犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • そして、土壇場[J2第27節:山口戦@フクアリ]

こんばんは

“フクアリ劇場”で歓喜に沸いた千葉、二度目の連勝成る(J公式)
劇的決勝弾で連勝!

試合前に記した通り、福元選手、健太郎選手、鳥養選手と、JEFに馴染みのあるメンバーがスタメンに名を連ねた山口さんでしたが、お互いの意図がはっきりしていただけに、先制点を奪うまでは我慢比べの様な展開だった試合ではないでしょうか?

殊に、ボムヨン選手が持たされた際、先日の金沢戦とは異なり、そこから先への狙いが中々見えず、もどかしさを感じた前半。

山口さんはマンマークでの対応を行っていましたし、中盤の左右が入れ替わったりしたらどうなのだろうとも思いましたが、敢えて奇手は採らず、自らのやり方で臨んでいた様に見受けられました。

さて、マッチアップで興味深かったのは、也真人選手のマーカーを務めた健太郎選手。相手を捕まえて離さない様なプレイは、ディレイを主眼としていた在籍時の印象とはまた異なりました。

確かに、サイドでステップを魅せたり、プレイスキックを蹴ったり、はたまた、素晴らしい縦パスを付けたりする姿は知っているのですが、本当に色々な面がある選手なのだと感じました。


後半に入っても基本的な構図は変わりませんでしたが、徐々にJEFが攻勢を強めます。

自らボールを取り返した船山選手が放ったループシュート含め、一連の流れで得点が奪えなかった事は悔やまれますが、待望の得点はそこから間もなく生まれました。

クロスのこぼれに即座に反応した也真人選手のボレーが、ゴールネットを揺らし、JEFが先制。


この後、攻勢を強めざるを得なくなった山口さんに対して、追加点を窺うJEFですが、先制点と似たような位置で也真人選手がパスを選択したり、見事なキックフェイントからの突破を見せた清武選手が、ペナティエリア中央で完全にフリーになった為田選手を使わなかったりと、最後の部分での選択には疑問符が残り、追加点を奪えず。

すると、敵陣の右サイドからの突破を簡単に許してしまい、中央からのスルーパスにたまらず近藤選手が岸田選手を押し倒してしまいPK。

スタジアムを揺るがすような「優也」コールではありましたが、このPKをきっちりと決められて、89minに試合は振り出しへ。


その後、若狭選手の投入時、当初は「3枚?」と考えていましたが、指揮官は近藤選手を前線に上げてのパワープレイを選択。

すると、終了間際、右サイドからのクロスを指宿選手が逸らし、近藤選手が折り返したボールに清武選手が飛び込んでの決勝弾。

2-1で辛くも連勝を飾りました。


勝つには勝ったけれど、という観点で捉えると、評価ははっきり割れそうな試合ではありますし、本来であれば、しっかりと追加点を奪っての勝利が[More Better]なのでしょうが、それでもサポーターとしてはたまらない一戦。

見直してみれば、やはり至らない部分を突きたくなってしまいますが、現地で感じられる「面白さ」「楽しさ」といった部分は、ここ数年、フクアリのスタンドにはあまりなかったものですから、以前も触れた様に、個人的には「少なくとも今シーズンは」これでいいんでないかという気がしています。

当然、それが結果に繋がるか否かという観点では捉えていませんが、クラブ運営は兎も角、興行でもある以上、そういった側面に目を向けないのもどうかという部分は捨てられません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 一番星[2017プレナスなでしこリーグカップ1部 決勝トーナメント 決勝戦@味フィ西]

こんばんは

2017プレナスなでしこリーグカップ1部 決勝トーナメント 決勝戦(なでしこ公式)
悲願の初優勝

当初は現地を諦めつつも、1900キックオフに合わせ、帰省を早めに切り上げて参戦した決勝戦。

立場はそれぞれ異なれど、L1L2入替え戦、皇后杯決勝、昨年のリーグカップと、最後の一つでのJEFレディースはずっと勝者を見上げ続けた訳ですから、管理人自身、「今度こそ勝たせる」という想いで会場に臨みました。

浦和レッズレディースも強豪ながら、多くのタイトルを獲得しているINACさんやベレーザさんに比べれば、初タイトルを目指す両者という意味での心理的な立ち位置は変わりませんから、今にして思えば、ある種、トップチームが臨んだ、2005シーズンのナビスコカップ決勝に似ていた状況だったのかも知れません。

また、お互いに前所属チームとの対戦となる選手も多く、その意味ではスタンドに立つ我々と、ピッチ上の選手達とでは、想いの複雑さには違いがあった様にも思います。(チームにはスタッフとして先日退団を発表された山根選手の姿もありました)

