犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
初のニッパツ。若干最寄駅からは歩きますけど、自然溢れる運動公園という環境にある素敵なスタジアムでした。また、日中は暑かった気温も陽が落ちてからはだいぶ下がり、体感ではあまり蒸暑さを感じませんでした。

前回のエントリで述べたようにSBバックビジター観戦だった私は、入場時~試合開始前、HTもF・マリノスサポの方々に囲まれて些か緊張しました(逆にSBビジターのサポ入場時にはホーム自由の方々も少々驚かれていたようです)

バックスタンドでゴール裏、SBビジターと黄色のシマに囲まれたマリノスサポの方々も多少緊張されたのではなかったでしょうか?
ピッチが近い素晴らしいスタジアムで、サポ同士の大きなトラブル無く試合が終えられた事に、安心しました。(運営面の困難はあるのでしょうけど、原則H/Aは隔離するほうがベターだと考えますが、それは別次元のお話だと思います)

また、SBビジターでのビールの売り子さん、試合中は声援、手拍子で声をかき消されてしまって大変だったと思います。また迎え入れてくださると嬉しいです

さて、試合ですが…、1-1のドロー。内容からするとFマリノスさんに、得点経過からすると千葉に悔しさが残る試合といったところでしょうか

「苦手のFマリノス戦にアウェイで勝ち点1は悪くない」と言い切れればよいのですけど、今の状況を考えると、やはりそうも言っていられません。今節を消化して(暫定)16位の千葉にとって、もう下位のチームとの対戦は(現時点では)大分さんしかいない訳ですしね

ただ、櫛野選手のあのプレーについて、ナイトゲームでは起こりうる事ですから、批判はあるでしょうが、否定はしたくありません。その後、ミドルシュートへの素晴らしいセーブもありましたしね。…バックスタンドから見た試合後の挨拶での17番の後姿、複雑な想いを感じました

なにせ相手がいる事ですから、試合の中でいい時間帯も悪い時間帯もあるわけです。ただ、いい時間帯にしても一つ一つのボールロストの積み重ねで、自らの体力を奪ってしまうテンポを早めてしまっている…。そういう残念さを、どの試合でも感じてしまうのも事実です

しかし、最後の場面で期待を抱かせる「走り」を選手たちは見せています。確かにゴールはなかったけれど、バイアーノ選手、巻選手と大きなFW二人が交代した後も攻撃の機会はありましたし、飛び込んできた下村選手が外したシュートでも、アウスタで感じたようにスタンドが凍りつくような事は無かったですね

我々にできる唯一の事だけど、「試合後はコールで送り出して」終れた点も大きいでしょう。まだ、何も決まってませんし、サポは諦めていません。無論、チームもそうでしょう

リーグはしばらく中断に入り、明日の結果如何では順位も変わります。でも、積み重ねた勝ち点が減る事はありませんし、これからの我々が気にするのは下位チームの動向ではなく、上位チームにいかに勝つかだけです

リーグ戦、残りはたったの10試合。前節に続き今節もアウェイでリードが守れない試合が続きました。今日は悔しくて寝付けないという方もいるかもしれません

机上のお話ですが、リーグ戦34試合を全戦引き分けで終わった場合、勝ち点は34。3チーム自動降格の今シーズンは残留争いが激戦だった昨シーズンよりも更にラインが若干あがって勝ち点40としてみます。現状、千葉は消化24試合で勝ち点は22

消化節ベースの勝ち点取得率は下回っているのですが…、まだまだリーグは続けられます。あとはサポの声援で何とかカバーしていきましょう

江尻監督が述べられているように目の前の一試合一試合で全力を尽くして、悔いの無いシーズン終了を迎えられるように、残り900分、私も皆さんともに頑張っていけたらと思います
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ニッパツ

秋を感じる平日から一転、今日は朝から暑いですね
陽が落ちるのは早まっているので、キックオフまでに少しでも涼しくなって欲しいものです

今節はゴール裏が取れず、SBバックビジターからの応援です
アウェイ大宮戦、アウェイ磐田戦の終盤、「イケル!」という雰囲気は素晴らしかったです
(…残念ながら勝てませんでしたけど)

3度目の正直。あの雰囲気をはじめから作って、勝利を目指しましょう!

