犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 相関・関係・競争

こんばんは

阿部翔平選手 ヴァンフォーレ甲府への期限付き移籍について
阿部 翔平選手 ジェフユナイテッド千葉より期限付き移籍加入のお知らせ(甲府さん公式)

驚きを抱きつつも、納得できる部分の方が大きい様に感じます。

監督が掲げる「奪う守備」という意味に於いて、個人的な資質としては恐らく最も不向きと思われる選手でしたし、3節を終えた時点で1試合もベンチ入りが叶わなかった現実が全てなのではないでしょうか。

ライバルである助っ人、サリーナス選手が毎試合、あれだけの仕事を示してしまっている以上、自身がJEF加入時に恐らく大きな判断材料としたであろう「プレイヤーとしての自分」という考えが再び浮き上がってくるのは止むを得ないと思います。

それが、JEFに加入するまで在籍していた、勝手知ったるJ1クラブからの声掛けであれば、尚の事。


攻撃参加を求められながら、見せる事が叶わなかったクロス。引き抜かれた太亮選手の代役として求められていた仕事は果たせず、目の前の若手にポジションの指示を送ったり、得手とは決して得意とは思えないハイボールでの競り合いを行わせるなど、コンディションとしても役割としても、納得のいかないシーズン、無理強いをさせてしまって申し訳ない、という想いの方が遥かに強いですね。

そんな心身に追い打ちをかける様に、昨シーズン終盤には乾選手の抜擢があり、彼への飛躍の期待にスタンドも満たされていました。

心情を汲む事は出来ませんが、喜ばしい気落ちでオフを迎えたとは決して思えません。


それでも、スタンドの我々に対して、JEF在籍期間のトピックスに感謝の辞を残してくれたのですから、気持ちよく送り出すしかありません。

・・・それが、片道切符であろうがなかろうが。


甲府の地でもう一花と言わず、満開の輝きを示してくれることを願っています。

本当にごめんなさい。そして、ありがとう。


キム ボムヨン選手加入のお知らせ
キム ボムヨン選手 サンフレッチェ広島より完全移籍にて加入およびジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍決定のお知らせ(清水さん公式)

5人目の外国籍選手となる助っ人の加入発表。期限付きとはいえ、こちらは全くの想定外でした。

これあればこその阿部選手の移籍だったのか、完全に移籍確定後のオファーだったのか、はたまた、広島さんが絡んだ別の事情があったのか…。

両サイドをこなせるとの触れ込みではありますが、左サイドを主戦場をするサリーナス選手のバックアッパーとしての位置付けで間違いは無いでしょう。

南米出身の3選手が主力として存在感を示している以上、出場のためには元同僚のジュヨン選手と争わざるを得ない、チーム事情ありきの難しい立ち位置を強いられる決断は本人も簡単では無かったのではないでしょうか?

拝見したプレイスタイルからすると、ゴリゴリやドッカンという表現が似合う選手。

解ってはいるけれど手を焼かせる、というタイプの様ですし、今シーズンのJEFが打ち出すスタイルに不釣り合いな選手ではない様に感じます。

基本的にコミュニケーションは日本語でこなせるようですから、助っ人という立場を勘案しないのであれば、少なくともベンチの一席の確保は期待して良いと思われます。

当面のポジションのライバルは溝渕選手となるのでしょうが、この移籍加入に関しては、誰をベンチに措くのかという面でも、結構なマネジメントが求められる補強だと感じる管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 正・副・予備の何れかか

こんばんは


指宿洋史選手加入のお知らせ
指宿 洋史選手 ジェフユナイテッド市原・千葉に完全移籍のお知らせ(新潟さん公式)


のんびりと試合翌日に他会場の中継を眺めていた中での突然の告知には、驚かされました。

管理人自身、ラリベイ選手の加入で今シーズンを迎える打ち止めだろうと考えていましたので。


更に、新潟さん側のリリースからすると、指宿選手自身が、已むに已まれず、とか、取るものも取り敢えず、の様な印象も抱きます。


その辺り、先方の構想が奈辺にあったかは解りませんが、「(試合に)出ても出なくてもクラブを支えてくれる強い意志や熱い思いをもった選手を、今回の補強テーマのひとつ」といったGMのコメントと、今回の整合をどう求めるのかは気になるところです。


この時期に至っての、突然の完全移籍加入。まさか、という想いで一報を受けた方は多いのではないでしょうか?


無論、ソコなのか、という意見もあるでしょう。

但し、JEFの立ち位置を鑑みれば、アランダ選手クラスの選手を二人抱える事は簡単では無いでしょう。


むしろ、ソコを補強することによって、替えが利かない「最前列の容」にバックアップが出来た事は、重複として捉えるよりも、オプションが増えたと考えるべきなのかも知れません。


布陣に様々な想像を抱きますが、最前列の中央、という構想が加わると、期待も広がりますね。


勿論、私自身、今シーズンに危惧や不安が無い訳ではありません。

しかし、ピッチ上で明確な設定がある以上、選手の不安を払拭し、鼓舞するしかないという姿勢にならざるを得ません。


我々にどんなに不安があろうとも、スタンドの想いで最終ラインは下がらないでしょうし、ペナルティエリアを捨てて飛び出すGKは止められないでしょう。

その意味では、良いトコ取りばかりを考えて割り切りのない試合を延々と眺めるよりも、ああいうスタイルにを乗って楽しむしかないシーズンであろうと割り切った管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

チーム始動後の加入という事もあってか、第2節にして、フクアリでフルタイム出場を果たしたラリベイ選手。

出身とその体躯から、もっと我を前面に押し出したプレイスタイルなのかと考えていましたが、実際の姿はボールタッチや局面での選択、更には守備への貢献など、非常にチームプレイを意識していた姿に驚きました。

相手に付く姿やカバーに入る姿勢などは、守備を求められている、というよりも当たり前に行えている印象を抱きます。

躰を活かしたプレイというよりは、しっかりとした視野と足元の技術をしっかりと活かしたプレイに特徴がある選手なのでは無いでしょうか?

