犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 日本代表など

こんばんは

今更ながらですが、最終予選の3連戦に関して。

毎度苦労させられる緒戦ですがその対戦相手のオマーン代表、さらに二戦目では相性が悪いと危惧されたヨルダン代表。どうなるんだろうかという心配を他所に共にホームで圧勝。

基本ポジションは置いておくとしても、得点を求められる選手が連動しながらもしっかりと得点を狙ってゴールを挙げる。

普段、J2中心の観戦を行っている事もあって、やはり代表選手は上手いなぁ、と感嘆しながら、ポテンシャルを発揮する姿に、強くなったなぁ、そう単純に思いました。アジアカップで感じたそれは一過性のものでは無かったと。

何せ、私の抱く最終予選のイメージと言えば、対戦相手に関わらず、毎回、前線までボールを運びながら、アタッキングサードでの勝負を放棄し、枠に飛ばないどころかシュートを撃つ事を禁じられたかのような内容ばかりで、時にはカウンターからの失点でよりゲームを難しくする、といったネガティヴなイメージでしたから。

逆に、初のアウェイゲームとなったオーストラリア戦は違った意味で心落ち着きませんでした。

豪州代表にJリーガーが多かった事もあり、各クラブのサポーターも所属選手については大きな関心を寄せていたように思いますし、私はやはりJEFサポですから、どうしてもミリガン選手に意識は向かいます。

ベンチスタートを残念に思いましたが、前半早々の途中出場に、twitter上では多くのJEFサポも喜んでいましたね。しかし中盤の一角に入りながらもどこかチームの流れに入り込めないまま、警告。

この辺りでは、まだ「ミルジ…」という苦笑レベルだったのですが、55分の警告での退場は可哀想でした。

No Referee,No Football(ゲキサカ)

こちらでも紹介されているように、このあとジャッジメントは非常に不安定で不可解なものが多くなり、最後まで後味の悪いものに。

ただ、結果としてはライバル相手にドローで終えられた訳ではあるので、3連戦トータルで考えたならば、最終予選の入り方としては上出来なのではないでしょうか?

無論、次の予選で起用するCBなど、気になる部分は残ってしまいましたが…。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • アジアカップ【日本代表】

こんばんは

延長の末、美しいボレーでの勝利。4度目となるアジアカップを見事手中に。


豪代表の徹底した放り込み、落しからの飛び込み。時折見せるロングシュート。川島選手のスーパーセーブや最終ラインの頑張りはもとより、選手全員が身体を張って凌いでいました。

改めてスタッツを確認してみましたが、あれだけ押し込まれた展開の中、一枚の警告も貰わなかった事も優勝に華を添えていると思います。


機能していたとは言いがたい右サイドに代えての岩政選手の投入で、チームのリズムを取り戻させたザッケローニ監督の采配は見事でした。そして、決勝ゴールの李選手も終盤の出場。


一人一人を見れば、欧州に籍を置くメンバーから、J2で今シーズンのライバルとなる選手まで。決勝戦、代表メンバーの全てに多かれ少なかれ、ライバルとしてブーイングを飛ばした事があると思います。

JEFからの選出選手は一人もいなかったけれど、そんな彼等を当たり前に応援できて、勝利を願った事。実際に厳しい展開の中でもしっかりと闘い、そして勝った事。サムライやブルーと言う修辞はどうあれ、やはり「代表」。


ピンチにドキドキ、チャンスでワクワク。ゴールで吼え、勝利に叫びました。ようやく、気負い無く、自然に期待を込めて代表戦に臨める様になった気がします。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 決勝進出【日本代表】

こんばんは


遅きに失した感はありますが、今更ながらグループリーグもトーナメントに進出してからも全く触れてこなかったアジアカップの話など。

TV観戦ではありますが、アジアカップでの日本代表の試合は追っていました。何度か草稿に取り掛かりながらも、今迄触れていなかったのは、今までの公式大会の代表戦で感じなかった自然体への戸惑いと「こんなところで日本代表は敗退しない」という根拠の無い自信だと思います。


プレーの選択。成功/失敗は兎も角として、南アフリカ以前の代表戦には必ずと言って良いほど「なぜ、そこで行かない?」「どうして撃たない?」というフラストレーションとの葛藤が必ずありました。


でも、アジアカップの代表チームには、若干のもどかしさを感じるシーンを残しながらも、(あくまでも私自身が、ですが)「気概」と言う部分で不満に感じる割合がかなり少なくなっている事を自然に受け入れています。


それが、あのときの判断によるものか、WCでの成果なのか(…或いはアタッキングサードまでボールを運びながらゴールを奪うどころか、満足にシュートをゴールに撃てなかった2010シーズンのJEFの戦いぶりにあるのか)は解りませんし、恐らく「明確になる事は無いのかな」と感じています。


ただ、延長で勝ち越した後、守備固めに向う采配を見て「自ら難しい選択をした」と感じ、延長終了間際に「やはり守りきれなかったか」と受け止めながら、PK戦への気持ちは「終わった」という印象を抱きませんでした。


一つの根拠は先制されても負けていない今大会の展開にあったのかもしれませんが、それだけでは説明できない「楽観主義」という様な物が私の心の中に間違いなくあります。


確かに、内田選手のパフォーマンスや本田(圭)選手のポジショニングには不満を抱き、終了間際の本田(拓)選手の軽率なプレイには幻滅しました。


でも、そんな状況で韓国戦のタイムアップを迎えても「これで負けると痛いなぁ」と考えながら、今大会を通じて「負けるんじゃないか?」という想いに現実味が無かったと言う事が、今大会、此処では今まで触れなかった私自身の違和感を消化(或いは、昇華?)できなかったからなんだろうな、と思い至りました。


韓国戦の死闘の後、豪の6-0圧勝を見てもその想いは変わりませんし、(本当に残念ですが)香川選手の負傷のニュースを受けても、「マズイ!」という感じではありません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 韓国戦【日本代表】

こんばんは


天皇杯4試合の最中ですが、昨夜の代表戦について少々


完全アウェイの中で堂々と戦った代表選手に敬意を表します


考えてみれば、WC前に私が堂々と代表を応援する宣言をする契機となったのも韓国戦でした


アルゼンチン戦の繰り返しになってしまいますが、彼等は実に「堂々と」戦っていました。ミスしたらメンバーから外れるとか、決めないと残れないとか、そんな印象をこちらに全く持たせないほどに…
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 堂々と【日本代表】

こんばんは


さて、日本代表、アルゼンチンに勝利しましたね。


プレイスキックからのワンプレーでも密集からのスクランブルでもなく、ミドルのコボレを押し込むと言う先制点。


あとはまぁ、ざっくり言ってしまえば一進一退の攻防と言っていいのかな。と思ってます


攻防のメリハリはそれなりにあったと思いますので…。


驚きは、新監督初采配でオドオドと腰が引けていなかった日本代表です。

アタッキングサードでシュートはおろかクロスすら上げなかったあの日本代表の選手達が、普通にゴールに繋がるプレーを選択していた事なんですね


そりゃ、クロスがゴールラインを割ったり、シュートが枠を外れたり。


そんなシーンは沢山ありました。


でも、何でそこで・・・orz


と言った消極的な判断は少なかったように思います。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!