FC2ブログ

犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 国王との、国立とのお別れ[天皇杯決勝/横浜FMvs広島@国立]

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。


さて、個人的には初となる元旦の決勝戦。そして、恐らく私としては最後となるであろう国立競技場へ邪魔してきました。

前回同様に陣取ったアウェイ自由席。広島さんサイドではコレオの掲出。横浜FMさんはビッグフラッグでのメッセージ。


試合前から張り合っていたスタンドの応援とは裏腹に、試合の流れは完全に横浜FMさんが奪います。

キックオフ直後から始まる横浜FMさんのフォアプレスの前に広島さんはシュートチャンスはおろか、満足にパスを繋ぐことすらままなりません。

そんな広島さんを尻目に、横浜FMさんは右サイドからの崩しで先制点を奪います。

更に、前掛かりになる広島さんの裏のスペースを狙った展開からのコーナーキック、一度は西川選手が弾きますが、そのリバウンドをドンピシャで中澤選手がネットに突き刺しての追加点。

前半の早い段階で2-0とリードを広げます。


その後、守備位置はやや低くなるものの、ボールを保持する広島さんは効果的な打開策を得ること能わず。

後半開始から切られた交代カードでも試合の流れが変わることはありませんでした。


それでも流石はJの覇者として数回チャンスを得ましたが、「それが入らないか!?」とすら思われた終了間際のビッグチャンスも逸し、2-0で試合は終了。


横浜FMさんがリーグでの雪辱を晴らした形で、天皇杯を制しました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 止めた、決めた、勝った[天皇杯準決勝/FC東京vs広島@国立]

こんにちは

今年の観戦納めとして、国立での天皇杯準決勝にお邪魔してきました。

日頃、青赤さんサイドで拝見している身ですが、今回は結果次第でラストマッチになってしまう中島選手はじめ、JEFに縁のある選手が多い広島さんサイドでの観戦。


東京さんの3バックはある程度予想されましたが、相手ボールの際にFWから中盤の底までが釣瓶のようなポジションチェンジを見せながら広島さんに相対した戦いぶりは、シーズン前半を彷彿とさせる見事なものであったように思います。

高い位置を保った両サイドに加え、東選手、アーリア選手が絡む攻撃で、何度か惜しい形を作っていました。

しかし、リーグ最小失点を誇る広島さんのゴールネットを揺らす事は遂に能わず。

この辺り、骨折で欠場を余儀なくされたルーカス選手、出場停止の平山選手の不在が響いた面はあるかもしれません。


他方、相手のフォアプレスを受けたため自陣での攻防を強いられた広島さんも、ただ蹴り出す事は無く、最終ラインから相手の隙を狙います。

右サイドからの崩しを主眼にしながら、3枚のDFを中央から割らんとする姿勢はさすがリーグ覇者と呼べるものでありましたが、こちらも残念ながらゴールまでには至らず。


延長戦などは両チーム共に抜き身の切り合いのような内容でありましたが、結局はPK戦へ。


準ホームである国立、東京さん側のゴールで行われたPKはそれだけで広島さんに不利のように思われましたし、実際、3-1という厳しい状況にまで追い込まれました。

しかし、このゲームの圧巻はここから。

決まれば終わりという4本目をセーブした西川選手は、なんとそのままペナルティースポットへ。

自らキッカーとしてきっちりとPKを決め、更に5本目もストップ。

その上、サドンデスへ突入した7本目もしっかりとセーブ。

最後のキッカーがゴール中央へ蹴り込んだボールがネットを揺らし、広島さんが決勝に駒を進めました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 味スタでの送別会[J1第34節:FC東京vs仙台@味スタ]【J特】

こんばんは

J1最終節、今年最後になるであろう味スタヘとお邪魔してきました。

順位争いという面ではさほど重みのない対戦ではありますが、引退を表明しているルーカス選手、退団が発表されたネマニャ選手だけでなく、今シーズン限りでチームを離れる両チームの監督にとってもリーグラストマッチとなる一戦。

序盤はホームのFC東京さんが攻め込む展開となりましたが、時間の経過とともに仙台さんも盛り返し、塩田選手も大忙し。

前半が終わる頃には流れは仙台さんに完全に傾いていたような展開でした。

しかしながら、共に得点を得ることなくハーフタイムを迎えます。

後半、攻勢を強めたのは仙台さんでしたが、先制はFC東京さん。

右サイドから送られたライナー性のボール見事なボレーでゴールしたのは中央に位置するルーカス選手。

しっかりとゴールを奪った主役はサポーターの元へと走り寄りますが、試合再開時、その目には涙が浮かんでいました。


追撃を試みたい仙台さんですが、選手交代の効果もいまいち見られず、ゴールは遠いまま。

他方、FC東京さんも時折、カウンターから追加点のチャンスを得るものの、ゴールには至らず、時間は経過します。

そして、ラストマッチにしては意外なほど後半早い時間でピッチを退いたネマニャ選手に続き、タイムアップを前にして、ルーカス選手もお役御免。

スタンド全体から送られる、チャントに併せたゆったりとした手拍子に包まれながら、ルーカス選手はピッチを後にしました。

そのルーカス選手に代わって投入された平山選手がアディショナルタイムに追加点を挙げ、タイムアップ。

チームを去る三人への餞として、リーグ最終節となる味スタでのラストマッチを勝利で飾りました。

一方、敗れた仙台さんは、ユアスタでのラストマッチとなる天皇杯で、FC東京さんへのリベンジと共に、監督への花道としての天皇杯制覇を狙うことに。

こちらの対戦もまた興味深いものになりそうです。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 爽やかに[J1第32節:FC東京vs湘南@味スタ]【J特】