帰路、ゲリラ豪雨にご注意を!
無事に帰ってこれたら観戦記なる物を書いてみるつもりです
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

JEF千葉は8/29(土)横浜Fマリノス戦を迎えるわけですが、ニッパツのチケットが完売の勢いらしいので、今週末のもう一つのイベント、天皇杯について書いてみたいと思います

JEFサポの皆様がご存知の通り、
10/11(日)は柏の葉スタジアムで柏レイソル-ジェフリザーブス
10/12(月・祝)はフクアリでジェフユナイテッド千葉が三重代表vs静岡代表の勝者
のスケジュールが決まっており、チケットも販売開始されております

さて、今回注目したいのは、8/30(日)に行われるジェフユナイテッド市原・千葉U-18vs順天堂大学による千葉県サッカー選手権大会決勝です

千葉県大会でU-18が勝利すれば、JEFファミリーは3カテゴリで天皇杯出場できるわけです。
千葉サポはリザーブスのJFL枠での天皇杯出場を喜び、また、U-18の天皇杯出場を願っている

・・・が、一方で同じ千葉サポが「トップチームは天皇杯よりもリーグ戦」という心境が強い方が多いのではないでしょうか?

会場はホームから離れた地方を転々とするが故に、勝ち残ったJクラブのサポも遠征を強いられる。
下部カテゴリのクラブ相手でも勝手知らないスタジアムで、完勝を求められるJクラブ。
そして、契約期間末期が近づく事で、勝ち進むにつれ、来期が絡んでくる(プロ契約)選手達

オープン大会であるが故の、プロの苦悩とアマ選手の憧れの交錯
天皇杯の位置付けって、やっぱり難しい。と思ってしまう訳です

天皇杯優勝という結果が一緒であっても、前回大会のG大阪さんは、「天皇杯を獲る」ことが目的だったのか、「ACL出場権を獲る」ことが目的だったのか・・・。

個人的には後者の意味合いが強かったのではないか、そこが柏さんとの勝利の執念の差だったと感じています

さて、ここまで話を拡げたにもかかわらず、8/30の千葉県大会決勝に私は参戦できません
成田(サウンドハウス・スポーツセンタープレイテック・スタジアム)に脚を運べる千葉サポの皆様、U-18への応援を宜しくお願い致します

天皇杯についてはまだ思うところがあるので、いずれまた触れてみたいと思います

今回はJリーグ、JFL、U-18と各カテゴリを持つ千葉サポとしての観点で書かせて頂きましたが、カテゴリに拘わず、応援するクラブを持つ皆様のご意見はどうでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 選手の移籍、サポにとっての移籍

昨日、「元」8番、水野選手獲得の記事を書きましたが、本日は「前」8番、馬場選手の東京V加入が発表されました

結局、フクアリで輝く馬場選手の雄姿は見られず、今シーズンに至っては所属選手として扱われないまま、契約解除という形でのお別れとなってしまったことは残念です

千葉への移籍が結果として「試練」になってしまった事は馬場選手、我々お互いにとって不幸でしたが、プレーできる場所が見つかって何よりだと思います。何はともあれ、怪我には気を付けて欲しいです

さて、ほかにも気になる移籍関連のニュースは多く…

李 忠成選手 サンフレッチェ広島へ完全移籍
李忠成選手、完全移籍加入のお知らせ!!

柏さん、太田選手に引き続き李選手まで完全で放出には正直驚いています
千葉県の、そして残留争いのライバルとしては複雑な心境です…。

菊地直哉選手 チーム合流時のコメントについて

千葉の獲得報道もあった菊池選手。ポテンシャルは折り紙つきですが、どうしても、復帰の道筋に「キセル」のイメージが拭いきれません…。

ただ、加入決定したからには、もう外野の私がどうこう言えるわけも無く、ただただ、クラブ・チームの期待はもとより、サポ・ファン・地域の信頼を勝ち取れるよう、ひたむきに頑張って欲しいと思います。
大勢のサポの前で貴方の代わりに謝罪してくれた選手がいたことを忘れずに…。

レアンドロ選手 アル・サッド(カタール)へ完全移籍の基本合意

マグノ選手、バレー選手に引き続き、レアンドロ選手まで…
Jクラブ間で移籍した選手はどうしてもターゲットになりやすいのでしょうか?