流石は決勝に駒を進めたチームだけあり、良さを知っている菅澤選手や筏井選手はもとより、安藤選手や猶本選手など、技術面ではやはり一歩譲るかと感じられる面々が名を連ねる浦和さん。


さて、試合は予想通り、中央から右に左にと大きく浦和さんが繋ぎ、JEFレディースははカウンターに活路を見出す展開。

ただ、やはり試合としては浦和さんが優位に進めながら前半は0-0で折り返します。


後半、頭からどれだけ攻撃の圧力を強めて来るかと考えていた管理人ですが、ラッシュを仕掛ける、と言うまでには相手の攻勢は強まりませんでした。

しかし、スタッツ(PDF)が示す様に、時間の経過と共にCKを守るシーンも多くなってはいましたので、結果的には、このピンチの連続を凌ぎ切れた事が、一つのポイントだったのでしょう。

特に終盤、お互いのプレイ精度に陰りが見え始める様になり始める様になると、JEFレディースも何度か相手を脅かす様に。

19:00開始とはいえ、スタンドの我々ですら用意した水分が心許なくなっていましたから、ピッチ上で戦っていた選手の消耗も激しかったはずですが、管理人自信も不思議な事に「走り合いならば負けない筈」という確信はありました。

ただ、延長に突入という事になれば、運動量の低下に加え、やはり強さ高さの部分での不安がある事は否めず、何とか時間内に得点を奪う事を願っていました。


AT3minが示された後、お互いのミスが続き、カウンターの掛け合いの様になった最終盤。

ハーフウェーライン辺りからドリブルで持ち上がった瀬戸口選手のミドルシュートがポストを叩きながらもゴールネットを揺らします。

JEF公式にもある様に、このシーン、左サイドを物凄い勢いで駆け上がってきた上野選手を警戒した相手DFが中を絞り切れず、本当に道が開けた様にシュートコースが出来ていました。


そして、苦しい時間を耐え、遂に奪った先制点は、スローインを凌いでのタイムアップと共にそのまま決勝点へ。

2007年の入れ替え戦ではPKまで至りながら届かなかった一部リーグ、2008年にL1昇格を決めて以降、都合3度目の挑戦で、JEFレディースは、遂に初タイトルを手にしました。


表彰式からの選手達の歓喜の様子もまた、「たどたどしい」というよりは「初々しいと」感じるのは身贔屓でしょうが、スタンドの通路から、1ブロックごとに、丁寧にお礼とご挨拶を重ねられていた上野選手の御父様の姿には、目頭を熱くさせられました。


そして、最後になりますが、敗戦の悔しさを噛み締めながら、我々を称えてくれた浦和レッズレディースサポーターの皆さんの姿勢もまた、対戦相手ながら見事であったと思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 我≒個[J2第26節:徳島戦@鳴門大塚]

こんばんは

エースの一撃! アウェイで快勝!
前半のリードを守り抜いた千葉。徳島はシステム変更も実らず(J公式)

「勝った」という意味では、今シーズンのアウェイでのそれが一番感じられたゲームだったのではないでしょうか?

決勝点となった先制点を奪った、前半ATという時間帯に加え、後半は若狭選手を投入しての逃げ切り。


内容からすれば至らない点は探せば幾つもありますが、やれる事をやり切るという点では、上位に位置する徳島さん相手ですから、十分に及第点でしょうし、夏場に続いたアウェイという事を鑑みれば、悪くない、というよりは、良かったと評すべき試合でしょう。


無論、前に出てくる相手の戦い方あっての勝利ではありますが、新戦力の矢田選手や、リーグ初スタメンの溝渕選手の働きなども充分評価に値すると感じました。

得点シーンで個の力を示した也真人選手やラリベイ選手にしても、守備時では我を出さず、しっかりとした動きで対応を続けていましたし、これが当たり前になるのであらば、という期待は抱きます。

その点からすると、内と外とでは振舞いや纏い方を変えたのか、それが効果がある相手であったという部分に関してはエクスキューズも残りますが、難しい試合を1得点無失点で終えられた事は、一つの結果として、間違いなく今後につながるのではないでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • サイド[J2第24節:金沢戦@フクアリ]

おはようございます

リーグ戦ホーム無敗記録は『12』に。千葉、金沢にリベンジ達成(J公式)
前半の2得点で快勝!


