犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント

最新記事

こんばんは

逃げ切り成功。ホームの千葉が6試合ぶりの勝点3をつかむ(J公式)
6試合ぶりの勝点3で、一歩前進。

守備の嚆矢やチーム状況に似た部分があるもの同士の対戦でしたが、何とか2-1で勝利を果たした水戸戦。

その水戸さんですが、前回対戦時に比べると、粗さを感じたのは私だけだったでしょうか?

アウェイでの水戸さんの攻撃は一撃必殺というか、一つ一つのチャンスを決めきる意志が強い攻撃であった様に思えましたが、今回の対戦では、確かに圧力はあるものの、シュートを撃つ事撃たせる事に比重が置かれているような印象でした。

それでも、オヘーダ選手が交わされるピンチなどがあった事は事実ですが、この辺りのチャンスをしっかりと決めきれなくなってしまっているところに、チームとしてのバランス、戦績に繋がって締まっているのかも知れません。


さて、開始直後には前田選手のプレスからの連係ミスでCKを与えてしまったJEFですが、此処で事無きを得た後は、さほど悪くない流れで時計の針を進めます。

特に、これまでピッチ上でどこを向いて何をするのかに迷いを示していたような為田選手の積極的な姿勢は、確かにスタメン起用するだけの事はあると感じました。

そして、良い内容が続いていただけに前半の内に得点を奪いたかったJEFが、スコアを動かしたのは42分。

左サイドでパスを受けた為田選手が、一度ポジションに留まり、躰の揺さぶりから左サイドに侵入してのクロス。

このボールを見事に飛び込んできた矢田選手が合わせての先制点。

漸く、私が知っている為田選手が戻ってきた瞬間でした。


雨足が強まる中、前半を1-0で折り返すと、後半には再び左サイドから為田選手がドリブルでカットイン。

相手選手の間を通した弾道は、そのままゴールネットを揺らし、後半早々で2-0という理想的な展開に。


しかし、調子よく相手に対応していたJEFも、清武選手のバックパスを前田選手に掠め取られ、シュートはポストを叩きながらもゴールラインを割って、スコアは2-1。

このシーン、近藤選手が諦めずに戻っていればクリアが可能だったように感じられましたが、前半早々の連係ミスや、前半に傷んで暫く立ち上がれなかった事などを鑑みると、どこかに不安を抱えながらの出場だったのでしょうか?


他方、清武選手ですが、このミスだけでなく、出場停止明け以降の判断やプレイ制度に不満が残ります。

以前もあったのですが、右を崩したのち、中央で完全フリーの為田選手を活かさなかったシーンなどは、まるでリプレイの様でした。


さて、JEFは脚に不安があったのか熊谷選手を下げて、そのポジションに多々良選手を投入。更に5分おきにラリベイ選手から指宿選手、清武選手から大久保選手と交代カードを切り、基本的にはカウンター狙いの戦い方。

その後、両チームともスコアを動かすことは無く、タイムアップ。

久しぶりの勝利をフクアリで掴みました。


しかし、前回までの出来からすると、1アシスト1ゴールに加え、試合を通じて攻撃を期待された為田選手の変わり様には、正直、驚かされました。

前半、手を使っての不要な警告を受けた時には、入れ込み過ぎを不安視していましたが、自身の得点となった2点目などは、その前のプレイでしっかりと守備に戻っていた事が、マイボールに出来た一つの理由ではあるでしょう。


ただ、確かに水戸さんよりは停滞した状況から一足先に勝利を掴めた訳ですが、この為田選手の覚醒が、アウェイ山形戦であったならば、という想いは捨てきれません。

言っても詮無い事ではありますから、これからの爆発に期待するしかありませんが、ここまでの戦績を考えると、その復調が、少し、遅かった事を残念にも感じる管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんにちは

プレビュー
これ以上の停滞は許されない。殻を打ち破るのはどちらだ(J公式)

お互いに停滞感を吹き飛ばす勝利を求める対戦。

アウェイで対戦した際には、あれよあれよと為す術なく失点を重ねた感がありましたから、水戸さんのこのところの戦績には、逆に驚かされます。


さて、JEFとすると、といえるほどの青写真もありません。

結果については鶏か卵か、と言う様な面もあると割り切って、スタンドの雰囲気を作るしかないと割り切って臨みたいと思います。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは。

遅いとはいえ、この所の為体からすると若干早めのエントリで。

アウェイとはいえ、目下最下位独走中の相手に0-2の完敗ですから、荒む気持ちも解らなくはありませんが、試合後は各方面の雰囲気が非常に荒れていた様に感じました。


先制点に繋がるファウルを犯し、警告二度目でシーズン二回目の退場処分となった勇人選手が悪目立ちしてしまった様にも見受けられましたが、その前の惜しいミドルがあった事を鑑みると、起用は諸刃の剣という事なのでしょうか?

違った視点を取れば、序盤に厳しい視線に晒された熊谷選手が期限付きという立場ながら「代えの利かない存在」になったという事なのかも知れません。


確かに、普通にリスクを避けるのであれば、裏のスペースに加え、両サイドのエリアを放置する戦いを採らないでしょうから、この辺りに関しては、カレンダーの消化具合というよりは、最低限、今シーズンは目を瞑るしかないのではないのではないかと捉えています。(それが結果に繋がるか否かは兎も角として)

その点からすれば、やりきれないから、失点を先に喫し、追加点を奪われた惨敗である事は確かです。


ただ、そんな事はこの戦い方を示されたシーズン当初から織り込み済みであったはずですし、戦績が揮わないからと、食事の管理が成績と無関係というほどに揶揄するのは、些か行き過ぎた話だとも考えます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!