犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 日程確定

こんばんは

アウェイ鹿島戦、ジェフ千葉応援号の予約が開始されました

UNITED Park オープニング記念イベントも発表されましたし、「反撃の10月」として行きましょう!
(残念ながら、オープニング記念イベントは参加できません。どなたかのレポを待ちたいと思います)


さて、本日はもう一つ、重要な事がありましたね。今シーズン、残り日程の確定です。名古屋さんの勝ち抜けが決まりましたので、平日夜の開催試合は無くなりました

もう一度おさらいしておきましょう

10/03(土) 15:30  浦和A
10/11(日) <リザ> (天) 柏の葉A
10/12(祝) Honda FC (天) フクアリ
10/18(日) 16:00  京都H
10/24(土) 16:00  鹿島A
11/01(日) [天皇杯3回戦] 九石
11/03(祝) <ナビスコ決勝>
11/08(日) 15:00  川崎A
11/15(日) [天皇杯4回戦] 熊谷陸
11/22(日) 13:00  F東京H
11/29(日) 16:00  大分H
12/05(土) 15:30  G大阪A

とにかく、天皇杯3回戦以降とリーグ戦最終節以外は(いや、それも行ければ良いんですが)、一人でも多くのJEFサポの皆さんに脚を運んで頂きたいです

アクセス状況を見ていると、結構リピーターの方が多くいらっしゃって下さっているようなので、そういった方々への感謝として、今回からアクセスカウンターの集計方法を延べ数とします
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 悲壮感はまだ要らない

こんばんは

いきなりですが、まだ我々は悲壮感を纏う必要はない。私はそう考えています。
皆さん危機感は1試合ごとに大きくなっている。日に日に迫り来る焦燥感に追い立てられている方も多いでしょう

悲壮感:悲しい出来事のなかで、雄々しく立派に振る舞うようす。また、悲しい出来事にあい、心を奮い起こすようす。

悔しかったり、歯がゆかったり、やるせなかったりするけれど、悲しんではいない


世間の誰がなんと言おうと、15位の可能性が残っている限り、足掻いてやろうではありませんか!

明日、9/30はACL準々決勝。リーグ戦、JEFの可能性が少しでも大きくなるように、願っています
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • リボンの意味

こんばんは

昨日のサテライトのお陰もあり、だいぶ頭も落ち着いたので、前々回のおさらいをとりあえず書き連ねてみます

すごく表現は悪いけど、リボンという布切れ一枚で勝ち負けが決まるほど、甘くなかった訳で。でも、御大が倒れた時、みんなが折った千羽鶴に意味、そして価値は無かったのか?そう問われたなら、「No!」と答えます。あの時、JFAへの抗議とか、その試合に勝てない選手に罵声とか、そういうことではなく、必死に鶴を折りました。以前にはフクアリでのトラブルさえあった横浜F・Mさんのサポさん達すら、「オシム」コールを送ってくれた

今更かもしれませんし、皆さんご存知でしょうが、昨シーズンの「今こそ!~」キャンペーンには各ブログにクラブ提供のバナーが貼られました。私のプロフィールにあるGIFアニメはやはり昨シーズンに39chさまが、「皆さんに使って欲しい、共にがんばろう!」と、提供して下さったものです


リボンそのもので勝ちを目指すわけじゃない。それで「繋がる」って事に意味があると受け取ってました。山形戦での先制点献上の後のコールへの切り替えの早さ、それに付き合ったサポさん達。ああいうのが「連帯」ですよね。

山形戦、直接対決に勝てなかったのは残念の一言では言い表せないです。新潟戦もそうでしたが、タイムアップ後にしばらく頭を抱えてへたり込んだことも事実です。試合結果に対してのものなら、ブーイングは仕方ないのかもしれません

私の目にはタイムアップの笛で、本当に悔しがる選手達の姿が写りました。皆さんの前に試合後に挨拶に来た選手はヘラヘラしていましたか?でも、挨拶に来た一部の選手達は正直に悔しさ以上に表情を硬く構えていた選手がいました。それは、「どんな声が飛んできても、耐えなけれればいけない」といった覚悟の様に感じました。そして案の定、罵声がその選手に浴びせられました・・・

ミシェウ選手やコーヘー選手は小さな体躯を補わんと必死に走り回って、突っ込んで、転がされて。決して彼らは遊んでいなかった。いや、彼らだけでなく、遊んでいる選手はいなかった。

前回も取り上げましたが、状況やステージは違えど、サテライトFC東京戦敗戦の後で挨拶に来た背番号40番台の選手達の拍手と声援を受けたちょっと嬉しそうな表情には「試合結果とは別の何かを掴んだ」手ごたえを感じました。彼らの姿を見たあと、もしかしたら、トップチームもプレーにちょっとした「遊び心」や「一息入れる」余裕があれば、違った結果が出せるかもしれないと、なんとなくそんな印象を強くしました
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

サテライトFC東京戦に行ってきました

第一の目的はエディ・ボスナーがいるかどうか
第二に他の選手のコンディション
第三にはサポの雰囲気

なんて仰々しく書きますが、単純にJEFの試合を見たかっただけです。
(東総でのリザの応援に行かれたサポの皆さん、お疲れ様でした)

舎人(とねり)公園ですがメインスタンドに屋根は無く、メイン以外は通路と芝生だけのスタジアムですが、公園だけあって広々とした敷地と、最寄り駅からの近さを考えると、いいスタジアムだと思います

普段着で試合開始直前に入った私は、のどかな観戦、と思っていたのですが、あまりのサポさんの少なさに急遽参戦を決意。山形戦で酷使した喉と腕は思い通りに働いてくれませんでしたが、何とか試合後の見送りまで保ってくれました

内容は、はっきりいって、「面白かった」です。追い込む動き、追い越す動き、密集すると逆サイドへの展開。聞いたことが多い相手に対して、JEFの選手の半数は背番号40番台でした。まぁ、その背景には大輔選手と金沢選手の前半途中での交代があった訳ですが…

試合後の挨拶の選手達の表情のあどけなさといったらもうありません。ロングフィード一発で敗れてしまった試合でしたが、フットボールとしては非常に楽しませて頂いたゲームでした

コールリーダーさんは周りの皆さんに「ありがとうございました」と仰ってましたが、頭数少ない割に、打ち合わせなく皆さん各パートごとの分担が出来ていて、いい応援が出来たと思います。そういう意味では牧歌的でしたけど、応援の原点を感じさせてもらった貴重な体験だったと感じました
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • サポも腹を据えませんか?

こんばんは。先ほど帰宅しました

そんな私が蘇我駅まで歩きながらぼやいたこと

●アレはいつ戻れるの?
●とにかくエドの不在が痛かった
●3バックにした時点でDFHの不在
●両SHと周りの連携
●2トップに放り込まないと
●あの雰囲気で失点をしてしまうとは…

●…試合後にそこまで叫べるなら、試合中にもっと頑張れないのかな…

タイムアップの後、声が出せなかったのは失望からではなく、喉の痛みからでした

覚悟はだいぶ前からできています。だからって落ちるべきとは思いませんし、J2からやり直せなんて言えません。

それでもJEFに惚れ込んだんだから、最後まで見守りますし、応援します

できない事に腹を立てたり、文句つけるなら誰だってできますよ
深井選手、工藤選手、ミシェウ選手のリーチや身長は彼らの責任ではないのです

和田選手は右アウトサイドとして交代出場したんです。裏を狙われるのはある意味当たり前です。第一、彼のロングスローがあったから、同点に出来た訳ですし…

バクスタの皆さんと喧嘩をしたい訳ではありません。次回、もうちょっと整理してエントリを上げたいと思います

試合後の山形さん、サポと選手と一緒になって跳ねていて嬉しそうでしたね。新潟さんのときは悔しい、という感じだったんですが、今回は勝ち負け抜きにして、その光景が「悔しい」というより、「羨ましい」、と思ってしまいました

(今回から、今までのユニークアクセス数を元にアクセスカウンタを導入しました。数字は作為的ではありませんのでご寛恕下さい)
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 山形戦に向けて

こんばんは

我々は強くない。事実です
山形は手強い。それも事実。

じゃ、勝利を諦めますか?…そうじゃないでしょう!