この試合、個人的には、試合を通じて右サイドの船山選手を興味深く眺めていました。

この試合のここまでのJEFは、金沢さんのプレスに対して、無理にいなす事をせず、熊谷選手が落ちてくる形で低い位置でのボール回しを行っていました。

時折也真人選手なども顔を見せて、打開を図ろうとしますが、無理なチャレンジは少なく、結果としてはボムヨン選手がボールに触れる機会が多かったと思います。

そのボムヨン選手にしても、スプリントを活かして自分で持ち上がったり、前の選手につける強引なパスは狙わず、無難に同じラインかGKへのパスへの選択が第一。

但、時折、ターゲットとしていたのが船山選手。サイドチェンジの的として、或いは裏のスペース目掛けて大きな展開を狙っていました。

船山選手はその都度、ダッシュやジャンプを強いられていましたので、「これは今日は難儀だなぁ」とその姿を見ていました。

但し、追い付かなかったり、合わなかったりしても、即座にカウンターのピンチには繋がりませんから、この狙いに関しては納得。

また、船山選手が相手ゴール前での大チャンスを逃してしまう姿などにも、あまりスタンドは落胆した風はなく、「成田屋は成田屋」といった雰囲気すらあったように感じます。


そんな中、1点リードしていた前半、残り10分足らずで傷んだ真希選手。

残りの前半を治療に充てる事を厭うたのか、感覚や音などから駄目だと判断したのかは解りませんが、プレイが切れると、そのままタッチラインを越えてピッチを退きました。

ベンチには北爪選手、溝渕選手の名前が無いため、選択肢は若狭選手を投入してボムヨン選手をサイドに出すか、サイドの比嘉選手をそのままサイドに配するかの二択。

管理人は相手の特徴からして、後者が順当であろうと判断しました。


そして、代わりに投入されたのは比嘉選手。そのまま右サイドへと配されます。


試合は、前半AT表示と同時に也真人選手が追加点を奪い、JEFは試合を有利に折り返します。


さて、エンド代わっての後半、得点こそ生まれなかったものの、眼前で繰り広げられた比嘉選手と船山選手との連携。

お互いの感覚なのか、船山選手が右サイドでボールを持った際の比嘉選手の動きの狙いが、ゴール方向に対して内側への意識が強かった事が印象的でした。

このため、相手も単に「外へ」「外」へという対応では済まされなくなっていましたし、事実、比嘉選手も船山選手も何度か好機を演出していました。

特に、ラインとGKの間を狙って清武選手が合わせたボールなどは、本当に惜しかったですね。

逆に、右サイドからも二つに一つはこうしたボールが入ると、今後への期待も高まっって来るように思われます。

ラストプレイ近く、ボムヨン選手のサイドチェンジをラストチャンスさながらに待ち受ける船山選手が視野に入らず、必至で喰らい付こうと飛び込んだ比嘉選手のヘディングはクリアさながらにタッチを割りました。

しかしながら、意思疎通に課題有り、と思わせたのはこのシーン位でしたし、比嘉選手の右SB起用は右を務める船山選手との関係から、お互いに新たな可能性を感じさせてくれるものでした。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 絆の在り方[J2第24節:金沢戦@フクアリ]

こんばんは

開始早々、CKからの展開でラリベイ選手が先制。


相手の9番の捕まえ方に難儀をしていたボムヨン選手でしたが、15minを経過した辺りからは相手のラッシュも落ち着き、乾選手が自分の持ち場を捨ててまで、ロングボールへの競り合いを行うようになると、そこへのフォローの意識もあってか、「比較的」安心して見ていられました。

真希選手の負傷交代こそありましたが、緊急投入の比嘉選手も、悪くない、どころか、船山選手との関係はむしろ良かった様にも思われます。

さらに、前半のAT表示が電光掲示板に示されると同時に、相手の処理の判断の躊躇を突くようにして、也真人選手が追加点をGETして2-0。

欲を言えば、その後のCKのチャンスを決めきって3-0として終えたかったところではありますが、得点に絡んだ乾選手はじめ、前節の敗戦は引き摺っていなかった様に感じました。


スコアや蒸し暑さも影響してか、後半は「ド付き合い」と言う様相を呈しますが、そこは流石にフクアリ。

「ヤバさ」「危うさ」に、スタンドが慣れてきていましたね。

結局は2-0のままタイムアップを迎えました。


ラリベイ選手に代わった指宿選手は相変わらずの存在感でしたし、清武選手の代役として送り込まれた為田選手も、ボールを持てば、さすがというシーンを作りました。


また、あっさりと抜かれたボムヨン選手、プレゼントパスからピンチを招きかけた近藤選手、自作自演のピンチを迎える優也選手。


スコアがどうであれ、全くもって安心して眺める事が出来ないチームですね。

それ故に、常に気が抜けないという緊張感はあるのですが…(苦笑)
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!