むしろ、来日初ゴールが無いにも拘らず、自ら得たPKを同僚の船山選手に譲るところなど、もう少し我を示しても良い様にも感じた位です。


もう一人の新外国人、サリーナス選手は左サイドで攻守に十二分に存在感を示していますし、トリックプレイを多用する今シーズンのセットプレイの中核を担っています。

頑張りすぎて終盤に息切れを起こしてしまう点に関しては、些か頭が痛い部分もありますが、チームとしてこのペースでの戦いを当面続けるのでしょうから、この部分に関しては、彼一人の課題という事でも無いのでしょう。

また、競り合いの際の下半身の勁さなどは、やはりというか、アランダ選手に通ずる物が感じられるのは、私だけでしょうか?

ラリベイ選手同様、未だにゴールはありませんが、右サイドからのボールをファーに待つ姿は既に何度も目にしていますから、こちらも彼だけの責ではなく、一つ前の精度の向上を俟たざるを得ないのでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 往く人、来る人、上がる人

こんばんは

丹羽竜平選手の期限付き移籍満了について
丹羽竜平選手 契約期間満了のお知らせ(鳥栖さん公式)

2016シーズン途中からの加入ながら、ほぼ最初のコメントがチームの課題を正確に射貫いていた事が印象に残ります。

鳥栖さんも契約満了、未だに所属チームが無い模様ですからオファーを出せば、今年もJEFの選手としてシーズンを過ごせたのではないかという想いもありますが、その分析力ほどにはチームの力になれなかった、という判断なのでしょうか?

個人的にはSBっぽい選手だと好意的に受け止めていましたが、その一方で確かに、最終ラインの選手として不満が残るプレイは低い位置で前を向いているときに多かった事は事実だと思います。

そういった部分が、上積みを考えた場合、「残しても良かったのに」どまりである現実は否めないのかも知れません。


明るい挨拶は次への活力。次の活躍の場を得られることを期待します。半年間、ありがとう。


エウトン選手の期限付き移籍満了について

大きな体躯ながら、そのゴールは豪快という印象ではなく、崩した後をきっちりと決めたものが多かったような印象です。

生粋のFWとして、10得点という数字が、助っ人としては物足りなかったという事なのでしょうが、それはもう一人のアタッカーにも言える事でもありますから、エウトン選手の満了は立ち位置や待遇の違い、という側面が強いのかもしれません。

その意味では、フクアリ最終節のロングシュートに至った判断が、個人的には非常に残念だった様に感じます。

あの時左の也真人を使ってくれていたら、もしかすると、お互いにもう少し違った2017シーズンが迎えられたかもしれないと考える管理人です。

既に、新チームでも結果を出しているようですし、これからも活躍を続けて欲しいと願います。


ラリベイ選手加入のお知らせ

強化責任者が獲得を明言していた通り、外国籍選手の本格的なアタッカー。

国籍やキャリアからして、エスナイデル監督との親和性は高いのではないかと期待を抱きますが、問題は戦術にフィットするか否か。

キャンプ中の合流という事もあってか、期待の助っ人ながら、PSMでの得点も挙げていませんし、スタメンか否かも判然とせず。

ある意味、「待てるか否か」が最も早く試されるポジションの選手だけに不安もそれなりに残ります。

難しいシーズンになるとは思いますが、そのポテンシャルは疑いようもなく、その実力を見せ付けて欲しいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

契約更新選手のお知らせ
契約更新選手のお知らせ
契約更新選手のお知らせ

試合数に換算すると、ざっくり言って半分・僅か・無出場といった守備陣の更新発表が続いた訳ですが、もう少し魅せてくれないと、というのが正直な感想。


特に、ヴェテランと称される最終ラインの二人に対しては、厳しい表現をするならば、ウィークポイントと見做された右SBに出場機会を掴めなかったCBという評価に終わってしまった感が強いのではないでしょうか。


それだけに、昨シーズンに関しては頭数合わせであったと言わせないだけの仕事をシーズンには求めたいと思いますし、それだけのポテンシャルは有る筈ですから、弱みを隠すのではなく、強みを活かす戦い方を示して欲しいと願います。


一方、出場「0」であるGKのチョルファン選手に関してですが、未出場ではこれもまた評価できない戦績。

状況によってはシーズン中の移籍話があっておかしくない環境ではありますが、ヴェテラン三人に対して、何かしらの強みを示すことが出来るか否か、という立ち位置ですから、何処であれまずは出場機会、という期間に負けないメンタルが求められるのでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!