皆さん、さぁ、いざフクアリへ!
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 今後の日程

連投になります

前回、前々回のエントリでは楽しかった思い出を書き連ねてきました

そんな姉崎で受け取った残念なニュースが二つありました
 1:ジェフユナイテッド市原・千葉U-18の高円宮杯敗退
 2:国立における名古屋さんが川崎さんにACL・準々決勝第1戦敗れる

1:に関しては、天皇杯出場を逃したことに続き、「残念」で切り替えられますが、2:については「残念」で終われない

その理由は、「日程」です。天皇杯含め最終節までのトップチームの日程をまとめてみると、以下の通り

09/26(土) 19:00  山形H
09/30(水) <ACL・準々決勝第2戦>
10/03(土) 15:30  浦和A
10/12(祝) Honda FC(天)フクアリ
10/18(日) 16:00  京都H
10/24(土) 16:00  鹿島A
11/01(日) ☆天皇杯☆A
11/03(祝) <ナビスコ決勝>
11/08(日) 15:00  川崎A(開催日変更?)
11/11(水) (イ)<川崎?A>
11/15(日) ☆天皇杯☆A
11/22(日) 13:00  F東京H
11/25(水) (ロ)<川崎?A>
11/29(日) 16:00  大分H
12/02(水) (ハ)<川崎?A>
12/05(土) 15:30  G大阪A


天皇杯におけるメンバーに多少の変化は考えられますが、トップチームは今後コンスタントに毎週一試合というスケジュールで最終節まで試合間隔が続きます。以前のエントリでACL準決勝進出は名古屋さんに果たして欲しい、と書きました。理由は等々力での川崎さんとの対戦がずれ込んでしまい、スケジュール上で不利を被る事。また、川崎さんがリーグ逆転優勝の勢いを保ちつつ、なんていう状況で対戦したら…、試合結果は兎も角、川崎さんのスタイルを考えても、JEFにとってはものすごい消耗を強いられてしまうのではないか?そんな想いが否定できないからです

逆に、優勝のプレッシャーから固くなることもあるかもしれませんが、緊張して硬くなる可能性はJEFだって大いにありうる訳ですしね。だから、私は9/30はたぶん必死で名古屋さんを応援します。もし、応援空しく川崎さんが勝利された場合、日程は(イ)を切望します

そんな事を書いているうちに暦は既に山形戦前日。他クラブの動向よりJEFモードに切り替えねばなりません
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

早速、前回の続きから

市原市役所選抜の方のご挨拶時のお願いで「Win by All」コールのあと行われたフレンドリーマッチ2試合。どちらの試合も子ども対大人のフルコートマッチでしたが、選手達も観客も本当に楽しそうだった事が印象に残ります

日ごろ、どうしても激しい闘いばかり見ているですが、このときばかりは、「いい風景だなぁ」と心底感じました。スポーツって観戦だけでなく、やって楽しむものですよね。そういった意味で、「この街と共にJEFがある」というスローガンを改めて感じたひとときでした

そうは言ってもエースケさんの飛び出しや飛込み、スタッフの皆さんのボール捌きや走り込みとか、さすがは「往年の名選手」といった技術と「勝ちに行ってしまう選手の習性」を感じました。姉崎中の選手の皆さん、同世代だったら1プレーの上手さでは、今回の経験より上の選手ってあまりいませんよ。大会頑張ってください。そして、怪我のないことを祈っています

その後、市原市長、三木社長のご挨拶を経て選手スタッフの方との集合写真撮影。(私もどこかに写ったはずです)撮影終了後には挨拶で使われた「謝」の名刺を社長から頂いた後、どさくさにまぎれて酒井道代さんのサインまで頂きました。酒井さん、そして常連の皆さん、ありがとうございます

その後はサポさんたちと話をしながら選手の出待ち。練習風景を試合のアップ以外で見ることは初めてだったので、すごく新鮮でしたし、見つめる雰囲気にさえ緊張しました。報道渦中の昼田さんも普通にピッチに立っていらっしゃいましたね

こういうとき、ベンチ入りしていない選手に目が行ってしまうのは私の習性でしょうか。アクリル板を使ってのセーブ練習ではスコスコと抜かれていた島津選手がシュート練習では素晴らしいセーブを連発。タイミング計れるミドルシュートにはめっぽう強そうな印象です。一方、紅白戦途中までは待機状態の益山選手。交代出場してからのプレーには磐田戦の後遺症は感じませんでした

そして、ダウンが始まるころに行われたモオノキの閉店セレモニー。最後のお客がキッズだったこともあり、皆さん拍手で最後のお客様をお見送りして…。店長さんは恥ずかしさよりも寂しさが勝っちゃったように思います。いつも通り店じまいして、その後閉店としたいみたいでした

シャッターを下ろす前に三木社長のご挨拶では
 ・盗難被害に一回もあわなかった事
 ・落書きが一回も無かった事
に、感謝の言葉を述べられました

進行さんからは、このオフィシャルショップは外装のペンキ塗りからエアコンの引き込みまで三木社長の手作りで、クラブ関係者から「ミキハウス」と呼ばれていた事のご紹介がありました

最後には全員のカウントダウンと共にシャッターが降ろされ、その間のモオノキは三木社長ともども皆さんのフラッシュに照らされて、本当に輝いていていた事をお伝えしておきます

楽しかったひとときもこれで終わり。帰り際、お礼を述べられるクラブスタッフの方に「ありがとうございました」とお返しすると、「ユナイテッドパークにも是非来て下さい」と仰られるので「勿論です!」とお返事して、姉崎を後にしました

今まで、私はこの手のイベントに積極的に参加していなかったのですが、最初で最後(になるであろう)姉崎に脚を運べて本当に良かったです。試合開始前のスタジアムの緊張感とは違った楽しさを満喫できました。ありがとう、姉崎。お疲れ様、モオノキ

追伸:最後になりますが、開会前のクリーン作戦に参加された皆様、いつも本当にありがとうございました。当日に知った私は結局参加できずじまいで申し訳ありませんでした
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 初の姉崎

こんばんは

いやぁ、今日の姉崎は暑かった。予報では曇り、終了時間帯を考えて長袖で行ったんですが、あまりの暑さにさっさとレプユニに着替えてしまいました

全体の様子に関しては既に公式にUPされていますので、そちらをご覧下さい

【レポート】 『Thanks!! フットパーク姉崎』市原感謝祭イベント その1

【レポート】 『Thanks!! フットパーク姉崎』市原感謝祭イベント その2

さて、ここからは私自身の道中記です。初の姉崎参りということで、開始時間からはだいぶ余裕のある姉ヶ崎駅の到着。そこからはケータイGPSと周りの動きを眺めながら歩くこと30分弱だったでしょうか、入り口に見かけたことあるサポさんたちやクラブスタッフの方の姿もあって、開始前の無事の到着を喜びました


既に出店も出ていて並んでいらっしゃる方もいましたから、混雑を考えて開会前に腹ごしらえをしようかとも思ったのですが、まずはひとまず全体の様子を確認するためにと奥へ進むと、ポストカード街の方々のお姿。配布予定枚数を考えれば、無くなる事はないかと思い、さらに奥へと脚を運ぶと、今回の目玉、モオノキの姿が

個人的にはもっと貧相な姿(ゴメンナサイ!)をイメージしていたので、その勇姿にはちょっと驚きました。あれなら十分、駅中の売店としてやっていけるだろうと思えましたから

で、特売コーナーから練習場に沿って続く謎の列。最後尾にはプラカードを持ったスタッフさんの姿。「Thank you!! セットがまだ買えます」と仰っていたので、思わず並んでしまいました

日差し照り付けている中、係の方が整理券を配布。残念ながら、その段階で買えない方もいたようです。開会前には販売が開始され、結局私は最初から最後までお楽しみ袋を抱えながらの行動となりました

その後、会場案内とポストカードをいただく為の列へ移動したのですが、クラブハウスとパークの間の仮設テントから入り口まで続く長蛇の列。でも、この列は手渡しだけでしたし、流れていたのでそんなに待たされた感はありませんでした。

無事にポストカードと会場案内も頂いて、次に向かうのはクラブハウス内部。姉崎時代の歴代ユニフォームとナビスコ連覇はじめ数々のトロフィー。各選手のサインが書き込まれたフラッグと歴代の集合写真には、去っていった選手の多さを感じずにはいられませんでした

一通り見終わった頃には売店の列も大分捌けていたので、サマナラでカレーを購入。それを頂きながら島田さんのご挨拶、フレンドリーマッチへと続きます

が、ちょっと長くなったので今日はここまで、残りは次回に続きます
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • フットパーク姉崎

こんばんは

試合からちょっと離れますが、先日のエントリでモオノキについて触れたのですが、オークション対象になるとの情報が公式にあがりました。9/23(水・祝)『Thanks!! フットパーク姉崎』 市原感謝祭の催し物ですね

フクアリ遠征組の私は今まで、平日の先週見学ができるサポさん達を羨ましく、そして行けない身を恨めしく思ったりもしましたが、明日は折角お休みですので、開催が連休最終日で19:00終了でも参加する予定です
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

まず、現地で応援された皆さん、本当にお疲れ様でした。お土産は勝ち点1にはなったけれど、まずは無事にお帰り下さい

リーグを考えれば、勝ち点3を取れなかった訳ですが、2点目を奪われてからの劣勢からすると、勝ち点1を奪い取った。15位との差が勝ち点1詰まったということ。まだ運はあります

そして、隊長に代えて太田選手という監督の采配。「何点差でも負けは負け」という、いい意味での開き直りができたのではないでしょうか?

