FC2ブログ

犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

月別アーカイブ

最新記事

こんばんは

猛攻を仕掛けた千葉。5-1で岐阜に大勝(J公式)
大量5得点で快勝。

自身の2得点もさることながら、船山選手へのヒールでのアシストなど、流石はセレソン経験者、という仕事ぶりのクレーベ選手。

それだけに、GK判定に不服の意を示しての警告が残念でした。

しかし、しっかりとゴールを狙える能力だけでなく、ハイボールに対してのフリックや胸でのトラップを自在にこなす姿は、助っ人と呼ぶに相応しいものだったと思います。


逆に、チームのオーダーをこなしながら、連続シュートが共に相手のセーブに阻まれてしまった為田選手にとっては、些か無念さが残る一戦だったかも知れません。

しかし、加入当初には、福岡さんで何があったのかと思えるような動きしか示せなかった姿が嘘のように、そして、出場機会に恵まれなかった昨シーズンの鬱憤を晴らすかのように、輝きを取り戻していた様に感じます。


ポジションから前にボールを運ぶ事をまるで厭う様であった熊谷選手や旭選手も、縦へのチャレンジを繰り返していましたし、時には自らが果敢にゴールを窺うプレイを見せてくれました。

最終ラインに目を向けても、セットプレイから得点を奪った新井選手はもとより、素晴らしい縦へのパスを何度か通した増嶋選手、このポジションでのスタメン起用は初であった乾選手も、一度ハイボールに被りはしたものの、概ね及第点では無かったでしょうか?

今シーズンのカレンダーも残すところあと2/3。

漸く、チームとして、リスタートが切れたのかも知れません。

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
こんばんは

攻防に関しては、むしろ相手に一日の長があるかと感じられた試合の入りですが、セットプレイ二発で、趨勢が決まってしまった様な印象です。


先制の船山選手のコメントにある様に、何かを起こすのは、狙った物だけでは無いという事でしょう。

前半で4失点を喫した際の円陣に関しては、2点目の新井選手の高さもそうですが、3点目のクレーベ選手のヒールなど、下位に低迷する岐阜さんの心を挫くには充分だったのでしょう。


指揮官自身、「納得ができない」と言うのであれば、前半で4-0というスコアを作ったのですから、今迄出来ていない事を試すにしても、カウンターの鋭さや何人が行く行かないという意識合わせ、或いは極端に言うなら、8人で守って二人で攻める、と言う様な「容」を見出して欲しかった気持ちは捨てきれません。

逆に、「相手がこうしてくるから、こういうふうにして抑える」、がやり切れない、のは、ベンチの責任放棄でしょう。

と言いたい気持ちも捨てられません。


コメントを冷静に見れば、ハードルをそれぞれ設定されている事は解りますが、それで無理をさせて怪我人を出すのが、正解なのかと問いたい気持ちは残ります。


とはいえ、岐阜の監督である大木さんも手を打ったのは、4失点の後ですから、監督の「信念」というものが、如何に貴重で面倒な物なのかは示されているのでしょう。


その中の過程で考えるのであれば、SBを指示されながら、サボらず、滑らず、付いて行った為田選手の頑張りに期待を抱きたい管理人です。

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
おはようございます

千葉の課題は“対応力”。最下位の岐阜をホームに迎撃(J公式)
プレビュー

このところ、複数失点を喫している岐阜さんとの対戦。

似たような立ち位置だけにお互いに難しい対戦、と言いたいところですが、大木監督のブレない姿勢は折り紙付き。

その意味では、惑わず、迷わず、戦えるかどうかを問われることになるでしょう。


特に、相手の攻撃の際のボールの受け方、体の向き、そういう細かい部分への対応が気になります。

スペースを使うのではなく、作るために、剥がして、侵入するという岐阜さんに対して、守る事が出来るのか否か。


この節を終えればシーズンも1/3を消化。

結果だけでは無く、内容でも今年の覚悟を決める必要があると感じる管理人です。

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!