犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 絆の在り方[J2第24節:金沢戦@フクアリ]

こんばんは

開始早々、CKからの展開でラリベイ選手が先制。


相手の9番の捕まえ方に難儀をしていたボムヨン選手でしたが、15minを経過した辺りからは相手のラッシュも落ち着き、乾選手が自分の持ち場を捨ててまで、ロングボールへの競り合いを行うようになると、そこへのフォローの意識もあってか、「比較的」安心して見ていられました。

真希選手の負傷交代こそありましたが、緊急投入の比嘉選手も、悪くない、どころか、船山選手との関係はむしろ良かった様にも思われます。

さらに、前半のAT表示が電光掲示板に示されると同時に、相手の処理の判断の躊躇を突くようにして、也真人選手が追加点をGETして2-0。

欲を言えば、その後のCKのチャンスを決めきって3-0として終えたかったところではありますが、得点に絡んだ乾選手はじめ、前節の敗戦は引き摺っていなかった様に感じました。


スコアや蒸し暑さも影響してか、後半は「ド付き合い」と言う様相を呈しますが、そこは流石にフクアリ。

「ヤバさ」「危うさ」に、スタンドが慣れてきていましたね。

結局は2-0のままタイムアップを迎えました。


ラリベイ選手に代わった指宿選手は相変わらずの存在感でしたし、清武選手の代役として送り込まれた為田選手も、ボールを持てば、さすがというシーンを作りました。


また、あっさりと抜かれたボムヨン選手、プレゼントパスからピンチを招きかけた近藤選手、自作自演のピンチを迎える優也選手。


スコアがどうであれ、全くもって安心して眺める事が出来ないチームですね。

それ故に、常に気が抜けないという緊張感はあるのですが…(苦笑)
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 誰だって、選手[天皇杯3回戦:G大阪戦@フクアリ]

こんばんは

絶好調の千葉攻撃陣を封殺。G大阪がJ1の意地を見せつけ4回戦へ(J公式)
決定機生かせず惜敗。

感じたことはほぼ前回で記してしまいましたので、試合そのものに関しては特に改める事はありません。


ただ、この試合に溝渕選手が先発フル出場を果たしたことで、先日、期限付き加入が発表された為田選手を除き、現在所属しているフィールドプレイヤーに関しては、所属選手全員が公式戦のピッチを経験した事となりました。

出場こそならなかったものの、ジュヨン選手や若狭選手もベンチに名を連ねていましたし、怪我やコンディションという戦術面以外の問題が付き物のスポーツとはいえ、サブメンバーに対してここまでチャンスを与える指揮官も珍しいのではないでしょうか?


他方から見れば、真希選手や北爪選手はじめ、不在となった選手の状況が芳しくないのかという捉え方もありますが、これまでも採り上げられた食生活の管理など、コンディショニングに関してはここ数年で最も優れた手腕を示していると考えます。

反面、それが、監督の仕事なのか?というそもそもの問題もありますが、ミラー監督時代に導入されたアイスバスなど、良い物を採り入れる事に関してはネガティブに考える必要も無いのではないかと。


今回に関して言えば、起用された溝渕選手は、ポジションとして初の公式戦で代表クラスの実力者と相対する事となった訳で、ここまでの「出場0」という課題が焙り出されたという感は当然あり得ますが、チャレンジャーとして挑むのであれば、「やられて当たり前」といった割り切り方も出来なくはありません。


出た結果をネガティブに受け止めて凹んでしまうのか、克服すべき課題に前向きに取り組むのかは、指導者の力量以上に、本人の自覚が問われる部分だと考えます。


その意味で言えば、岡野選手の退場というアクシデントを経て、フルタイム出場を果たしたことは、「乗り越えるべき事」が山積であるにせよ、起用した側された側、共にwin-winで終えられたのかも知れません。(これまで、シーズン前のお披露目で終わっていった選手がどれだけいるかを振り返れば、尚の事です)