最後に同点弾を決めたのは、私的期待値2番目の工藤選手。アレックス選手が戻ってきたら、お互いにもっともっとやってくれると信じてます

残りが上位ばかりだとかACLクラスが揃い踏みだとか、そんな事で悩む資格は次の山形さんに勝ってからでないと生まれません。茨の道も一歩から。サポが毎週綯えていたら、「モオノキ」も安心して眠れないでしょう

重ねてになりますが、遠征された皆さん、本当にお疲れ様でした
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんにちは

参戦できない試合って本当に落ち着かないですね。個人的にはアウェイ広島戦以来の未参戦です。兎に角、昨年のように勝ち点3を捥ぎ取って来て下さい

さぁ、スタメンメールが飛んできました

[GK]1 岡本昌弘[DF]2 坂本將貴14 池田昇平4 ボスナー31 青木良太
[MF]10 工藤浩平8 中後雅喜9 深井正樹19 ミシェウ[FW]16 谷澤達也7 ネット・バイアーノ

[SUB]17 櫛野亮15 福元洋平6 下村東美13 和田拓三24 太田圭輔11 新居辰基18 巻誠一郎

4-4-2の布陣ですが、実際には4-5-1(或いは4-3-3)に近いのではないか、とも取れますね

注目点はベタですが久々の先発の二人です

GK:グッピー。キックとセーブと飛び出しで勝利の壁となれ
MF:ミシェウ。パスとフリーランに期待。ネットとのコンビでゴールを目指せ

これから、速報見ながら魂込めつつケータイリロード祭りです

主審:扇谷健司…。現地のサポさん、心は熱く、頭は冷静に!
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 神戸戦前夜

こんばんは

26節は波乱含みだったようですね。現在の順位表


さぁ、よそ様のことはよそ様の事としてこれで終わり。我々は追う立場であって追われる立場ではない筈ですからね。我々は我々のゴールを目指しましょう

我々が思っているほど我々は弱くない。我々が思っているほど我々は強くない。そのバランスを、スタジアムへ遠征される皆さんのエールで、我々の想いで、強い側に傾けましょう
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんにちは

日刊:千葉が成績不振で昼田SM解任
スポニチ:千葉残留へ“劇薬” 強化部門トップを解任

よりによってアウェイ神戸戦直前の報道。現段階ではなんとも、と言いたいのですが、後任の名前とキャリアまではっきり出てしまっていますし…

常に感じますが、スポニチさん(=オフィシャルスポンサー)は波紋を拡げ、不安をあおる書き方をします。でも、07年終了~08年終了までを通じ、メディアに踊らされ、格好の情報提供源になった経験を我々はしてきましたね。そんな経験をお持ちの皆さんなら最後までチームの勝利を願って応援をお続けになると信じます。そして、私も公式の通知を待ちたいと思います

ただし、人間は物事を伝えるとき、「ちょっとだけ悪い」方向への作用を働かせて伝えるそうです。だから事実でも何人もの口を経ると「ものすごく悪い」情報になってしまう。そこに関しては注意が必要でしょう

公式には「結びつき」、「協調」、「連帯感」を表す『UNITED』を冠したジェフユナイテッドの拠点に関するニュースがアップされました。『UNITED』には当然、我々我々も含まれます

昼田さん解任が事実として、彼の職制上、『少なくとも今シーズンの戦力上「チーム」への影響はない』のです。暴論かもしれませんが、『シーズン終了まではチーム、クラブの関係者に対して解任に起因する非難・批判をする効果はない』ですし、我々の現状を考えてもサポ自ら混乱に陥る必要はありません

現地組の私は続報のアップなどで支援します。神戸へ向かう皆さん、どうか、スタジアムでの応援よろしくお願いします
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

第26節で最後の試合、それが神戸戦です。他会場の結果如何では選手達は余計なプレッシャーを感じてしまうかもしれません。しかも、そんな神戸戦、私は参戦できません

明日には現地に赴かれるのでしょうか?参戦される方にお願いします。キックオフからタイムアップまで、選手を後押しする力を送って下さい、…そして、笑顔で還ってきて下さい
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 押上げとセットプレー

前回のエントリは昨夜のマイナーチェンジなので、そのまま戦い方に入ります

ミラー→江尻で一目で変化が見られるのはCK守備時の選手の位置取りでしょう。江尻監督になってから深井選手がハーフウェイライン近辺にいる姿はわざわざ指摘せずとも皆さんお気づきでしょう

左サイドの守備にも変化が見られます。中に絞りっぱなしだった良太選手は、中によりつつサイドに再び出て行く、あるいはボスナー選手のスライディングでピンチを凌ぐ。新潟戦では位置取りからボスナー選手が左サイドのケア、良太選手が中を固めるというクロスするプレーもありましたね

そんなボスナー選手は出しどころがないと見るや、自分で持ち上がってあわや、というシーンまで見せてくれました。一瞬の切り返しを苦手とするボスナー選手にとっては再チャレンジを試みる事ができる高い守備ラインの方がそのスピードとリーチを活かせると思いましたし、実際、迫力のある戻りで何度もピンチを防いでくれました

信じられない光景でしたが、セットプレイ以外のシーンで池田選手以外のフィールダーが全員相手陣内でプレーをしていた事もあったんです

新潟戦の失点はセットプレーからでしたが、あの失点はミラー体制でもあった失点。スコアのリザルトだけを見れば何も変っていないように見えますが、内実はそうではない、と思っています。何より、怪我や出場停止を除いてキャプテンが出場しない試合がここまで続いている事自体、考えられないことでしょうし

個々の選手の優劣でなく、戦い方のベースは間違いなく変わっている。初陣の磐田戦の2得点は無価値なものか、大宮戦、横浜F・M戦のドローは無意味だったのか。結果として、我々の目に映るスコアはミラー監督時代と同じに映るかもしれません。でもチャレンジは圧倒的に増えている。1プレーに対する悲鳴より歓声は増えている

最終ラインの上がりがありえない戦術、セットプレーでの全員守備がお約束だった戦術からはだいぶ変っている。(約束事どころか秩序すらなかった昨シーズンの未勝利の千葉には、整理された素晴らしい戦術だった事を否定しません)

これから、こぼれ球でも誰かが詰めてくれる、そういう割り切りさえすればもっとシュートシーンは増えるし、カウンターリスクも減らせる。安直かも知れませんが、私はそう考えます。というか、スタンドにいるサポが期待や希望を失ってはいけないと思います。

過去の横浜Fさん、今回の東京Vさんのように我々の力の及ばないところで起こっている出来事ではなく、ピッチ上で戦う選手を信じること、エールを送る事。応援で相手を圧倒する事は、直接的ではなくとも選手の後押しになる。サポはそう信じるから毎試合スタジアムに通っている。

あえて仲間を待つ勇気、そして仲間を信じてチャレンジする勇気。トライにエールを送る皆さんだからこそ、最終的にそのときそのときのの選手を支えるのは「俺たち」だと。いや、むしろ「俺たち」しかいない、そう思って残り試合頑張りましょう!
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 【訂正】技術と体格

こんばんは。

昨晩から今朝にかけては草稿がそのまま見えてしまうという恥をさらし、失礼致しました。
(眠気に負けたこともあり、どうもブラウザがきちんと落とせなかったらしく…そのままOSシャットダウンに入ったため、全く気づきませんでした。ちゃんと確認しないとダメですね)

さて、ミスはミスとして気を取り直し、本論へと参ります

前回、JEFの選手とその戦術は泥沼でない、と大口上を申し上げてしまったので、今回はまず特徴的な選手から

ルーレットしてゴールを決めた深井選手、巻選手からボールを奪い取るようにしてゴールに繋げた工藤選手。彼らは決して下手な選手ではありません。むしろ、ボールタッチでは上手の部類に入ると思っています

競り合いやコンタクトプレーでのボールの競り合いで、工藤選手、深井選手にもう10センチのリーチが許されたなら…、私はフィフティフィフティのボールを奪われるたび、そういった想いをなかなか捨てきれません

相手を体でブロックしても、体越しに脚を伸ばされて、ボールに触られてしまう姿、その後そのボールを奪い返しに追いかける姿には感嘆と、応援と、少しの無念さを感じています

技術がないから奪われるのではなく、体のサイズやリーチの違いでボールを失う機会が増えてしまっているのです。せっかくのチェイスで奪ったボールを味方に預けようとして、奪われる。そんなシーンに何度、歯噛みをしたことか

ましてや、彼らが切り替えでボールに触る時、ボールゲットからチーム全体がカウンター発動の場合が多いので、ピンチに繋がり易い。その点でも印象に残りやすいですしね

せっかく前に行ってからも周りの追い越す動きが少ないため、パスをカットされたり体ごと潰されたり、そんなシーンが目に付きます。でも、それでも毎回起き上がって体格を補う抜群の走り出しでチームに貢献しています

でも、もし相手ゴール近くで彼らの献身的な運動量に、谷澤選手やネット選手のキープ力が加われば、課題のフィニッシュだってきっと生み出せるはず。

さらに新潟戦にはベンチ入りできなかったアレックス選手の運動量と技術が組み合わされば、ボールを奪いに走る下村選手の闘志、どんなボールにも飛び込む巻選手の魂も相俟って、選手達はきっと我々を燃え上がらせると思うのです

