への強い想い。こうした状況が負のスパイラルとなって、「快復しても本当に帰ってくるのか?」といった疑念を抱いた事は否めません。

無論、誰だって怪我は望みませんし、長期離脱となっている現状は本人が一番悔しいでしょう。


時折見られた一瞬を突かれる軽い守備や、ジャッジメントへの不満など、改善して欲しい部分もありますが、ポジション争いや起用法はその後の事として、まずはピッチに戻って元気な姿を見せて欲しいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.4)【J特】

こんばんは


No.4:青木良太

今期から背番号が変わりましたが、ブロゴラでは背番号変更のエピソードについて紹介されていましたね。2008年、崩壊と絶望で年明けした中で新加入してくれたメンバーも遂に良太選手一人となってしまいました。

CBとしては、やはり裏に抜けたボールを追いかけるシーンの方が強く残っています。そして、タッチを割りかけるボールへの体の使い方の甘さも散見されました。

逆に、ボールを持った相手に当たる、と言う意味ではやはりスタメンDFとしての面目は保っていました。


また、CK時にカウンターに備る事が多かった坂本選手と違い、攻撃時のセットプレーで時折見せてくれた飛込みで見せ場が何度かありました。(あと一点が欲しい展開の中で臍をかむシーンが多かったですけれど・・・)

戦術としては兎も角として、CBながら時折見せてくれた左サイドでの駆け上がりとその脚から生まれたクロスボール。ドライブが効いた軌道は、好感を抱いて見ていました。

2010シーズン、その軌道が最も輝いたのはやはりアウェイ福岡戦での先制弾となったスーパーミドルでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.3)【J特】

こんばんは

本日を持ってキャンプスケジュールは全て終了。これからは開幕までに全選手に触れようと言うこの無謀な企画も捗るでしょうか?


No.3:竹内彬


加入当初は手薄なサイドバックの補強としての期待が強かったのですが、TGでの起用やエルゴラでの監督のコメントからするとCBの有力候補のようですね。


私も実際に2008シーズンにフクアリでリーグナビスコと2回見ている(それも前半は目の前で…)筈なんですが、印象と言う意味では薄いです。

もっとも、その年以降では出場機会が半減し続けていますけれど。

期限付き移籍ではありますが、名古屋さんはJ1覇者として、今シーズンはACL制覇、クラブWC出場を目指す訳ですから、一年間とは言えストイコビッチ監督の元での実績もあり、SBやCBをこなせる竹内選手の存在は大きかったのではないでしょうか?

出場機会が激減したとは言え、2010シーズンはナビスコ含めてベンチ入りしなかった試合は10試合ありません。大卒加入選手であった事やその実績を鑑みても、育成や出場経験といった強化策の一環ではないように思えます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 愛媛さんとのTG~キャンプ終了【J特】

こんばんは


【レポート】キャンプレポート(2月11日)
【レポート】キャンプレポート(2月11日 午後)


キャンプが終わりました。負け惜しみと言う訳ではありませんし、現地レポして下さった方々には非常に申し訳ない物言いですが、誤解を恐れずに言えば、TGの敗戦は十分有り得ると思っていました。


もっと言うと、個人的には「怪我人さえ出なければそれで良い」位の心境でしたので。そもそも、TG毎に、同じフォーメーションでメンバーがガラリと変わっていますよね。この期間は選手個々のチームに対するベースの体感期間だろうな、位に割り切っています。


確かに「容」の構築にも時間は必要だと覚悟していますが、まずは監督としても個々の選手の特徴を掴めれば、程度のスタンスなんじゃないかな、と。

ただ、TGとはいっても選手のアピールはJEFの選手に限らず、相手クラブもある訳です。始動直後で体作りも終わらないまま、気持ちは先行しがちな状況ですから「怪我だけは避けて欲しい」という想いでした。


少々逆説的に言えば、昨シーズン、J1クラブとのTGに勝利しても、J2は勝てなかった訳ですし。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.2)【J特】

こんにちは

始めたは良いけれど、キャンプに追随するのが精一杯だった事もあり、ちょっと続かなくなっていました。


No.2:坂本將貴


MF登録ながら、ベンチメンバーとしてフィールダー唯一の守備的な選手であったり、SBばかりでなくCBを勤めたり。チーム編成の偏りと監督の志向、更には怪我で長期離脱が続いたDF陣のフォローに追われてしまった感のある2010シーズン。

唯一、変わらなかったのは挨拶での先導位ではないでしょうか?ただ、私にはそのことがチーム内での立位置を表していたように見えましたし、特に巻選手の移籍後にはその想いは顕著なものに。


プレイでの印象と言うよりも「隊長」としての振る舞いが浮かんでくるのは、広大な裏のスペースをカバーしなければならなかった戦術や、時折見えた瞬発力勝負での厳しさもあった事で、私が抱いていた良さがあまり見えなかったからなのかも知れません。


さて、エルゴラによるとTGでは左右のSBとして出場。2011シーズンはしっかり戻ってからの守備の機会も増えるでしょうから、競り合いながらの背走ではなく、預けてから機を見ての攻め上がりを見せて欲しいですね。

そして、オーロイ選手という明確なターゲット目掛けて、左右どちらからでも蹴れるクロスボールに期待します。

当然、ベテランならではの判断、特徴ある声でのコーチングで、チームを鼓舞してくれる事は織込み済みとして。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 大邱FCとのTG【J特】

こんばんは


【レポート】キャンプレポート(2月10日 午前)
【レポート】キャンプレポート(2月10日 午後)

無得点での敗戦という結果は兎も角、文面からは芳しくなかった内容も伝わってきます。


今回のレポートからはコータ選手のトップ下の適正を試しているのか、オーロイ選手とのコンビを確かめたのか。或いは米倉選手のサイド適正やクロス精度に着目しているのか。単に左サイドが人員過剰なのか…。