こんばんは

J2最終節となる鳥取戦の前日、此方も残り試合が少なくなっているJ1の観戦のため、味スタにお邪魔してきました。

さて、試合ですが、選手達のポジションから、攻撃の術が無いと言うより、むしろ攻める意志が無いのでは無いか、と見受けられる程にホームチームの流れで始まった試合でしたが、時間の経過と共にアウェイチームも相手陣内に侵入するシーンが増加。

気がつくとスコアレスながら湘南さんがいい雰囲気でハーフタイムを迎えたような前半だったように感じます。

後半も前半の良いイメージから、湘南さんがチャンスを演出。

遂には右サイドからのクロスをゴールへと結び付け、湘南さんが先制。

しかし、得点が守備の意識を強めすぎたのか、即座にFC東京さんが追い付きます。

その後、何度か決定機を演出しますが、フリーで放たれたシュートはゴールネットを揺らす以前に枠を捉えられず、アディショナルタイムには、FC東京さんに逆転弾を喫しての敗戦。

残念ながら、タイムアップと共に昨シーズン、昇格を競い合った湘南さんの1シーズンでのJ2降格が決定してしまいました。

助っ人選手が二度三度とフリーでのシュートを吹かすシーンが続いた湘南さんと、途中出場のネマニャ選手が一発で試合を決めたFC東京さん。

個人的な印象からすると、意図する戦いとしては、ホームチームよりもアウェイチームに分があったように感じられたからかも知れませんが、シーズン途中でのキリノ選手の移籍や主力選手の怪我による長期離脱が無ければ、今シーズンの結果も異なっていた様にも思われました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 4回戦も水曜日[天皇杯4回戦/横浜FMvs長野@日産]

こんばんは

先週になりますが、4回戦が行われた水曜日、初の長野さんを拝見するために、日産へお邪魔してきました。

関東圏の中で日産スタジアムは管理人とは最も縁遠いスタジアムの一つであり、本来等々力に伺おうかと考えていたのですが、今回は既に名古屋さんを撃破し、JFL優勝を決めた長野さんへの興味が勝りました。

リーグ戦でも優勝争いを続ける横浜FMさんですから、メンバー構成にも興味がありましたが、中澤選手がメンバー外、療養明けの俊輔選手がベンチスタートという以外はほぼいつもの顔ぶれだったのではないでしょうか。

さて、試合はいうと、ボールを廻しながら攻める横浜FMさんに、ブロックを構築して守る長野さんという構図。

しかしながら、長野さんは自陣のマイボールですら相手のフォアプレスに苦しめられ、満足にハーフウェーラインすらボールを運べない展開。守備の意識が強かったためか、ブロックを墨守するあまり、カウンターの嚆矢すらままならない時間が続きました。

特に、マイボールにした後にボールを落ち着けられず、ルックアップよりも早く相手の網に掛かることが多かったため、このままでは前半の内に、ミスが絡んでの失点も有り得ると思っていた30分、左サイドからグラウンダーでのクロスから失点。

ボールが中に送られた時点で勝負ありという得点で、FMさんが先制しました。

長野さんとしては厳しくなったかと思われた流れでしたが、得点を狙わねばならない状況に目を覚ましたのか、それぞれの選手が相手陣内への意識を高めます。

失点から10も経たず、相手ゴール前で得たFKを宇野沢選手が直接叩き込み、前半のうちに同点とすると、スタンドも大いに盛り上がりました。

前半をタイスコアで折り返すと、後半は長野さんが先ずは攻める展開でスタート。

延長戦が考えられる天皇杯ですから、切り札の投入は後半も残り15分を切って以降と考えていましたが、60分を待たずして、俊輔選手がピッチに送り込まれます。

しかし、試合の構図は変わらず、更に藤田選手や端戸選手を投入するも、お互いに追加点は奪えず、FMさんとしては避けたかったであろう延長戦に突入。

スコアが動いたのは延長前半。ゴール前でのリバウンドを藤田選手が叩き込み、再びFMさんがリードを奪います。

最終盤には長野さんも必死の攻勢を見せ、度々ゴールを脅かすものの、試合は2-1のままタイムアップ。

相手のホームスタジアムでJ1の雄を相手に、規律と運動量をベースに挑んだ長野さんでしたが、残念ながら4回戦で姿を消すこととなりました。

さすがは美濃部さんが鍛えたチームとも映ったのですが、敗者に対して素直に拍手出来なかったのは、彼等の来シーズンのカテゴリという色眼鏡があったからかも知れません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!