分析、というより私の願望と期待ですけれど、ひとまず、ここまでが選手編です
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

内容が良くない、結果が出ないと多くの皆さんが仰る中、あえて「KY」な雰囲気で続ける幣ブログ。今日はちょっと視線をかえてみます


今年のナビスコカップ決勝はFC東京さんと川崎Fさんの「多摩川クラシコ」(にカウントされるのでしょうか?)に決まりましたね


だいぶ前の話ですが、ナビスコのグループ予選最終戦、千葉は試合がなかったこともあり、駒澤でFC東京さん対清水さんの試合を生観戦しました。既に試合結果に関わらず、千葉のナビスコは終戦していたので、どちらに肩入れすることもなく、久しぶりにフラットな視点で静かに観戦させて頂きました


試合は東京さんが清水さんに勝利して、結果として会場の2チームが決勝進出となった訳ですが、そのとき感じたこと

●清水さん
・4+4の守備ブロックの作り方が羨ましい位に自然
・攻撃時の両SBのフィードに感嘆、特にSBから逆サイドへのSHへのボールがきちんと収まっていた
・退場はもったいなかった

●東京さん
・基本、劣勢。そんな中でリードを奪えるストロングポイントに感嘆
・スコアと人数が優位に進んでいる割には、試合運びに焦りを感じる
・後半のPKがとめられなかったら、逆転負けだったのではないか?


この試合、今シーズン大ブレイク中の石川選手に注目して観戦させて頂きました。でも、「素晴しい選手だな」と思った点は以下の3点。

・アップのときのコールに対して、エンブレムを叩いてサポに応えていた姿
・暑い日中の試合、どの選手よりもピッチを走っている姿
 →なんで若い選手は彼より走れないのだ?と思ったほどです
・試合後の挨拶(場内一周)で、選手の中で一番スタンド近くまで近づこうとしていた姿勢

●その他

・試合後にインタビュアーが得点選手を間違え、ヒーローから、「あの得点は僕じゃない」と訂正されていました。それをブーイングしつつ受け入れていた東京サポさん達

・味スタでないことを割り引いても、東京さんの開催試合で赤青の姿をした方の割合は多くなかった。人数的にアウェイの清水サポさんに圧倒されていたという訳でなく、タオマフ一本突っ込んで参戦、という感じ

・生ドロンパを見られずじまいで残念

・駒澤は見やすいスタジアム、でも屋根がないから陽射しは暑かった


こんな感じでしょうか。他クラブ同士の試合の雰囲気の紹介をさせて頂きたかっただけですが、もし東京サポさん清水サポさんが不快・不都合等感じられたならその旨ご指摘下さい



JEFの試合を毎試合ご覧になっている皆さんも、チームへの愛情が、選手への期待が強いからこそ、「出来ない事に対して失望しすぎる」といったことはないのかな、と。

私がJEFサポになって得たものはすごく多いんですが、唯一、失ってしまったのは千葉のゲーム、所属選手に対してのフラットな視線かな、とも思います。例えば、ですが先日のオランダでの代表戦、もし千葉の選手がいたら、結果や内容よりも先に怪我がないように、と祈ったでしょう

だから、フクアリでの観戦後、JEFサポの方がリプレイを見ながらでも観戦レポあげて下さる姿勢には脱帽です

・選手が下手だと思い過ぎていませんか?
・戦い方がダメすぎると考え過ぎていませんか?

いや、私だって上手な選手ばかりだとか戦術が上手く回っているとまでは思わないんですが、さすがに「底なし」ではないのではないか?と感じています

ちょっと長くなりそうなので、次回、そのあたりについてまた書き出してみようかと考えています
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • もう9試合?まだ9試合?

こんばんは

先日の敗戦から、千葉サポ先達様方の記事を拝見していると、7割方はネガティブな内容。私自身も明るい内容ではなかったので、まぁ、当然かとも思いますが…、次に向けてそろそろ切り替えます

厳しい現状=江尻監督への交代は失敗、とか、降格決定としてしまうにはまだ早いでしょう。所謂、応援ブログで無い観戦系・評論系の方々が客観的にそうした見解を述べられるのは、JEFの現状を考えれば已む無し、と思いますが、私はこうして皆様に向けてJEFへの想いを叩き付ける場をお借りしている以上、客観的に(世評が言う所の)順当な結果を座して待つ訳には参りません

チームの順位とか選手の約束事とか言い出すと、負のスパイラルに嵌まり込む可能性が高いので、たとえ話として正しいかどうかはわからないんですが…

熟成された酒の旨みなるものがあると聞いたことがあります。私は熟成されたお酒を味わった事は残念ながらありませんが、日頃、生ビールや市販されている蔵のお酒や、時にはホッピーやサワーをおいしく頂いてます

代々続く糠床で作られた糠漬。美味しいという話は聞きます。でも、自分自身で作った浅漬け、時には塩もみだって頂き様によっては、十分美味しいです。納豆だって高級納豆がありますが、大豆を蒸して自分で作た納豆、十分美味しく頂いていますよ。

なんだか、前置きが微妙な表現になってきましたが…、ここからが本題です

「江尻」という酒は、ドイツの高級酒はじめ、欧州の銘酒と同じカテゴリに並んだんですよね。その後自身が酒造りの路に入り、オシムというマイスターに鍛えられ、新潟の蔵元に丁稚に出て、挙句、世界の品評会では酷評された。

同時期に、千葉は世界的な銘柄「ミラー」で勝負に出ました。銘柄の力もあって、一時期は好調だった。でも、長期間味わう深みのあるスコッチは、一晩の刺激を求める房総の多くの方々の口に合わなかった、だからこそ、銘柄「江尻」になったんだったと思います

その時、「江尻」という銘柄が麦酒・日本酒・焼酎、或いはワイン・蒸留酒。ある意味、カテゴリとかそんな事を我々は考えなかった。地元の原料を使って俺達の蔵から出た「銘」、それで俺達は勝負するんだ、と。

発表以来、「江尻」という銘柄の売れ行きが芳しくないのは事実でしょう。正直、売り方に疑問を懐く事も無い訳ではない。でも、少なくとも現地で「江尻」を味わった方々は、「ミラー」とは一味違う、前者には無かった刺激を得ているはずだと思うのです


どんな酒でも飲みすぎれば二日酔いになります。だからってフクアリに通う事を辞めない方が、今のフクアリの一押し(というより唯一のオススメ)「江尻」を飲まない訳も無く…

我々が本当に心底泥酔して、クダ巻くのは12/6以降でいいでしょう。営業日には酒で明るくなっているフクアリも、非営業日に事務所に行くとなれば、シラフで行くでしょうしね。


何より、私はそのフクアリで、大勢の常連さんと一緒になって、バーテンの谷澤さんの音頭で終わる「俺達~?」「JEF!!」というお開きの挨拶、大好きですしね


なんか、くどい酔っ払いのようなのですが何が言いたいかというと、スタジアムにいる間くらい、眉間に皺寄せながらでなくても(寄せてしまうこともありますけど)、応援できる幸せを楽しみませんか?我々の想いを受けてとめてくれる「漢達」は、目の前にいますよ!って事が言いたくて。

(そして、できるならば選手の方々にもギリギリの鎬を削る試合を愉しんで欲しい。ましてやフクアリ、日本でまだ数少ない専用スタジアムでのパフォーマンスってヤツを、我々に見せ付けて下さい!)


かく言う私、スタジアムではお酒を頂きませんが、ご勘弁を
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
みなさん、こんばんは

昨日の試合より丸一日以上が経過していますが、いまだに喉はガラガラ、腕は筋肉痛です。敗戦の現実と疲労から今日は何もする気が起きませんでしたし、実際に何もできませんでした。

そんな中、本日、東総での連戦に赴かれた皆さま、本当にお疲れ様でした。結局我々にとっての今週末は、一つの勝利も無く終わってしまいましたね

山形さんが敗れたおかげで、残留への勝ち点差は拡がりませんでした。この時期から他クラブの動向を気にするのは不本意ではありますが、直接対決を残した中、9試合で勝ち点差6ならまだ可能性が残っている、と思います

他方、優勝争いの直接対決。試合の終了を迎えられなかった、との事で色々と波紋が拡がっているようです。

試合中にマッチコミッショナーが運営に関わる事態自体、私は体験していませんし、今の段階でその判断の可否にコメントをする立場でもないと思います

一人の千葉サポとしてはリーグのスケジュール面から川崎さんのACL勝ち上がりを絶対に名古屋さんに阻止して欲しい、と失礼を承知で切望している私ですが、今回の判定に関しては4冠全てに可能性を残している厳しいスケジュールとも戦っている川崎さんの立ち位置からすると、「それはないよなぁ」とも思います

戦い方自体は結構ラフな印象を持つ川崎さんですが、等々力では他クラブのサポさんを楽しませる企画を日常的に行う事に慣れている事、サポさん達だって我那覇選手支援のときの活動、アウェイにも関わらず千葉の支援店の軒先の借用を実現化されるなんて、素敵ですよね

他方、鹿島サポさんも、今回の決定に(スタジアムでの決定直後は兎も角)諸手をあげて喜んでおられる方は少ないように見受けられます。リーグ終了時、今回の事でリーグの結果そのものが「ニセモノ」と思われたくないというメンタリティには脱帽です

また、本日、大分さんが勝利されました。昨シーズン躍進を果たされた事がうその様な今シーズンのピッチ上の戦績もさる事ながら、中断期間のピッチ外ではそれ以上にサぽさん達の苦悩や葛藤があった事だと思います。ニータン日記、更新されるのでしょうか?

