犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 無策[J2第9節:横浜FC戦@ニッパツ]

こんばんは

気持ちよくプレイは出来ていた様には映りましたが、自分達の時間帯、という程には好機があった訳でなく、必至、という姿勢に欠けていた様に受けとめられた前半。

相手がどう変えて来るか、という印象はあっても、いつか得点に至るだろう、という期待は大きくはありませんでした。


そして、現任の言葉でこそありませんが、かつてプレーオフで対峙した指揮官の「後半勝負だ!」というフレーズそのままに失点を重ねての敗戦。


後半早々に浴びた強烈な往復ビンタの様な失点は兎も角として、その後の惨状はまさにパニックでした。


シュートは撃たねば入りませんし、そもそもどの様な形をイメージしていたのかが解りませんでしたし、最終ラインの守備に至っては、外側に押し出すどころか、内側ばかりを突かれる始末。

錨どころか浮き輪の様な存在感のアンカーに、勝負を捨てたような交代を繰り返すベンチ。


試合中途で席を立つ姿が目立ったスタンドに残念さは感じましたが、私自身、引き留めるだけの根拠は全くありませんでした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 数字[J2第8節:山口戦@維新公園]

こんばんは

終了間際にPKで決着。千葉が5試合ぶりの白星をつかむ(J公式)
第8節 レノファ山口FC vs. ジェフユナイテッド千葉(山口さん公式)
敵地で5試合ぶり白星!

スタッツからすれば、スコアは物足りないと映りますが、実際には薄氷の勝利だったのではないでしょうか。

ヒーローインタビューが優也選手だったことが顕すように、前半最初の大ピンチを腕一本で防いだセーブや、裏へのボールの対応での度重なる接触など、一つ対応が異なれば、結果はもとより、展開も全く異なった試合となった事でしょう。

その後、前後半を通じて圧倒的に相手陣内で試合を進めたJEFでしたが、事実、先制点を奪うまでの数分間は、かなり危うい様に映りました。


PKとなったシーンにしても、そこに走り込むだけのエリアを突いて故の事であり、試合を通じてその様なシーンは多くは無かった様に感じます。


それ故に、勝利が大事であった、という監督コメントが生まれるのでしょう。


さて、問題のシーンですが、大きくクローズアップされてしまったのは「当たっていない」という解説コメントだったのではないでしょうか。

確かに、前選手の脚は壱晟選手に全く掛かっていませんでしたが、笛はその後の左腕が根拠だった様に見受けられます。


では、そのシーン、倒れる程の接触だったのか、掴んでいたのか、触れただけなのか、そこはリプレイでは判断できません。

ただ、何度見返しても、弾かれての(フリをする)なら壱晟選手が倒れた方向はおかしいですし、実際に彼はスライディングそのものを躱していた事も事実であり、自身の右側へのベクトルが無ければあの方向への倒れ方は無いと思います。

その結果、離れた位置に居ながらも笛を吹き、毅然としていた主審の態度からは、そこに干渉があったと判断しての事だとは感じましたし、(…嫌な言い方ですが)上手いことやったとも、レフェリーが騙されたとも感じませんでした。


その点に於いて、何故笛だったのか、主審は脚を主眼としていなかったのではないかという事に勘案されない放送席の姿勢は残念に思っています。


PKはラリベイ選手がきっちりと決め、試合は1-0での勝利。


形はどうあれ、来日初ゴールというプレッシャーから解放されたラリベイ選手の活躍に期待したいと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 刷り込みの程度[J2第7節:群馬戦@フクアリ]

こんばんは

対照的な前後半の内容。千葉は髙橋壱晟が初得点も勝点3に届かず(J公式)
追い上げ及ばず、ドロー決着。


お株を奪われたようなハイプレスにたじたじとなり、最もやってはいけないエリアでの簡単なボールロストからの失点。

ここまで、今シーズンのJEFを語る上での代名詞である「ハイライン・ハイプレス」ですが、まるでお株を奪われたような群馬さんの戦い方に、為す術もないまま先制点を献上した印象です。

起用された選手達が攻守に於いての対応をトレーニングで意識していたなら、少なくとも、まともに相手のプレスを最終ラインで受けて立つような対応にはならないと思われます。

その意味で考えると、監督の構想が奈辺にあるにしても、現状では積極的に状況判断が伴う戦い方が出来なかった前半でした。


後半、真希選手に代えて也真人選手を投入し、フォーメンションを変更して以降は見違えるような戦いの変化からして、好意的に表現をしたとしても、まだまだ、監督の求める形に当て嵌めてるだけで精一杯、というところなのでしょう。


その也真人選手は受けて動いて指示して味方もボールも動かしてと、八面六臂の仕事ぶりでしたが、呼吸が合わなかったり踏ん張りがきかなかったりと、如何せん負傷明けであるイメージは否めなかった様に感じました。