そういった観点で捉えると、やはり指宿選手なども、今シーズンの開幕は対戦相手と同じリーグに属していた訳ですから、単純にラリベイ選手の控えとしての起用ではなく、試合勘やフィーリグ、ピッチでどれだけの事が為せるのかという確認の意味合いはあった様に感じますし、大悟選手などは、「兎に角、今の自分がやれる事を一つでもこなす」といった貪欲さを感じます。


「昇格からの逆算」という観点で捉えると、確かに至らない点は多いですし、つまらない失点はそれ以上に多い。

しかし、俯くどころか、敗戦に関して表情が無かった時期を考えると、向き不向きはあるにせよ、選手たちの表情は明るいのではないでしょうか?

それだけに、リーグの中での「相対的な立位置」という観点からすると、その部分のプレッシャーを全く気にしていない(様に見受けられる戦い方や選手起用)に関しては、「流石、常に得点を求められた欧州ビッグクラブのアタッカー」という勁さを指揮官には感じます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 「今」の、限界[天皇杯3回戦:G大阪戦@フクアリ]

こんばんは

タイトル通り、今回に関しては、この辺りが妥当な結果なのかなぁ、と言うのが正直な感想です。


得点を奪うチャンスが無かった訳でもありませんでしたし、失点がミス絡みである事を含めても、特に、最後の局面で、求められる「当たり前」の違いはあったかな、という感じでしょうか?


劣勢の中、清武選手やラリベイ選手を下げましたが、指揮官がどうしても勝ちを求めるのであれば、交代の仕方もまた違っていた様に感じました。

その上で、そういう判断を下したのであれば、このメンバーで勝てないのであれば、次への意味が無い、とも取れました。


そして、そんな中でも、最後まで攻める事は出来ていましたし、やりたい事がそれなりには体現できた一戦だった様に感じます。


スタメンに名を連ねた近藤選手はもとより、途中出場の指宿選手しかり、公式戦初出場の溝渕選手にしても、意味合いはそれぞれ異なるとはいえ、「体験」が一つのテーマだったのではないでしょうか?


無論、勝ち負けは精度の差ですから、厳しさ甘さの差が出たと言えばそれまででしょうが、試合終了後にも力強い声援を送ったスタンドが期待しているのは、昇格という目標に対しての期待や、敗戦という結果に対する失望では片付かない、このチームのこれからに対する希望があったのではないかと感じた管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 攻守の存在感[J2第22節:讃岐戦@フクアリ]

こんばんは

前回は期せずして相手選手を採り上げる事となりましたので、今回はJEFの選手について。


1得点、2得点、3得点と、この所、試合を重ねる毎に得点を積み上げているラリベイ選手。

シーズン途中での加入となった指宿選手に押し出されるように、ベンチスタートが増えていった訳ですが、代役、というよりはそもそも期待されていたゴールでの結果を示し始めました。


ただ、得点もそうなのですが、この選手の持ち味は守備での位置取りがもっと評価されて良いとも感じます。

この部分に関しては、獲得の際、どこまで期待していたのかは解りませんが、蹴れる選手へのコースを切る、という仕事が見事だと思いました。


大分戦では、その動きが多く、途中交代となってしまいましたが、数的不利を強いられた讃岐戦では、得点もさることながら、後ろを助ける動きが白眉だった様に見受けられます。


その働きに連動し、清武選手や也真人選手がチェイスすることで、相手の選択肢を狭める事に愚直に貢献していた姿が印象的でした。


勿論、無理なシュートを試みた結果、カウンターを防ぐために馬場選手を抱え込んで止めて警告を受ける、というシーンもあった訳ですが、このレベルの事が監督の当たり前だとするならば、清武選手にしろ船山選手にしろ、まだまだ、化ける可能性はあるのではないかと感じました。(むしろ、指導陣がそこを落とし込めていない(或いは出来て当たり前だと思っている)という可能性は未だに否定できませんが…)