千葉のサポでいられる、ということは、張り合える他クラブ、そして他サポの方々がいらっしゃるからだと思いますので、スタンドで他クラブの選手にブーイングを浴びせる事と、今回のエントリ内容、そして千葉サポという私の立場はなんら矛盾はしないんです。そういった点では、礼に始まり礼に終わる国技と呼ばれる相撲・柔道の立場に近いのかな?なんて思ったりもします。

私もフットボールだけに止まらず、野球もテニスもバスケも格闘技だって中継があれば流しますし、モータースポーツにしても興味が無いわけではありませんし。

JEFサポの皆さんだけでなく他サポの皆さんも、その辺、いかがお感じでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
…皆さん、お疲れ様でした。

聞くところによると、新潟さんもあのシステムでの戦い方は今シーズン初めてとの事でしたが、0-1の敗戦。本当に痛いですね。私の期待値最上級のアレックス選手は怪我との事で不在。和田選手もベンチに居らず…。

プレッシングからのボールポゼッションは圧倒できた時間帯が多かった訳ですが、ミスからのボールロストやカウンターを考えたら、決定機はさほど変わらなかったのではないでしょうか?失点のセットプレーの原因となったファウルにしても軽率だったと思います

櫛野選手のキックには最後まで期待を感じませんでしたし、ポジションにいるにも拘らず、結果的に相手を助ける隊長のフィードやパスにも不満が残りました。そういう意味では、ベテランが流れを切ってしまうプレーが多かったのではないかと…

ただ、SBの控えがいなかった中で、ボスナー選手の持ち上がり、裏へ抜けられたときの走りと潰し、工藤選手と深井選手はアレックス選手の不在をカバーするかのような走り回り。これだけの事ができるなら、不正確なパントキックに頼らずに、脚下で渡してバイアーノ選手のポストを活かして欲しいと思います

ハイボールへの競り合いは、バイアーノ選手、或いは米倉選手、巻選手のフラストレーションとスタミナを消費させる効果しかないのではないでしょうか?監督に迷いが見られないかというと、否定はできません

バイアーノ選手→ミシェウ選手で誰がFWに入る?と考えたら谷澤選手or米倉選手ですが、谷澤選手の1トップ。で、それが機能しないとなると米倉選手に代えて巻選手を投入し谷澤選手はSH。谷澤選手のスルーパスに反応した巻選手のシュート、左足なら、バイアーノ選手だったらば、と考えずにはいられない部分もあります。残り少ない時間で新居選手を投入しても、守備固めに入った新潟のブロックは崩せずじまいでした(スタッツとして新居選手のシュートあったのでしょうか?)

ここからは、ボヤキです。
リードしていても、リードされていてもずっと続いている課題だと思うのですが、チームが一息つけるような落ち着きが殆ど無いと思います。最終ライン、中盤の底、或いは前線でも。だから、チーム全体がいつも縦に焦って、余計なピンチを自ら招いてしまう印象をぬぐえません

ゲーム全体でボールを奪う事はできていたし、またボールをゴールに近づける姿勢は見えました。ただ、厳しい言い方かもしれませんが、「ゴールを奪うための工夫」が殆ど見えなかった、という感想です

アタッキングサードでCFWだろうがSHだろうが、はたまたCMFだろうが誰が持ったら(或いはその位置なら)シュート、そのコースのためのデコイ(又はフェイク)というチームとしての意図は残念ながら感じられませんでした

それでも、試合後にブーイングが飛ばなかったのは、選手達が最後まで走りきっていたからでしょう。我々も何度ゴールの期待に身を乗り出し、頭を抱えた事でしょうか。今シーズン、あれだけ得点の期待を懐かせてくれた試合が、今まで無かった事は確かだと思います。…でも、勝ち点を奪えなかったという事も現実です

残り試合を2/3勝つだけの上積みがあるかどうか、「うん」と言えるだけの根拠を私は持ち得ません。でも、逆説的ではありますが、それでもあれだけ削られて、潰されて、走りきる選手達には期待していますし、尊敬すら感じます

柏さんが勝利したため、順位はブービー。でも、16位でも17位でも、来シーズンの立ち位置は変らないのです。以前も書きましたが、リーグ戦は最終的な順位が問われます。一試合一試合の積み重ねの結果が最後に問われる訳です。

皆さんが思うように状況が厳しいのは確かですし、そう思います。ただ、私は自分が意識すらしていなかった時代から続く「一部の伝統」のみを保持して欲しいがためにJEFにエールを送っている訳ではありませんし、毎試合毎試合声を枯らしている訳でもないのです

「一部の伝統」を今シーズンも守れれば現状望みうる最高の結果、と当然ながら思いますけど、今、目の前で必死で走って戦っている選手達がいるJEFというチームに愛情を注いでいますし、それ以前に、当たり前に応援するチームだと、もっと単純に「目の前のゲームでの勝利」を、そう願っています

だから、少なくとも最終的な結果が確定するまでは、皆さん、一緒に足掻きましょう!素晴らしい結末に近づけるようにエールを!、チャントを!、応援を続けましょう!!
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 走りきれ!(その8)

もう少し余裕を持てるはずだった、この企画。再開前日ぎりぎりまでラストスパートをする事になってしまいました

No.22:米倉選手。途中出場が続く時期もありましたが、残念ながら、最近試合中の姿を見ていません。長身ではありませんが、前線に一つのポイントを作ってくれます。

身長からは想像できない跳躍力、相手選手を弾き飛ばす体幹。フィジ倉と呼ばれる強い身体を持つ反面、非常に真面目な性格がケータイサイトから窺い知れます。益山選手と切磋琢磨しながら、フクアリで雄姿を輝かせて欲しいものです。

そして、今シーズンの目標は一試合でも多く出場する事だった、No.23:益山選手。

磐田戦のショックは癒えたでしょうか?一時期はスタベンでも米倉選手を上回っていた訳ですから、再びエールを送れるポジション目指してトレーニングに励んで下さい。ゴールを米倉選手よりも早く挙げる位の気持ちで、がんばれ!

そんな両名が歩んだリザーブスから、シーズン途中にトップチームへ昇格した、No.26:金沢選手。

リザも天皇杯の自動出場を決めている今、うれしさと悔しさと歯痒さがアナタを包んでいるかも知れない。でも、スタンドでチャントは既に君を待っている。あとはピッチで輝くだけだ!

最後は、No.12:サポーター。そう、我々自身です

今回の「走りきれ!」、もしかしたら自分自身に向けているのかもしれません。崖っぷちの残り900分くらいは、せめて試合中、ブーイング・ヤジ・罵声でなく、常にコール・チャント・エールを、選手達に送りましょう。我々サポの気概はサービスをただ受け取るお客ではないと思います

これからの10試合、私も当然、全勝をして欲しいと思いますが、相手もチームも必死ですし、そう上手く事は運ばない可能性が高いですよね。これからの対戦、我々より下位のクラブは一チームしかないのですし、仮に順位通り1チームに勝てたとして、もうそれだけでは今の順位が変動する事は無いのですから…

大宮戦、横浜戦、本当に最後まで選手たちは走っていますし、押し込んでもいる。でも、試合中、劣勢になるとスタンドはピッチにお付き合いしてしまう。(これは、奇跡といわれた昨シーズンの最終節でも、そうだったと思います)

今までの私自身の自省もありますが、それでもあつかましく皆さんにお願いしたいのです。前後半開始前の選手入場時、団体さんのお願いが有る無しに、バックスタンドでもメインスタンドでも、あるいはアウェイ側に近くともJEFサポ(又はJEFファン)みんなで、選手を立ち上がった状態で迎え入れませんか?

確かに、5分以上続くコールやアッコちゃんは喉にも腕にも疲れを強いるはずです。が、生意気かもしれませんが、「最後まで走れ!」、「諦めるな!」と試合後に選手に対して激を飛ばすならば、それ位のことはサポ、ファンの姿勢を選手達に見せてもいいだろう、と。(無論、体力的な問題、健康上の理由で座られている方は、それぞれのお立場で応援下されば、と思います)

そして、攻める選手達に「リスクを冒して攻めあがる勇気」を求めるならば、我々も恥かしさや戸惑いをかなぐり捨てて、周りのサポ仲間や、隣の見知らぬ方に、「一緒に立ち上がって選手達を迎えませんか?」と誘ってみてはくれませんか?