新加入発表のマット選手も右サイドで出場との事で、年齢の割には体幹はしっかりとしているようですね。(年齢やアジアを思わせる風貌からかなんとなく朴宗真選手を連想しました)

ただ、個人的に一番興味を抱いたのは円陣で最も目立つスパイクを纏っている選手の起用法。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 人事広報(その7)【J特】

こんばんは


マシュー・ラム選手の加入について


クラブのプロフィールは兎も角として、「待っていたNO.10」と言うにはかなりが不安ですね。


このクラブは10番が象徴するものがそんなに大きいとは考えていませんし、それならヨネやコータ、伊藤の各選手だろう?と言う想いは当然あります。ただ、「それでも獲った」という部分に関しては興味が無い訳ではありません。


少なくとも、オランダという(欧州のB級国の経験がある)選手。WCを獲っていない事を腐しているのではなく、マイナー経験がある事は弱者の戦術を体験しているという面で好意的です。


まぁ、全ての評価はこれからですけれど…。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 熊本に入りて【J特】

こんばんは。加筆修正の再アップです(…と言うか前回のアップが処理ミスなんですが)


【レポート】キャンプレポート(2月7日)

特産品の机に張られた大きな紙。贈呈品よりも、それが置かれた机に張られた断幕に興味が向かいます。通常フォントを駆使しながら、出来るだけチームのロゴに似せようと凄く苦労されたんだろうなぁ、と。

活字だけのエントリにも写真の後報とありましたが、これがまた微妙な時間になされました。いや、早い分にはありがたいんですが、ちょっと私の更新タイミングにはあわせられなかっただけですけど…。

【レポート】キャンプレポート(2月8日 午前)

共通理解は本当にベースの部分で「言わなければ解らない」というスタンスのようですね。おとなしい選手が多い印象のJEFのメンバーにとって、この変化は色々な意味で影響は大きいのかも知れません。

当然の事ながら、「人にモノを言う」事は「自己の責任を明確にする」といった根拠が無ければなりません。換言すると、チームとして個々のポジションでのタスクを前提にしながら、お互いのサポートをしたり求めたり。

公式の文面からでも、守備に関してのリトリートとフォチェックの判断だけでも、選手達への浸透はかなりの時間を要しそうな転換。更に、攻撃時では全面展開からの一点突破を目指した昨季からすると、調和の中からの変調を求めるスタンスへと大きく舵が切られた印象ですね。

素直に言えば「体現への道は長い」とは感じながらも「王道を進む」のだなといった感想です。

それが画餅で終わってしまうのか、それとも、大化けするのか。

我々とすれば後者でなければ困る訳ですが、非常に興味深い方針転換である事もまた事実。プロとしてのキャリアがあるヴェテラン選手の順応は勿論の事、ようやく試合に出る事が特別でなくなってきた選手達の覚醒に期待を抱きます。

【レポート】キャンプレポート(2月8日 午後)

ここでも、声出しやコーチングは重視されているみたいですね。

更に、トレーニングの中、個人でもチームでも勝敗をつける、と言うのは悪くないと考えます。特に、監督就任一年目ですし、選手個々のポジション獲りの意識もそうですが、その都度、負ける悔しさや勝つ嬉しさを体感できると思います。

監督の「自分でスペースを作る」と言うタスクを成功させた深井・伊藤の両選手。遠因はその体躯から身に付けたプレイスタイルにあるのでしょうか?


【レポート】キャンプレポート(2月9日)

こういったレポートを見ていると、身体を鍛える以上に頭を鍛えている印象ですね。テーマを決めて、紅白戦の中でプレーを止めながら、と言う点からも感じます。

何より、この期間で負傷者が殆どいない、と言うのも嬉しい情報。(逆に言えば、これまでの長期負傷者の復帰が大問題では?とも言えますけれど…)


チームスケジュールについて(2月10日~11日)

未定だったTGの相手が確定。良し悪しは別として、このキャンプではJ1チームとの対戦は無いんですね。まぁ、今回の日程そのものがキャンプと言うよりもTGツアーと言う印象でしたけど…。


今までの流れからすると、判断とポジショニングが重視されるんでしょう。一対一で負けないのは攻撃時(奪われなければ良いと位なんじゃないかと受け取っていますが…)であって、そこでどうするのか、という守備時の判断に主眼が置かれているような気がしています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2011の陣容(No.1)【J特】

こんばんは


トップチームの写真もいつの間にか更新されていますし、開幕までに何とか間に合いそうなので、これから2011シーズンを戦う選手達について触れていきたいと思います。


No.1:岡本昌弘

JEF一筋のユースからの生え抜きとしては唯一の選手となってしまいました。

スーパーセーブを何度も見せてくれましたが、課題もやはりまだ多く見受けられます。それが「頭打ち」でなく、「伸び悩み」であって欲しいと願っています。

至近距離からのシュートへの対応では我々を大いに沸かせてくれた一方で、サイドからのクロスボールには飛び出しても触れられないシーンが散見。

裏へのボールの対応では一時期の不安定さは大分影を潜めましたけれど、ゴール前でのセットプレーのシーンではポストを蹴るスパイクからの金属音しか聞こえない状況ですから、発声には個別のトレーニングが必要でしょう。

また、チーム戦術としての約束事があったとはいえ、直接タッチを割ってしまうパントやGKも改善を図って欲しいですね。

昨シーズンも守護神の座を分け合った櫛野選手はもとより、大久保選手の加入でGKのポジション争いはより熾烈になると思いますが、その競争の中で、生え抜きのNo.1の意地を能力と共に示して欲しいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!