シーズン中のお別れは寂しいのですが、一方、加入されるクラブのサポとしては、期待を抱いてしまいます

昨シーズンの千葉で言えば戸田選手・深井選手・根元選手・早川選手。
…失礼ですが、千葉加入までまったく意識しなかった選手がいた事も事実です
それでも、私は、彼らが来てくれて本当によかったと思っています。
それ故、各選手が今シーズンそれぞれ厳しい闘いをされている事に心を痛めていますが…

千葉は今シーズン、青木孝太選手がレンタルで岡山に移籍しました
それを知った時の気持ち…。別れを強いられる他クラブのサポさんはやはり辛いでしょう

スイマセン。なんだか今日は歯切れの悪い文書を連綿と書き連ねてしまいました
移籍選手を迎え入れるサポさんは、シーズン中に新加入される選手たちをどうお考えでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
すでに多くの方が取り上げていらっしゃるJEFの水野選手獲得報道。
でも、JEFサポの皆さん、諸手をあげて「ぜひ戻って!」という感じではないようですね


右サイドでボールを持ったら、縦の突破からクロス、左足での綺麗なサイドチェンジ、或いは中へ切れ込んでのシュート。そんな彼のプレー、大好きでした。いや、今でも大好きなんですけど。

また、タイムアップ後にまで、審判に執拗に抗議してイエローカードを貰うヤンチャ坊主だったコーキ

コメントを残して去っていった他の主力選手と違って、ファン感で顔を晒した挨拶の後、移籍したコーキ

…フクアリで花開いた美しい放物線は、海外挑戦という彼の夢そのままに虹の橋となりました

ホームでアウェイチームの選手として迎えずにすんだこともあり、昨シーズンの移籍組の中で、少なくとも私にとっては水野選手は特別な存在でした。それだけにセルティックでの初得点に喜んだ千葉サポも多かったのだと思います

今シーズン、フクアリ観戦に来た水野選手に対して「コーキ、オレ!」とエールを送った千葉サポの心情は、概ね「戻って来い!」では無く、「頑張れよ!」だったのではないでしょうか?

私は今「俺らのコーキがフクアリに戻ってくる!?」、「いや、俺らのコーキだから簡単に戻ってきて欲しくない!」という複雑な心境がブレンドされて、ちょっとほろ苦な感じです

千葉サポの皆さんのお気持ちは、どうでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 海老沢泰久さんを惜しんで

はじめまして。SA自由ホーム側と申します。この度、ブログを始める事といたしました。

毎日更新という訳にはいかないと思いますが、よろしくお願いいたします
(まったくの素人なので、いろいろと試行錯誤があると思いますが…、ご寛恕下さい)

ジェフユナイテッド 市原・千葉の観戦記が中心となると思いますが、素晴らしい観戦記は他の方にお任せして、フットボール以外の日常の徒然も記したいと思います

さて、初記事には寂しい話題なのですが、まずは海老沢泰久さんの訃報について

千葉サポの私としてはオシム批判をされた方、また、鹿島ファンという海老沢さんには複雑な想いもあるのですが…。

スポーツライターとして高名な海老沢作品と触れ合ったのは、「美味礼賛」という一冊です

作家として、『味』という難い対象を題材とした作品であり、そして、美味に立ち向かった一人の男の物語に当時の私はすっかり引き込まれてしまいました

その後、「監督」や「ベテラン」という野球を題材とした物語に触れることができ、「F2グランプリ」、「F1地上の夢」といったモータースポーツ作品も楽しく読ませていただきました

ホンダ・セナ・プロスト・マンセル・ベルガーとカタカナ表記でしかF1を認識していなかった私が、『世界の中での黄色人種』としての日本人を意識しだしたのはこの頃だったと思います

いま、「孤立無援の名誉」を傍らに置きながら思うことですが、海老沢さんの作品には常に「男の背中」を感じます

これから迎えるであろう秋の夜長、皆さんの愛読書は何でしょうか…?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!