フクアリだって当初、スタジアムは黄色くありませんでした。今や、バックスタンドメインスタンドのホーム側はすごく黄色いです。平日開催の試合でも1万人のサポが駈け付けるようになりました。Jリーグ最小動員を続けていた頃とは雲泥の差でしょう。だから、もし、駈け付ける皆さんが脚を運ぶだけでなくもう少しだけ、皆で頑張れば、勝ち点の1、2点分くらいはホームで上乗せできるかもしれません

今回改めてJリーグおよびフクアリでの観戦マナーにも目を通しました。NGとして却下される事はないと思います

移籍マーケットは閉じましたし、劇的にチームが変化する事は無いかも知れません。それでも、いや、それだからこそ、「最後まで力一杯JEFに付き合おう、応援しよう」そう皆さんに呼びかけたいのです


9/12(土)16:00、我々にとってのJリーグは再開されます。生憎の雨予報ですが、雨対策をしっかりとして、天候を吹き飛ばす熱気を帯びたスタジアムでお会いしましょう


今回、生意気な意見ばかり申し上げているようで恐縮ですが、それでも、私はJEFの勝利を皆さんと共に後押ししたいと思います
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 走りきれ!(その7)

ジェフ千葉応援号の企画も定例化してきたようで、いつか使ってみたいなぁ、と思いつつ、アウェイチケットを買いそびれる事を恐れて、ついつい発売日にチケット入手に走るのは、サポの悲しい性でしょうか?

でも、さいスタまで向かう電車内、どんどんと増えてくる赤いプレッシャーを感じずに移動できるのはいいと思いますので、まだ浦和戦のチケを入手されていない方は活用をご検討下さい

さて、今日はNo.13:和田選手から。今シーズン新加入のSBと思っていたら、当初SHでの起用が多く、我々もですが、本人も意外だったのではないでしょうか?

私としてはファン感ではサインを頂いたり、直接お話できる機会があったりしたので、新加入選手の中で一番期待していた選手でした。攻撃へのシフトチェンジとしての交代や、スタメン出場がもっとあっても、と思うのですけど、両SBとも08シーズンを支えたSBですから、その座を掴み取るまでの信頼はまだ得られていないのでしょうね

ボールは両脚で使えるそうですが、お箸は左しか使えないとの事でした(笑)。残り試合、和田選手がいつも必要になるような、両SBの上下動が非常に激しい試合を期待しています


両脚使いの和田選手に対して、左足オンリーのCB、No.4:エディ・ボスナー選手。カバーに入るスライディングやヘッドの競り合いでは抜群の存在感を示してくれますね。

でも、大きな体躯と加熱しやすいハートの割に、ちょっと臆病なプレーぶりにはいつもハラハラドキドキさせてもらってます。スピードのある切り替えしに翻弄され、セットプレーでのマーカー外し。

ビルドアップでは一切右足を使わずに、左足でのロングフィード。せっかくいいポジションにいる良太選手がかわいそうになるほどです。あと、ショートバウンドするGKへのバックパスは正直勘弁して欲しいです。

私が助っ人という観点で見るからか、千葉の選手で一番厳しい見方をする選手ですけど、昨シーズン豪代表候補にあがったとき、クラブの状況を理由に辞退してくれるほど、チームを愛してくれてます。エドが消えてしまうような安定した試合があればなぁ、とついつい思ってしまいますが…。


さて、そんなボスナー選手からなかなかパスを貰えない、No.31:青木良太選手。ミラー戦術の影響か、もともとはCBからなのか、守備時に中に絞って、外を空けてしまいがちです。また、ゴールライン、タッチライン際で体を入れ替えられて、相手選手にボールを奪われるシーンも何度か目にしています

しかしながら、時折あげるドライブが利いたクロスボール、(なかなかゴールに繋がらないのはなぜなのか…)セットプレーでのヘディングシュートなど、あと一歩、という攻撃への姿勢も見せてくれます。

彼が左サイドでボールを持ったとき、「リョ~タ~!!」と熱狂的に叫んでいる一人は間違いなく私です。だって、昨シーズンの最終節、反撃の狼煙を上げたスライディング、同点弾の落としに繋がったセンタリング、今でもしっかり覚えていますから。

それと、サポの要望からケータイサイトに設けられた「良太バンザイ」。08シーズン開幕後、勝利が無かったチームでの、彼の前向きな姿勢に助けられたサポは多いでしょう。だから、これからもフクアリに響かせましょう。「アオッキリョータ、オ・レ!」


さぁ、そんな昨シーズンから勝利の儀式には必須となった「俺たち~」、「JEF!!」といえば、No.16谷澤選手。加入時からずっとインタビューやコメントでは「ヤザワールド」全開の小宇宙を作り出してくれます。

コメントに比べればピッチ上の「ワールド」はそれ以上。低い姿勢でのボールキープ、ボールを持てばドリブル突破は当たり前、アウトサイドでのトラップ技術はもう、ミラクルですし、シュートチャンスでの落ち着きぶりも驚嘆してしまいます

昨年のアウェイ札幌戦での決勝ゴール。あの状況、あの時間帯での切り返しには、千葉サポ全員が感謝した事でしょう。残り10試合、どれだけあなたが「俺たち~!?」とトラメガを響かせてくれるかで、JEFの命運が決まります


そうすると、勝利後のゴール裏パフォーマンスにはもう一人、欠かせない選手がいますね。そう、No.19:ミシェウ選手です

怪我が少ない選手という触込みだったはずなのに…、とは思いますが、昨シーズン、鹿島や浦和に勝利できたのは、間違いなく彼のお陰だと思います。また、昨シーズンは来日して日も浅いのに、日本語でマイクパフォーマンスしてくれる性格にも惚れました

彼はとにかく攻撃で走る距離が長いんですよね。だから、マークしづらいし、技術もあるから奪われにくい。(逆に動かないとリーチの差から簡単に奪われてしまうのでしょうけど…)

肌寒い季節には、ニット帽に手袋、長袖にジャージズボンと防寒をしながらアップする姿に、「寒いの嫌いなんだな」という印象を受けますが、実情を知っていらっしゃる方がいれば、お教え下さい
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 走りきれ!(その6)

ようやく、中断期間中に終われるかな?と思えるようになってきたこの企画

本日はNo.6:下村キャプテンから
「こんなに素晴らしい選手だったんだ!」という思いを懐いたのは、今シーズンのアウェイ柏戦でした。(逆に言うと、それまでの私の評価がそれなりだった事が解っててしまいますが…)

あっさりとかわされるイメージは無いのですが、いつも左右のスペースに出てきた選手やゴール方向へ走りこんでくる選手を追いかける印象が本当に強かった下村選手

また、ボールを奪うシーンが密集地帯な事も多いため、奪ったボールを簡単に相手に奪われ返される、奪ったあとドリブルでいけるところまで行ったあとにパスカットされる…。

利き脚アウトでボールを持つ事も多く、背面からのスライディングでノーファールの奪われ方をしたときには、失望というより、絶望を感じたときもありましたし、アウェイ清水戦での宇宙開発では、何でヤザーに撃たせないんだ!とへたり込んでしまいました(失礼な物言いですよね、下村選手、本当にゴメンナサイ)

でも、そんな下村選手はシーズン中にシュートの精度を上げ、大分戦では素晴らしいゴールを決めてくれました。その後、怪我での離脱を強いられてしまいましたケド…・

完全に私見なのですが、下村選手こそ監督交代で精神的にも戦術的にも最も影響が大きかった選手ではないかと思います

いつの頃からか、日本ではDFH=ボランチという表現が多く散見されますが、ミラー監督が下村選手に求めた事はDFHでもボランチでもなく、CMFだったのでないかという考えを捨てられません。前を向いた守備から入る下村選手は、私の目に本当に輝いて映ります

アンカーに斉藤選手が起用されたり、試合毎に工藤選手、アレックス選手、中後選手と直近のポジションの選手が一定でなかった事を考えても、ピッチ中央でチームのために走り回った下村選手の苦労は窺い知れるのではないでしょうか?

