犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 中盤戦へ[J2第15節:熊本戦@フクアリ]

こんにちは

今季無敗のフクアリで立て直し図る千葉。注目の清武と巻は好調を持続(J公式)
【千葉 vs 熊本】 ウォーミングアップコラム:千葉の勝利のため、そして熊本の人々のために清武功暉はゴールを狙う(J's GOAL)
プレビュー

フクアリに熊本さんを迎える3連戦の締めくくり。

前節の結果がどの様に影響するのか、また、今節にどう繋げるのかが気になります。


シーズン中盤戦の緒戦。ここまでの課題をどのように解消し、昇華させていけるのか。


劇的な変化は望むべくもありませんが、前向きな姿勢を示して欲しいとは願う管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 1/3[J2第14節:東京V戦@味スタ]

こんにちは

ロティーナvsエスナイデル。注目の指揮官が味スタで対峙(J公式)
プレビュー

第2弾となる3連戦2戦目はアウェイ味スタで上位につける東京Vさんとの対戦。

開幕以降、実績ある監督の指導の下、しっかりと結果に結び付けている印象がありましたが、ここ最近は2勝2分1敗とやや足踏み感が感じられます。

とはいえ、戦線そのものも2勝1分2敗のJEFを上回っている訳で、やはり、難敵という事になるのでしょう。

安西選手の復帰に伴い、スピードスターの高木選手がTOPに位置し、アラン ピニェイロ選手、ドウグラス ヴィエイラ選手が控えるアタッカー陣は脅威ですし、1試合平均0.7を下回る守備力もお見事の一言。

複数失点は3-2で敗れた湘南戦だけという事を鑑みれば、この数字が如何に今のJEFにとって厄介な相手かという事を物語っているように感じます。


翻って我がJEFですが、連戦という事もあり、メンバーの入れ替えはやはりあると考えるべきなのでしょうか?

無論、現状からすれば、一日の長、どころではない相手のホームに乗り込む訳ですから、気にしなければならないのはメンバー編成以上に内容や結果。

奇しくも緑をベースカラーとする、松本戦や湘南戦では、相手の戦い方を撃ち破る事は出来ませんでした。

今回、そういう難しい相手を向こうに回して、何を残せるのか。

今節の終了と共に1/3の日程が消化されることもあり、その辺りが気になる管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 2割の変化は何を生む[J2第13節:長崎戦@フクアリ]

こんにちは

千葉、攻撃陣好調の長崎に守備対応の修正は必須(J公式)
プレビュー

下位に沈む相手、というほど自らの順位が高い訳ではありませんから、何処が相手でも難敵には変わりないJEF。

その意味では、GWの3戦を2勝1分で終えた好調の長崎さんとはいえ、殊更意識する必要はないのかも知れません。

春先にはクラブ運営という、ライセンス継続で大きな騒動となっていた長崎さんですが、高田社長のもと、新体制でのリスタートは上々といったところでしょうか。


むしろ、気になるのは2名の出場停止選手の影響。

妙な表現にはなりますが、前節悪目立ちしていた両名が不在となる事が、現状のチームに於いてはプラス面と考えられなくもない、という期待も生まれます。

逆に、今節のスタメン発表は、単に試合のメンバーの選定という事でなく、今後をものになるのかも知れません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 連戦最後[J2第12節:金沢戦@石川西部]

こんにちは

勝利遠い金沢。千葉の背後を突き、トンネルを抜け出せるか(J公式)
プレビュー

既にメンバーも発表され、キックオフを待つばかりの金沢戦。

也真人選手不在のスタメンに加え、ベンチメンバーの顔ぶれも大分変ってきました。

この変更が連戦によるターンオーバーなのか、或は別の部分でのメンバー構成なのかは気になるところ。


さて、対する金沢さんですが、JEF同様、というかJEF以上に苦しんでいる模様。

アウェイでの大分戦やホームでの岐阜戦を見る限り、内容に結果が伴っていないとも言える気がしますが、丸一ヵ月勝利から遠ざかっている状況ですから、何が何でもホームでの勝利をという覚悟で試合に臨んでくるでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 苦境の相手の難しさ[J2第11節:讃岐戦@ピカスタ]

おはようございます

試練の讃岐。ひたむきな守備から“伝家の宝刀”を抜けるか(J公式)
プレビュー

奇しくもお互いに退場者が出る事になった試合となった前節ではありますが、彼我の状況は全く異なります。

相手選手の早い時間帯での退場を受けてより、左程時を経ずに得点を奪い、狙い通りとまでは言えないまでも、そこまで無理を強いられることなくホームゲームで2-0の勝利を得たJEF。

対する讃岐さんはアウェイ松本に於いて主力CBの李栄直選手とエブソン選手が共に2度の警告で退場した上、0-4での敗戦。

GWの連戦と試合中の疲弊、移動の負担を鑑みた場合、条件はやはりJEFが勝っているのではないでしょうか。


無論、出場停止の影響によるメンバーやシステムの変更、そもそも3連戦を見越してのターンオーバーの検討など、読めない部分が大きいという点は否めませんが、現状、残留争いを強いられる順位からすると、やはりネガティヴな要素が相手の側に多いという事実は変わらないでしょう。

逆に、その状況が讃岐さんにとってはホームゲームでの割り切りであったり、JEFの選手達に対しては「絶対に落とせない相手」という見えない形での重圧などを呼び込む可能性はありますから、全く楽観は出来ませんが…。


また、主力の出場停止でメンバー変更を強いられる守備陣とは異なり、木島選手や我那覇選手など、色のあるアタッカーは健在な訳で、JEFの失点のリスクという意味においては、そこをどこまで少なくできるかはまた別の問題。


この試合の前半を終えると、年間試合時間の1/4が消化されるというスケジュール含め、勝利が求められる状況で、しっかりと結果を示すことが出来るのかどうかが問われる一戦という事になりそうです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!