それでも、北爪選手へ出したボールから壱晟選手のプロ初ゴールは生まれましたし、是非は兎も角として「欠く事の出来ないピース」であることは十分に示してくれました。


一方、初ゴールの壱晟選手に関しては、ゴールに対する積極的な意欲は見せたものの、簡単なボールロストや、シュートブロックに妨げられるシーンも散見され、ドローに終わった結果からも、諸手を挙げての評価というには至らなかったのではないでしょうか。
(無論、このところのJEFというクラブを鑑みれば、高卒ルーキーが当たり前にフル出場しているという事実だけで、驚きである訳ですが)


また、終盤、羽生選手投入後のロングボール主体の展開は、前半の戦い方同様に首を傾げるものでしたし、監督の狙いとピッチ上の選手の戦い方にはまだ大きな開きがある様に感じました。

結局、試合は1-1のドローに終わり、群馬さんに2017シーズン初となる勝ち点を献上。


期待通りの結果が出ない、という点に関しては、確かに残念ではありますが、恐らく、理想と現実の溝に頭を悩ませているのは誰よりも監督なのではないでしょうか?

こういう表現が正しいかどうかは解りませんが、その振舞いからすると、就任前に選手達は九九を諳んじられる前提で指導に臨んでみたら、二の段、五の段位しかマスターしていなかった、という状況に近い様な気がします。


無論、そこでフロントや監督に匙を投げられては、クラブとしても指導者としてもその先が無い訳で、実践出来るか否か以前に、落とし込めるかどうか、が焦眉となっていると感じた管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • お湿りも躓きもズッ友[J2第6節:京都戦@フクアリ]

こんばんは

連敗中の両者、どちらにとっても悔いが残るドロー劇(J公式)
ポジティブな勝点1

前回も触れましたが、大幅に入れ替わったポジションとメンバー。

そこで幸先良く先制できたのですから、もっと腰を据えて2点目を望んで良かった様に思いましたが、試行というよりは錯誤を続けての同点弾。


その後、展開以前に気持ちが後ろ向きになった様な戦い方を強いられましたが、スコアは1-1のまま前半終了。


仕切り直しとばかりに後半をラッシュで始めたJEFですが、CKのキッカー、清武選手が湿ったピッチに脚を取られると、京都さんもまたゴール前での切り返しで転倒。

散水は誰のためなのかというシーンでお互いにチャンスを潰します。


それでも、追加点は京都さん。

60min、ポストでの落としを力みなく振り抜いたミドルシュートがJEFのゴールネットを揺します。


即座にベンチは若狭選手を下げ、船山選手を投入。フォーメーションは4バックへと移行。


それ以降のJEFは確かにボールは回せるようになりましたが、これはシステムの変更の効果というよりは京都さんの守り方拠るところが大きいでしょう。

その後、JEFは真希選手に代えてサリーナス選手を投入、更に、脚を攣らせた比嘉選手を下げて羽生選手を前に、サリーナス選手を比嘉選手が務めていたSBへとスライド。


しかし、全体的には状況が変わらず、というよりは、むしろ、京都さんの勝利への圧力が強まり、時間の経過と共に敗色が濃厚に。


終盤、85minのCK前に監督がキャプテンに行った指示が、この試合の結果を左右する事となりました。

不発に終わったCKの後、京都さんは常にワンチャンスを狙っていたアタッカーを下げて、中盤の選手を投入。

対するJEFは近藤選手を前線へ張り付かせます。


中継では会場の音声トラブルが続き、実況籍の音声だけが流れたAT、サリーナス選手からのクロスに近藤選手が合わせて同点弾。

その後はJEFが攻勢を強めますが、お互いに落ち着きがないプレイを続けてのタイムアップとなりました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 15分という節目[J2第5節:湘南戦@BMWス]

こんばんは

“気持ち”が見えず、完敗。

HOME > 3月25日(土) 第5節  VS  ジェフユナイテッド千葉(湘南さん公式)
奈良輪雄太のゴラッソで勝負あり。首位・湘南が千葉を一蹴(J公式)


結果があってからの表現を見ると、「本当に言葉って便利だなぁ」と感じます。

今回に関して言うと、湘南さん公式のそれが、一番それぞれ、「言った事」には近いんではないでしょうか?
(むしろ、曺監督の談話というか、言葉の選び方を羨ましくとらえています)


探り合いの序盤を経て、強みを示し始めた30min、しっかりと先制点を奪う湘南さん。

しっかりと先制を決め、そののちは無理をしない時間帯。


相手の攻撃を受け流しつつ、残り15分minでの追加点。

そこからのJEFが攻撃練習の相手の様だった事を考えれば、脱帽するしかありません。


JEFサポとすると、敵将が追加点で喜んで思わぬ負傷を負ってしまった位には鍔迫り合いが出来たのかと思えば、それはそれで一つの勲章ではあると思っています。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!