主将の主審への抗議の回数が、試合展開のバロメータです。うまくいっていない試合でも主審への抗議はサポが行います。…だから、大事な試合で出場停止なんて事が無いように願っています

柏戦繋がりという訳ではないですが、最近キャプテンマークを巻いての出場が多いNo.2:坂本選手
購入した家の事を顧みず、千葉へ復帰してくれた隊長。今シーズンのアウェイ柏戦での素晴らしいゴールには、本当に痺れました。私の今シーズンの初絶叫はあのゴールでした

主戦場は右のSBですが、CB(これには本当に驚きました!)をはじめとして様々なポジションの対応が可能な隊長は本当に心強いです

試合終盤、アウトサイドからの攻撃参加でマークを一枚剥がす動きには頭が下がります。今シーズンはフィードのボールロストがちょっと気掛かりですが、これからは涼しくなって来る気候ですから、疲労と怪我に注意して、若手だけでなくチーム全体を牽引して下さい

今日の最後の選手は、No.14池田選手です
昨シーズンを通じ、一番の功労者だったのではないでしょうか?CBとして常に相手のCFと競り合う姿。すり抜けられたら大ピンチの中で体をぶつけながらボールを跳ね返す姿勢には感謝です

クリアボールを相手に渡す事、フィードボールがタッチラインを割ってしまう事が無くなれば、千葉DF陣の筆頭となれると思います。新加入直後、サブでも腐らずに努力を重ねた姿を我々は知っていますしね

池田選手のフィードからのチャンスメイク、それが千葉の反撃の狼煙になる事を信じています
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 走りきれ!(その5)

9/6(日)、天皇杯特集が放映されました

決勝を戦った2チームがクローズアップされたシーンがありました。今回は、柏選手として(当時)試合前の表情を抜かれていた、No.24:太田選手から入ります

え、本当に?という感想が、移籍情報が公式に出た時の正直な心境です

ご自身のブログ(そろそろ画像代えて欲しいなぁ、とは思いつつ)にLanceと命名されているくらいなので、縦への動きに注力されるんでしょうが、願わくば、「香車」では無く、「ルーク」の働きを見せて欲しいですね

私は当初、クロッサーというイメージで捉えていたのですが、実際に見ていると中に入ってくる動きも多いので、ゴールも期待します

東美キャプテンは「力を抜いた」シュートを意識されているそうですが、太田選手には「ココロモチ」強い弾道を望みます。とにかく脚を振りぬいて!という願望ですね。

さて、大宮戦ではそんな太田選手からのクロスを見事にゴールに結びつけたNo.7:ネット・バイアーノ選手。磐田戦、大宮戦、横浜F・M戦と微妙に受ける印象が異なっています

磐田戦では足元のボールを上手に味方に裁くポストプレーヤーでしたし、大宮戦ではDFに競り勝つCF。横浜FM戦では見事なパスへの動き出し(と、ボール持ちすぎ、の感)

一番の心配は柏戦での一発退場や、レフェリーへの抗議の結果の有給休暇でしょうか?
既に柏戦の後に有給消化済みですから、これからの有給は死活問題です。(昨シーズンの残留も、東京V、ディエゴ選手の出場停止に救われた面があることを否定できないと思いますし)

今のチーム状況では、巻選手がサイドに流れるよりも、ネット選手が流動的に動いた方が「容(カタチ)」としては兎も角、試合の中ではチャンスが生まれる気もします(素人なので、厳しい反論はご容赦ください)

選手としての出場前からエールを送られる期待の選手ですし、嵌ってくれれば他の選手の上がりに繋がるキープ力もある選手なので、私は非常に期待しております
(コールは3回繰り返しのようなので、皆さん、コール時には2回で終えないよう注意しましょう)

最後に取り上げるのは、シーズンオフの新加入(期限付き)ながら、ミラー体制ではなかなか出場機会に恵まれなかった、No.15:福元選手です

まだまだ、危ういフィードミス、クリアミスも見受けられますが、それは彼だけでなく、他の選手にもあること。武者修行中のコータと共に世界の舞台を経験したポテンシャルの持ち主ですし、ようやく怪我も癒えた様で、既にチームに合流しているらしいので、よりコンパクトな陣形の為に、千葉で一皮剥けて頂きましょう

彼もまた、自身のブログを持っていますね。広島戦の後、更新が無いようですが、ブログ以上に練習に打ち込んでいると信じています

坊主頭というよりは、スキンヘッド手前位にまで短くした青い頭。そのヘディングでハイボールを跳ね返し、あわよくば、CKを相手ゴールに叩き込んで下さい
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 走りきれ!(その4)

そういえば、昨日、9/6(日)はジェフユナイテッド市原・千葉トークバトルVol.6が行われたんでしたね

残念ながら、私は一度もこのイベントに参加した事がありません。

まず今日の選手は、そんなイベント参加選手の中から
No.8:中後選手
「ちゅ~うごまさき~ お~れたちの ほっ・こり!」聞こえていなかったのか、自身のチャントだと思ってなかった所に大爆笑。

プレースキックに大きな期待をいだかせながら、直接ぶち込んだゴールはいまだゼロ。スペースを目指したパスが味方の先に落ちてしまったり…

でも、飛び込んで相手のシュートを体で止めたり、全身を使って相手のハイボールを跳ね返す姿には熱さを感じますし、飄々としたボール捌きで相手のチェイスを交したりする姿には、さすが!と惚れ惚れします。

大宮戦のミドルシュートも、誰かが詰めてくれれば、という意図が見えて、良かったと思います
ガンガンあがってシュートで終わる。そんな中後選手を見せて下さい。あと、セットプレーでももっと存在感を期待します

そして、そんな中後選手とポジションがかぶる我等がお父さん、といえばNo.3:斉藤大輔選手。
10年前の残留争いでは相手クラブの選手として、決勝点に絡んでいた事を皆さん、覚えていますか?

ストッパーとして確立されたポジションから一転、澤入体制でアンカーを任され、そこからは中盤のつぶし役として縦横無尽の大活躍を見せてくれています

奪ったボールは迷い無く味方に預け、自力での突破を一切考ていないのではないか、と思えるほどの迷い無きプレーは、チームに安定と落ち着きをもたらしてくれますね

守備的なポジションながら、一年に一度はゴールを生み出す大さん。「大3」弾幕、ご存知ですか?
スタメンでも、サブでも、アップのときのエールに答える姿勢は大好きですし、試合後の挨拶での力強いガッツポーズ、もっと見せて下さいね

さて、そんな両選手に加え、主将までもがポジション争いのライバルとなっているNo.20:佐伯選手。
ポジションの割には小さめの体躯ながら、落ち着け役としての期待をしてしまいますね

サイドバックでの出場だったり、DFHでも味方選手と被ってしまったりして、本来の力がなかなか発揮できていないようです。ご自身のブログを持っていらっしゃるので愛犬に加え可愛いお子さんとの生活は皆さんよくご存知なのではないでしょうか?そんなお子さんのためにも、もちろんJEFのためにも、ピッチ上で輝く雄姿を期待しています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 走りきれ!(その3)

休日を利用してテンプレをまた少しカスタマイズしました。カラーリングイメージはJEFのユニなんですが、解って頂けますでしょうか?(因みにケータイ版はシンプルに黄色くしております)

そんなフィールダーユニのカラーリングと異なるGKが今回のエントリの対象です

No.17:櫛野選手
セービング技術はもとよりなんといっても彼の特徴はコーチング。その通る声は、公式戦よりもサテライトやトレーニングマッチで堪能できるでしょう。そして、もう一つの武器はスローイング。ステップから繰り出されるオーバースローは迫力満点です

前節の反省からか、丸坊主にしたその姿ですが、元来の男前度は下がっていません。守護神クッシー、期待しています

No.1:岡本選手
07シーズン、不安定な飛び出しですっかり精彩を欠いていた岡本選手。
今シーズン、何度あなたのセービングに失点を免れたのでしょうか?

押し込まれるゲーム展開で、チームを落ち着かせながら蹴るGK。その前に出されるイエローカード。そんな光景を何度見た事でしょう。

試合後の挨拶で長躯を折りたたむようにお辞儀をする姿。我々こそ、あなたへそうやって思いを伝えるべきなのに…。グッピー、頼むぞ。

No.21;中牧選手
フィジクラ選手に粉砕された怪我の様子はいかがでしょう?戸田選手へのブログで一部の方から大人気のナッフォン。長身を活かしたプレーで、まずはトップチームのベンチ入りを目指してくださいね。

No.30:島津選手
その独特のキャラで各方面のブログネタになっている島津選手。
一発芸のような写真映り、最高です。でもピッチでの真剣な眼差しと人柄はやはりフットボーラーそものもでした。ハイタッチできた私は幸せ者です。

GKという受身のポジションはキャッチング、セービング、パンチング、フィスティングの他に、コーチング、スローイング、キッキングという技術が加味される複雑なポジションです

誰がベストで、誰は良くない、と最も言いがたいポジションかもしれません。どんな選手であれ、ボールを後ろに逸らしたら失点に直結してしまうポジションですからね

「く~しのりょ~う、まもれくし~のりょう~う、しょう~りをよ~ぶ、しゅごしんくし~の~」

「ららららら~おかも~とまさひろ、ららららら~おかも~とまさひろ、ららららら~ご~るをまもりぬけ~」

試合前のアップ時、恐らくゴール裏の個人サポさんが歌い上げるチャントにサポ全体がのっていく風景が私は大好きです。コールリードする団体さんが、コールリーダーだけでなく、1サポの生声のチャントに音頭をとってくれるって、一体感あってすごく素敵に感じます

クッシーのコーチング、グッピーのパント。甲乙付けがたいですし、あえて今回はどちらに期待すると書きません。昨シーズン、出場機会がずっと無かったクッシーが「チームのために」と控えの立場に不満を示さなかった心は、今のグッピーにも十分伝わっているでしょう。