今の段階では、その先での一対一はじめ、同数での鬩ぎ合いが当たり前ですから、楽観は出来ません。


ただ、いざとなれば、ラリベイ・指宿のチェックに始まり、熊谷含めた中央が競り、拾ったボールは也真人・壱晟が前に対して牙を剥く。

ツインタワーの一人はデコイでしっかり仕事する。


鎬を削る様な試合で、そんなシーンが観られたら、とは考えてしまいますね。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 吹けども吹かれども[J2第22節:讃岐戦@フクアリ]

こんばんは

試合終盤の見事な逆転劇。千葉が激しい打ち合いを制し、連勝を『3』に伸ばす(J公式)
劇的勝利で3連勝!

基本、JEFが好きというだけで続けてる幣ブログですが、今節は余りにも濃すぎたというか、振り返らないと整理出来ない事が多かったので、切り口を変えて、触れてみたいと思います。

そこまで大袈裟な話でもありませんが、前回の大分さんとの対戦が前後半という時系列の「編年体」とするなら、今回はテーマ毎の「紀伝体」といったところでしょうか?


さて、讃岐戦に関しては「誤審」や「疑惑」という言葉ばかりが独り歩きしてしまっている感がありますので、個人的な考えを、一度まとめておきたいかな、と。


大まかに分けるなら、ミスジャッジには、「あった事を確認できなかった」というものと、「無いものを在ったものとしてしまう」という二つがあるのではないかと考えています。

この試合の先制点に関しては、前者。

あった事を認められない限り、判定は下されない訳で、それ故に大きな大会では色々なテクノロジーの導入が為されていたり、検討されたりしているのでしょう。

管理人自身が、現地ではオフサイドと断定できませんでしたから、こういう言い方をするのも申し訳ないのですが、此処に関しては単純に「審判団のスキル不足」と捉えて良いのではないでしょうか?

ゴール判定含め、こういう事案は毎試合起こり得ますし、この試合の中でも、判定の是非は措いて、優也選手が大久保選手にすごい剣幕でセルフジャッジを詰っていましたね。


他方、ハンドのPKに関しては、後者。これは、「誤審」と言っていいでしょう。

これは、JEFサポの視点からすると、アウェイ徳島の柿谷選手のPK判定や味スタでの杉本選手に対しての渡邊選手のファウルなどがあった様に記憶しています。

得点に絡むシーンだけでこれだけ直ぐに想い起せる訳ですから、ミスジャッジなどあって欲しくは無いけれど、常にあり得る事であるという事を認める事なんだろうなぁ、と。

そこを詰る為には、JFAでなく、リーグが全ての審判を、「原則」「雇用」する必要があるのではないかと。


確かに、今節の対戦に関しては、試合を通じてファウルの基準が不安定であったことは事実ですし、ストレスを感じていたのは讃岐さんばかりでは無かったのではないかとも感じています。

試合終盤、プレイに全く関係ないところで乾選手を踏みつけた木島選手の行為は、一発レッドでおかしくない筈ですし、この辺りは、試合後の裁定があっても不思議ではありません。


また、普段の清水選手を存じ上げませんから、中々蹴らないというプレイスキックが普段通りの事なのか、アウェイ仕様なのか、この試合に限っての事なのか解りかねますが、この姿勢に対し、フクアリのスタンドは、明らかに「遅延」「抗議」という意図があるのではないかと感じた方は多かったのではないでしょうか?


そして、ここからが本題。


ここまで、戦績が例年よりも劣っており、この試合でも見られたような、つまらない失点が少なくない今シーズンのJEFですが、それでも管理人がチームを「好意的」、というか「前向き」に捉えているのは、異議抗議、遅延での警告が明らかに少なくなっているから。


上手く行かない理由を、ジャッジに転嫁しないだけで、それなりに前向きになれているんですよね。


だからこそ、フクアリに集われたJEFサポーターは、言い訳の出来ない大久保選手の退場を受けた段階で、「ピッチでこの後戦う選手」を推す事を決めたのでは無いでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!