そして、そんな伝統は、今はもうベンチにすらいない「No.1:立さん」が残してくれた、素晴らしい伝統だと思っています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 走りきれ!(その2)

走り出したと思ったら、いきなり小休止になってしまったこの中断期間企画ですが、中断後、巻き返しラストスパートのためのものなので、終わらせる訳には参りません

さて、アレックス選手のインフルエンザ報道と共に高熱報道があったNo.18:巻選手

大宮戦では精彩を欠くプレーばかりが目に付き、中後選手のミドルシュートに詰めない巻選手を見て、「どうしてしまったんだろう?」と心配でしたが、それはやはりコンディション不良によるもので、横浜F・M戦では先制点のきっかけとなるパスを見せてくれました

長身であり「利き足は頭」、というフレーズばかりが取り上げられていますが、足でのキック精度が悪いかというとそんな事はないと感じています

不得手なのはボールの勢いを殺して受けるというトラップ技術だと思っていて、私はむしろ、ポストプレーヤーと表現される事の方が意外です。ミラー体制以降、ロングフィードを常に頭で競りに行くため、こぼれ球への周りのサポートが必須になりますが、そのような状態での競り合いはDF側の方が有利のため、跳ね返されるシーンが繰り返されている、そんな印象です

例えば、昨年まで在籍のレイナウド選手や新加入のバイアーノ選手のように、胸でボールを落とす、片手で抑えながら味方に渡すといったプレーがない巻選手ですが、セカンドボールへやクロスボールの反応が良く、むしろ「大柄な武田選手」というイメージの方がしっくりくるかな?と思っています

そして、何よりも我々の共感を生むのは、「走りきる姿勢」でしょう。ずば抜けた技術や走力は無いけれど、いつでもボールに喰らい付いていくその姿。巻選手のゴールには多くの千葉サポーターが自分自身を巻選手に投影しているのではないか?とすら思える盛り上がりを見せます

今年は自虐的に、「ゴールも勝ち点も少ない」とインタビューに答えていましたが、これからも、「魂」でチームを、そしてサポーターを巻き込んだ熱狂の起爆役になって欲しいですね

さて、そんな巻選手の学生時代の相方、No.9:深井選手。
昨シーズン加入直後の東京V戦でのPK、浦和戦での2ゴール。今年に入ってもアウェイFC東京戦の逆転弾など、気持ちが見えるゴールが印象的です。(そして私が数少ない直筆サインを頂いている選手です)

サイドハーフで起用される事が多く、パスやクロスの精度に若干難があることは事実ですが、彼もまた、小さな体躯から溢れんばかりの闘志を燃やし尽くすかのような走りをピッチ上で見せてくれます。

深井選手のチャントも浸透した事ですし、ゴールの後、ヒーローインタビューの後にみんなで援団風に両腕で振りまわしたいものです

トラブルで2回ほどエントリを使ってしまったため、もう少し、ゴールハンターについて続けます

No.11:新居選手です
私は、FWとしての同選手に非常に期待をしています。
07シーズンでは、自身のシュートの跳ね返りを頭で押し込むという決勝ゴールを見せてもらいましたし、昨シーズンの最終節には後方からのロングフィードを見事に叩き込み、逆転の狼煙を上げました

サイドハーフでの起用では、殆ど効果的な動きが見受けられない(ように私には見える)新居選手ですが、2トップの一角としては、素晴らしい存在感を示してくれます

先日のニッパツの新居選手、大柄なDFを相手にしながら、惜しいシュートを見せてくれましたし、何回か相手を背にしながら味方を活かすようなプレーもありました

アップのときに新居コールやチャントがあっても飄々とアップを続ける新居選手ですが、そんな職人っぽい孤高の雰囲気も「らしいなぁ」と思いながら期待をしています
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 【追記】について

アウェイ大宮アルディージャ戦におけるサポータートラブルについて【追記】

行為者が個人サポ(非団体員)であった事
フラッグが物干し竿サイズでなかった事

末尾にお詫びまであるこの告知は、いったい誰のために必要だったのでしょう?

スポンサーや団体の苦情、または一般の方からの問い合わせ、或いはリーグからの指導などがあったのでしょうか?

でも、「危害を加えた人物」が個人だろうが団体だろうが、ましてやフラッグの軽重に関わらず「千葉サポが行った愚行」という事実は変わらないのです

それなのに、その人物にわざわざ「」を付けるのはどういうことなのかな、という疑念が今回のエントリとなりました

アレックス選手を引き合いに出した人目に触れない幣ブログを見て、意見された方が?とも思いました

それとも、お互いのクラブの発表が「大宮サポvs千葉サポの抗争の中、たまたま千葉サポ一人が捕まった」というイメージを持たれかねないものだったのでしょうか?

もしかしたら、ジェフ千葉に無関係な一個人があえて「黄色のいでたち」で「誰でも買えるフラッグを用意」して「アウェイスタジアムのゴール裏」で「スタッフの目を盗んで」、「蛮行に及んだ」というのが内実なのでしょうか?

すごくクドイ表現になってしまって申し訳ないです

…多くの千葉サポは「身内のものの不祥事」として今回の出来事を謝罪するとともに遺憾に感じ、しかし一方では愚行に対する憤りを示していますね

今回、どのような経緯で【追記】に至ったかは解りません。
ただ、私は今回の件、千葉サポの愚行といった事実はもとより、「傷害(未遂?)」+「威力業務妨害(大宮さんのイベントを今後も中止に至らしめた)」だと考えています

仮に行った本人が千葉サポであるなしに関わらず、またいくら、(歪んだ)千葉への想いを具現化させたとか、正常な判断ができないほど泥酔していたとしても、です

成人であれ未成年であれ、この類の行為を「ファン、サポーターのマナー違反」以前に、まず「一個人の犯罪」として毅然と対応しないと、Jリーグ、各クラブ、関係者、ファン、サポーターを悲しませ続ける事になりはしないか?と懸念しています(ルール化しないと守れない、という現実には辟易しますが)

JEF千葉の一サポとしても、今回の【追記】には残念な思いはあります。

昨シーズンの開幕前、島田常務は「そのときそのときでクラブに関わっている全ての人が『JEF』なんだ」と話されました。だけど、残念ながら今回の【追記】の文言には一体感を感じられませんでした

また、クラブが日頃はサポに対して「ともに戦おう!」とアピールしているにもかかわらず、「これはずいぶんと他人行儀な表現だな」と受け取ってしまいました

今回のエントリ、重箱の隅、とか、修辞の問題とか、揚げ足とり、というご批判が発生する可能性はそれなりに考えました。しかしながら、【追記】はクラブが公表したものですし、「世界一安全で快適なスタジアムづくり」を標榜する立場に賛同する一員としては、見過ごす事ができませんでした
(極論ですが、私はペットボトルや石ころが飛び交うスタジアムで応援や観戦をしたくありませんので)

もしも、今回のエントリが私の勘違い、思い過ごしであって、実情についてご説明・ご紹介下さる方がいれば、ぜひお伝えください
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • アウェイ大宮戦について

お詫び

イベント中止の被害を受けられた大宮アルディージャサポーターの皆様、並びに大宮アルディージャの関係者の皆様。特に千葉のサポーターによる暴力行為で実害を受けられた方、まことに申し訳ありませんでした

サポミの後、大宮のスタッフの方が気色ばんでいられたので、急な集会でコンコースを埋めた事に対しての問題(苦情)かと思っておりましたが、フラッグで突くとは…

前回取り上げさせて頂いたアレックス選手も以前、ピッチ上で被害者になっているというのに、彼を応援する立場の千葉サポが同様の行為を行うなんて本当に残念です

しかし、今年は本当に殺伐としていますね。試合後の挨拶でタオマフ投げ込んだり、いい大人が小学生の背中を蹴ったり

確かに厳しい状況ですが、残留に向けてほとんどのサポは悔しさと悲しさとやるせなさを抑えて、それでもエールを送っているというのに…(第一、あの場もその意思統一を図るための集会だったのに)

他サポの皆様、またフットボールに関心の薄い方々からは、間違いなく自分もそういった暴力行為を行った一員と同列に思われる、という事実は、試合結果とは別次元の悲しさや悔しさを感じますし、行為者への対処として「無期限の入場禁止」が決定しても、晴れるものではありません

ニッパツのときにサポ間のトラブルなくて良かったと書いた事は、皮肉にもそれ以前の試合会場で既に問題となってしまっていたなんて…本当に情けないです

今回の件は今のクラブの成績以上に大きな打撃となってしまうかもしれません。起こってしまった事はいくら謝罪の言葉を連ねたとて、消しようがありませんし。

だからこそ、千葉サポの皆さん、今後もアウェイスタジアムに迎え入れて頂けるように、こういった悔しさを他者へぶつけることなく、非日常空間であるスタジアムでは日常生活以上に、お互いに自覚を持った行動を心掛けていきましょう。
大勢の皆さんはスタジアムを楽しみに毎日を送っていられるのでしょうから…
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!